保育園栄養士の求人をお探しの方は必見です。

かわいらしい子どもたちに「今日もごはんおいしかったよ!」と言ってもらえる喜びを感じられる保育園栄養士は、とても素敵なお仕事です。

そんな保育園栄養士になりたいという方はどのような点を知っておくべきかご存知でしょうか?

ここでは保育園栄養士の就職活動や転職に役立つ情報をまとめました。

求人を選ぶ時のコツや具体的な業務などを詳しくお話しさせていただきます。

「保育園の栄養士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「保育園 栄養士」の仕事例をチェック

保育園で働く栄養士さんのお仕事内容とは?

昼食とおやつの献立作成

保育園では、昼食と午後のおやつを提供します。(園によっては朝と夕方のおやつを提供しているところもあります。)

栄養士はこれらの食事の献立作成や調理を主な業務として行います。

成長が著しい時期の子どもたちの食事には、栄養価計算が重要になります

子どもたちにとって保育園に通う期間は、大きな成長が見られる大切な時期です。

毎日食べる給食は、子どもたちの発育にとって非常に重要な役割を果たします。

そのために栄養士は子どもたちが必要とする栄養価を細かく計算し、それを満たす献立を作成することが大切です。

子どもの年齢、発育状況、アレルギーに配慮します

保育園にはおおよそ0歳児~5歳児までの子どもたちが通っています。

子どもたちの食事ではそれぞれの年齢ごとに注意すべき点がありますので、栄養士はそれに配慮した対応を行います。

また、同じ年齢のクラスでも各年度によって発育状況は異なってきます。

そのため保育士や看護師と連携を取り、給食においてはどのようなアプローチが必要なのかをクラスごとに考えていきます。

更に近年ではアレルギーを持つ子どもが増加しており、保育園給食でも細やかな配慮が求められています。

身体の小さな子どもは少量のアレルゲンを摂取しただけでアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあるので、給食運営を管理する栄養士の責任は重大です。

季節の行事があるときは、それに合わせた献立を考えます

保育園では、季節ごとの行事や毎月の誕生日会などに合わせて特別な給食を提供します。

見た目に楽しい行事食は、子どもたちにとっては保育園に通う楽しみにもなっています。

行事食を通して嫌いな食材も食べられるようになったり、食に興味を持つきっかけになるなど食育としての役割も大きいので、行事食の考案は栄養士の腕の見せどころとなります。

調理

規模の小さな保育園になると、栄養士も調理を行う必要があります。

調理の技術や知識はもちろん必要ですが、現場のリーダーとして他の調理員と上手く連携していくチームワークスキルも求められます。

調理の作業工程や時間配分の管理、献立と実際に出来上がった給食を比較して問題がないか検証するなど、調理中にも現場全体をしっかりチェックします。

食材の発注、在庫管理

栄養士の仕事では毎日使用する食材の発注と在庫管理も重要な業務になります。

「各食材は作成した献立の通りの重量で過不足がないか?」

「提供予定の食数はいくらか?増減はないか?」

「どのような在庫があるのか?使用期限は?」

など、食材発注の際に注意すべき点は様々あります。

また、それぞれの保育園ごとに食材費のコストが決められていますので、ロスを生じさせないように管理しなければなりません。

しかし、食材費を削りすぎると必要な栄養価の満たされた給食を子どもたちに提供できなくなってしまいます。

栄養士には献立作成の能力や調理技術だけではなく、バランスのとれた経営感覚も必要なスキルになります。

献立表のプリント作成

保育園では毎月の献立表をプリントにして、保護者に配布しています。

また、食物アレルギーを持つ子どもに対しては専用の献立表を配布し、保護者との情報共有をしっかりと行います。

更に必要に応じて、保護者との面談の時間を設けることもあります。

献立表には季節の食材や行事食を記載するなど、プリントを持ち帰ってから家庭でも食に関するお話ができるように工夫を凝らします。

給食日誌への記録

給食日誌へ記録する内容は、給食関連法令に基づいて細かい項目が設定されています。

栄養士は調理が適切に行われたかどうかを管理し、その事実が漏れなく正しく記録されているかどうかを日々確認します。

給食日誌への記録は、安全な給食を提供するために重要な業務となります。

子どもたちと保護者への食育指導

子どもたちへの食育指導は、保育園に勤める栄養士の仕事の醍醐味とも言えるのではないでしょうか。

教材を用意して授業形式のような食育を行ったり簡単なクッキングを保育室で行ったりとアイディアは様々ですが、どれも担任の保育士と充分に相談をした上で活動していきます。

また、保育室をまわって子どもたちの食事の様子を見ながら、給食の内容についてコミュニケーションをとることも立派な食育の一環です。

「この緑のお野菜は何かな?」

「このお料理はどんな味がするかな?」

など、子どもたちの五感に働きかけるようにお話をします。

好奇心旺盛な子どもたちは「なんで?」と尋ねてくることが多いので、とっさの質問にも分かりやすく答えてあげられるように、幅広い知識を身につけておきたいですね。

また、自宅で子どもたちに食事を作っている保護者に対しての食育も必要になってきます。

そのためには給食だよりを配布したりお迎えの時間に会話をするなどして、コミュニケーションをとる機会を設けます。

そして、日ごろから園長や保育士と食育に関する考え方について話し合い、保育園の指導方針に沿って保護者へ一貫したアプローチをすることが大切です。

「保育園の栄養士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者だから分かる、求人を選ぶときのコツを教えます!

勤務条件の希望を整理する

仕事内容

ほとんどの求人内容が「園児及び職員の給食の献立作成、発注業務、厨房内での調理」という似たようなものになっているはずです。

栄養士に求められている仕事の内容に差異がないので、求人による内容の差はほとんどないでしょう。

給与

保育園栄養士の給与は額面でおおよそ月給16万円~23万円になる場合が多く、専門職の割には決して高額とは言えないのが現状です。

賞与が支給されることを想定しても、年収210万円~350万円程度になるようです。

昇給率もあまりなく、勤務年数を重ねても年収はさほど変化しない傾向です。

雇用形態

保育園で栄養士として働くには大きく分けて二つの場合があります。

  • ①保育園に直接雇用される場合(直営)
  • ②委託給食会社に雇用され、保育園へ派遣される場合(委託)

直営の場合は初めから正社員雇用となる場合が比較的多いようです。

委託の場合は会社にもよりますが、正社員と非正規社員が同じくらいの割合で募集されています。

中には採用当初は非正規社員として雇用されても、登用試験に合格すれば正社員になれるという会社もあります。

勤務時間

保育園は他の給食提供施設とは違って、園によって大きく勤務時間が異なるということはありません。(夜間保育園を除く)

おおよそ8時~17時前後の決まった時間帯での勤務になるところが多いです。

休日

休日についても、日曜日は基本的に保育園がお休みのため、研修などがない限りは定休となる場合が多いでしょう。

病院や介護施設などで働く場合よりも安定した働き方ができるのは、保育園勤務ならではです。

ただし、運動会や学芸発表会などのイベントには土日であっても出勤が必要な保育園もあります。

勤務地

保育園は全国にありますので競争率はかなり高いですが、栄養士の募集も各地で探すことができます。

どの業種にも共通しますが、田舎と言われる地域よりも都市部の方が求人情報を見つけやすいでしょう。

保育園の規模や雰囲気

保育園の規模は園児の定員が20名~30名のところから、300名以上にもなる「マンモス園」と呼ばれるようなところまで、様々です。

小規模保育園では1食あたりに手間がかけられるので手作りの凝った食事が提供できることもありますが、裏を返すと個別対応が多くなり管理が細かくなる傾向があるとも言えます。

大規模な保育園で働く場合、食数が多い分調理作業は大変ですし、手の込んだ食事の提供は難しくなります。

しかし子どもが沢山いるのでイベントは大変盛り上がりますし、食育もやりがいがあります。

どちらも一長一短がありますので、ご自身がどんな風に働きたいかをよくイメージして求人を探されると良いでしょう。

希望には優先順位をつけましょう

まず大前提として、

「保育園の栄養士は人気が高いため他の施設の栄養士と比べて圧倒的に求人が少ない」

ということをお伝えしておきます。

それを踏まえた上で、「通勤時間を短縮したいので自宅近くで探したい」「直営の栄養士として働くことにこだわりたい」といったような希望条件を考えていただくのが良いかと思います。

ご自身の希望の内譲れないものは一つだけに絞って求人を探された方が、就職活動は上手くいくでしょう。

希望が明確になったら、実際に求人を探してみましょう

保育園のWEBサイト

希望する保育園のサイトを確認して、栄養士の求人情報を探すパターンです。

これは勤務希望先の保育園がいくつか絞られている場合に有効かと思いますが、保育園のサイトは基本的に在園児とその保護者のために作られています。

TOPページにいきなり求人情報が掲載されていることは、ほぼありません。

特定の保育園でどうしても働きたいという方は、保育園に直接電話をかけて求人があるか確認してみるのも有りです。

保育専門の求人サイト

勤務希望エリアを広げて探されるのであれば、こちらがおすすめです。

一つの求人サイトに絞るのではなく、複数のサイトを検索してみて希望の求人を探しましょう。

一般の求人サイト

こちらは、あまりおすすめできません。

何故なら、一般の求人サイトは専門性の高い栄養士の求人の掲載率が低く、求職活動をするには効率が悪いためです。

しかし、「indeed」は勤務希望エリアのハローワークの求人情報も反映されてくるのでおすすめできます。

うまく活用しましょう。

大学・短大・専門学校の就職支援室で探す

在学中の方は、面接のアドバイスなども受けられますので、こちらがおすすめです。

学校であれば求人も比較的よく集まっていますし、説明会などもその都度開催されますので仕事の雰囲気をつかみやすいです。

社会人の方でも卒業生としてサポートを受けられるので、勤務希望地が学校周辺と重なる場合は一度相談してみてください。

各都道府県の栄養士会の無料職業紹介所を利用する

各都道府県の栄養士会のWEBサイトから求職申し込みのための所定のフォームがダウンロードできますので、それに必要事項を記入し、紹介所へ連絡をして就職支援を受けます。

気になる求人が見つかったら、自分の目で確かめます

直営なら保育園へ、委託なら委託元の会社へ問い合わせをしてみる

直営なら、面接の前に保育園に見学希望を申し出てみましょう。

おおよそが快く受け入れてくださるはずです。

委託会社の場合採用面接を受けることが条件となる可能性が高いですが、働き先となる保育園の見学を採用担当者へ相談してみると良いでしょう。

職場を見学させてもらう

職場を見学する際には、実際に子どもたちと顔を合わせることになります。

常に笑顔で接することを心がけてください。そして、直営・委託にかかわらず案内にはおそらく園長がついてくださるので、その保育園での食育の取り組みについて質問してみてください。

栄養士の仕事には保育士の協力が必要不可欠です。

食育に熱心な園長であれば、就職後は園長の強力なサポートを受けながら非常にやりがいのある仕事ができるはずです。

保育園で働いている栄養士に話を聞ける場合は聞いてみる

もし可能であれば、見学時に配属されている栄養士か調理員と話をさせてもらえるように相談してみてください。

あまり良くない現場の場合は、雰囲気で分かるかと思います。

「保育園の栄養士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園の栄養士になりたい方へ

保育園の栄養士として働くイメージはつかんでいただけましたか?

保育園の栄養士は毎日子どもたちと接するので、時には保育士のような役割が生じることも少なくありません。

保育に関する知識と理解を深めたいという思いがある方にぜひ、保育園の栄養士として活躍していただきたいと思います。

成長期にある子どもたちへの大切な食事を提供することへのやりがいは、他の施設にはない喜びになるはずです。

求人数はかなり少ないので就職活動は長期戦になるかもしれませんが、こまめに求人情報を確認し、保育園栄養士となれるように頑張ってください!



関連キーワード

保育園求人

保育園求人についてもっと深堀りした情報を見る

保育園事務の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

保育の業界というと保育士や給食の調理師さんの仕事がクローズアップされがちですが、保育園も法人ですので様々な事務作業があります。今回は、保育園事務の仕事内容について迫っていきたいと思います。この記事が理解を深めていただくための一助になれば幸いです。保育園事務の仕事は大きく3個の役割に分けられる人事労務管理の役割一つ目は人事労務管理としての役割です。この業務は大きく二つに分けられます。採用、勤怠管理です。対外窓口としての役割特に認可保育園における対外折衝の相手は、ほとんどが役所と保護者です。この業務は大きく分けて役所関連の業務と保護者対応の業務とに分かれます。総務経理としての役割そして三つ目が総務

保育園で採用されやすい人の特徴や必要なスキル・適性とは?

こどもが大好き!保育士になるのが夢!保育園で働いてみたいなと思っているあなた!保育園で採用されるには一体どうすればいいのでしょうか。保育園では園児たちが毎日楽しく安全に日々過ごせるように、そこで働いている保育士には様々な事が求められるのです。ここでは、保育園で保育士が求められていることや採用されやすい人の特徴、また保育士の適正や必要なスキルまでお話したいと思います。保育園のおおまかな仕事内容保育園の目的は、主に2つあります。園児の養護と教育です。言い換えると、日常生活を安全に健やかに過ごしていくことと、保育所保育指針に従って年齢に応じた成長を目指すべく教育も行っていきます。保育園で採用されやす

保育園の仕事内容を園長・副園長など役割にわけてご紹介!幼稚園との違いもお話しします!

保育園の仕事の具体的な内容とはいったいどんなことをしているのでしょうか?今回は、保育士になりたいと考えいる方には必見な内容を詳しく解説していきたいと思います。子供が好きな人が多いイメージのある保育士の仕事ですが、子供好き以上に必要な事とはいったいなんでしょうか?向いている人の特徴もしっかり説明していきます。他にも、キャリアアップの実態や、職場選びのポイントなど、気になる情報をまとめてみました。保育園の仕事はどんな仕事?保育園は、働いている保護者からお子様をお預かりして、養護と教育を行う施設です。子どもの人数に合わせて国家資格を取得した保育士を適切に配置し、事業を行っていきます。保育園の仕事は大

保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと

保育園で転職をするときにどんな点に注意をすればよいのかを解説していきたいと思います。職場の合う合わないは誰しもが抱える悩みですよね?そこで今回は「保育園で働きたい」とお考えの方には必見な転職における注意点や心構えまで、失敗しない転職になるようなアドバイスを細かく解説させていただきます。ぜひこの記事を読んで、本当に自分に合う職場を見つけのびのびと働いてみませんか?保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと施設見学は絶対行うべきこれはまず絶対にいくべきです。いくつか選考を受けたい保育園の候補を見つけたら、見学の依頼をしてみましょう。快く受け入れてくれる保育園なら、何を見られても自信があるということ

保育補助の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

保育補助とは、保育園や託児所に勤務し、主に保育士の先生の補助をする業務を担います。子どもと関わることができる、育児経験を生かせる、求人が多く採用されやすいといった点から、今注目の仕事と言えます。その仕事内容は、子どものお世話をする保育、掃除や掲示物づくり、園によっては書類業務など多岐にわたっています。ここでは、保育補助の仕事内容を詳しく解説します。保育補助の仕事は大きく4個の役割に分けられる保育補助の仕事の範囲とは?保育補助の仕事内容について解説する前に、「保育補助はどこまでの範囲の業務を行うのか」についてお話させていただきます。よくインターネットの掲示板などでは、「働いている園が掃除ばかりを

保育園給食の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや、やりがいについて解説します

ここでは、保育園における給食の仕事について詳しく説明していきたいと思います。未来ある子供たちの成長の為に必要な栄養素が摂れるように献立を考え、おいしく調理をするこの仕事でのやりがいとはいったい何なのでしょうか?また、この仕事に向いてる人や向いていない人の特徴やメリットやデメリットもしっかりご紹介していきます。おいしく調理するスキルは学んでおいて損はありませんので、この記事を読んで自分は向いてるかもと感じた方はぜひお仕事探しの参考にしていただければと思います。保育園給食はどんな仕事?認可保育園では、必ず給食室の設置が義務付けられています。給食の担当者は、主に昼食とおやつの準備が仕事になります。保

保育園の資格を取るには?経営にあたっての注意点は何?資格取得方法と流れをご説明します

近年、都市と地方では格差があるものの、保育園の不足により待機児童が年々増えている今、保育園の資格を取得し、運営を始めるためには一体どうすればいいのだろう?と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に共働き世帯が多い都市部では、保育園がなかなか見つからず職場復帰できない親御さんも多いようです。保育園には認可や認証、無認可、認定こども園など様々なタイプがありますが、ここでは認可保育園の資格取得の方法と流れ、気になる疑問について経験をもとにお話ししていきます。保育園の資格を取るには?国が定める基準を満たす必要があります。基準を満たした認可保育園の特徴と設置基準などの情報、経営にあたっての注

保育園園長給料の相場は?給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介します

保育園園長の給料についてなかなか知らない相場や決まり方、給料アップの方法をお教えしちゃいます。ただ今回の「園長職」とは、経営者として上司に社長や理事長がいる場合の、保育園の園長の給料の待遇などについてを今回はこの記事を通して知っていただけたらと思います。※経営者=園長のケースではなく、現場トップとして雇用されている園長職を指します。また、保育園園長の年収アップに繋がる求人の選び方や注意点、雇用形態での給料の違いまで包み隠さずお話しさせていただきます。保育園園長給料の給料の相場はどのくらい?概ね500万円~700万円程度となります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与これ

保育園経営の年収はどれくらい?経験者が経営ノウハウややるべきことを解説します

保育園経営の年収ってなかなか想像つかないですよね?実は、自身で立ち上げた小規模保育園から、フランチャイズの保育園など、経営の仕方次第で年収がすごく変わってくるんです。そこで今回は、保育園経営のノウハウから年収の相場まで、実際の保育園経営者の経験をもとに解説させていただきたいと思います。なかなか知ることのできない経営においてのメリットや大変な点、やるべきことまで、気になる情報をしっかりご紹介させていただきますね!保育園を経営するためには?まず第一には、認可保育園になるためには、どんな基準があるか把握することが必要です。その上で、行政への申請準備をしつつ、実際の現場を担う人材と用地(保育園の建設地

保育補助求人の募集内容は?どんな働き先がおすすめ?自分に合った求人の選び方教えます!

保育補助という仕事を知っていますか?実は保育所・保育園では「保育補助」という職種の人が多く活躍しています。資格や経験がなくても勤められるため、子どもと関わりたいけれど保育士資格は持っていない・・・という方にもおすすめの仕事です。どのような仕事をするのか、どうしたらなれるのかなど、保育補助求人について詳しく紹介します。保育補助求人のおおまかな仕事内容保育補助は担任の先生のサポート役!保育園では年齢によってクラスが分けられていて、子どもの人数によって保育士さんが割り振られていますよね。保育士さんはいわゆる「○○クラスの担任の先生」と呼ばれる人です。保育補助は、担任の先生である保育士さんのサポートを