保育の業界というと、保育士や給食の調理師さんの仕事がクローズアップされがちですが、保育園も法人ですので、様々な事務作業があります。

今回は、保育園事務の仕事内容について迫っていきたいと思います。

是非理解を深めて頂くための一助になれば幸いです。

「保育園事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「保育園事務」の仕事例をチェック

保育園事務の仕事は大きく3個の役割に分けられる

人事労務管理の役割

一つ目は、人事労務管理としての役割です。

この業務は、大きく2つに分けられます。

採用、勤怠管理です。

対外窓口としての役割

特に認可保育園における対外折衝の相手は、概ね役所と保護者です。

この業務は、大きく分けて、役所関連の業務と保護者対応の業務とに分かれます。

総務経理としての役割

そして3つ目が、総務経理としての役割です。

総務は、主に備品の管理や購入、設備のチェック等です。

経理事務については、領収書の管理、集計などの業務があります。

「保育園事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人事労務管理の2個の業務

採用業務

多くの保育園が抱える課題が、保育士の確保、採用課題です。

保育士は資格を持っている人の約半数が、潜在保育士と呼ばれています。

つまり、資格を持っているにも関わらず、保育士として働いていない人が多いということになります。

しかも、昨今は待機児童の問題も引き続きあり、どこの保育園でも保育士を継続的に募集しています。

そんな中保育園の事務方にとっての重要なミッションが採用業務です。

具体的には、利用する求人広告の選定から原稿作成、応募者対応や面接の設定などがその業務内容となります。

園長が採用業務を行う保育園も多いと思いますが、細かな作業なども発生しますので、事務方の活躍が期待される分野であることは間違いありません。

勤怠管理

これは、日々の現場をスムーズに運営していく上でも優先度、緊急度の高い業務となります。

一番大切な仕事は、シフト作成です。

多くの保育園では、朝の7:00~夜も19:00頃まで開園している施設がほとんどです。

そうすると、多くの園で、シフト制が敷かれています。

早番普通番遅番と呼ばれるシフトです。

特に認可保育園の場合は、先生の人数によってお預かりできる子どもの数が決まってきますので、必ず、各時間帯に先生を確保しておく必要があります。

シフト作成とシフトどおりの運用は、健全な保育園運営には不可欠の要素となります。

「保育園事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

対外窓口の2個の業務

役所関連の業務

認可保育園の場合、行政から委託費という形で、売上を頂く流れになります。

現場運営が、保育園、健全な運営がされているかどうかをチェックするのが行政の役割です。

行政は保育園を正しく管理していくために、膨大な量の書類を管理しています。

逆に言えば、保育園は多くの書類を作成して、行政に提出する義務があります。

具体例を挙げていくと、園児に関する書類、保護者の勤務状況に関する書類、給食の献立、保育計画や経過記録と呼ばれる園児の記録、資格保有者が適切に配置されているかを確認する書類、等々実は数え切れないくらいの書類があり、これらを保育園側は行政に都度提出していかないといけないわけです。

保護者対応

電話の窓口業務を行うのも、事務方の仕事です。

主に保護者からの電話連絡になりますが、中には、一時保育を新規で依頼したい親御さんからの連絡や、新規取引先からの営業の連絡なども入ってきます。

総務経理の3個の業務

総務

実際に保育園に行くと分かるのが、その消耗品の多さです。

手洗いせっけん、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、台所洗剤、洗濯用洗剤、画用紙やのり、マジックなどの文房具などなど。

消費する日用品の数は、膨大な量に上ります。

これらの備品の在庫状況などを、常にチェックして、必要があれば適宜調達するのも事務の仕事になります。

経理事務

この業務は、園長自ら行っている保育園も多いと思いますが、備品の購入が多い保育園では、小口の決済が多数発生します。

保育園といえども、法人の運営ですから、決算のタイミングで、適切な会計処理を行います。

その準備として、毎月いくら何に使ったのかを勘定科目ごとに仕訳を行えるよう、領収書の整理などが必要になります。

経理事務の役割を担うこともあるのです。

園長業務との仕事内容の違い

園長業務と呼ばれるものも、多くは施設や職員の管理にあたるものですので、事務方の仕事と混同しやすい部分があります。

しかし、大きく異なるのが、園長の仕事は決裁し、経営判断をすることである一方、事務方の仕事は、書類準備やお膳立てをし、決裁を仰げる状態を作ることにあります。

そういう意味で、責任者である園長と比較するとより実務的な要素が強いといえます。

これは、会社組織における社長と管理部門の役割の違いに似ているかもしれません。

保育園事務の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

簡単なパソコンスキル

事務方は人と物を管理するのが、仕事ですから、パソコンスキルが不可欠です。

Word,Excel,Powerpointなど一連のオフィスソフトは利用できたほうがいいです。

「保育園事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園事務についてよくある疑問

保育園の事務職として働く上で、疑問に感じやすい部分について

解説をしていきます。

パソコンスキルは必要?

保育士の場合は、まだまだペーパーレスが進んでいるとはいえないので、パソコンスキルはなくても務まりますが、事務方の場合は、最低限のパソコンスキル

はないと仕事になりません。

給料は安い?

パートして職務につく場合は、時給1000円に届かない保育園も多数あると思います。

保育園の事務職というのは、保育士ほど期待される役割が決まっておらず、与えられるミッションは保育園によってまちまちなので、自分は事務方としてどんなことができるのか具体的に整理しておいたほうが、面接の際などに交渉を有利に進め、給料アップなどの話もしやすいかもしれません。

「保育園事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがだったでしょうか。

多くの人にとって保育園の事務職の仕事というのは、縁がなく想定していないものだったのではないでしょうか。

保育園においてもICT化が叫ばれる中、事務方の役割は今後ますます高まっていくと思います。

保育士を後方支援するバックオフィスとして、また運営を厳格に管理し、行政との良好な関係を維持していく経営部門として大きな役割を果たしていることは、知っておいて損はないと思います。

「保育園事務」が自分に向いているか診断するにはこちら →




保育園求人についてもっと深堀りした情報を見る

保育園で採用されやすい人の特徴や必要なスキル・適性とは?

こどもが大好き!保育士になるのが夢!保育園で働いてみたいなと思っているあなた!保育園で採用されるには一体どうすればいいのでしょうか。保育園では園児たちが毎日楽しく安全に日々過ごせるように、そこで働いている保育士には様々な事が求められるのです。ここでは、保育園で保育士が求められていることや採用されやすい人の特徴、また保育士の適正や必要なスキルまでお話したいと思います。保育園のおおまかな仕事内容保育園の目的は、主に2つあります。園児の養護と教育です。言い換えると、日常生活を安全に健やかに過ごしていくことと、保育所保育指針に従って年齢に応じた成長を目指すべく教育も行っていきます。保育園で採用されやす

保育園の仕事内容を園長・副園長など役割にわけてご紹介!幼稚園との違いもお話しします!

保育園の仕事の具体的な内容とはいったいどんなことをしているのでしょうか?今回は、保育士になりたいと考えいる方には必見な内容を詳しく解説していきたいと思います。子供が好きな人が多いイメージのある保育士の仕事ですが、子供好き以上に必要な事とはいったいなんでしょうか?向いている人の特徴もしっかり説明していきます。他にも、キャリアアップの実態や、職場選びのポイントなど、気になる情報をまとめてみました。保育園の仕事はどんな仕事?保育園は、働いている保護者からお子様をお預かりして、養護と教育を行う施設です。子どもの人数に合わせて国家資格を取得した保育士を適切に配置し、事業を行っていきます。保育園の仕事は大

保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと

保育園で転職をするときにどんな点に注意をすればよいのかを解説していきたいと思います。職場の合う合わないは誰しもが抱える悩みですよね?そこで今回は「保育園で働きたい」とお考えの方には必見な転職における注意点や心構えまで、失敗しない転職になるようなアドバイスを細かく解説させていただきます。ぜひこの記事を読んで、本当に自分に合う職場を見つけのびのびと働いてみませんか?保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと施設見学は絶対行うべきこれはまず絶対にいくべきです。いくつか選考を受けたい保育園の候補を見つけたら、見学の依頼をしてみましょう。快く受け入れてくれる保育園なら、何を見られても自信があるということ

保育補助の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

保育補助とは、保育園や託児所に勤務し、主に保育士の先生の補助をする業務を担います。子どもと関わることができる、育児経験を生かせる、求人が多く採用されやすいといった点から、今注目の仕事と言えます。その仕事内容は、子どものお世話をする保育、掃除や掲示物づくり、園によっては書類業務など多岐にわたっています。ここでは、保育補助の仕事内容を詳しく解説します。保育補助の仕事は大きく4個の役割に分けられる保育補助の仕事の範囲とは?保育補助の仕事内容について解説する前に、「保育補助はどこまでの範囲の業務を行うのか」についてお話させていただきます。よくインターネットの掲示板などでは、「働いている園が掃除ばかりを

保育園給食の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや、やりがいについて解説します

ここでは、保育園における給食の仕事について詳しく説明していきたいと思います。未来ある子供たちの成長の為に必要な栄養素が摂れるように献立を考え、おいしく調理をするこの仕事でのやりがいとはいったい何なのでしょうか?また、この仕事に向いてる人や向いていない人の特徴やメリットやデメリットもしっかりご紹介していきます。おいしく調理するスキルは学んでおいて損はありませんので、この記事を読んで自分は向いてるかもと感じた方はぜひお仕事探しの参考にしていただければと思います。保育園給食はどんな仕事?認可保育園では、必ず給食室の設置が義務付けられています。給食の担当者は、主に昼食とおやつの準備が仕事になります。保

保育園の資格を取るには?経営にあたっての注意点は何?資格取得方法と流れをご説明します

近年、都市と地方では格差があるものの、保育園の不足により待機児童が年々増えている今、保育園の資格を取得し、運営を始めるためには一体どうすればいいのだろう?と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に共働き世帯が多い都市部では、保育園がなかなか見つからず職場復帰できない親御さんも多いようです。保育園には認可や認証、無認可、認定こども園など様々なタイプがありますが、ここでは認可保育園の資格取得の方法と流れ、気になる疑問について経験をもとにお話ししていきます。保育園の資格を取るには?国が定める基準を満たす必要があります。基準を満たした認可保育園の特徴と設置基準などの情報、経営にあたっての注

保育園園長給料の相場は?給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介します

保育園園長の給料についてなかなか知らない相場や決まり方、給料アップの方法をお教えしちゃいます。ただ今回の「園長職」とは、経営者として上司に社長や理事長がいる場合の、保育園の園長の給料の待遇などについてを今回はこの記事を通して知っていただけたらと思います。※経営者=園長のケースではなく、現場トップとして雇用されている園長職を指します。また、保育園園長の年収アップに繋がる求人の選び方や注意点、雇用形態での給料の違いまで包み隠さずお話しさせていただきます。保育園園長給料の給料の相場はどのくらい?概ね500万円~700万円程度となります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与これ

保育園経営の年収はどれくらい?経験者が経営ノウハウややるべきことを解説します

保育園経営の年収ってなかなか想像つかないですよね?実は、自身で立ち上げた小規模保育園から、フランチャイズの保育園など、経営の仕方次第で年収がすごく変わってくるんです。そこで今回は、保育園経営のノウハウから年収の相場まで、実際の保育園経営者の経験をもとに解説させていただきたいと思います。なかなか知ることのできない経営においてのメリットや大変な点、やるべきことまで、気になる情報をしっかりご紹介させていただきますね!保育園を経営するためには?まず第一には、認可保育園になるためには、どんな基準があるか把握することが必要です。その上で、行政への申請準備をしつつ、実際の現場を担う人材と用地(保育園の建設地

保育補助求人の募集内容は?どんな働き先がおすすめ?自分に合った求人の選び方教えます!

保育補助という仕事を知っていますか?実は保育所・保育園では「保育補助」という職種の人が多く活躍しています。資格や経験がなくても勤められるため、子どもと関わりたいけれど保育士資格は持っていない・・・という方にもおすすめの仕事です。どのような仕事をするのか、どうしたらなれるのかなど、保育補助求人について詳しく紹介します。保育補助求人のおおまかな仕事内容保育補助は担任の先生のサポート役!保育園では年齢によってクラスが分けられていて、子どもの人数によって保育士さんが割り振られていますよね。保育士さんはいわゆる「○○クラスの担任の先生」と呼ばれる人です。保育補助は、担任の先生である保育士さんのサポートを

保育園栄養士求人でよくある仕事内容と求人を選ぶ時のコツ

保育園栄養士の求人をお探しの方は必見です。かわいらしい子どもたちに「今日もごはんおいしかったよ!」と言ってもらえる喜びを感じられる保育園栄養士は、とても素敵なお仕事です。そんな保育園栄養士になりたいという方はどのような点を知っておくべきかご存知でしょうか?ここでは保育園栄養士の就職活動や転職に役立つ情報をまとめました。求人を選ぶ時のコツや具体的な業務などを詳しくお話しさせていただきます。保育園で働く栄養士さんのお仕事内容とは?昼食とおやつの献立作成保育園では、昼食と午後のおやつを提供します。(園によっては朝と夕方のおやつを提供しているところもあります。)栄養士はこれらの食事の献立作成や調理を主