写真館では、結婚式や成人式、誕生日や七五三、入学式や卒業式など大切な思い出の記念を残すための撮影や現像、それ以外にもイベントや証明写真の写真撮影も行います。

現代では子供に特化した子供写真館や成人式や結婚式などの特化した写真館などいろいろありますが、あまり知らない仕事内容や業務、向いている人の特徴、キャリアについて詳しく解説していきますので興味がある人は是非参考にしてみてください。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「写真館」の仕事例をチェック

写真館の仕事は大きく3個の役割に分けられる

カメラマン

カメラマンは、基本的に店長や社員などのスタッフが行います。

アルバイトなどは、ほとんどカメラを扱うことはありません。

お宮参り・百日祝い、七五三、入園・入学・卒園・卒業記念写真・成人式・結婚記念日・家族写真・還暦のお祝いなどのイベントや履歴書やパスポート用などの証明写真など様々な撮影を行います。

子供写真館の場合は、着物の着付けやドレスの着替え、メイクやヘアアレンジもカメラマンが行うこともあります。

カメラマンアシスタント

カメラマン以外のスタッフが行います。

カメラマンの補助的な役割です。

お客様の希望に応じたセットや背景、小物などの準備を行います。

また、子供写真館の場合は、着物の着付けやドレスの着替え、メイクやヘアアレンジもカメラマンが行うこともあります。

アルバイトなどはカメラマンアシスタントが主な仕事となることがほとんどです。

衣装選び・メイク・ヘアアレンジ

子供写真館の場合は、お客様の希望に応じたシーンに沿って、お宮参りや百日祝い、七五三など赤ちゃんや子供の場合は、衣装を説明します。

基本的には、着物や袴、ドレスや着ぐるみなどがあります。

着物や袴の場合は、日本髪風にアレンジしたり、かんざしを使います。

ドレスの場合は、ティアラや帽子、キラキラのネックレスやイヤリングなども使います。

成人式の場合は、着物の着付けやメイク、ヘアアレンジを行います。

前撮りとして着物の着付けやメイク、ヘアアレンジを美容室で行い、撮影だけのパターンが多くありますし、事前に予約をして成人式に出席した後に撮影に来店される方もいらっしゃいます。

大人の着付けは、難しいですので美容師経験があったり、着物の着付けを行える人を成人式の期間だけ短期アルバイトとして採用する写真館もあります。

カメラマンの2個の業務

撮影の準備

ほとんどの場合が、スタジオでの撮影を行います。

カメラの準備や光の当て方、セットや背景などの設定、写真を良く見せるための構図などをカメラマンが行います。

子供写真館の場合は、着物の着付けやドレスの着替え、メイクやヘアアレンジを行います。

写真撮影

子供写真館など赤ちゃんや子供の撮影は、カメラマンが主に笑顔を引き出し、シャッターチャンスを作り出したり、欲しい場所に目線がくるように工夫しなくてはいけませんし、子供の場合はポーズをつけますがじっとしていることは難しく、集中力もあまりないため、短時間でスムーズに良い写真が取れるように行います。

成人式や還暦のお祝いなどの撮影に比べると体力的にもハードなところもあるかもしれません。

就職活動やパスポート用などの証明写真などの撮影も行います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

カメラマンアシスタントの2個の業務

背景やセットなどの準備

カメラマンがカメラやライティングなどの準備をしている間にスタジオのセットや背景、小物などの準備を行います。

就職活動やパスポート用などの証明写真を任されることもあります。

また、スタジオにお客様を誘導し、立ち位置やポーズの指示を行います。

子供写真館などの場合は、衣装選びや着物の着付けやドレス、メイクやヘアアレンジなどを行います。

カメラマンの補助

撮影中の光の当たり方などチェックをしたり、お客様のポーズや衣装のチェックなどを行います。

子供写真館などの場合は、衣装選びや着物の着付けやドレス、メイクやヘアアレンジなどを行います。

子供写真館の場合は、カメラマンと一緒に赤ちゃんや子供の笑顔を引き出すように努めます。

メイク・ヘアメイクスタッフの2個の業務

衣装選び・メイク・ヘアアレンジ

子供写真館の場合は、お宮参りや百日祝い、七五三など赤ちゃんや子供の場合は、衣装選びやメイク・ヘアアレンジが主な仕事になりますので、カメラマンもカメラマンアシスタントも他のスタッフも全員が行います。

衣装には着ぐるみや着物、ドレスがあります。

メイクは、アイシャドウとチーク、口紅だけのポイントメイクのみです。

ヘアアレンジは着物の場合、日本髪風にしてかんざしなどを使いますし、ドレスの場合は、ティアラや帽子などを使いアレンジしていきます。

成人式や家族写真の場合は、お客様が持参された着物の着付けやメイク・ヘアアレンジなどを行います。

また就職活動用の証明写真などはメイク、ヘアアレンジなどを行います。

カメラマンアシスタントの補助や受付

着付けやメイク、ヘアアレンジの仕事がないときはカメラマンアシスタントの補助や受付などを行います。

子供写真館の場合は、カメラマンとカメラマンアシスタントが協力しながら子供達の笑顔を引き出すように工夫します。

カメラマン、カメラマンアシスタント、メイク・ヘアメイクの全員が行う仕事5個

写真選び

撮影した写真をモニターに映しだし、購入していただく写真をお客様に選んでいただきます。

アルバムや台紙、額やキーホルダーやマグネットなどの小物などの説明や写真のデータの説明などを行います。

電話対応やメールでの対応や予約管理

問い合わせや予約など電話やメールで行います。

忙しい時期には、予約管理はとても大変で30分ごとに予約が入っておりスタッフ全員がバタバタすることが多いです。

写真館のホームページから予約を行うところもありますので、メールなど来ていないかの確認なども行います。

アルバム製本や台紙の作成、キーホルダーなどの小物の作成

他の会社に委託している場合もありますが、写真館によっては自社でアルバムの製本や台紙に写真を張り付けたり、キーホルダーなどの小物の作成を行っています。

事務や受付

来店されたお客様の受付や対応を行ったり、注文書や会計など事務の仕事を行います。

写真スタジオ内が混雑する時もあるので、適宜コミュニケーションを取りながら、誘導したりもします。

衣装や小物の管理やメイク道具、ヘアアレンジのつけ毛やダボ毛の管理

衣装にティアラやアクセサリー、かんざしや足袋や小物など汚れや破れがないかチェックをしたり、汚れなどがある場合は洗濯など行います。

衣装のレンタルをしている店舗では予約管理も行います。

また、メイク道具に欠品はないか、つけ毛やダボ毛の準備ができているかなどの管理を行います。

写真館の仕事はどんな人に向いている?

仕事を始めた時にこんな思いをしたことはありませんか?

「好きな仕事なはずなのに、なんだかしっくりとこない」

「やっていることは自分に合っているのに仕事内容に全く興味がない」

そんなミスマッチを避けるために、自分の適性がその仕事に合っているかは知りたいものです。

そこで次では、どんな人が写真館で働く上で向いているのかをご紹介します。

人と接する事が好きな人

写真館の仕事は接客がメインです。

お客様にとって気持の良い対応を常に心掛ける必要があります。

そういった点では、人と話したり接する事が好きである事は、写真館で働く人にとって重要な強みだと言えます。

カメラマンやメイクスタッフはもちろんのこと、お客様をお迎えする受付も含めてスタッフ全員が笑顔でいることで、自然と撮影される側のお客様も笑顔になりやすくなります。

人を喜ばせる事が好きな人

記念日の写真は、幸せな姿を撮ってもらいたいものですよね。

写真館の人はお客様のそんな姿を引き出すのも仕事です。

そのため、小さなお子様が飽きないように撮影に遊びを入れたり、撮られる側が過度に緊張しないよう適度なコミュニケーションをとったりと、どんな事がお客様の喜びになるかを考えて行動できる方が向いていると言えるでしょう。

センスのある人

写真館はただ写真を撮るだけでなく、それをアルバムやポストカード等の形に加工することもあります。

カメラマンであれば被写体の表情だけではなく、加工した際にも使いやすい構図を意識しなければいけません。

また、写真館によってはアルバムのレイアウトを自分たちで決める所もあります。

数ある写真の中からアルバム内のどこにどの写真を配置するかを決めなければいけないため、いかに見栄えの良いアルバムを作れるかがセンスの見せ所です。

写真館の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

最近では、カメラのデジタル化が進み性能も向上し、自分自身で記念写真を撮ったり、スマホのアプリで好きな写真でカレンダーやアルバムを作ることができるようになり、記念写真を写真館で撮ることが少なくなってきていますが、子供写真館で働いた経験がある筆者がやりがいを感じたことは、お客様とのコミュニケーションをとることによって仲良くなったお客様からの言葉です。

キャンペーンがあると必ず来られる顧客のお客様だったのですが。

「子供がこちらに来たいと言うんです。スタッフの方にも親切にしていただいて、このお店が好きなんですよ。」と嬉しそうに言っていただいたことがあります。

お子さんはいつもニコニコして楽しそうにしており、そんな空間を作っている子供写真館で働くことがとても楽しく、やりがいを感じていました。

他にもたくさんやりがいを感じましたので紹介します。

赤ちゃんや子供の笑顔に癒される

子供写真館では、赤ちゃんや子供の笑顔を引き出すことが仕事です。

突然泣き出したり、思い通りにいかずに大変な時もありますが、いろいろと工夫したり対応することで、とても可愛らしい笑顔を見せてくれます。

どんなに疲れていても思わず微笑んでしまうくらいに、癒されます。

子供が苦手な筆者でしたが、いつの間にかとてもかわいく感じるようになりました。

子供好きな人や将来的に保育士など将来的に子供関係の仕事に就きたい人にとってはとても良い環境だと思います。

また、仕上がったアルバムや小物を見ると、可愛らしい写真の仕上がりにまた癒されてしまいます。

たくさんの写真を購入してくださった時

笑顔だけの写真ではなく、泣き顔や真顔などたくさんの表情やポーズの写真を購入していただいたときは嬉しく思います。

スタッフ全員がいい写真を撮るために一丸となって協力し合っている環境で認めていただけた気持ちになります。

また、成人式や記念日などの写真の場合も同様で、いろいろな表情の写真を購入していただけると、とても嬉しく思います。

思い出を作れる

人の思い出に関わることは貴重な経験です。

自分の仕事がそのお客様にとって生涯を共にする思い出として形になるため、ひとり一人のお客様に愛着を抱きながら仕事を行えます。

時には撮影したお客様から、後日お礼のメッセージを頂けることがあり、自分の思い出にもなることもしばしば。

多様なスキルを身に着けられる

カメラ、メイク、着付け、事務など、写真館に集まる職種は多種多様です。

それらの仕事を一人の社員が行えるように教育をしてくれる会社もあります。

写真に興味のある方はもちろんのこと、新しいことを始めたい方や何かスキルを習得したい人にとっては、専門的な知識を幅広く身に着けられる写真館はうってつけでしょう。

面白いポイント

写真館での仕事の面白いポイントはどんな事でしょう。

楽しく働くためには面白いポイントを見つけることも必要です。

写真館での仕事に興味がある人にとって、どのような面白いポイントがあるのか、とても気になることだと思います。

日本の古き良き文化を知れる

お宮参りや百日祝い、七五三や節句など子供のイベントや、成人式や結婚式、還暦のお祝いなど日本の古き良き日本の文化を知ることができます。

普通の仕事をしていると知ることもないイベントも知ることができ、面白さを感じます。

着物の着付けやドレスを着た時やメイク、ヘアアレンジを行っている時の表情の変化

子供写真館での場合は、子供を着物の着付けやドレスに着替えさせたり、メイクやヘアアレンジを行っていると自分が変身していく様を見て、うっとりしている子や、とても嬉しそうにニコニコしている子、テンションが上がって大声を出す子もいますが、全員暴れることなく、じっと待ってくれます。

そんな子供を見ているとメイクやヘアアレンジもかわいく仕上げてあげたいとやる気が出てきてしまうほどです。

その時の表情の変化を見ているととても楽しく、面白いと感じます。

成人式や結婚式、還暦のお祝いなどでもやはり表情がどんどん変化しますのでやはり興味深いと感じられます。

特化している

子供写真館の場合は、赤ちゃんや子供に特化した仕事ですので、子供好きな人はとても楽しくユニークな環境だと思います。

成人式や結婚式、還暦のお祝いなどの撮影の場合も一生に一度のイベントの写真を撮るためにサポートをすることで、仕事自体も楽しく、その働く環境も特別だと感じることができます。

写真館の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

写真館の仕事は未経験でも応募できるところも多くあります。

しかしながら未経験の世界に飛び込むのは勇気がいります。

そのため、それまでの自分の経験の中で生かせるものがあれば心強いことでしょう。

そこで写真館の仕事で活かせる経験には、どのようなものがあるかをご紹介します。

接客経験

カメラやメイクの技術は一人でも練習できますが、お客様とのコミュニケーションスキルや接客マナーはお客様としか練習できません。

これまでの経験で接客に必要な知識や技術を身に着けていれば、写真館の仕事を行う上でとても役に立つでしょう。

子供と触れ合った経験

写真館の撮影で多いのは、やはり子供の記念写真です。

特に七五三のシーズンになると小さな子供が写真館にたくさん来ます。

子供の動きは予測できないものが多く、また気分の浮き沈みも大人より不安定なため、子供の扱いに慣れている方は心強い戦力となります。

パソコン経験

写真館の仕事でパソコン?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら意外と写真館ではパソコンを頻繁に用います。

写真館への予約は昔であれば電話が一般的だったかもしれませんが、今ではネットでの予約を行える所が増えました。

そのため、お客様の予約情報を管理したり、撮影した写真を管理・編集する時等様々な場面でパソコンが用いられるため、パソコン経験がある程度あった方が良いと言えます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

仕事を行っていくうちに自分の力をもっと試してみたいと思うようになる方も多いはず。

写真館の仕事はキャリアを積み重ねていくと、次のような道に進めるようになります。

支店の店長

店長になると、支店の社員全体をまとめる統括役を任されます。

店でのイレギュラー対応やマネージャーへの定期的な売上の報告、店舗にいる全社員のケアなど、一社員から一転して接客以外の多くの仕事も与えられるようになります。

過ごしやすい店舗作りを目指すために、お客様だけでなく社員にまで視野を広げて物事を考えることが要求されます。

マネージャー

マネージャーは、店長を通じて店舗の管理を行います。

主に経営面と技術面に目を向け業績の芳しくない店舗があった場合は、それまでに培った経験を活かして経営状況の改善を図り、また、技術体制に不安があれば直接再教育を行ったりします。

人によっては複数店舗の管理を行うため、日々自分の管理する店舗ごとに問題の考察・解決をする必要があります。

幹部職

会社の中枢となる役職です。

現場に出る事はあまりなく、主に営業や企画開発といった仕事を行います。

ここまでキャリアアップすると、将来的には会社を担っていく存在としての期待と責任を受ける立場になります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

写真館での接客は、人を笑顔にする対応を重点としているため、ブライダル関係やテーマパーク等の、幸せや喜びを共にする接客に応用できると言えるでしょう。

またカメラやメイク等の専門技術はさらに幅広い面で活かせますし、会社に勤める以外にもフリーのカメラマンやスタイリストへ転職する人もいますよ。

まとめ

写真館での仕事は、人生の大切な記念を写真に残す大切なイベントのお手伝いです。

より良い記念を残すためにスタッフ全員が一丸となって頑張る仕事です。

子供写真館では赤ちゃん、子供たちの扱い方など普通の仕事では経験できない特殊な体験を毎日することができますし、スタッフ同士のコミュニケーションの取り方も勉強することができとても充実した仕事をすることができました。

今までたくさん経験した仕事の中で、人生で一番楽しく笑顔で働いていたのが子供写真館での仕事です。

興味がある人は、思い切って応募してみることをおすすめします。

とてもいい経験になると思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




写真館求人についてもっと深堀りした情報を見る

写真館(フォトスタジオ)で働くには?必要な資格や勉強についてお話しします!

カメラや写真が大好き!じゃあ写真館で働くにはどうすればいいの?七五三、成人式、結婚式。そんな人生の節目に残す写真を撮影する写真館。写真館で勤務するようになると、毎日が誰かの記念日です。そんな大切な一日に寄り添える、写真館で働くためにはどうすればいいか解説します。色んな人の笑顔を見られる素敵な写真館であなたも是非働いてみませんか。写真館の仕事についておさらいしておこう写真館で写真を撮る目的は様々ですが、ほとんどの場合は記念撮影です。赤ちゃんのお宮参りから始まり、お誕生日、七五三、成人式と、人生の大きなイベントのときに写真を残す家族が多いです。大人の撮影も行っている写真館だと、就職活動の証明写真、

写真館(フォトスタジオ)の年収はどのくらい?給料をあげるためにやるべきことはコレ!

写真館の年収ってご存知でしょうか?お子さんの記念撮影などで行かれる方も多く、需要が常にあるイメージがありますよね。カメラマンやヘアメイクの技術を活かす職業のひとつである写真館、今ではフォトスタジオとも言いますが、なんと未経験でも採用してもらえることがある人気なこの職業なんです。今回はそんな気になるフォトスタジオでの年収を経験者の私がこの記事でこっそり教えちゃいます。写真館の給料の相場はどのくらい?写真館と一言で言っても、現代では様々なタイプの写真館が存在します。赤ちゃん、子ども、成人式、ブライダル、証明写真などそれぞれに特化した写真館から、全てに対応しているタイプの写真館があります。商業施設な

写真館への転職を成功させるために!狙い目な職場の3個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

「人の想い出の瞬間に寄り添いたい」「形に残る仕事をしたい」「子どもが好き」など、写真館での就業を希望する理由は様々だと思いますが、実際は想像よりも楽な仕事ではありません。ですが、毎日誰かの記念日をお祝い出来たり、一生に関わる写真を残せる、やりがいのある仕事です。写真館に転職したいと思ったときに注目すべき点を解説します。写真館の仕事についておさらいしておこう写真館の仕事は多岐に渡ります。店長などの管理職系、ヘアメイクやカメラマンなどの技術職系など業種や、その写真館によってもひとりの仕事内容は変わります。基本的には支度をして、写真を撮影することが仕事内容です。業種別におさらいしていきましょう。店長

子供写真館バイト求人の募集内容は?ヘアセットやメイクもするの?疑問にもお答えします!

『子供写真館』でのアルバイトは、赤ちゃんや子供たちの笑顔を引き出すプロのアシスタントと環境づくりが仕事です。子供写真館は、赤ちゃんや子供たち、そしてご家族の笑顔でいっぱいの幸せな場所です。赤ちゃんや子供の笑顔や笑い声や可愛らしい衣装に、仕事中なのにも関わらず、癒されてこちらが笑顔になってしまうこともあるくらいです。幸せな空間で、とても楽しく、大きなやりがいを感じることができます。また、カメラマンが撮影しやすいように次のセットの準備をしたり、撮影中の衣装チェックや機敏に動くことでスムーズに仕事が進みます。かけがえのない幸せを記念に残す特別な空間でのお手伝いをします。そんな子供写真館のアルバイト求