かわいらしい子どもたちに「今日もごはんおいしかったよ!」と言ってもらえる喜びを感じられる保育園栄養士はとっても素敵なお仕事です。

ここでは保育園栄養士の仕事の内容と、求人を選ぶ時のコツをご紹介します。

「保育園の栄養士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園で働く栄養士さんのお仕事内容とは?

昼食とおやつの献立作成

保育園の給食では、昼食と午後のおやつを提供します。

(園によっては朝と夕方のおやつを提供しているところもあります。)栄養士はこれらの食事の献立作成や調理を主な業務として行います。

成長著しい時期の子どもたちの食事に、栄養価計算は重要です

保育園に通う子どもたちは、急速に成長していく大切な時期にあります。

その中で、毎日食べる給食は子どもたちの正常な発育にとって非常に重要な役割を果たすことになります。

そのために栄養士は子どもたちに必要な栄養価を細かく計算し、それを満たす献立を作成します。

子どもの年齢、発育状況、アレルギーに配慮します

保育園にはおおよそ0~5歳児までの子どもたちが通っています。

子どもたちの食事ではそれぞれの年齢ごとに注意すべき点がありますので、栄養士はそれに配慮した対応を行います。

また、同じ年齢のクラスでも年度によって発育状況は異なってきます。

そのため保育士や看護師の先生と連携を取り、給食においてはどのようなアプローチが必要なのかをクラスごとに考えていきます。

さらに近年ではアレルギーを持つ子どもが増加しており、保育園給食でも細やかな配慮が求められています。

身体の小さな子どもは少量のアレルゲンを摂取しただけでもかなり重篤な状況に至るケースが珍しくありませんので、給食運営を管理する栄養士の責任は重大です。

季節の行事があるときは、それに合わせた献立を考えます

保育園では、季節ごとの行事や毎月の誕生日会などにあわせて特別な給食を提供します。

見た目に楽しい行事食は、子どもたちにとっては保育園に通う楽しみにもなっています。

行事食を通して嫌いな食材も食べられるようになる子どもがいたり、食に興味を持つようになる子どもがいたりと食育としての役割も大きいですので、栄養士の腕の見せ所です。

調理

規模の小さな保育園になると、栄養士も調理を行う必要があります。

調理の技術や知識はもちろん必要ですが、現場のリーダーとして他の調理員とうまく連携していくチームワークスキルも求められます。

調理の作業工程や時間配分の管理、献立と実際に出来上がった給食を比較して問題がないか検証するなど、調理中にも現場全体をしっかりチェックします。

食材の発注、在庫管理

栄養士の仕事では毎日使用する食材の発注と在庫管理も重要な業務になってきます。

「各食材は作成した献立のとおりの重量で過不足がないか?」

「提供予定の食数はいくらか?増減はないか?」

「どのような在庫があるのか?使用期限は?」

など、食材発注の際に注意すべき点は様々あります。

また、それぞれの保育園ごとに食材費のコストが決められていますので、ロスを生じさせないように管理しなければなりません。

かといって、食材費を削りすぎると必要な栄養価が満たされた給食を子どもたちに提供できなくなります。

栄養士には献立作成の能力や調理技術だけではなく、バランスのとれた経営感覚も必要なのです。

献立表のプリント作成

保育園では毎月の献立表をプリントにして、保護者に配布しています。

アレルギー児専用の献立表もこの時に作成して保護者への事前確認をしっかりと行います。

献立表には季節の食材や行事食を記載するなど、プリントを持ち帰ってから家庭でも食に関するお話ができるように工夫を凝らします。

給食日誌への記録

給食日誌へ記録する内容は給食関連法令に基づいて、細かい項目が設定されています。

栄養士は調理が適切に行われたかどうかを管理し、その事実が漏れなく正しく記録されているかどうかを日々確認します。

給食日誌への記録は、安全な給食を提供するために重要な業務となります。

子どもたちと保護者への食育指導

子どもたちへの食育指導は、保育園に勤める栄養士の仕事の醍醐味とも言えるのではないでしょうか。

教材を用意して授業形式のような食育を行ったり、簡単なクッキングを保育室で行ったりとアイディアは様々ですが、どれも担任の保育士と十分に相談をした上で活動していきます。

また、日々保育室を回って子どもたちの食事の様子を見ながら、給食の内容についてコミュニケーションをとることも立派な食育の一環です。

「この緑のお野菜はなにかな?」

「このお料理はどんな味がするかな?」

など、子どもたちの五感に働きかけるようにお話をします。

好奇心旺盛な子どもたちは「なんで?」と尋ねてくることが多いですので、とっさの質問にも正しく答えてあげられるように幅広い知識を身につけておきたいですね。

そして子どもたちは自宅にいる間にも もちろん食事をしますので、その食事を用意する保護者への食育も必要になってきます。

給食だよりを配布したり、お迎えの時間に会話をするなどしてコミュニケーションをとる機会を設けます。

日ごろから園長や保育士と食育に関する考え方について話し合い、保育園の指導方針に沿って保護者へ一貫したアプローチができることが大切です。

「保育園の栄養士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者だから分かる、求人を選ぶときのコツを教えます!

勤務条件の希望を整理する

仕事内容

ほとんどの求人内容が「園児及び職員の給食の献立作成、発注業務、厨房内での調理」という似たようなものになっているはずです。

栄養士に求められている仕事の内容に差異がないので、求人による内容の差はほとんどないでしょう。

給与

保育園栄養士の給与は額面でおおよそ月給16万~23万円になる場合が多く、専門職の割には決して高額とは言えないのが現状です。

賞与が支給されることを想定しても年収210万~350万円程度になるようです。

昇給率も高くなく、勤務年数を重ねても年収はさほど変化しない傾向です。

勤務先の企業による年収の差についてもあまり変わりはありません。

雇用形態

保育園で栄養士として働くには大きく分けて2つの場合があります。

  • ①保育園に直接雇用される場合(直営)
  • ②委託給食会社に雇用され、保育園へ派遣される場合(委託)

直営の場合は初めから正社員雇用となる場合が比較的多いようです。

委託の場合は会社にもよりますが、正社員と非正規社員が同じくらいの割合で募集されています。

中には採用当初は非正規社員として雇用されても、登用試験に合格すれば正社員になれるという会社もあります。

勤務時間

保育園は他の給食提供施設とは違って、園によって大きく勤務時間が異なるということはありません。

おおよそ8~17時前後の決まった時間帯での勤務になるところが多いです。

休日

休日についても、日曜日は基本的に保育園がお休みのため、研修などがない限りは定休となる場合が多いでしょう。

病院や介護施設などで働く場合よりも安定した働き方ができるのは、保育園勤務ならではです。

勤務地

保育園は全国にありますので、競争率はかなり高いですが栄養士の募集も各地で探すことができます。

どの業種にも共通しますが、田舎と言われる地域よりも都市部の方が求人情報を見つけやすいでしょう。

保育園の規模や雰囲気

保育園の規模は園児の定員が20~30名のところから、300名以上にもなる「マンモス園」と呼ばれるようなところまで、様々です。

定員が少ない園ほど1食あたりに手間がかけられるので、手作りの凝った食事が提供できることもありますが、逆に考えると個別対応が多くなり、管理が細かくなりがちであるともいえます。

大規模な保育園で働く場合、食数が多い分調理作業は大変ですし、手の込んだ食事の提供は難しくなります。

しかし子どもがたくさんいるのでイベントは大変盛り上がりますし、食育もやりがいがあります。

どちらも一長一短がありますので、ご自身がどんな風に働きたいかをよくイメージして求人を探されるとよいでしょう。

希望には優先順位をつけましょう

まず大前提として

「保育園の栄養士は人気が高いため他の施設の栄養士と比べて圧倒的に求人が少ない」

ということをお伝えしておきます。

それを踏まえた上で、「通勤時間を短縮したいので自宅近くで探したい」「直営の栄養士として働くことにこだわりたい」といったような希望条件を考えていただくのがよいかと思います。

ご自身の希望のうち、譲れないものはひとつだけにするくらいにして求人を探された方が就職活動はうまくいくでしょう。

希望が明確になったら、実際に求人を探してみましょう

保育園のWEBサイト

希望する保育園のサイトを確認して栄養士の求人情報を探すパターンです。

これは勤務希望先の保育園がいくつか絞られている場合に有効かと思いますが、保育園のサイトは基本的に在園児とその保護者のために作られています。

TOPページにいきなり求人情報が掲載されているということはほぼありません。

特定の保育園でどうしても働きたいという方は一か八か、電話で連絡を試みては?

保育専門の求人サイト

勤務希望エリアを広げて探されるのであれば、こちらがおすすめです。

ひとつの求人サイトに絞るのではなく、いくつかサイトを検索してみて希望の求人を探しましょう。

一般の求人サイト

こちらはあまりおすすめできません。

というのも、一般の求人サイトは専門性の高い栄養士の求人の掲載率が低く、求職活動をするには効率が悪いためです。

しかし、「indeed」は勤務希望エリアのハローワークの求人情報も反映されてくるのでおすすめできます。

うまく活用しましょう。

大学・短大・専門学校の就職支援室で探す

在学中の方は、面接のアドバイスなども受けられますのでこちらがおすすめです。

学校であれば求人も比較的よく集まっていますし、説明会などもその都度開催されますので仕事の雰囲気をつかみやすいです。

社会人の方でも卒業生としてサポートを受けられるので、勤務希望地が学校周辺と重なる場合は一度相談に行かれることをおすすめします。

各都道府県の栄養士会の無料職業紹介所を利用する

各都道府県の栄養士会のWEBサイトから求職申し込みのための所定のフォームがダウンロードできますので、それに必要事項を記入し、紹介所へ連絡をして就職支援を受けます。

この制度を知らない方がおられるかもしれませんので、求人検索の手段として覚えておくとよいでしょう。

気になる求人が見つかったら、自分の目で確かめます

直営なら保育園へ、委託なら委託元の会社へ問い合わせをしてみる

直営なら、面接の前に保育園に見学希望を申し出てみましょう。

おおよそが快く受け入れて下さるはずです。

委託会社の場合、採用面接を受けることが条件となる可能性が高いですが、働き先となる保育園の見学を採用担当者へ相談してみるとよいでしょう。

職場を見学させてもらう

職場を見学する際には実際に子どもたちと顔を合わせることになります。

常に笑顔で接することを心がけてください。

直営、委託にかかわらず案内にはおそらく園長がついてくださるはずですが、園長の食育に対する考え方をぜひ質問してみてください。

栄養士の仕事には保育士の協力が必要不可欠です。

食育に熱心な園長であれば、就職後は園長の強力なサポートを受けながら非常にやりがいのある仕事ができるはずです。

保育園で働いている栄養士に話を聞ける場合は聞いてみる

もしも可能であれば、見学時に配属されている栄養士、栄養士がいなければ調理員と話をさせてもらえるように相談してみてください。

あまり良くない現場の場合は雰囲気で分かるかと思います。

もしも就職が決まった際には一緒に働く仲間となることを忘れずに、感じよく接するように気を付けましょう。

「保育園の栄養士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園の栄養士になりたい方へ

保育園の栄養士として働くイメージはつかんでいただけましたか?

毎日子どもたちと接することになりますので、保育園栄養士には保育士のような役割が生じることが少なくありません。

保育に関する知識と理解を深めたいという思いがある方にぜひ、保育園の栄養士として活躍していただきたいと思います。

これからどんどん成長していく子どもたちへの大切な食事を提供することへのやりがいは他の施設にはない喜びになるはずです。

求人数はかなり少ないので就職活動は長期戦になるかもしれませんが、こまめに求人情報を確認し、保育園栄養士となれるように頑張ってください!


関連キーワード

保育園求人

保育園求人についてもっと深堀りした情報を見る

保育園の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

保育園の仕事、主に保育士の仕事はどんな人に適性があるのかを解説していきます。保育園の仕事はどんな仕事?保育園は、働いている保護者からお子様をお預かりして、養護と教育を行う施設です。子どもの人数に合わせて国家資格を取得した保育士を適切に配置し、事業を行っていきます。保育園の仕事の大まかな仕事内容保育実践様々な遊びや、トイレトレーニングや着替え、食事の補助、散歩など日常生活を楽しく安全に過ごせるようにするのがメインのお仕事です。書類作成保育士が作成する書類は、多岐に渡ります。週案、月案、経過記録というのが、主な書類です。週案、月案というのは、どんな保育を行うかを記した計画です。経過記録というのは、

保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと

今回は、できる限り入社してからのミスマッチを減らすために、保育園の転職をするときにどんな点に注意をすればよいのかを解説していきます。保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと施設見学は絶対行うべきこれはまず絶対にいくべきです。いくつか選考を受けたい保育園の候補を見つけたら、見学の依頼をしてみましょう。快く受け入れてくれる保育園なら、何を見られても自信があるということの表れかもしれません。反対に、あまり歓迎されない場合は、自信がないか、雰囲気があまりよくないのかもしれません。転職エージェントに任せっぱなしにしないこれもとても重要なことです。みなさんは転職をするとき、何からはじめますか?最近は転職

保育園給食の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや、やりがいについて解説します

ここでは、保育園における給食の仕事について、説明していきます。保育園給食はどんな仕事?認可保育園では、必ず給食室の設置が義務付けられています。給食の担当者は、主に昼食とおやつの準備が仕事になります。保育園給食の大まかな仕事内容日々の昼食とおやつ作りがメインの仕事となります。仕事上の役割とは?保育園の目的の中には、園児たちへの食育が含まれています。その中で、園児たちに健康的な昼食を提供するのが、給食担当スタッフの役割です。ただ料理を作ればいいわけではなく、必要な栄養を十分に取るための、献立作りが重要になります。平成17年に食育基本法が施行されるなど、国を挙げて食に対する取り組みが強化されるように

保育園経営の年収はどれくらい?経験者が経営ノウハウややるべきことを解説します

ここでは、保育園経営にまつわることについて書いていきます。主に園長の年収や具体的な経営方法などをお伝えしていきます。保育園を経営するためには?まず第一には、認可保育園になるためには、どんな基準があるか把握することが必要です。その上で、行政への申請準備をしつつ、実際の現場を担う人材と用地(保育園の建設地)を用意する必要があります。未経験でも経営できるの?経営は可能です。ただし、実際の運営には施設長と呼ばれるポジションの人を設置する必要があり、児童福祉の仕事2年以上、保育士の資格を有する等の資格が必要になります。保育士や園長としての経験があるほうが有利であり、スムーズに事を運べると言えるでしょう。

保育補助求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保育補助という仕事を知っていますか?実は保育所・保育園では「保育補助」という職種の人が多く活躍しています。資格や経験がなくても勤められるため、子どもと関わりたいけれど保育士資格は持っていない・・・という方にもおすすめの仕事です。どのような仕事をするのか、どうしたらなれるのかなど、保育補助求人について詳しく紹介します。保育補助求人のおおまかな仕事内容保育補助は担任の先生のサポート役!保育園では年齢によってクラスが分けられていて、子どもの人数によって保育士さんが割り振られていますよね。保育士さんはいわゆる「○○クラスの担任の先生」と呼ばれる人です。保育補助は、担任の先生である保育士さんのサポートを