近年沖縄の発展も目覚ましいもので、田舎らしさを保ちつつ発展してきている町の一つであると言えるかと思います。

都会の生活に疲れて沖縄に癒しを求め移住してくる人も増えてきました。

職をリタイアしてから移住してくる人も多くいますが、20〜30代半ばで移住してくる人も年々増えてきています。

そこで一番の問題になるのが「職」の問題です。

沖縄は「生活」するにはもってこいの土地ですが、仕事となると知っての通り毎年全国の最低賃金を叩き出している地域でもあります。

そこで、沖縄に移り住んだ場合どういった職があるのでしょうか。

業種の紹介も交えつつご紹介していきたいと思います。

沖縄移住したらおすすめの仕事3選とその理由

実際に沖縄に移住した際に、どういった職業が人気なのかご紹介していきたいと思います。

沖縄の大手企業「サンエー」

人気な理由

沖縄で買い物をするといえば地元の人なら「サンエー」といっても過言ではないほど需要が高いのがこちらの企業になります。

県内に100ほどの店舗数を構え、年々増店している企業です。

県内の人気職業でも毎年上位に入り込んでおり、新卒・既卒問わず人気が高い職業になります。

その仕事内容は、食品加工から衣料館まで幅広くあり入職してから配置される部署が決まるので自身がどういった職種になるのかは入るまでわからないといったところになります。

銀行関連

人気な理由

先ほどのサンエーとは打って変わって、次に人気が高いのが銀行になります。

沖縄で主流な銀行というと「沖縄銀行」と「琉球銀行」になります。

この二社は、ほとんどの県民が口座を開設しているといっても過言ではないほど主流です。

また、働き先としてなぜ人気かというとやはり地域に密着しているということと、給与が高いという点です。

JA沖縄

人気な理由

次いで人気なのが、JA沖縄になります。

やはりこちらも地域に関連した職種になっており地域の方々と触れ合いながら仕事をする事ができます。

雇用条件は県民に限らずですが、やはり地域のことを一番よく知っている県民の方が圧倒的に多く働いています。

移住して働き先として考えるなら、地域のことを学びながら働く事が出来るかと思います。

時給(or年収)が高い職種と高くなる理由

沖縄で人気の職種をご紹介しましたが、実際問題きになるのはお給料かと思います。

冒頭でも述べましたが、沖縄は他県に比べ年収が低い事でも有名です。

少しでも高いお給料をもらいたいというのが本音かと思います。

では、どういった職種ならお給料が高いのでしょうか。

ご紹介したいと思います。

金融関係

先ほどの項目でも少しお話しましたが、やはり圧倒的に高い給与なのは金融関係になるかと思います。

ではなぜ、金融関係は給与が高いのでしょうか。

金融関係の職種になると、採用条件の時点で他の職種より厳しい事が多いかと思います。

大体の金融機関は、4大卒を必須条件としているところが多く3次試験まで儲けているところもあるくらいです。

お客様の資産をお預かりし運用する機関だからこそ、1円の狂いも許されないのが現状です。

そのため、責任を持ってしっかりと働くことのできる人材を求めておりその分給与が高くなっているという訳です。

サンエー

時給(or年収)が高い理由

職業紹介の欄でもお話しましたが、サンエーというと県内でも発展が目覚ましい企業であり年々店舗数も増えてきています。

県内の売り上げランキングでも必ずランキング内に入っている企業であり売り上げも右肩上がりで来ている企業でもあります。

そのため、給料も高くなっているという訳です。

医療関係

時給(or年収)が高い理由

こちらは沖縄に限ったことではないのですが、医療関係の職種になると給料が高くなります。

医療関係といっても一概にはいえず、様々な職種がありますがやはり一番給料が高いのは「医師」となっており次いで「看護師」となります。

医療関係の職種が高い給料なのは、やはり人の命に関わる責任の重い仕事だからです。

ただ単に責任が重いというわけではなく、その分知識がないと務まらない仕事でもあります。

病を患った人が入院しているということは、何があってもおかしくない状態という事が言えます。

そういったもしもの場合に備え、しっかりと知識を蓄え急変に対応する力が求められます。

また、医療は日々進化しておりいつまでも同じマニュアルで仕事ができる訳ではありません。

そういった変わっていく医療に対し日々勉強しなければいけません。

そういった努力をしっかりとい続けられる人材が求められます。

沖縄移住したらおすすめの仕事でこれから注目を集めそうな職種や業界とその理由

人気のある職種や、お給料のお話をして来ましたがいかがでしたでしょうか。

お給料が低くても移住者の数は年々増えているのは、沖縄の土地柄や人柄にあるのかと思います。

では、これからはどういった職種が人気を集めるのでしょう。

簡単に五種かいしていきたいと思います。

観光業

注目を集めそうな理由

移住者の増加と並んで、沖縄を旅行で訪れる人の数も右肩上がりで増えているのが現状です。

そういった点を踏まえるとこれから「観光業」のニーズが一層増えてくる事が言えるかと思います。

観光業といっても、宿泊施設からお土産店まで様々です。

増加の一途をたどっているのはやはり「宿泊施設」になります。

ビジネスホテルに限らず、民泊施設も増えて来ており「安くで泊まれる」ことから人気を集めているのも確かです。

また、特に資格を保有する必要もないのでどなたでも働く事が出来るかと思います。

保育士

注目を集めそうな理由

少子高齢化が叫ばれている日本ですが、沖縄に限っては1世帯における出生数は日本一です。

そのため、保育園の需要が高く園の新設も増加傾向にあります。

そのため、どの保育園でも保育士の数が足りておらずどこかしらの施設で年間を通して保育士の求人があるような状況です。

県内の保育園では、県外からの応援保育士を募集している園もあるほどです。

保育士として働くには資格を持っている必要がありますが、沖縄移住を考えている資格保有者にとってはとてもいい条件ではないかと思います。

沖縄ならではの面白い職種や業界とおすすめポイント

一度は聞いたことのある職種がメジャーである事がここまでの説明で分かるかと思いますが、では沖縄特有の職業もあるのでしょうか。

少しご紹介していきたいと思います。

基地内で働く

知っての通り、沖縄には米軍基地があります。

基地というと外人ばかりが働いているイメージがあるかと思いますが、実は多くの日本人も働いています。

これは沖縄特有の仕事になるのではないでしょうか。

基地内には様々な職種があり、通訳の仕事から基地内にあるスーパーの仕事・郵便局の仕事などがあります。

おすすめポイント

基地での仕事の一番のポイントはやはり外人と触れ合う事が出来る点にあるかと思います。

異国の文化に触れることで自身の世界観も広がります。

また、海外に興味がある方にとっては外国の言語(英語に限らず)を学びながら働く事が出来る絶好のチャンスかと思います。

また、基地内には沢山の日本人も働いているので心配はないかと思います。

自衛隊として働く

おすすめポイント

次いで沖縄特有の仕事となると、やはり基地に関連した「自衛隊」かと思います。

実際に隊員として働くという手もありますし実は、基地内の病院などの施設で働くという手もあります。

実際に私の知り合いも、基地内の病院で看護師として働いています。

自衛隊の管轄は国になるのである程度給与も保証されます。

また、自衛隊員になると県外への転勤等も可能になるので移住後に他の地域に行きたい場合などは職を失う事なく移住する事が可能になるかと思います。

タイプ別のおすすめの職種

ここからは、タイプ別に分けてお勧めしたい職種をご紹介したいと思います。

自身の状況に当てはめて参考にしてみてください。

学生・主婦・シルバー人材のパートアルバイトなら

他県から、進学に伴い学生として沖縄に来る場合やご主人の転勤等で沖縄に来た場合どういった職種があるのでしょう。

こういったパターンは、正社員の様に朝から夕までフルタイムで働く事はほとんどないかと思いますので、スーパーなどで勤務するといった手やカフェ等で働くといった選択肢があります。

正社員でちゃんと稼ぐなら

先ほどご紹介したパターンとは異なり、反対に正社員として働く場合は冒頭の方でお話したサンエーやJA沖縄といった地域に密着した企業で働くことをお勧めします。

そこで働く人は、県外の方も多くいますがほとんどが県出身の人なので働きながら知り合いや友達を作る機会にもなりますし、そこから様々な情報を入手することも可能になるかと思います。

また、県外から沖縄に移住して来て正社員として働く場合やはり給料面も重要視するかと思いますがそういった大手企業ならそれなりの収入を得ることも可能になるかと思います。

沖縄の正社員求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

派遣社員や契約社員で働くなら

派遣社員や契約社員として働く場合は、全国展開していている企業で働くことをお勧めします。

なぜかと言いますと、派遣や契約社員で働くといった場合家庭の事情にもよりますが、旦那さんの転勤等で期間限定で沖縄に移住している場合が多いかと思います。

そういった場合、一定の期間過ごしたのちに県外に行かなければならないかと思います。

そこで、再度仕事を探すのは大変です。

全国展開している企業に勤めた場合、企業にもよりますが移住先でも同じ企業に勤める事が可能になる事があります。

具体的にいうと、イオンや電化製品会社(コジマやヤマダ)があります。

店頭に立つ事が苦手といった場合、企業のコールセンターで働くといったことも可能になります。

短期で働くなら

やはり短期間だけ働きたいといった場合は、コンビニやファストフード店で働くことをお勧めします。

アルバイトという形になり時給制になる事がほとんどで、保険等の保証も正社員や契約社員と比較しない事がほとんどですがお小遣い稼ぎをしたいという方にお勧めです。

沖縄の短期バイトを探すときは、こちらの記事を参考に!

沖縄で人気なエリア

ここまで、沖縄でお勧めの職種などについてお話しして来ましたがいかがでしたでしょうか。

働き方によっても就いた方が職業も違って来る事がお分かり頂けたかと思います。

ここでは、県内で働く場合どういった地域がいいのかご紹介したいと思います。

那覇市

沖縄といえば那覇というほどメジャーで一番栄えている地域になります。

那覇には、モノレールも走っており市内バスも多く運行しているので働いた場合交通手段に困る事はないかと思います。

また、大型ショッピングセンターも多く点在しているので仕事帰りのお買い物等にも困らないかと思います。

南風原町

現在ひっそりと人気を集めているのが南風原町です。

那覇市のすぐ隣に位置し、高速道路も走っているので空港に行くにもとても便利です。

モノレールはないのですが車を所有している方ならどの地域にも行きやすい町になります。

また、近年急速に発展している市町村の一つでもあり飲食店なども新設されているので新規雇用の募集が多くあるかと思います。

沖縄はどんな街?

ここまで、沖縄で働くということについて項目に分けてお話ししきましたがご理解して頂けたでしょうか?

最後に沖縄はどういった場所かということをお話ししたいと思います。

沖縄といえば自然が豊かでのんびりとした場所といったイメージがあるかと思いますが、沖縄で生まれ育った私もそう感じます。

とても自然が豊かで人情に厚い地域であるかと思います。

また、都会と比較すると栄えてはいないのですが近年大型ショッピングセンターも新設されており娯楽を楽しむといった面でもとても幅広くなって来ているかと思います。

また、それに伴い多くの雇用募集が出ています。

娯楽を求めて沖縄に移住して来ている県外出身者も増えて来ています。

仕事をしながら、プライベートを楽しむにはうってつけの場所だと思います。

まとめ

沖縄というと賃金が低いというイメージが強いかと思いますが、賃金改定が行われ年々に直しがされているところです。

ここでもお話した様に様々な企業の参入もあり、仕事の幅が広がって来ています。

自身がどういった形で働きたいのかをしっかりと決めた上で、働き口を探すことをお勧めします。

今回のまとめが、自身の望むお仕事を探す手助けになれればと思います。