みなさんは運送の仕事にどんなイメージをお持ちですか?

体育会系のつらい仕事ですか?

それとも夜中に高速道路をひた走り遠くまで荷物を運ぶ仕事ですか?

運送の仕事は、依頼を受けた荷物を依頼された場所に配達することですが、最近はドライバー不足が深刻化してきており、労働環境の改善、職場改善が見直されてきた業界です。

言い換えると今迄のようにつらい、大変な仕事ではなく、しっかりと働いてしっかりと稼げる仕事になりつつあります。

以前はトラックの運転を夜通しぶっつづけてやって少しでも早く依頼先に配達してできるだけ早く会社に戻ってがよしとされてきましたが、最近はドライバーの健康などを考慮して働くだけでなく、間の休憩時間もしっかりととらなければならないことになりました。

環境が少しずつ改善している運送の仕事について今回は運送の仕事がどんなものか、どんな人が向いているのかなどについて紹介していきます。

運送の仕事はどんな仕事?

運送の仕事は簡単に言うと依頼を受けて集荷先に荷物を集荷に伺い、荷物をトラックに積み、依頼された配達先に届けることです。

仕事ないようだけをざくっとみたら簡単で楽な仕事に思えるかもしれませんが、依頼された荷物の中には時間指定や日にち指定、壊れやすいもの冷凍物など色々な商品があります。

依頼主の希望に沿った配送方法で配達しなければならないため、意外と簡単に仕事を終わらすことはできません。

運送の大まかな仕事内容

運送の仕事がどんな仕事かがわかったところで、大まかにどんな仕事があるのかについて触れていきます。

運送の大まかな仕事は先に紹介した通り、A地点からB地点へ依頼された荷物を運ぶことです。

ただ運ぶだけではなく、トラックに積み込む荷物を仕分けしたり、配達先のリストをチェックしたり、営業所と言われる拠点から出発するまでにやるべき仕事もあります。

仕事上の役割とは?

運送の仕事の役割は、物品の流通です。

例えば、今では当たり前のように手に入るようになった商品や各地の名産品・食糧などどれもみなさんの手元に届く時には配送業者が運んできます。

そして配送業者が敷いたインフラの流通網を使って、各拠点を結び全国どこでも配達を可能にしています。

言い換えると配送の仕事がなければみなさんが欲しいものは届きません。

最近はネットで色々な商品を買えるようになりましたがネットで買った商品も配送業者がいなければ配達できません。

配送の仕事は大変でしんどいイメージがあったり、ただ配達するだけの楽な仕事に思われるかもしれませんが、陰ながら皆さんの生活を支えている大事な役割を担っています。

運送の仕事はどんな人に向いている?

運送の仕事は、大変そうとかつらい仕事のイメージがあるかもしれません。

しかし、最近は運送の仕事も色々と職場環境や労働環境の改善に取り組み変わろうとしています。

その運送の仕事はどんな人が今、むいているのでしょうか?

運送の仕事に適している人はどんな人かについて紹介します。

運転が好きな人

まず、運転が好きな人は運送の仕事に向いています。

運送の仕事は、トラックやバンを運転しますが、短い距離を運転することもあればトラックの場合だと長距離の運転もあります。

運転が好きな場合、仕事だけどドライブ感覚で楽しく働くことができるので運転が好きな人は運送の仕事に向いているといえます。

体力に自信がある人

運送の仕事は、わりと体力の必要な仕事です。

運送の仕事を経験したことない人からすると車やトラックを運転しているだけの楽な仕事に思えるかもしれませんが、夜通しで運転したり、長距離を運転したり、短い距離でも運転しながら配達をこなすことは楽な仕事ではありません。

むしろ体力が必要となります。

学生時代に運動をしていた人や運動が好きで体力に自信のある人は、運送の仕事に向いています。

集中力がある人

運送の仕事は、集中力を必要とします。

特に長距離運転の場合は、夜通し運転をすることもあるため、長い時間夜中に運転を続けることは楽ではありません。

また、日中に運送の仕事をするにしても交通ルールや周りの状況を確認しながら運転しないと事故を起こしてしまったり、事故に巻き込まれてしまったりする可能性があります。

仕事中はしっかりと集中できる人は、運送の仕事に適しています。

人と接することが好きな人

運送の仕事は基本、運転中は一人です。

しかし、配送するときや納品するときはお客様と会話をすることがあります。

不愛想に返事をしたり、ぶすっとした表情でお客様と接すると会社の印象を悪くしかねません。

人と接することが好きな人は、人と接するルールをわきまえて対処できるため、運送の仕事にむいています。

責任感が強い人

責任感が強い人も運送の仕事に向いています。

運送の仕事は一度道路に出ると同僚や上司が常にとなりにいるわけではなく、基本的に一人で仕事をこなしていきます。

決められた荷量を配送する場合もあれば、日によって配達する物量が変わることもあります。

しかし、一度受けた仕事を最後まできっちりとこなす責任感がなければ、誰も監視していない、いわばほったらかしの状態なのでサボることも可能です。

責任感が強いと仕事を最後までしっかりとこなせるため、責任感の強い人は運送の仕事に適しています。

運送の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

運送の仕事を始めたいと考えている人の中には今までの経験で何か役に立つことがないか知りたいと思います。

運送の仕事をするために面接でアピールしたり、実際の仕事に役立てたりする経験は何がいいのでしょうか?

ここでは運送の仕事に活用できる経験を紹介します。

営業経験

営業の経験がある人は間違いなく運送の仕事に活かせることができます。

運送の仕事は営業ほどお客様と会話をする必要はありませんが配達先のちょっとした会話から新しい仕事をもらえたり、配達先や集荷先のお客様と信頼関係を築くためにはある程度会話をする必要があります。

営業経験があれば初めてのお客様のところであっても難なく入っていくことができますし、初めてお会いするお客様でも会話をすることができるため、営業経験は配送の仕事に活かすことができます。

タクシー・バス運転手の経験

タクシー・バスの運転経験も配送の仕事に直結して活かすことができます。

運送の仕事でトラックやバンを運転します。

タクシーやバスの運転手の経験があれば、トラックの運転をする際に初めてトラックを運転するよりトラックの運転のコツを早くつかめることと働いていたことのあるエリアで配送の仕事に転職することで地理感も詳しく早期に仕事に馴染むことができるため、タクシー・バス運転手の経験は配送の仕事に反映することができます。

接客経験

接客経験は、営業経験同様、配送の仕事に役立てることができます。

配送の仕事は、トラックやバンを運転してA地点からB地点へ配達することがメインの仕事ではありますが、最終的に人と接することになります。

何も会話しなくても問題はないこともありますが、やはり挨拶や簡単な業務内容の会話は必要になります。

愛想が悪いと会社の印象が悪くなりますし、クレームにつながることもあります。

接客経験があれば挨拶やお客様との会話は問題なくこなせるので接客経験も運送の仕事に活かすことができます。

運動経験

体力が必要な配送の仕事には運動経験を活かすこともできます。

運動経験のある人は、基本的に運動しなかった人に比べて体力があります。

また、チームプレーの必要な競技や忍耐を必要とする競技を体験した人の場合、集中力が高く、忍耐強いことと精神的な強さがあります。

配送の仕事に必要な基礎的要素を兼ね備えている可能性が高いため、運動経験は、配送の仕事に活かすことができます。

運送会社で働くメリットとは?

運送会社で働くメリットって何でしょうか?

配送の仕事をしてみたい人からすれば運送会社で働くメリットにはどんなものがあるのか知りたいところです。

運送会社で働くメリットにはどんなものがあるのかについて紹介していきます。

自分のペースで仕事ができる

長距離トラックのドライバーの場合、配送先は遠く離れた場所になります。

例えば、東京から高知県や大阪から北海道などです。

夜通し運転することもありますし、何日も一人で運転し続けることになります。

しかし、言い換えるとオフィスワークや営業のように上司や同僚の目を気にしたり、数字に追われて仕事をすることはないため、納期に間に合えばどこで休憩をとるのか、どこへ立ち寄るのかは全て自分が決めることになります。

また、運転中は自分の好きな音楽をかけながら運転することもできるため、自分のペースで仕事をすることができるのは大きなメリットです。

人間関係がめんどくさくない

自分のペースで仕事ができることと近いのですが道路に出ればほとんどの場合、一人で仕事をしますので上司の目を気にしたり、職場の人間関係のしがらみに悩まされることはありません。

営業のように数字を背負ってるわけではありませんので事故をおこしたり納期遅れをおこしたりしなけれえば上司からお咎めをくらうこともありません。

人間関係がめんどくさくない、職場のしがらみがオフィスワークに比べてないところは運送会社で働くメリットになります。

地理に詳しくなる

運送会社で働くもう一つのメリットは地理に詳しくなることです。

配送のトラックやバンで配達していくと色々なエリアを回ります。

基本的には担当エリアやルートが決められていることもありますが、担当するエリアは誰よりも詳しくなれるので地理に詳しくなることは運送会社で働くメリットです。

運転スキルが向上する

運送会社で配送の仕事をすると間違いなくトラックを運転します。

トラックは乗用車より大きいですし、運転するのが慣れるまで時間がかかります。

ただ、トラックの運転になれてくると乗用車の運転もスムーズに運転することができますし、トラックの運転が慣れるということはイコール運転スキルが向上している証拠です。

地方のグルメを楽しめる

長距離トラックドライバーの醍醐味の一つといえるのは、地方グルメを楽しむことができます。

東京から高知県や大阪から北海道、千葉から青森など長距離トラックドライバーは色々な地方へ荷物を運んでいきます。

運んだあとは当然会社へ戻るのですが、仕事が終わってしまえば自由なので途中のサービスエリアや配達先近くの市場などで地方のグルメを堪能できるのは運送会社で働くメリットになります。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

運送会社のキャリアアップは、営業所の主任や責任者になることです。

運送会社で働く人は、営業に行くこともありますが、基本的には現場が好きな人が多く、出世より現場職を現役でこなすことに力を注ぐ人の割合が実は多かったりします。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

運送会社でのドライバー経験は、タクシー・バスの運転手、営業、接客、軽作業など色々な仕事に活かせることができます。

トラックドライバーを経験して接客は無理じゃないかと思う人もいますが、意外と飲食店で働いている人の中には前職がトラックドライバーでしたという人は少なくありません。

色々な会社を回ることのある運送会社のドライバーなら営業としても活躍することが可能です。

まとめ

今回は運送の仕事についてまとめました。

運送の仕事に向いている人や運送会社の仕事がどういうものであるか紹介してきました。

今まで運送の仕事はきつい、大変だと思っていた人のイメージが少しでも変わっていたら嬉しく思います。

実際、トラックドライバーといえば今までは男性メインの仕事でした。

体力が必要だから女性にはできないと思われていました。

実際にトラックドライバーをしている女性は男勝りな人、勝気な人ばかりとも思われていました。

しかし、ここ最近は女性でもトラックドライバーを目指す人が増えてきていますし、トラックが好きだからトラックドライバーになりたいと考える女性も増えてきました。

加えてトラックドライバーの休憩や労働環境について少しずつながら見直されてきていますので働きやすい環境が今後ますますきたいできるのではないでしょうか?

運送の仕事に興味を持った人は、ぜひご自身でも一度調べてみて下さい。