写真館へ転職したい方は必見です。

写真が好きな方は職場で写真撮影に携われる職業に就きたいと思った方も多いはず。

そんな方には写真館の求人をおすすめします。

「人の想い出の瞬間に寄り添いたい」「形に残る仕事をしたい」「子どもが好き」などやりがいの持てる仕事ではありますが、実際は想像よりも楽な仕事ではありません。

ここでは転職を写真館でしたいと思ったときに注目すべき点を解説します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

写真館の仕事についておさらいしよう

写真館の仕事は多岐にわたります。

店長などの管理職系、ヘアメイクやカメラマンといった技術職系など、その写真館によっても一人一人の業種や仕事内容は変わります。

基本的には支度をして写真を撮影することが仕事の主軸です。

担当別におさらいしていきましょう。

店長

スタッフの出勤シフトや毎日の予約、売上などの管理を行います。

自店舗独自のキャンペーンやイベントを考えて実施することもあります。

お店全体を見渡して運営がスムーズに回るように人員配置を調えることも仕事です。

頭を使う大変なことも多いですし、店長の姿や立ち居振る舞いが「お店の顔」となります。

考えたイベントで集客ができたり、常連の方が増えたり、またはスタッフの成長に繋がったりと、お店の成長がダイレクトに見えるポジションです。

中途採用の場合には店長職からスタートとなることもよくあります。

受付

技術職が兼任している場合が多いですが、受付のみの募集をかけている写真館も稀にあります。

受付は電話対応の他、予約のお客様がいらっしゃった時のお出迎えや説明、衣装選びなどを行います。

キャンペーンやプラン、写真などの料金やシステムを聞きに来られたお客様への説明も担当することが多く、店長同様にお店がスムーズに回るよう尽力するポジションです。

会社や規模によっては写真選びや撮影時のアシスタントを兼務する場合もあります。

ヘアメイク

お客様にヘアメイクを施術し、撮影時のアテンドを行います。

アテンドとは衣装や髪の毛の乱れを直したり、お客様の緊張をほぐしたりサポートする仕事です。

子どもの着付けや衣装のコーディネート、受付も兼務することが多く、社員になるとヘアメイクだけをしていることはほとんどありません。

自分の施したヘアメイクでお客様に喜んでいただけ、直接「ありがとう」と言っていただけるポジションです。

一番密接にお客様と繋がっている職種とも言えます。

カメラマン

写真館の商品でもある写真の撮影を担当します。

撮影、写真のセレクト、修正など、写真に関わる業務は全てカメラマンが行う場合がほとんどです。

最近ではインスタグラムなどSNSで写真館を検索するお客様も増えているため、写真の質がそのまま予約に繋がることも多いです。

責任重大なポジションですが、それだけ影響力のある立場と言えます。

写真館への転職で注意した方が良い3個のこと

自分の興味と一致する撮影をしているかをチェックする

一言に写真館と言っても様々なタイプがあります。

例えば子どもの撮影がメインの写真館と大人の撮影がメインの写真館では、来店するお客様の種類から接客の方法まで変わります。

ホームページやSNSなどでどのような撮影に強い写真館か大体知ることができるので、事前に必ずチェックしましょう。

扱いたいものが定まっていない場合は、とりあえず沢山の種類の撮影を扱っている写真館を選ぶのがおすすめです。

写真館から写真館への転職はしやすいとが思われます。

最初に多くの種類を扱っている写真館に入り好きな分野を見つけて、2社目で好きな分野専門の写真館に転職する方法もあります。

チェーン店か独立店かをチェックする

全国展開しているチェーン展開の写真館か個別に営業している写真館かで、キャリアアップの道筋も仕事の魅力も変わります。

チェーン店の場合は引っ越しを伴う異動になることもあります。

より「会社感」が強く、店長からマネージャーになるなどキャリアアップの道筋が分かりやすいのが特徴です。

技術だけでなく運営も学びたい人や、責任のある管理職を務めてみたいという人に向いているでしょう。

社員が多く組織図も整っている場合が多いので、困った時は周りに相談しやすい環境のはずです。

店舗を異動することで地域によっての差が見えるなど、学べることが多いでしょう。

その反面会社としての決まり事が多く、オリジナルのルールを作りにくいという難点があります。

独立店の場合は少人数で運営していることが多く、社員もバイトも関係なく話し合ってお店を良くしていこう、という風潮が強いです。

その中でキャリアアップするのは困難な場合が多く、いずれ自分でお店を持ちたい人やフリーになりたい人、技術を磨きたい人に向いています。

オリジナルのルールは作りやすく、少人数であるため自分の意見は比較的通りやすいでしょう。

ずっと同じ場所でほぼ同じメンバーで働き続ける場合が多いため、長く勤めているとモチベーションを保つことに苦労するかもしれません。

しかし自分で意見を出して積極的に行動できる人は、楽しく働けるのではないでしょうか。

雰囲気をチェックする

昔ながらの伝統的な写真館や今時のナチュラルな写真館、広告写真のようなおしゃれな写真館など、写真館には様々な「色」があります。

それぞれの特徴はホームページである程度チェックできますが、一番良いのは実際に足を運んでみることでしょう。

より志望度が高い写真館には実際に写真を撮影してもらったり、雰囲気を見てみたい写真館にはキャンペーンの説明を聞きに行ったりするなど、チェックする方法は様々あります。

ホームページよりも実際のセットや働いているスタッフから伝わってくる雰囲気を見る方が、自分が働くイメージをはっきり持てるでしょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

転職を成功させるためには何をすれば良い?

今までの経験を繋げられるように理由付けする

写真館は人相手の仕事なので、採用の際に人柄や今までの経験を重視されることがあります。

 

元々技術職として働いていた場合は、ポートレートなど自分の作品を用意しておくと良いでしょう。

管理職の経験がある場合は、売上を上げるためにどのようなことをして結果を出したかなど具体的な成功例を話せるようにしておくと説得力が上がります。

面接は笑顔で愛想良く

写真館にはあらゆる年代のお客様が来店するため、何よりも接客力を重視されることが多いです。

面接の時にも笑顔でハキハキと話すようにしましょう。

接客の仕事の経験がある場合は、接客する上で気をつけていたことなどを具体的に話すようにしましょう。

転職するにあたって必要な心構え

履歴書の証明写真は写真館で撮影してもらう

写真館のスタッフは毎日写真を目にしています。

証明写真も取り扱っている写真館が多いので、スピード写真を利用したか写真館で撮影したかは一目瞭然です。

写真で不採用になることは少ないと思いますが、仕上がりの良い写真を使うことで本気度が伝わる可能性はあるでしょう。

面接を受ける写真館でなくても良いので、証明写真はスピード写真ではなく写真館で撮影をして綺麗に貼りましょう。

面接はその写真館に合わせた雰囲気で行く

服装やヘアメイクで人の第一印象は大きく変わります。

転職活動の場合は新卒ではないので必ずしもリクルートスーツで面接に臨む必要はありませんが、制服があるような伝統的な写真館に派手な服装で行くと場違いになります。

逆にナチュラルな雰囲気でスタッフが全員私服で働いているような写真館ではセンスが求められることもあるので、ある程度おしゃれをしても良いかもしれません。

下調べした雰囲気に合わせた服装やヘアメイクで面接に臨みましょう。

写真館で人気な職種や業界とその理由

上で説明したように、写真館には様々な職種と種類があります。

その中でも特に人気のものをご紹介します。

ブライダルに特化した写真館

ブライダルの前撮りや後撮りと言うと、結婚式場を想像する人が多いかもしれません。

しかし今の時代には、結婚式は挙げないけれど写真だけ残そうと撮影だけの結婚式を行うカップルも増えています。

そのようなカップルに人気なのがブライダル専門の写真館です。

そのほとんどがドレスやタキシードのレンタル、ヘアメイク、そして撮影も全てセットのプランを提供しています。

スタジオ内で撮影するだけでなく、海や日本庭園などのロケーション撮影も人気です。

仕事として人気な理由

結婚式場でなど以前ブライダル関係の仕事をしていた人に人気が高いです。

結婚式場は朝が早く夜が遅い職場も多く、プライベートの時間を維持することが難しいイメージがありますが、写真館はそうではありません。

身体が持たず辞めてしまったけれどブライダルに関わっていたい人や、なんとなくブライダルに興味があるけれど式場で働く勇気はない人などに人気があります。

実際の結婚式とは違いますが感動する場面も多く、撮影するお客様カップルの大切な瞬間に立ち会うことができます。

時間をかけて信頼されるとスタッフも一緒に写真に写ることもあり、お客様との距離が近い写真館の種類の一つです。

未経験OKとしている写真館

ヘアメイクやカメラマンなどの技術系の仕事は、未経験では仕事にできないと思っている人も多いでしょう。

しかし写真館の中には、全くの未経験でも一から育てますと謳っている会社も存在します。

大体そのような会社は店舗が多くあるチェーン展開の写真館ですが、研修を重ねることで他の業界よりも比較的早く現場デビューできることが特徴です。

仕事として人気な理由

何か新しいこと、まして技術が必要なことにチャレンジするのは勇気が要るものです。

働きながら学校に行く暇は持てないという人が多い中、実際に働きながら教えてもらえるのはとてもメリットのあることです。

未経験の場合に最初から良い給料を得るのは難しいでしょう。

しかし、お金を稼ぎながら技術を教えてもらえると思えば悪いことではありません。

自分の頑張りによってどんどん成長できるので、やりたい気持ちがある人にはもってこいの仕事でしょう。

インスタ映えするおしゃれな写真館

昔の写真館のイメージとは異なり、現在はインスタグラムで集客している写真館も多く、投稿している写真はまるで雑誌の一部のようにおしゃれです。

赤ちゃんの写真からブライダルの写真まで写真館のスタッフ達がディレクションして、広告代理店のようになっている写真館も存在します。

そういう所は独立店がほとんどです。

仕事として人気な理由

写真業界の経験者に人気があることが多く、未経験者は採用していない場合が多いです。

自分達でディレクションできることが最大の魅力であり、実際に広告代理店が運営している写真館も存在します。

長い間そこで勤務するというよりも独立を目指している人が勉強のために就職するパターンも多く、経営者もそれを良しとしているような比較的新しいタイプの会社が多いようです。

自分に合った写真館求人の選び方や注意点

写真館で働くには何を一番重視するかがポイントになります。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員、契約社員、アルバイトという働き方があります。

契約社員でも店長職をしている所もあります。

正社員と契約社員の間にキャリアアップ上の差があまりない会社も多いです。

チェーン展開している場合、勤務地の異動の有無などで差をつけていることもあります。

賞与の回数が違うこともあるので、安定して長く働きたいと考えている場合はやはり正社員を志望するのが良いでしょう。

いずれ独立するつもりであるなど自分のキャリアの通過点という考え方である場合は、契約社員で勤務して良いところを盗むという働き方も一つの手です。

【選び方②】職種から探す

未経験でもOKとしている会社に勤務する場合は、積極的に技術職にチャレンジすることがおすすめです。

一度身につけた技術は長く使うことができます。

管理職で入社しても結局技術を学ばなければならない会社も多いので、チャレンジ精神が旺盛な人が向いている職業と言えます。

【選び方③】給与や雇用条件から探す

写真館の社員の給与は月20万円〜25万円程の金額が多く、決して高い給与とは言えません。

給与を重要視するのであれば、最初から管理職を目指しましょう。

店長などの役職に就くと、役職手当で給与が上がることがほとんどです。

また9月〜12月の繁忙期は早朝出勤や残業が多くなることがあるので、残業代がどのように支給されるのかも重要なポイントです。

管理職になるとみなし残業となってしまう場合も多いので、求人内容をよく確認しておきましょう。

【選び方④】エリアで探す

今や全国各地に写真館は存在しています。

10年程前の地方では昔ながらの老舗写真館の割合が多かったですが、現在ではナチュラルなタイプの写真館や現代風の写真館も増えています。

特に関東には様々な写真館があるので、多くのタイプから厳選したいという場合は関東エリアで転職活動を行うことをおすすめします。

まとめ

様々なタイプの写真館をご紹介しましたが、少しはイメージができたでしょうか?

写真館は人に尽くすことや喜んでもらうことが好きな人にはぴったりの仕事だと思います。

一組のお客様と長い時間関わる仕事なので体力だけでなく精神力も必要ですが、それぞれのお客様に寄り添い喜んでいただけたときの感動は一入です。

実際に写真館の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




写真館求人についてもっと深堀りした情報を見る

写真館(フォトスタジオ)で働くには?必要な資格や勉強についてお話しします!

カメラや写真が大好き!仕事にしてみたい!と思っているあなた。では、写真館で働くにはどうすれば良いのでしょうか?七五三、成人式、結婚式…そのような人生の節目に残す写真を撮影する写真館。写真館で勤務するようになると、毎日が誰かの記念日です。お客様の大切な一日に寄り添える写真館で働くためには、どうすれば良いかを解説します。沢山の人の笑顔を見られる素敵な写真館で、是非あなたも働いてみませんか。写真館の仕事についておさらいしておこう写真館で写真を撮る目的は様々ですが、ほとんどの場合は記念撮影です。赤ちゃんのお宮参りから始まり、お誕生日、七五三、成人式と人生の大きなイベントの際に写真を残す家族が多いもので

写真館(フォトスタジオ)の年収はどのくらい?給料をあげるためにやるべきことはコレ!

写真館スタッフの年収ってご存知でしょうか?お子さんの記念撮影などで行かれる方も多く、需要が常にあるイメージではないでしょうか。カメラマンやヘアメイクの技術を活かす職業の一つである写真館。今ではフォトスタジオとも言いますが、なんと未経験でも採用してもらえることがある人気な職業なんです。今回は、そんな気になるフォトスタジオでの年収を、経験者の私がこっそりお教えします。写真館の給料の相場はどのくらい?写真館と一言で言っても、現在では様々なタイプの写真館が存在します。赤ちゃん、子ども、成人式、ブライダル、証明写真などそれぞれに特化した写真館から、全てに対応しているタイプの写真館があります。商業施設など

写真館やフォトスタジオの仕事内容。ヘアメイクなど役割に分けてご紹介。向いている人の特徴は?

写真館では、結婚式や成人式、誕生日や七五三、入学式や卒業式など大切な思い出の記念を残すための撮影や現像、それ以外にもイベントや証明写真の写真撮影も行います。現代では子供に特化した子供写真館や成人式や結婚式などの特化した写真館などいろいろありますが、あまり知らない仕事内容や業務、向いている人の特徴、キャリアについて詳しく解説していきますので興味がある人は是非参考にしてみてください。写真館の仕事は大きく3個の役割に分けられるカメラマンカメラマンは、基本的に店長や社員などのスタッフが行います。アルバイトなどは、ほとんどカメラを扱うことはありません。お宮参り・百日祝い、七五三、入園・入学・卒園・卒業記

子供写真館バイト求人の募集内容は?ヘアセットやメイクもするの?疑問にもお答えします!

『子供写真館』でのアルバイトは、赤ちゃんや子供たちの笑顔を引き出すプロのアシスタントと環境づくりが仕事です。子供写真館は、赤ちゃんや子供たち、そしてご家族の笑顔でいっぱいの幸せな場所です。赤ちゃんや子供の笑顔や笑い声や可愛らしい衣装に、仕事中なのにも関わらず、癒されてこちらが笑顔になってしまうこともあるくらいです。幸せな空間で、とても楽しく、大きなやりがいを感じることができます。また、カメラマンが撮影しやすいように次のセットの準備をしたり、撮影中の衣装チェックや機敏に動くことでスムーズに仕事が進みます。かけがえのない幸せを記念に残す特別な空間でのお手伝いをします。そんな子供写真館のアルバイト求