整体師の仕事にはどのような業務があるのでしょうか?

基本的にはお客様の体をほぐすことを想像しますが、その他に何か業務はあるのか。

整体師を目指すのであれば気になるところですよね。

今回は整体師の仕事内容について詳しくご紹介していきます。

整体師の仕事は大きく4個の役割に分けられる

施術

メインとなるのはやはり施術をする接客業です。

8割がこの業務で、会計の作業が少し加わりますが、それも施術の前後どちらかに1~2分ほど。

あとは施術をひたすら行うのみです。

これは当然と言えば当然ですが、施術の最中もお客様とトークをしたりカウンセリングをしたりと、二つのスキルを同時に長時間続けることになります。

その為、一概に施術だけの業務が8割とは言えません。

洗濯

整体には沢山のタオルを使います。

また、施術着を用意している店舗では施術着も洗濯する為、1日の洗濯量は一般家庭の洗濯量の比ではありません。

基本的に1人のお客様に使用するタオルは、フェイスタオル3枚、バスタオル1枚です。

多くの店舗は複数人スタッフがいる為、1時間に対応するお客様の数は約5人。

それを一日に換算すると、タオルの一日使用料はフェイスタオルで約120枚。

バスタオルは40枚となります。

そんな量を洗濯するとなると、一体何回洗濯機を回さなければいけないのか。

さらに施術着も含めるとなると、少なくとも5回は洗濯して、その後乾燥機へ移して乾燥という作業を繰り返す必要があります。

これだけでもなかなかの作業ですね。

片付け

洗濯をそれだけの回数こなすとなると、もちろんその洗濯したタオルや施術着をたたんで片付けるという作業も発生します。

単純計算で洗濯した量がそのまま片付けの仕事量になるのですから、洗濯と片づけの作業だけでも一日の1/3の作業時間が削られます。

もちろんその作業は一人でするわけではなく、手の空いている人が分担してするわけですから、一人一人が一日にそれだけの時間を洗濯と片づけに費やすわけではありません。

一人辺りの一日の片付けの時間に換算すると、およそ30~60分といったところでしょう。

研修担当

企業によっては、新人を教育する研修担当が雇われているケースもあります。

特に業務委託の形で店舗を増やしている企業では、専属の研修担当を用意しないと新人教育が追いつかない企業もあり、もはや研修がメインの業務内容となっている人も珍しくはなくなりました。

整体業務の8つのスタイル

整体というのはいわばリラクゼーションです。

そんなリラクゼーション業務は、いくつかのスタイルに分けられます。

ここからはそれぞれの整体スタイルについて、ご紹介していきましょう。

通常の整体

まずは通常の整体です。

肩こりや腰痛を解消するのが主な業務内容となり、お客様のご要望に合わせて、重点的に施術を行う内容を変えます。

近年では格安で全身を施術するお店が増えていますが、それに伴ってか整体を受けたい人も増加しているため、整体そのものの需要は年々増加傾向にあります。

また、近年では出張の整体店を営む個人営業のお店も増加傾向にあり、整体全体としての店舗数はコンビニの数に匹敵するほど多いものとなってきています。

お客様目線で考えれば、施術を受けリラックスしているその状態のまま寝ることが出来る為、多少料金が高くなっても依頼をする人は少なくありません。

出張整体に関しては、個人宅だけでなくホテルの客室への依頼も多く、その場合はホテルに常駐している整体師が各客室へ出張するといったスタイルは、もはや全く珍しくない常識のサービスとなりました。

フットリフレクソロジー

オイルやクリームを使用しながら膝から下の肌に直接触れ、ほぐしていく施術になります。

近年ではどこの整体店もこのサービスは取り入れており、足裏の施術となるとリフレクソロジーをしない店はほとんどないです。

しかし、オイルやクリームを使用する分、多少料金が高くなる傾向にあり、その為フットケアは別メニューとして、オプション扱いにしているお店がほとんどとなっています。

足裏には反射区が沢山存在している為、リフレクソロジーによって内臓が活発になることが東洋医学で証明されています。

その為、足だけの施術であってもその効果は全身に及び、自律神経を整えるには効果的な施術と言えるでしょう。

ヘッドマッサージ

近年では頭皮マッサージ専門店が出店するようになってきたほど、ヘッドマッサージの需要は年々増加しています。

また、美容室でしか行っていなかったヘッドスパをエステサロンなどに取り入れるお店も増えてきていて、ヘッドズパはもはや美容室だけのサービスではなくなってきています。

また、頭のツボには脳へ直接刺激を与えられるツボが多い為、睡眠不足解消や自律神経の乱れを緩和できたりと、その効果は生活の質にまで及ぼします。

その為通常の整体店でもヘッドマッサージを取り入れているお店は少なくなく、お客様の需要としても高いものとなっています。

エステ

近年のエステでは、痩身エステだけでなくリラクゼーションに特化し、経絡への刺激を取り入れたエステが増加傾向にあります。

年々お客様が求める質が高まる中では、ただのエステでは集客できなくなってきている為、経絡整体を取り入れたエステが人気となっているのです。

高級なオイルを使用する分、整体より割高となっていますが、それでもエステの気持ちよさで、その料金を惜しまず注ぎ込むお客様は少なくありません。

また、エステは痩身の効果もある為、ウエストや足を細くしたいお客様にとっては毎週通っても惜しくないサービスとなります。

もはや顔を綺麗にするだけではなくなっているエステのサービス。

今後も進化を続けていくことが期待できます。

タイ古式

マットレスの上で行うタイ古式マッサージは、ストレッチを取り入れた施術を行えるため、最も安全に効果の高い整体を行うことができます。

ストレッチというのは地味ではあるものの、骨格矯正を行う上では最も安全に持続的な効果を期待出来る為、それを効果的に施せるタイ古式マッサージは、整体効果もリラクゼーション効果も両方とも高い効果を得られる、まさに理想的な整体と言えるでしょう。

また、タイ古式マッサージには、独特なリフレクソロジーの施術があり、特殊な道具を使用した少し刺激の強いフットケアがあります。

お店によってはフットと足裏の施術だけで1時間を要するお店もあるほど、タイ古式マッサージの足裏の施術は人気の高いものとなっています。

タイ古式マッサージは、ストレッチの際に足でお客様を踏んだり押したりすることが多い為、その業務の性質上の事情から、女性スタッフしか施術を行えないものとなっています。

男性スタッフがタイ古式マッサージのお店で雇われるケースはほとんどありません。

お客様目線で考えれば、男性の足で施術を行われたくないといった心理が働く為、仕方ないと言えば仕方ない事情と言えます。

針灸

鍼灸は国家資格を保有した整体師が、針やお灸を用いて医療行為を行う施術となります。

針によって筋肉に小さな傷を作り、その傷が再生されていく再生力を利用した施術を施します。

この施術により期待できることは、経穴の刺激による内蔵の活性化、筋肉疲労の回復などが挙げられます。

お灸を使用するお店は現代ではかなり少ないですが、効果としては針に似た効果を期待できます。

鍼灸施術は、その施術内容の危険性から、専門学校をきちんと卒業した者でないと施術を行えない為、その施術効果に差異は良い意味であまり生まれません。

どの鍼灸師が施術をしても、高いラインとして一定水準の効果は得られます。

アカスリ

近年の温泉施設では、温泉フロアの中でのリラクゼーションサービスの提供として、アカスリを取り入れている店舗も増えつつあります。

そして、リラクゼーションの需要が高まる現代では、単なるアカスリにはとどまらず、美容効果のある特殊なローションを使った、エステ効果の高い施術を一緒に提供している店舗も増加しています。

ハワイアンリラクゼーション

近年増えつつある整体業務の中に、ハワイ式の施術があります。

ホットストーンやハーブボールといった特殊なアイテムを使用し、この施術でしか味わえない心地よさを体験できます。

まだその店舗数は多くはありませんが、そのリラクゼーション効果は期待できるものとなっている為、どこかで見つけた際はぜひ体験してみてください。

整体師の仕事の良いところ

整体師の仕事はどんなところがおススメなのか。

ここからは、整体師の仕事の楽しいところ、やりがいを感じられるところについてご紹介していきましょう。

面白いポイント

整体師の仕事の面白いところは、何といっても1対1での長時間の接客でしょう。

これは接客が好きな人にしか感じられないメリットですが、整体師の仕事はお客様と長時間近距離で接客することになります。

その為施術をするだけでなく、その間はトークをすることもよくあります。

本音でたくさんトークできる

施術中はお客様もリラックスしている為、本音が飛び出してくるケースがよくあります。

そのトーク内容は普段聞けないようなここだけの話だったり、恋愛相談、仕事の悩み相談など、友達と話をするかのような特別な話が沢山できます。

施術よりもトークが楽しくてこの仕事を続けている人もいるくらいです。

講演会に呼ばれる

整体の実力が高かったり、医者並みに医学に詳しい整体師だと、講演会の講師として依頼が入ることがあります。

そうなるともちろんやりがいも大きいですし、講演会で有名になれば自分の発言が沢山の人々に影響を及ぼします。

また生活も収入も一変する為、これ以上ないほどやりがいを感じられるようになります。

健康相談をされる

整体師の仕事を続けていると、心を開いたお客様が自分の健康の相談をしてくるようになります。

例えば、ダイエット、便秘解消、腰痛や肩こりの解消、自律神経の整えなど、その相談の幅は非常に多岐に渡ります。

しかし、整体師は医者にはなれませんし、医者の領域を脅かすことは法律としても許されてはいません。

あはぎ法という法律があり、「整体師は按摩師や柔道整復師、そして医師の領域を脅かしてはならない」と決められています。

その為整体師はどんなに医学を身につけても医療行為を行ってはならないので、そのラインは超えないように業務を抑えなければなりません。

整体師はお客様が健康に関して悩んでいることを話してくれても、できて民間療法の範囲までしか紹介できません。

それでも信頼を寄せるお客様は医者同等に頼りにしてくれるため、その期待に応える為に、自分の知識と技術を磨き続けることは大変ではあるものの、とてもやりがいを感じられる一面でもあります。

自分の健康管理もできる

これは仕事のスキルがそのまま自分にも影響する話ですが、整体の仕事で得た健康知識は言わば日常生活の改善となります。

その知識はもちろん、自分の生活習慣へ反映させることもでき、しっかりとその生活を続けられれば、腰痛や肩こり知らずといった健康体を維持することもできます。

また、整体師の知識は栄養学にまで及ぶこともある為、食生活も自然と改善されていく傾向にもあります。

自分がその生活を送って健康になっているのであれば、その話を聞いたお客様はその整体師に対して信頼を寄せることとなり、結果仕事が増え収入も増えるといった、とても良い循環が公私に渡り発生します。

まさに一石二鳥と言えるでしょう。

話し方が優しくなる

整体は業種としてはリラクゼーション業務に当たります。

お客様を癒すことがメインの仕事となる為、自然とその話し方も優しく癒しに向いている口調となってきます。

優しい話し方というのは基本的に周りに良い印象を与える為、親近感も増し、自分のプライベートも充実していくことは珍しくありません。

また、疲れたお客様を相手にすることが多い為、基本的には聞き役に回ることが多いこの業務は、カウンセリングスキルも自然と上昇する傾向にあります。

その為整体師からカウンセラーに転身したという話は珍しくないものとなっていて、それほど整体師の仕事は話し方にまで影響する仕事と言えます。

まとめ

いかがでしたしょうか。

整体と一言で言ってもその業務内容は様々で、それぞれがそれぞれ魅力を持った施術となっています。

しかし、どれをとってもリラクゼーション効果は高く、ストレス社会の現代ではその需要が高まっています。

疲れ切ったお客様を癒すこの仕事は非常にやりがいのある仕事ですので、興味を持たれた方はまずは様々な整体店を回ってみてはいかがでしょうか。


関連キーワード

整体師求人