皆さん幼いころ、幼稚園や保育園の先生に憧れたことはありませんか?

または「先生が大好きだった」という思い出をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

将来なりたいお仕事ランキングでも数多くランクインしている『保育士』、本当に素敵なお仕事だと思います。

子どもたちに囲まれ、毎日楽しそうだなと感じる場面に沢山遭遇してきました。

しかし憧れる反面、「保育士は大変だ」と耳にすることもあるかと思います。

どんなに好きなお仕事でも、大変だと感じること、きついなと感じることはあるかと思います。

そしてその大変さは業務によって様々ですよね。

現在保育士になろうかお考えの方、または保育士のお仕事に興味を持たれている方は、「良い部分も、少し大変な部分も、知っておきたいな」と思われるのではないでしょうか?

そこで今回は、実際どんなことが大変なのか、きついなと感じてしまうのかをご紹介して参ります。

保育士の仕事がきついと感じた4個の瞬間とは?

保育士の1日は子どもと共に始まり、子どもと共に終わります。

お勤めされている保護者の方に代わり、子どもたちが保育園にいる間は共に生活を送っていきます。

確かに子ども中心の生活ですが、お仕事は決してそれだけではないのです。

子どもに関する書類作成、行事準備、制作準備等、お仕事量が実は膨大な量になります。

時と場合によっては、一人で準備をしなければならないものあり、1日が24時間では足りないと感じることも多々あります。

もう少し具体的にご説明しましょう。

とにかく時間が足りない

午前中の活動を終え、昼食・午睡と時間が過ぎていく毎日。

午睡に入ると、その時間で保育者は連絡帳や日誌などを書き始めます。

その後、自分たちの昼食を食べながらその日1日の保育についてや、子どもの様子について話し合いを行ったり、話し合いをしながら週案や月案、おたよりの作成、または行事や制作物の作成・準備を行っています。

毎日作成や準備を行ってはいますが、行事も複数あるため準備するものが多く、また準備期間が重なってしまうこともあるため、なかなか準備が終わらないことが多くあります。

どうしてそうなるの?

保育園では、基本的生活習慣を身につけるだけでなく、様々な経験を積むことで感受性が豊かになるということや、心身ともに成長してほしいという願いもあり、行事が存在しています。

それはとても良いことですし、子どもの成長を願い、そして促していく役割を担う仕事だからこそ、責任を持って全てをこなさなければなりません。

ただしあくまでも保育優先です。

子どもたちの午睡中も見守りは必須ですし、なかなか寝ないことや目を覚ましてしまうことも多々あります。

そのため、午睡時間でもなかなか作業が進まない日も多いのです。

そして、連絡帳や日誌、週案や月案、おたより作成など、書類関係のお仕事が結構な量、あることも理由です。

上下関係の厳しさ

保育士は経験値が重要でもあり、上下関係は厳しくなりがちです。

私自身も、新人1年目の時、主任からは「最低でも朝礼の15分前までに出勤するように」と言われていましたが、突然一緒に組んでいる先輩保育者より、「新人の先生は先輩の先生たちのクラス開けを行うから、30分以上前には出勤するように」と言われ、予定の勤務時間よりかなり早く出勤しなければならないことがありました。

どうしてそうなるの?

近年男性保育士も増えてきていますが、まだ女性社会であるのが保育士という職業です。

女性社会だからこそ、上下関係が厳しく、先輩・後輩といった見方が残っている部分が多々あります。

人間関係の問題は保育士だけに言えることではありませんが、どうしても同性同士の場合、きついなと感じてしまうことが多くあるようです。

もちろんある程度の上下関係や先輩、後輩としての関係性も大切なのですが、あまり厳しいと、後輩保育者は辛くなってしまいます。

保護者対応がきつい

保護者対応が、保育の中では一番大変かと思います。

働いている保護者の方が多い為、保育園に求める質が年々上がっているようにも感じます。

「保育園での食事はオーガニックのものにしてほしい」や「行事は週末ではなく平日にも行ってほしい」などといった要望が多く寄せられています。

また保育内容だけでなく、延長保育についても要望があります。

通常の時間以外の延長保育は、基本は就労関係によるもののみ延長利用が可能になっている園もありますが、そういった園でも、就労ではなく嘘の理由で、無理に延長保育を希望する方もいらっしゃいます。

勿論子どもが最優先ですし、家庭との連携も非常に重要ですので、可能な限りは要望にも応えていきたいところではありますが、無理難題が多い場合、お断りしなければならないケースも存在します。

どんなに丁寧に対応しても、一つ間違うとクレームにつながってしまうため、やはり保護者対応が保育の中では一番きついと感じることが多いです。

どうしてそうなるの?

先ほどもお伝えしましたが、年々保育園に対し求めるレベルや質が高くなってきていることが要因ではないかと感じます。

「子どもに適切な援助を行ってほしい」という保護者の方の願いも十分に理解できますが、保育の仕事はサービス業ではないため、全ての要望に応えることは不可能です。

また、保育園での生活だけで成長の全てを担えるわけではないのですが、なんでも保育園で教えてもらおう、指導してもらおうといったお考えの保護者の方もいらっしゃり、保育園が目指すもの、保育園が担うことと保護者の願いとで差が大きく生じてしまっているため、連携がうまく取れないことも要因の一つと言えます。

行事が多い

入園から始まり、保育園では様々な行事が存在します。

大きな行事から小さな行事まで合わせると、1年間で一体いくつの行事があるのだろうと感じる方もいらっしゃるかと思います。

友人が務める保育園では、保育園だけでなく地域で行われている行事に参加する機会が非常に多いため、常に行事に追われており、常に忙しい状態であるということがありました。

どうしてそうなるの?

「子どもに様々な経験をさせてあげたい」という願いが強いためだと思われます。

行事が全てではありませんが、忙しい保護者の方に代わりお子さんの成長をサポートしていく責任がありますので、このように成長してほしいという理想を追い、行事に積極的に参加する保育園もあります。

子どもの笑顔のためと思うと大変でも頑張ることはできますが、保育のお仕事は書類などのお仕事もあるため、行事が多いと、その分持ち帰りや残業が増えてしまう可能性もあり、きついなと感じてしまう方が多いようです。

きついと感じる時もあるけど、保育士の仕事でやりがいを感じる4個のこと

ここまでは保育士をしていてきついと感じることについて書いてきましたが、勿論、保育士の仕事は素敵な仕事ですし、やりがいもたくさんあります。

ここからは、保育士をしていてやりがいを感じたことをいくつか書いていきます。

子どもの笑顔が見られたとき

きついなと感じること、大変だと感じることでも、子どもの笑顔が見られるのなら頑張ろう、と強く思われる方が多いかと思います。

可愛い子どもたちに常に元気をもらえるため、非常にやりがいを感じることが出来ます。

子ども成長を感じられる

「入園したての頃は歩くことが出来なかった子が、しっかり歩くことが出来るようになった」

「一人遊びが主だった子が、友だちと関わりながら遊ぶようになった」

「喃語だった子が言葉が出始め、会話を楽しむようになった」など、様々な成長を日々感じることが出来ます!

そこにたどり着くまでが非常に長い道のりではありますが、毎日一緒に生活していくなかで、「成長したな」と感じられる瞬間は沢山あります。

そのような素晴らしい経験が出来ることは、とてもやりがいを感じられます。

子育ての知識が身につく

保育者全員が、子育ての経験があるわけではありません。

そのため、始めはわからないことが沢山あります。

しかし保育の仕事をしていく中で、子どもに関する知識が身につきます。

特に離乳食や睡眠等といった生活習慣については、保護者の方から常に相談される立場となります。

そこで一緒に悩み、解決方法や様々な対応を考えていくことで、ともに成長することが出来ます。

「新人だからわからない」「子育ての経験がないからわからない」ではなく、保育士は保育のプロですので、どんどん知識を身につけ対応していかなければなりません。

仕事を通して知識を深めることができ、保護者の方と共に成長することで、やりがいを強く感じることが出来ます。

得意なものが増える

始めは苦手だった制作・ピアノ・運動なども、保育のお仕事をしていく中で、いつのまにか得意なものへ変わっていきます。

大人になると苦手なものは自然と避けてしまいがちですが、このお仕事では、苦手なことこそ経験を積んでいく必要があります。

始めは失敗してもよいのです。

子どものために自分がどこまで頑張ることができるか、その過程や気持ちが重要なのです。

また、自分自身は苦手だと感じていることも、子どもが笑顔を見せてくれることで「やってよかった」という成功経験を得られます。

成功経験が一つでも増えていくことで、苦手から得意に変わっていくのです。

経験者が語る!きつい仕事を少しでも楽にするためにやりたいこと

良いことも沢山あるお仕事ですが、「きついな」と感じてしまうことは、やはり出てきてしまうものです。

きつい仕事を少しでも楽に、そして楽しく感じるために、保育士はみな様々な工夫をしています。

やり方は様々ですが、次ではその工夫について、いくつかご紹介致します。

時間に余裕を持つ

保育の仕事だけでなく、全ての仕事に共通して言えることですが、書類にせよ制作物にせよ、時間に余裕を持って取り組みましょう。

行事等も多く日々時間に追われていますが、「今日は〇〇をここまでやろう」や「この時期は行事が重なっているから、この書類は〇〇日までに終了するよう進めていこう」など、見通しを持って取り組むと良いでしょう。

何事も重なってしまうと、普段はきついと感じないお仕事もきついと感じるようになってしまいます。

協力し合う

1人で全て行おうとするのではなく、出来ないことや時間的余裕がないもの関しては、周りに相談し、協力し合いましょう。

保育は1人で行うのではなく、みんなで声を掛け合い、助けあいながら仕事を進めていきます。

ですので、些細なことでもすぐに相談し、協力体制を整えていくことをお勧めします。

自分自身が協力することで、周りも協力してくれることが多くあります。

また、折角一緒にお仕事をするのであれば、きついこと、大変なことも分かち合っていきたいですよね。

保育者が協力しあうことで保育の質も上がり、子どもにとってよりよい環境を整えることも出来ます。

自分自身の為でもあり、子どもの為でもありますので、是非協力し合い、お仕事に取り組んでいきましょう。

オンとオフをしっかり分ける

時間がなく、自宅で持ち帰りのお仕事を行うことも多くありますが、出来る限りオンとオフはしっかり分けていきましょう。

切り替えることで、いつまでも「きついな」と感じてしまうことはなくなるでしょう。

人間ですので休むこともとても大切です。

休むことで、気持ちを新たにまた頑張ることが出来ますよね。

仕事の時は仕事にとことん集中し、仕事後は気を抜くことで、きついお仕事が少しでも楽に感じられるのではないでしょうか。

代用できるものは代用する

行事では必ず制作物がありますよね。

その制作物を一つひとつ、毎年準備することは予想以上に大変なことです。

もちろん、「大切な子どもたちの為に、頑張らないといけない」という気持ちは大切ですが、繰り返し使えるものや代用できるものは、どんどん使っていきましょう。

代用することで自分自身がとても楽になります。

ただしそのまま前年と同じように活用するのではなく、少し変化をつけ、代用していくと良いと思います。

まとめ

今回は保育士のお仕事について、きついと思う部分を中心にご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

大変な部分もありますが、ただ「きついな」「大変そうだな」と思うだけではなく、いかにそのきつさを少なくしていくかも、保育の現場では必要になります。

そして必要なのと同時に、保育者に求められるスキルの一つとも言えます。

きつさ、大変さのなかに、是非喜びや楽しさを感じられるよう、努めていただければと思います。


関連キーワード

保育士仕事

保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士さん。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という話も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいもらっているのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり、求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトもたくさんあります。ここでは、メジャーなサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのか考えていきたいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、たくさんの求人情報サイトがヒットします。昨今、保育業界は人手不足で、求人もたくさんでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探していいのか迷ってしまうことも。また、登録をしないと

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は、園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見比べてみると良いでしょう。最近では、認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や、病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!でも、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万~19万円が相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2~3万程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1~3年目での転職であれば初任給程

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や、保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで、わかりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は2つあります。大学・短大・

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の1つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおよそ4500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での、年収や雇用形態、勤務形態など、よくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は350万~370万円程です。月収の平均は25万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人もたくさんいます。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質をあげる方法を紹介します。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の給料事情と副業保育士の給料はメディアでも騒がれていたように決して高くありません。初年度はほかの職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく、長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても新卒の給料とほとんど変わらないなんていう事もあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば、副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人


保育士仕事に関するコラム

保育士の仕事で大変なこと8選。それでも私が感じるやりがいとは?

もう何十年も、女の子のなりたい職業にランクインしている保育士さん。かわいい子どもたちと楽しく過ごしているような良いイメージがあります。また、求人が多く、資格があれば全国で働けるなどメリットの多いお仕事に思えます。しかし、実際に勤務するとなると、楽しいだけではないというのが現実です。保育士の仕事内容や、大変な面について詳しく解説します。保育士のおおまかな仕事内容とは?保育士は、主に保育園に勤務して子どもたちの日常生活を支えるお仕事です。勤務先としては保育園(保育所)が一般的ですが、実は保育士の資格があることで様々な選択肢が広がります。例えば、企業内の託児所、乳児院、児童養護施設、障碍者施設、病院

保育士の業務内容ってどんなことするの?経験者が詳しく教えます!

子どもが好きだから保育士になりたい!そんな夢を持つ人も多いのではないでしょうか?保育士の仕事といえば、子どもたちと一緒に遊んだりお世話したり…なんてイメージを持つ人も多いかと思います。しかし、保育士の仕事はただ子どもたちと遊んだりお世話したりするだけではありません。今回は元保育士が保育士の業務内容についてお教えします。保育士の役割とは?保育士の役割1:園児が基本的な生活習慣を身につけられるようにする保育士は「子どものお世話をする」というイメージがありますが、ただお世話をしているのではありません。子どもたちの年齢や発達に応じて、身の回りのことを一緒にしたり、子どもが一人でできるように見守ったりし