接客販売は人気があり、色んな業種で仕事をされている方もたくさんいます。

一番求人広告で記載をされているのは、接客販売が多いですね。

食品販売、アパレル関係、その他雑貨などの販売もあります。

自分にあった接客販売は何か?

接客販売について詳しくお伝えしていきましょう。

接客販売のおおまかな仕事内容

接客販売とは何か?

その名前の通りお客さんに接客をしながら商品を販売するものですね。

分かりやすい例としてはアパレルショップと言った方が良いかもしれません。

アパレルショップって自分で選ぶだけではなく、店員からこれが良いですよとおすすめしてもらった経験ってないですか?

それと同じことを自分がしていく形になります。

接客以外には商品の在庫管理、ディスプレイや値札付けなども行いますよ。

接客販売にはどんな種類があるの?

接客販売は大きく分けて3つあります。

1つ目は百貨店やショッピングモール、2つ目は店舗型、3つ目は販売+喫茶店ですね。

施設によって営業時間や働き方が全く違います。

喫茶店も付いている所は食品系だけではなく、最近アパレルショップやブランドなども提携していることが多いです。

百貨店やショッピングモール

百貨店やショッピングモールは一番多いかもしれませんね。

大丸松坂屋、阪急百貨店、ららぽーとなど色んな場所があります。

百貨店やショッピングモールは営業時間が決まっているため、働きやすいと言えるでしょう。

営業時間が10時~20時か21時になります。

他の店舗と異なり営業時間間際にはお客さんも空気を読んで帰ってくれる方ばかりです。

百貨店やショッピングモールに来店するお客さんは質が良い方ばかりなので、残業などはなく早めに帰宅することが出来ます。

店舗型

店舗型百貨店やショッピングモールなどと違い、数はそんなに多くありません。

営業時間は同じ感じではありますが、残業は店舗型は多いです。

店内清掃は店舗型は自分達で行わなければいけません。

百貨店やショッピングモールは店内は自分達で行いますが、お店の前の通路やそれ以外は清掃スタッフがしてくれますからね。

ある程度自由は聞きますが、店舗型は結構バタバタします。

大手ホームセンターや家電量販店などの場合は、大きい施設にあるので清掃や他の準備などに時間がかかることはないでしょう。

お店にもよりますね。

販売+喫茶店

販売+喫茶店もある場所は結構多いです。

お菓子屋が主にそのような形態をとっています。

1階が販売、2階が喫茶ブースとなっている所はよくある話です。

販売+喫茶店だと何か影響はあるのか?ということですが、商品の補充や時々人手不足の時は手伝いに行ったりするという形ですね。

接客販売でよくある募集内容とは?

求人広告でよく書かれている接客販売の募集内容をまとめてみました。

筆者も昔接客販売をしていた経験があります。

その時も今も書かれていることは同じでしたね。

給与相場、勤務時間や休日、残業、福利厚生などその他気になることは全てお答えしましょう。

給与相場

販売スタッフの給与相場は大体20万前後となります。

体力仕事、座り仕事としては結構安いと感じる方も多いですね。

給料自体そこまで高い訳ではありません。

拘束時間はそこそこ長いですが、残業時間もイベントくらいしかないですね。

接客販売でもブランド系であれば、もう少し高いでしょう。

基本的に接客販売は未経験でも可能ですが、場所によっては学歴などでも判断されます。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は大体1日もしくは朝番や遅番があります。

基本的にはこの3つの内どれかとなりますね。

昔私が働いていた接客販売はまさにブラックでした。

1日ぶっ通しで働くこともザラでしたね。

毎日ではなく多少変更もありましたがしんどかったです。

今はある程度改善されており、オープン~18時までとか12時~ラストという所でしょうか?

休日は週休2日制かシフト制となっています。

基本的に接客販売は土日祝日がかき入れ時でもあるので、冠婚葬祭などよほどのことがなければ休みを申請することが出来ません。

残業はそんなになかったですね。

ある程度就業時間内に終わらせていくのでそこまででもないです。

基本的に残業手当は入らない所が多いのですが、これはお店に確認しておきましょう。

福利厚生

福利厚生は正直微妙であると思っておきましょう。

ちゃんとしている会社であれば福利厚生は望めますが、接客販売の場合は事前にチェックしておいた方が良いです。

ほとんどは社会保険の所が多いのですが、国民健康保険の所もあるので気を付けてください。

保健というのは病院にかかる時に必要なものになるのですが、診療代などの負担割合が大きく異なります。

社会保険は3割、国民健康保険は1割ですね。

今はほとんど社会保険の方が多いため、国民健康保険の所は稀かもしれません。

ボーナスに関しては雀の涙程度と言っても良いでしょう。

大手企業であれば夏のボーナスや寸志を期待することは出来ますが、業績がイマイチの所はあまり期待できないですね。

求められる人物像

求人広告をみていると接客販売の求められる人物像は、明るい方とか人と接するのが好きという方ということがよく書かれています。

この求められる人物像はよく記載されていることが多いのですが、まさにその通りだと思いますよ。

接客販売は明るい方や人と接することが好きな人でないととても継続出来ません。

お客の立場でいうと、暗い人に接客をされても微妙ですよね?

また人と接するのが好きな人でないと、毎日同じお客ではなく色んな方が来るので精神的にしんどくなってしまうということなんですよ。

人見知りの人って結構いますけど、相手側にも緊張が伝わってしまうのであんまり向いていないんですよね。

克服していけば良いとは思いますがそれまでに慣れは必須となります。

接客販売のおすすめ求人のポイント 

接客販売のおすすめの求人ポイントは、間違いなく社販割引ですね。

社販割引って結構大きいですよ!

自社製品って普通に常用したりします。

大体何の接客販売をするかは、自分の好きな商品が置いているお店や愛用している商品の店だったりするんですよね。

たかが社販と思うかもしれませんが、これはめちゃくちゃ大きい部分であると思っておきましょう。

社販割引

社販割引は大きなメリットです。

自社製品を安くで購入できるというのは、その会社に勤めている人間だけですからね。

化粧品販売やアパレルショップに勤めている方は、社販割引のメリットをよく理解できるのではないでしょうか?

自社製品を使用するというのは当たり前かもしれませんが、化粧品は消耗品であるため社割だとネット通販で購入するよりもずっとやすいのです。

何せ化粧品って1万円くらいしますからね。

特にスキンケア系ですと1万円以上するものもありますので、お金が結構もったいなかったりします。

私の姉が昔大手スキンケアのお店で働いていたことがあるのですが、家族全員分社割で購入してもらっていたのはありがたかったですね。

半額くらいの値段で購入できるので、本当に助かりました。

女性ならではの観点かもしれませんが、消耗品ほどお金がかかりまくるので社割目当ても1つの応募理由としてアリですよ。

自分にあった接客販売の求人の選び方や注意点

自分にあった接客販売の求人の選び方や注意点についてを考えてみましょう。

そもそも自分が仕事をするにあたり、何が好きかで考えるのもありですね。

他の仕事でもそうですが、自分の好きなものや興味のあることでないと仕事は継続出来ません。

お金が良いからといってそれで決める方もいるのですが、お金だけで決めてしまうと後で後悔することになります。

自分が好きなこともそうですが、食品販売系を考えている方は必ず口コミや評判をチェックしておいてください。

何が好きかで考える

自分は何が好きかで考える方が一番良いですよ。

何故なら接客販売は人に接する仕事です。

お客の立場として店員から商品を勧められた時、自分の好きな商品だと熱意がこもりその気持ちがお客に伝わって購入してもらうことが出来ます。

よく自分的にはそこまでだと思っていたけど、店員の接客や説明がとても上手で絶対の自信をもっておすすめされると購入してしまうという経験は誰にでもあるでしょう。

お客側からすれば、店員というのはそのお店のディスプレイそのものなんですよ。

アパレルショップだと自社製品の服を着て接客されていますよね?

当たり前のことかもしれませんが、その服を上手く着こなしているとお客も手本である店員を見て購入意欲を掻き立てられてしまうのです。

好きなものであればそれがダイレクトにお客に伝わります。

しかし特に好きではないという商品は熱意だけではなく説明も適当になってしまうので、お客がよりつかないこともあります。

こういうのは自分の好きなもので決定するのが良いですよ!

働く場所によってそれぞれあり

雑貨店はそうでもないですが、化粧品メーカーやアパレルショップ系は結構厳しい方が多いとされています。

美意識が高い方はプライドを持って接客をされているため、自分にも他者にも厳しい方がいるのです。

何人かアパレルショップ系で悩んでいるという方を聞いたことがあります。

先輩がきついなどの人間関係は、どこにいってもあるのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

食品販売で働いていたのですが、正直にいうとほとんどがブラックでした。

書いていることとほぼほぼ違う所が多かったですね。

全部が全部そうではないのですが、事前に確認して違うと感じたら辞めても良いと思いますよ!

接客販売についてよくある疑問

接客販売をしていた時によく質問されたことがあります。

売れ残った商品ってどうしてるの?とか、どうやったら上手く売れるの?とか結構聞かれました。

この辺りは結構質問されたので、実体験を元にお伝えしてきましょう!

売れ残った商品はどうしている?

売れ残った商品はどうしているのか?ということですが、これは処分したり自分達で購入していることもあります。

食品系ですと日持ちするお菓子なら良いのですが、ケーキなどの生菓子は賞味期限がそんなに持たないので、お客に渡すことは出来ません。

良心的なところですと賞味期限切れの商品は、新人に試食させて味を覚えてもらうことをします。

新人ですとあまり積極的に購入する人はおらず、その時ロスになってしまったものを食べてもらう方が良かったりするんですよ。

食品系の場合はこういう試食をさせることによって、お客にこの商品はどんな味がするの?と聞かれた時、自分の思った感想を伝えることが出来ます。

もっと細かいことをいえば、お酒が入っている?とか子供でも食べられる商品か?と聞かれることもあるので、いつでも答えられるように試食はさせておくのはありですね。

上司にもよるのですが、酷い所ですと無理やり購入しろと言ってくる所もあります。

これは絶対ではないので、嫌だと思ったら断りましょう。

試食として考えるのであれば、たまにだったら良いとは思いますが必要経費ではないですからね。

またあまりにも売れ残った商品が多ければ、本社に返品したり自分達で少し持ち帰ることも許されています。

持ち帰るのはその場ではとても食べられないホールケーキ系などでしょうか。

ホールケーキ系は自分1人ですととても食せませんからね。

上手く売れる方法ってある?

上手く売る方法なんてあるの?と聞かれたこともありました。

そもそも上手く売る方法は、商品の基礎知識を頭に叩き込むことは基本ですね。

絶対にお客からこの商品って何がどうなっている?と質問されることは確実であると思っておきましょう。

基礎知識は答えられるようにしておいた方が良いです。

そうでないとこの店員は当たり前のことを答えられない頼りのない店員であると判断されてしまいます。

やっぱり接客してもらうならちゃんと商品のことを理解している方が良いですからね。

ただマニアックすぎる質問や、調べなければ分からないことは問題ないでしょう。

個人的に上手く売る方法はお客が何を求めているかにもよりますね。

お客が商品を見ている時に邪魔をしないとか、声をかけるタイミングを見計らうようにするのも大切です。

まとめ

接客販売は大変ですが楽しいですよ。

自分のおすすめした商品を購入してくれるのってすごく嬉しいものです。

上手く行けばお得意さんになってくれたりしますからね。

接客販売は立ち仕事なのでとても大変ですが、その分やりがいのある仕事とも言えるでしょう!


関連キーワード

接客求人

接客求人についてもっと深堀りした情報を見る

英語接客求人にはどんな仕事がある?よくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

皆さん、英語に対してどういったイメージを持っていますか?話せない、難しいなどといったマイナスのイメージを持つ方が多いと思います。しかし、最近では英語に対して話してみたい、かっこいいといったプラスのイメージを持った人もまた多くいます。最近の日本では観光だけでなく、留学やビジネスなどでは多くの外国人の方が日本を訪れています。また日本に住み働く外国人の方がや日本人の方と結婚し、日本に住む外国人の方も多く増えてきました。街に出ると1日に1人は外国人の方を目にするのではないでしょうか?日本でも最近では外国人や英語といった言葉が昔に比べると少し身近に感じるのではないかと思います。そして今回はそんな英語を使

接客パート求人の時給や募集内容、おすすめ求人の特徴とは?正社員とパートをやってみて、パートが良かった3個の理由も紹介!

パートを探しているときによく見かける接客パートは、様々な種類があるため、どの求人に応募をしようかと悩んでしまいがちです。そんな人のために、接客パートの求人内容について詳しく紹介します。さらに、接客パートの中でも特におすすめの求人や正社員との働き方の違い、接客パートの良さなど、知っておきたい情報も満載です。接客パートはどんな仕事?接客パートは、主にお客様と接することが多い仕事です。例えば、コンビニやスーパー、飲食店、アパレル、ホテルのフロント、テーマパークなどで、お客様に商品やサービスを提供することが仕事となります。常に笑顔でお客様の対応をすることが一番大切です。接客パートの大まかな仕事内容接客

接客の正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

接客の仕事はお客様と接する機会が多く、やりがいも大きいことが魅力です。カフェの店員やブランドショップ、アパレルショップの販売スタッフなど、接客業はおしゃれなイメージの職業でもあります。ここでは、そんな接客業の正社員求人について、募集内容やおすすめのポイントなど詳しくまとめました。さらに、接客の仕事内容や働き先はどんなところがあるかなども合わせてご紹介します。正社員で働きたいと考えている人は、応募するときの参考にしてみてください。接客のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容直接お客様の対応をして、商品の販売や提供をすることが主な仕事となります。例えば、レストランやカフェのなどのホールスタッフは、お

接客バイト求人でよくある募集職種や募集内容とおすすめ求人の3つの特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

接客バイトは、色々な職種で求められています。例えば、カフェやバーなどの飲食、スマホや携帯販売などの携帯ショップ、他にも家電量販店、ディスカウントショップなど様々な業界があります。接客バイトというと基本的にはお客様と接してお客様にサービスや商品の提供、レジ打ちなどがあります。今回は、接客バイト求人について詳しく解説します。接客バイトはどんな仕事?接客バイトは、業態によって若干異なりますが基本的には消費者、つまりお客様にサービスや商品を提供する窓口です。カフェならお客様を席に案内したり、注文をとったり、料理を提供したり、レジを打ったりしますし、スマホなどの販売だとお客様に商品の詳細を説明したり、サ

接客が向いている人の10個の特徴とその力を活かせる職種・仕事とは?

接客はお客様と接する仕事です。飲食店だけでなく家電量販店やスマホショップなどなど、生活の様々な面で接する機会のある仕事といえます。接客というくくりにしてみるなら、電車の販売員や実演販売なども接客の仕事といえますし、フライトアテンダントや船のスタッフも接客の仕事といえます。接客の仕事は、募集もどこかで常にあり、チャレンジしてみようと考える人も多いと思います。また、身近な職種ということもあり、ほとんど誰もがアルバイトで一度は経験したことがあるかと思います。ただ、その接客の仕事の経験やスキルが、実は就職や転職の時に活かせることはあまり考慮されていません。今回は、接客に向いている人がどんな人なのかにつ

接客の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや販売関連の職種について解説します

接客の仕事をしてみたいなと思ったものの、「接客って私に向いているの?」と不安になった経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな方のためにこの記事では、接客の種類と向いているタイプを解説していきます。接客の仕事はどんな人に向いている?接客の仕事を続けるには、自分に合った職種を選ぶことが大切です。ここでは接客の仕事内容と種類をみていきましょう。接客の仕事内容「接客業」とはお客さまと接する仕事をいいます。衣類や雑貨、化粧品、家具などの物品から、レストランやカフェの飲食店も接客業と呼ばれます。特別な資格がなくても就ける仕事のため、誰にでもできると思われがちな一面も。しかし専門知識や礼儀作法、言葉遣