ここでは、保育園における給食の仕事について、説明していきます。

「保育園給食」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園給食はどんな仕事?

認可保育園では、必ず給食室の設置が義務付けられています。

給食の担当者は、主に昼食とおやつの準備が仕事になります。

保育園給食の大まかな仕事内容

日々の昼食とおやつ作りがメインの仕事となります。

仕事上の役割とは?

保育園の目的の中には、園児たちへの食育が含まれています。

その中で、園児たちに健康的な昼食を提供するのが、給食担当スタッフの役割です。

ただ料理を作ればいいわけではなく、必要な栄養を十分に取るための、献立作りが重要になります。

平成17年に食育基本法が施行されるなど、国を挙げて食に対する取り組みが強化されるようになってきています。

特に幼少期の食事というのは、将来の成長に向けて、大切なものですので、保育園の給食というのは、食育という面から考えても非常に重要な役割を担っているといえます。

また、保育園のおやつの位置づけですが、昼食でカバーできない栄養分を摂取するという大切な役割があります。

あくまで、栄養分を補填するために用意するという位置づけなのです。

それでも、おやつの時間は、美味しくて子どもたちが喜ぶものを用意したいもの。

ですので、おやつのメニューをどうするかというのは、給食スタッフの腕の見せ所であり、また、創造性を発揮できる面白い仕事の一つと言えるかもしれません。

保育園給食の仕事はどんな人に向いている?

直接子どもと接することは、少ないポジションですが、子どもが好きな人で、かつ調理も好き、得意という人が向いているといえるでしょう。

子どもが好きな人

言い換えると、サービス精神が旺盛な方がよいと思います。

日々、大量の調理を行っていくのは、簡単な仕事ではありません。

特に保育園の場合は、アレルギーの除去食の対応などもあるため、神経を使いながら、たくさんの料理を作らないといけません。

また、保育園の給食スタッフには、食育を担うという役割もあるため、新しいメニューを考案したり、行事食を提案したりと、サービス精神も求められてきます。

毎日、大量の料理をしてというのを続けていく仕事ですので、子どものために仕事ができる人ほうが、毎日やりがいを感じながら仕事ができると思います。

料理が好きな人

保育園給食は、子どもたちに栄養バランスが取れた食事を提供する仕事です。

自分が好きなものを作っていればいいという訳ではないので、制約があります。

料理を作ること自体が、あまり好きではない場合、同じことの繰り返しに飽きてしまう場合もありますので、料理をすること自体に喜びを見出せる人は適性が高いといえます。

タイムマネジメントができる人

多くの保育園では、給食の開始時刻は決まっています。

しかも、給食後も午睡等のスケジュールが決まっているので、常に完成させる時間をコントロールしていく必要があります。

家庭の場合なら、多少配膳時間が前後しても、問題にはなならないと思いますが、保育園の場合は、どんどんスケジュールが押していってしまうので、タイムマネジメントがしっかりできる人の方が適性が高いといえます。

自己コントロールができる人

保育士にも言えることですが、急な体調不良などで、休んでしまうと、給食の提供ができないという事態にもなりかねませんので、健康管理等自己コントロールができる人でないとなかなか務まらない仕事です。

衛生意識が高く日々管理を実践できる人

これは保育園の給食の仕事においては、極めて重要な意識です。

一回でも園内で食中毒等の問題が発生した場合は、当然保育園の責任問題になりますし、利用している保護者様に多大なるご迷惑がかかります。

特に食事に関しては、食品の管理や保存、調理方法等日々厳格に守っていく必要があります。

少々潔癖なくらいに、衛生意識が高い人の方が向いている仕事と言えるでしょう。

常に危機意識を持って、世の中のニュースや流行の病気などにも敏感な人

流行の病気や、他の保育園で起きてしまった、食に関するニュースについて、敏感である必要があります。

大人数の食事を預かる仕事なので、いつ何時大きなトラブルが発生するか分かりません。

人の振り見て我が振りなおせではないですが、他の園で起きたことを自分ごとと捉えて、考えられる人だと非常に安心です。

「保育園給食」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園給食の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

調理の仕事経験などは、活かすことができると思います。

また、大量に調理をする必要のある、学生寮での調理経験なども活かせるかもしれません。

主婦業の経験

冒頭に、家庭と違って決められた時間に食事を提供しないと書いたので、少し矛盾を感じてしまう人もいるかもしれませんが、主婦業の経験は、直接活かすことができます。

それは、どういう点かというと、いずれも「マルチタスク」である点です。

言い換えれば、複数のことを同時にこなしていく必要がある仕事です。

また、いずれも子どもを常に中心に据えて動いていくので、主婦が持つ想像力や配慮は保育園の給食の仕事でも活かすことが可能です。

これは保育士にも同様のことが言えます。

飲食店でのアルバイトの経験

特に居酒屋での経験などは、活かせると思います。

調理場での経験があれば、なおいいですが、ホールの経験も十分に活きます。

飲食店では、注文を取ったり、後片付けをしたり、注文の品を運んだり、同時に複数のことをやる必要が出てきます。

ピーク時には、パニックになるほどの忙しさの現場もあるでしょう。

給食での調理の仕事も、決められた時間までに必ず作り切らないといけない仕事ですから、複数のことを同時にこなす力というのは、必ず役に立ちます。

栄養士としての実務経験

保育園の場合は、一日に摂取すべき栄養の量が決められていますので、必要な栄養素にはどんなものがあって、調理にはどんなバリエーションがあるかを

理解しておく必要があります。

そういう意味では、栄養学の知識や、栄養士としての実務経験も保育園の現場でも役だてることが可能です。

制限時間がある中で何かを作り上げる経験

繰り返しになりますが、保育園の給食の仕事は決められた時間内に、一定の量の料理を用意しないといけない仕事です。

作業を効率的に進める力と、集中して時間内に終わらせる仕事力が必要になります。

たとえば、家での料理もそうですし、その他時間をコントロールして行うことことが得意な方が有利であると思います。

部活のマネージャーなどの経験

周囲の保育士さんを見ていると、学生時代に部活動のマネージャーを経験していた人が多く見受けられます。

選手のために献身的に尽くすという姿勢が、そのまま子どものためという風に変化した人も少なくないのかもしれません。

給食スタッフにおいても、子どものために働く意識が大切と書いてきました。

部活動のマネージャーの仕事を通して、相手が今何を求めていて何をすべきなのか、を常に考えながら動いていくマネージャーの仕事は、給食の仕事においても活かせると思います。

保育園給食の仕事で働くメリットとは?

たくさんの子どもの成長を感じることができる

保育士と同じやりがいにはなりますが、あまり食べなかった子どもがたくさん食べるようになったり、家で食べれなかった食べ物を克服できたり、給食のおかげで、子どもが成長することも少なくありません。

自分が作ったものを通じて、人が変化する様子というのは、仕事のやりがいにつながる部分といえます。

そういう点は、不特定多数に料理を提供する、他のサービス業では、なかなか実感できないことかもしれません。

作れる料理のバリエーションが自動的に増える

保育園の給食の最大のミッションは、栄養バランスのよい食品を提供し続けることにあります。

子どもは飽きやすい存在なので、いろいろな料理のバリエーションでもって献立をしていく必要があります。

その経験を通じて、作れるバリエーションの量が日々の経験を通じて、増えていくのは大きなメリットと言えるでしょう。

手際よく調理ができるスキルは、公私共に活かせるスキル

効率的に調理ができるスキルは、公私にわたり、役に立つと思います。

日々の仕事をこなしていくことで、料理のレパートリーがどんどん増えていきますので、栄養価の高い食事を作るスキルもアップしていきます。

時間のコントロールは効きやすい仕事です。

主には、昼食とおやつ作りがメインの仕事になります。

献立会議などの業務もありますが、毎日実施するわけではありません。

ですので、基本的に残業は発生しないと考えてよいでしょう。

家庭を持っている人や、平日であっても趣味を充実させたり、他にもやりたいことがある人にとっては、都合のつけやすい仕事と言えるかもしれません。

年齢不問の求人が多い。

正直、調理というのは、年齢に関係なく、取り組むことができるものです。

実際の求人も、年齢を不問にしているところが多く、60代以上でもたくさん活躍の場がある仕事です。

孫にメロメロになるシニア世代も多いと思いますが、年齢に関わらず仕事ができて、かつ子どもたちがいる環境で過ごす仕事なので、一生充実感を得ながら、働ける仕事といえるかもしれません。

人間関係で悩まされることは少ない

よほど大規模な保育園でなければ、給食スタッフは2~3人程度で働いている保育園が多いのではないでしょうか。

チームで連携をしていかないと、成立しない仕事ですので、日々の仕事を通じて、連帯感は生まれていく可能性が高いです。

入所してみたら、どうしても苦手な先輩だったということもあるかもしれないですが、その他の職種に比べると、人間関係の問題は発生しにくいと考えられます。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

保育園の給食で身につく分かりやすいスキルは、時間内に大量の料理を用意できるようになることと、栄養バランスの取れるメニューが複数作れるようになることです。

調理ということをベースにしていけば、様々な場面で活躍できると考えております。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

企業内の食堂や大学等の求人も多いので、応用しやすいスキルだと思います。

また、例えば、今は共働きの世帯も増えてきており、特に首都圏では家政婦さんを雇用する家庭なども増えてきております。

たくさんの笑顔に囲まれる保育園もやりがいがありますが、特定の家庭を支援するために、家政婦として、食事の介助をするという道もあると思います。

フリーランスでやることには、当然リスクも伴いますが、価格もスケジュールもコントロールしやすい部分もありますので、腕一本で勝負したい方には、一つのキャリアとしておすすめです。

ベビーシッターのニーズもかなり高まってきておりますので、保育士の資格も取得して、スキルに厚みを出せると、更に自身の市場価値を高めることができます。

世の中には、チェーン店では食べたくない。

でもスピーディに料理は出してほしいというニーズもあると思います。

栄養素が考慮されたメニューを手際よく作れるスキルを活かして、自身で食堂などを立ち上げてやってみるのも悪くない選択肢だと思います。

一生涯使えるスキル

調理士の免許がなくても、就業は可能ですが、正社員での求人の場合、調理士の免許は必要になることも多いようです。

調理士の免許は一度取得してしまえば、更新などの必要がないので、とても使い勝手の良い資格です。

最近、大手の外食産業などでもある程度自動で調理するような仕組みが出来上がってきましたが、それでも人の手で料理をすることがなくなることはないと思います。

そういう意味では、今後もずっと必要な仕事といえるでしょう。

保育園給食の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

アレルギーの知識

特に乳児の頃は、アレルギーを持っている子どもが多いです。

その場合は、一人一人のメニューを変えながら、間違えないように配膳をしなければなりません。

最低限のアレルギーの知識がないと、どんな危険があるのかを想定する、危機意識も持つことができません。

誤配膳などで大問題に発展してしまうことだって考えられます。

乳児の場合は、一人一人アレルギーが発生する食材も様々なので、配慮しながら日々の給食づくりを進める必要があります。

栄養の知識

保育園給食に求められるのは、単に美味しいということだけではなく、成長のために必要とされる栄養バランスを摂取していくことにあります。

そのためには、最低限の栄養の知識は持っておいた方がいいと言えます。

食中毒等衛生管理に関する知識

一歩間違えれば、大問題に発展してしまうのが、食中毒の問題です。

食中毒を起こさないためには、どんなことに注意をすればいいのか。

また、日々の食品の品質管理はどうやっていけばいいのか。

具体的に学んでいく必要があります。

園児の名前

これは意外と重要な項目かもしれません。

保育士もそうですが、一番最初に取り組むべき仕事は、通っている園児の名前を覚えることです。

子どもたちに対して、自信を持って呼びかけられることは、子どもたちだけではなく、保護者とも良好な関係を築いていくことにつながります。

職員たちが、入園してすぐに子どもの名前を覚えてしまう保育園はいい保育園の条件の一つと言えます。

逆に保育園給食の仕事に向いていない人の特徴は?

一言でいうと、人のために仕事ができない人は、あまり向いていないかもしれません。

また、縁の下の力持ちではなく、自分を主役として仕事がしたい人にもあまり向いていません。

なぜなら、保育園の給食の仕事は、極めて黒子的な要素が強いからです。

マイペースな人

繰り返しになりますが、保育園では給食の開始時刻が決まっています。

必ず毎日同じ時間までに作り終えないといけません。

正確丁寧な仕事が求められるだけでなく、手際の良さをスピードが必要になってきます。

自分のために、じっくりと仕事がしたい方状況を考えながら周囲に合わせていくことが苦手な人には不向きです。

自分のために仕事をしたい人

これも繰り返しになりますが、自分を主役にして仕事がしたい方には向かない仕事です。

子どもたちのために栄養バランスの取れた食事を提供することがミッションであり、賞賛を得るための仕事ではないので、他人と比較して優位に立つことに重きを置く人は、あまり向いておりません。

一つのことしかできない人

一つのことに集中しすぎてしまうこともデメリットになりかねない仕事です。

大量に複数の献立を用意するためには、必ず同時並行で行う作業がつきまといますので、目の前のことしかできないという人にはおすすめできません。

飽きっぽい人

一つのことにすぐに飽きてしまう人には、あまりおすすめできません。

同じことを毎日続けていける、根気はどうしても必要になります。

もう少し付け加えると、仮に飽きっぽい人でも毎日の繰り返しの業務の中に自分なりの工夫を取り入れて、楽しめるひとなら適性はあるかもしれないです。

清潔感のない人

これは、どんな仕事にも向いていないかもしれませんが、最低限の清潔感は必要です。

あまり、表に出ることはないかもしれませんが、保育園に子どもを預ける保護者は、どんな環境で自分の子どもが過ごしているのかとても気にしています。

食育を担う給食のスタッフの方に清潔感がなければ、親御さんはとても心配されると思います。

身だしなみをはじめ、常に清潔感を意識することも仕事の一つです。

子どもが嫌いな人

子どもが嫌いな人は、そもそも保育園で働く選択肢を検討しないと思いますが、極めて適性が低いと言えます。

保育園給食の仕事は、献身的に人のための食事を作り続ける仕事なので、園児を愛せない人だとそれが、作った料理に反映されてしまうと思います。

「保育園給食」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園給食の仕事で働くデメリットとは?

自分の作りたいものは作れない

決められた献立を再現していくのが、仕事なので、創作料理を作ったり、美味しさを追求するような、料理を極める要素というのは残念ながらありません。

なので、自分が作りたい理想を追い求めたい人は、向かないかもしれません。

給与は決して高くないです

正社員でも20万円程度からスタート、パートの場合は、高くても1200円程度の時給です。(東京の場合)

給与を仕事のモチベーションにしたい方には、まったくおすすめできません。

異性との出会いはあまりありません。

この部分はかなり女性向けに書いています。

最近は、だいぶ男性の保育士も増えてきましたが、基本的に女性の職場ですので、異性との出会いはあまりない職場です。

加えて、給食のスタッフの場合、給食室にいることがほとんどで外部との折衝も少ないですから、知人が増えるという刺激の極めて少ない仕事です。

「保育園給食」の仕事が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園給食の仕事はどうやって探す?

一番早いのは、求人があるかどうかを働きたい保育園に直接問い合わせてみるのがいいでしょう。

その際、施設見学を受け入れている保育園の場合は、一度現場を見て見るのも良いと思います。

それ以外だと、求人広告サイトを活用するのが、便利です。

今は、飲食に特化した求人サイトなどもたくさんありますので、活用してみましょう。

また、最近では、外食産業も含めて調理師のニーズは高いので、人材紹介会社が求人を持っているケースもあります。

先ほど、飲食に特化した求人サイトと書きましたが、飲食業に特化した紹介会社もたくさんあります。

優秀な紹介会社のエージェントは、企業の内情に精通していることが多く、色々と情報提供もしてくれると思います。

複数社登録をしてみて、話を聞いてみるのも有効な手段と言えるでしょう。

まとめ

保育園の給食の仕事は、決して高給ではありませんが、将来を担う子どもたちの、成長の一端を担う大切な仕事です。

なので、自分のためより人のためという、献身的な人に向いている仕事と言えます。

さらに、栄養バランスの取れた食事を毎日決まった時間に提供するということには、手際のよさやタイムマネジメントなども関わってくるので、時間内に仕事を終わらせるという社会人にとって重要なスキルを学ぶことも可能です。

その経験を活かせば、次は、個人から仕事を請け負うフリーの家政婦さんや、栄養学の知識なども学んでいけば、食育アドバイザーやスポーツ選手などにつく栄養士としての道も開かれていくかもしれません。

調理というのは、一生使えるスキルでもあるので、身に付けておけば、極端に言えば、生涯職に困ることはないでしょう。


関連キーワード

保育園求人

保育園求人についてもっと深堀りした情報を見る

保育園の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

保育園の仕事、主に保育士の仕事はどんな人に適性があるのかを解説していきます。保育園の仕事はどんな仕事?保育園は、働いている保護者からお子様をお預かりして、養護と教育を行う施設です。子どもの人数に合わせて国家資格を取得した保育士を適切に配置し、事業を行っていきます。保育園の仕事の大まかな仕事内容保育実践様々な遊びや、トイレトレーニングや着替え、食事の補助、散歩など日常生活を楽しく安全に過ごせるようにするのがメインのお仕事です。書類作成保育士が作成する書類は、多岐に渡ります。週案、月案、経過記録というのが、主な書類です。週案、月案というのは、どんな保育を行うかを記した計画です。経過記録というのは、

保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと

今回は、できる限り入社してからのミスマッチを減らすために、保育園の転職をするときにどんな点に注意をすればよいのかを解説していきます。保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと施設見学は絶対行うべきこれはまず絶対にいくべきです。いくつか選考を受けたい保育園の候補を見つけたら、見学の依頼をしてみましょう。快く受け入れてくれる保育園なら、何を見られても自信があるということの表れかもしれません。反対に、あまり歓迎されない場合は、自信がないか、雰囲気があまりよくないのかもしれません。転職エージェントに任せっぱなしにしないこれもとても重要なことです。みなさんは転職をするとき、何からはじめますか?最近は転職

保育園経営の年収はどれくらい?経験者が経営ノウハウややるべきことを解説します

ここでは、保育園経営にまつわることについて書いていきます。主に園長の年収や具体的な経営方法などをお伝えしていきます。保育園を経営するためには?まず第一には、認可保育園になるためには、どんな基準があるか把握することが必要です。その上で、行政への申請準備をしつつ、実際の現場を担う人材と用地(保育園の建設地)を用意する必要があります。未経験でも経営できるの?経営は可能です。ただし、実際の運営には施設長と呼ばれるポジションの人を設置する必要があり、児童福祉の仕事2年以上、保育士の資格を有する等の資格が必要になります。保育士や園長としての経験があるほうが有利であり、スムーズに事を運べると言えるでしょう。

保育補助求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保育補助という仕事を知っていますか?実は保育所・保育園では「保育補助」という職種の人が多く活躍しています。資格や経験がなくても勤められるため、子どもと関わりたいけれど保育士資格は持っていない・・・という方にもおすすめの仕事です。どのような仕事をするのか、どうしたらなれるのかなど、保育補助求人について詳しく紹介します。保育補助求人のおおまかな仕事内容保育補助は担任の先生のサポート役!保育園では年齢によってクラスが分けられていて、子どもの人数によって保育士さんが割り振られていますよね。保育士さんはいわゆる「○○クラスの担任の先生」と呼ばれる人です。保育補助は、担任の先生である保育士さんのサポートを

保育園栄養士求人でよくある仕事内容と求人を選ぶ時のコツ

かわいらしい子どもたちに「今日もごはんおいしかったよ!」と言ってもらえる喜びを感じられる保育園栄養士は、とても素敵なお仕事です。ここでは保育園栄養士の仕事の内容と求人を選ぶ時のコツをご紹介します。保育園で働く栄養士さんのお仕事内容とは?昼食とおやつの献立作成保育園では、昼食と午後のおやつを提供します。(園によっては朝と夕方のおやつを提供しているところもあります。)栄養士はこれらの食事の献立作成や調理を主な業務として行います。成長が著しい時期の子どもたちの食事には、栄養価計算が重要になります子どもたちにとって保育園に通う期間は、大きな成長が見られる大切な時期です。毎日食べる給食は、子どもたちの発