保育園の仕事の具体的な内容とはいったいどんなことをしているのでしょうか?

今回は、保育士になりたいと考えいる方には必見な内容を詳しく解説していきたいと思います。

子供が好きな人が多いイメージのある保育士の仕事ですが、子供好き以上に必要な事とはいったいなんでしょうか?

向いている人の特徴もしっかり説明していきます。

他にも、キャリアアップの実態や、職場選びのポイントなど、気になる情報をまとめてみました。

「保育園の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「保育園」の仕事例をチェック

保育園の仕事はどんな仕事?

保育園は、働いている保護者からお子様をお預かりして、養護と教育を行う施設です。

子どもの人数に合わせて国家資格を取得した保育士を適切に配置し、事業を行っていきます。

保育園の仕事は大きく5個の役割に分けられる

保育園の仕事の役割1:園長

保育園運営における最高責任者です。

役所との折衝、保育士の育成、採用を行います。

現場運営がスムーズに進んでいくように意思決定をしていく監督のような存在です。

保育園の仕事の役割2:副園長

経過記録等必要書類のアドバイス・指導・添削、給食メニューの決定、製作物のディレクション、保育園によっては、園長代行といって良い働きぶりの方も多数いるでしょう。

実質現場責任者である保育園も多いかもしれません。

保育園の仕事の役割3:主任保育士

各クラスのリーダーです。

書類関係のアドバイスや実際の保育の場面における責任者です。

現場経験の長い方が就任するケースが多く、幅広い知識と経験が求められます。

保育園の仕事の役割4:現場保育士

一般的にイメージされる保育士のことを指しています。

保育計画の作成と経過記録の作成、保護者様との連絡ノートのやり取り、コミュニケーション、園児の日常生活の補助(トイレトレーニング、着替えの補助、午睡時のフォロー)、外遊びの引率、絵本の読みきかせ、手遊び、ピアノ演奏、製作等 仕事内容は多岐に渡ります。

いわば、図工、音楽、体育、国語、家庭科の先生をすべて兼ねるようなお仕事です。

子どもは、割と残酷な存在で、自分が認めている人や好きな先生の話しか聞き入れませんので、保育士としてうまくやる第一条件は、子どもが好きというのは、大事な要素と言えます。

保育士は誰でもできる仕事という人もいますが、十数人の子どもの前に出て行って、自分に本当になついてくるか、もっと言えば言うことをきいてくれるか。

計画している行動を子ども達に促し、実行することが本当にすぐにできるのか。

ということは一度考えてみてもいいかもしれません。

誰にでもチャンスのある仕事ですが、現場を知ると誰にでもできるという乱暴な言い方はできなくなると思います。

子ども達はなかなか言うことを聞いてくれませんので、うまく誘導、行動を促していくためには、かなりのリーダーシップが必要です。

余談ですが、保育士には声の大きい人も多い気がします。

現場を監督していく人たちの、共通点かもしれませんね(笑)

保育園の仕事の役割5:給食スタッフ

栄養士とタッグを組んで、日々の給食を提供していきます。

必要な栄養とカロリーのバランスを見ながら計画的に食事を提供していきます。

多くの保育園では、月1回献立会議を開いて次の月のメニューを事細かに決めていきます。

園長の4個の業務

園長の業務1:役所や会計事務所との折衝や調整

認可保育園の場合、子供を預かることができる人数=定員が決まっています。

毎月役所に何歳児が何人いるのかを報告し、保育料の補助を受けるわけです。

これを委託費と言います。

※私立保育園の場合。

また、認可保育園でも株式会社が経営しているケースも多数ありますので、一般企業と同様決算業務もあります。

会計事務所や担当税理士への依頼、相談、発注等も園長業務に含まれる場合があります。

園長の業務2:就業規則等労働環境の整備

全国的に保育士不足が叫ばれる中、いかに充実した環境を整備し職員に長く務めてもらうかは、多くの保育園で課題になっております。

そんな中、労働環境を明確に文章で表現したものが就業規則。

有給はいつから発生するのか。

手当はどうなっているか。

交通費に上限はあるのか。

などなど。

現場の声を反映させながら、その保育園にマッチした就業規則を整えていくのは、園長の重要な仕事の一つと言えるでしょう。

園長の業務3:備品購入の決裁

遊具や必要な文房具等、手作りで環境を整えていくことが多い保育園では、必要な備品は多岐に渡ります。

現場から要望が上がってきた場合に、何をどれだけ購入していくのかを検討し、判断していくことも園長の仕事の一つです。

園長の業務4:保育方針の決定や現場へのアドバイス

認可保育園は、施設評価や第三者評価によって常に客観的な意見が寄せられます。

園長は保護者を中心とした声を吸い上げて、日々の保育園運営に活かしていきます。

副園長の3個の業務

副園長の業務1:書類関係の添削、指導

保育に関連する代表的な書類には、経過記録、月案、週案等があります。

保育の計画と子どもたちの成長の状況をつぶさに記録していく書類を差します。

要は、個人別にどんなテーマでどんな保育を行っていくのかをあらかじめ計画し、それに沿って保育は行われていきます。

副園長の業務2:製作物のディレクション

保育園の壁面は、かわいいキャラクターや動物などで彩られていることも多いですよね。

どんなものをどれだけ製作するのかを決めていくのは、事実上の現場責任者である副園長の仕事です。

副園長の業務3:イベントなど企画の統括

保育園では、四季折々のイベントを大切にしているところも多いと思います。

お誕生会やクリスマス会など。

お楽しみとして先生が子供向けに出し物をすることもありますが、どういう風に工夫すればうまくやれるかをアドバイス、指導するのも大切な役割の一つです。

主任保育士の2個の業務

主任保育士の業務1:保育現場のリーダー

実際の一日、保育の流れをリード、フォローしていくのが、ベテラン保育士である、主任保育士です。

保育の仕事の中心となるのが、子どもとともに過ごす時間です。

一緒に遊びながら、身の回りのことが自分でできるようになるようフォローしていく。

通常の子育てと大きくことなるのは、その人数です。

複数担任制といって、何人かで10数名の子どもを見るケースも多いのですが、10人を越える子ども達に同じ行動を促していくことは決してたやすいことではありません。

なぜなら子どもは常に自由に振舞うことが好きなので、想定外の行動を常にとります。

とはいえ、保育園としては、計画した保育内容に沿って日々の活動を進めることが必要です。

ここで必要になるのが、保育士のリーダーシップ。

あの手この手で子どもたちを導いていく必要があります。

主任保育士の業務2:現場保育士への指導アドバイス

主任保育士は、保育士としての経験が豊富にあるいわば保育のプロフェッショナル。

園長や副園長になると、いわゆるクラスの中に入ることが少なくなっており、現場の実質的なリーダーは主任保育士が務めるケースも多くなっております。

現場保育士の7個の業務

現場保育士の業務1:日常生活の補助

0歳児:オムツ替え、衣類の着脱、食事の介助 → 口へ食べ物を運びながら、少しずつ自分でもスプーンやフォークを取り扱えるようフォローします。

1歳児:オムツ替え、衣類の着脱、食事の介助 → できる限り自分で食べるよう促す。

2歳児:トイレトレーニング。

ズボン、パンツ着脱の見守り。

現場保育士の業務2:外遊びの引率

散歩をしながら公園に行ったり、最寄の駅まで出かけていったりします。

目を離すとすぐにどこかへ行ってしまいますので、常に全体に目を配っておくことが重要です。

現場保育士の業務3:絵本の読みきかせ

子どもたちは月齢に関係なく、絵本が大好きです。

同じ作品なのに読む先生によって全然反応が異なります。

現場保育士の業務4:手遊び

イメージが湧きにくい人もいるかもしれませんが、一例をあげると両手をグーにして交互に重ねる「とんとんとんとんひげじいさん♪」と手を動かしながら歌う遊びを指しています。

保育園では、園内で複数のクラスが同時に動いていくため、外に出る時間やトイレに行く時間などで、微妙な待ち時間がいろんな場面で発生します。

特に30秒~1分程度の空き時間が発生した際に役立つのが手遊びです。

また、子どもは歌と身振り手振りが大好きなので、多くの子どもが身を乗り出して興味を持ちます。

現場保育士の業務5:ピアノ

朝の会や帰りの会では、多くの保育園でその月のお歌を歌います。

なので、ピアノの伴奏は先生にとって重要な仕事の一つです。

現場保育士の業務6:製作

部屋の壁面や飾る製作は、保育士にとって重要な仕事の一つとなります。

また、製作は園の普段の環境を彩るだけではなく、イベントごとに園児にプレゼントなどを作ることも重要になってきます。

子どもの日なら「かぶと」、節分なら「鬼のお面」、クリスマスなら「プレゼントを入れるバッグ」等々。

工夫次第で園児にも、ご家族にも喜んでもらえ、家でも遊んでもらえるツールになりえます。

またこれは現場にいないとなかなか気づかないのですが、泣いた子どもを抱っこしながら壁面を見せると泣き止んだり、「あれなんだろう」「アンパンマン!」といったようにコミュニケーションツールとしても利用できるメリットもあります。

現場保育士の業務7:掃除

これは日々の業務の中でもかなり重要な業務です。

多数の人間が動く施設ですので、すぐに汚れて行きます。

保護者の皆様は、大切な子ども達を任せきるわけですから、どんな環境で過ごしているかを気にしています。

保育園は、たくさんの人が頻繁に移動をする環境ですので、毎日清潔を保つために園内の掃除する必要があります。

幼稚園との仕事内容の違い

一番大きく異なるのは、両施設の目標です。

幼稚園の目標は教育をすることですが、保育園の目標は、保育という文字にもあるように、養護と育成を両立することです。

そういう意味では、保育園では、教育を受けていくための基本作りという側面が強いかもしれません。

幼稚園は、生涯学んでいくための基本的な心構えを作る場所。

一方保育園は、安全な環境の中で安心して過ごす。

友達と仲良く遊ぶことができる。

身の回りのことが少しずつ自分の力でできるようになる。

子どもに寄り添って日々の成長を促していく。

そういった側面が強いといえます。

そうすると仕事内容においても、保育士のほうが、教育の側面よりも着替えや食事、散歩等の日常生活をスムーズに行うためのフォローの部分が多くなります。

保育園の仕事はどんな人に向いている?

実際、保育士の仕事はどんな人に向いているのか。

代表的な適性をピックアップしながら紹介していきます。

リーダーシップのある人

現在国が定めている保育園の役割というのは、子どもに対して、養護と教育を実施することにあります。

その中でも、日常生活のリズムを作っていくということが大切な要素のひとつです。

そうすると、食事やトイレ、散歩などの保育園に用意されているプログラムの中で、子どもに行動を促さないといけない場面が多数出てきます。

保育士の仕事は、一言で言うなら、「促し業」であるという言い方ができます。

要するに、人に行動を促していく、導いていく仕事なわけです。

特に子どもは一人一人好き勝手に行動しますから、導いていくには、相当なリーダーシップが必要になります。

子どもが好きという要素は大前提として必要ですが、リーダーシップを発揮していかないと、仕事はかなり大変に感じるのではないでしょうか。

マルチタスクが得意な人

保育士の仕事は多岐に渡ります。

保育の部分で言えば、遊びの環境構成、食事の補助、午睡のフォロー。

書類作成の部分で言えば、経過記録、週案、月案。

企画の部分で言えば、行事ごとに行う企画立案や製作物のディレクション、実製作等。

ルーティンに部分で言えば、保護者との日々のコミュニケーションや連絡ノートのやりとり。

やることがたくさんあるわけです。

保育士に1つの仕事に没頭する時間はありませんので、同時並行で様々なことをやらないといけません。

言い換えれば、主婦業を永年やっている人というのは、保育士と非常に親和性が高いと言えます。

主婦の仕事は、掃除、洗濯、育児、買い物、その他の雑務が毎日波のように押し寄せてきます。

これを日々こなしていけば、自ずとマルチタスクに慣れていきます。

「保育園の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

では、どんな経験が保育士の仕事に活かせるのか?

解説していきたいと思います。

主婦の経験

子育ての経験は、とても役に立ちます。

昔は、一つ屋根の下に祖母や祖父がいたり、近所の人が見てくれたりと、地域との繋がりが濃く、みんなで子育てをする風土もありましたが、核家族化が進んだことで、母親の孤立というのも残念ながら、各地で散見されるようになってしまいました。

言い換えれば、母親たちに育児のノウハウが蓄積されにくい世の中になったといえます。

なので、保育園のベテラン保育士に子育てのノウハウを教えてほしい、相談したいというニーズは少なからずあると感じています。

その時に、保育士でありながら、自分の子どもも育てている経験があると保護者からすると、相談できるとても頼もしい存在になります。

保育士の仕事の中でも保護者とのコミュニケーションとは取り分け重要で気を使うものですから、信頼を得やすくする方法として、自身に主婦業の経験があるというのは大きいと思います。

接客・営業の経験

接客・営業の仕事の経験者で保育士に転身するという人はあまり多くないかもしれないですが、保育士も立派なコミュニケーション業です。

保護者とのコミュニケーション、職員同士のコミュニケーション、そして何より大切なのは、子どもとのコミュニケーション。

相手が何を求めているのかを的確に素早くキャッチする必要がある接客や営業の経験はそのまま活かす事が可能です。

部活動の経験

保育園の方針にも寄りますが、基本的に保育はチームプレーです。

複数の子どもに対して、先生が何人か担当する形になります。

いわゆる複数担任制と呼ばれたりします。

子どもたちは、一日中予期せぬ動きをし続けます。

こちらが思った以上に思うように動いてくれません。

そうすると日々の保育を、少しでもスムーズに、そして充実した内容にするには、先生同士で連携を取っていくことがとても重要になってきます。

部活動を通して、チームプレーや我を抑えて相手を立てたり、我慢したりという経験は、保育の仕事を続けていく上でも必ず役に立ちます。

特にチームプレーが求められるスポーツなどは、適性が高いといえます。

保育園で働くメリットとは?

人間として果てしなく成長できる

保育士の仕事は、本当の意味での総合職ということができます。

教師、警備、企画、エンターテイナー、事務、ライティング等々保育士の仕事の中には、色々な職業の要素が詰まっています。

そんなマルチタスクであることに加えて、様々な個性を持ったむき出しの子どもたちと日々向き合うことで人間的に大きく成長していくことができます。

思うように動いてくれない子どもたちに対して、毎日真摯に向き合っていくことで、大人のほうが教えられることも多く、成長を実感できる仕事だからです。

たくさんの子どもの成長を間近で感じることができる

そして、子どもたちは、日々あっという間に成長していきます。

昨日できなかったことが今日できた。

歩けなかった子が歩き始めたり、喋れなかった子が喋りだしたり色々な子どもの成長に立ち会うことができます。

自分の子どもの成長に寄り添っていく経験も、人生を追体験するとても貴重なことだと思いますが、保育士を続ける限り、無数の子どもの成長に寄り添っていくことができる。

これは、実はとても贅沢なことなんだと思います。

「保育園の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

これはまだまだ前例が少ないだけで、色々な職業に活かせると思っています。

子どものことを知り尽くしている人は、児童書を作ったり、絵本を作ったりすることもできるでしょうし、子育て支援に関わる会社に転職をしても良いと思います。

もっと特定の子どもと向き合いたいという人は、ベビーシッターとして独立して仕事をしてみることも1つの手だと思います。

子ども関連の事業であれば、保育士の経験というのは、絶対に活かす事ができるはずです。

日本はまだ希薄なところがありますが、「子どもは社会の宝である」という考え方がもっと浸透すれば、元保育士という肩書きはもしかすると、貴重な価値を持つ時代がくるかもしれません。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

前述しましたが、保育士の仕事には、様々な要素が含まれています。

教師、警備、企画、エンターテイナー、事務、ライティング等々。

そういう意味では、少し乱暴になりますが、保育士の仕事が活かせない仕事はないとも言えると思います。

むしろ、子どもという予期せぬ動きをとる人たちを日々観察し、丁寧に向き合ってきた人には、高い観察力やコミュニケーション力が備わっているはずなので、どんな分野でも活かせる要素は見つかるはずです。

自分にあった保育園の求人の選び方や注意点

実際に保育園の求人を選んでいくにはどんなことに注意をしたら良いのか解説をしていきます。

【選び方①】雇用形態から探す

分かりやすく言えば、正社員かパートかということになると思います。

正社員の場合は、多くの保育園では、クラス担任を持ち、行事の企画をつくり、書類作成等の業務が発生し、日々保護者ともコミュニケーションを取っていきます。

責任の重い仕事になりますが、その分やりがいも大きなものになります。

一方でパートの場合は、保育補助という役割を担う園も多いと思います。

書類作成や保護者とのコミュニケーション、企画立案などの業務はなく、子どもとしっかり向き合っていくことができる。

ただし業務の範囲が狭い分、待遇ややりがいの面では制限がある。

ざっくり2つに分けて説明しましたが、園の方針に寄っても異なってきますので、自分がどんな働き方をしたいのかじっくりと考えてみたほうが良いと思います。

【選び方②】職種から探す

①の選び方と似てきますが、基本的に保育士の職種は、保育士か保育補助かという2択になってきます。

自分が主にどんな役割を担っていきたいのか?

この部分が大切になってきます。

前職が別業界にいて、自力で保育士資格を取った方などは、負担の少ない保育補助の仕事から入ったほ方が、じっくりと確実に成長をしていけると思います。

【選び方③】会社の業態から考える

保育園の運営主体は、主に3つあります。

公立、社会福祉法人、株式会社の3つです。

福利厚生や待遇面を考えると、公務員である公立がおすすめです。

ただ公立保育園の場合は、あまり表には出てこないですが、人間関係の難しさを抱えるところも多いと聞くので、身近な人に評判を聞いてみることがおすすめです。

社会福祉法人は、家族経営のところも多いため、経営陣との相性はよく考えたほうが良いと思います。

株式会社の場合は、新規参入した法人も多いので、過去の保育業界のやり方にとらわれないフラットな組織も多いと思います。

これも自分の価値観に合った園を探す努力が大切になってくると思います。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

保育士の待遇の問題は、日々ニュースを賑わせていますが、まだまだ他の職種に比べると見劣りするのが事実です。

なので、自分がどんな生活を送りたいのか、一度シミュレーションしてみることが大切だと思います。

自分が生活している地域の家賃相場や物価などから、最低どれくらいの給料をもらえば無理のない生活をしていけるのか。

具体的に、生活にかかる費用を試算してみることが大事です。

【選び方⑤】エリアから考える

大都市の場合は、待機児童も多い分、仕事もたくさんありますが、一番は自分の馴染みがあるエリアで仕事をした方が、思い入れもありやりやすいと思います。

ただ、現在は住宅手当や引越しが伴う場合、補助がでる法人もありますので、特定のエリアに縛られずに、求人を探してみるのも1つの手です。

できれば、希望する保育園については、実際に見学に行って自分の目で確かめることが重要だと思います。

まとめ

保育士の仕事内容と向いている人はどんな人なのか解説してきました。

保育士の仕事は、その仕事ややりがいの割りに、まだまだ待遇面に課題のある仕事であることは間違いありません。

ただ、子どもという変化の激しい存在の成長を間近で感じ取れるというのは、人の人生の中でも実は相当贅沢な経験であることも事実だと感じています。

ある意味誰にでもできる仕事ですが、極めようとすると果てしない努力が必要なこともまた事実です。

1ついえることは、現在存在しているほとんどの事務職はAIに取って代わられる可能性を秘めていますが、保育の仕事はおそらく300年後も存在していることは確実です。

もしかすると世の中における価値観の転換があるかもしれないですが、当面自分の子どもをロボットに預けてもいいという人は、登場しないのではないでしょうか。

そういう意味では、保育士の仕事はこれからますます重要になっていく可能性もあるわけです。

保育士の仕事はとても大変ですが、人の成長に関与できる貴重な仕事の1つなのです。




保育園求人についてもっと深堀りした情報を見る

保育園事務の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

保育の業界というと保育士や給食の調理師さんの仕事がクローズアップされがちですが、保育園も法人ですので様々な事務作業があります。今回は、保育園事務の仕事内容について迫っていきたいと思います。この記事が理解を深めていただくための一助になれば幸いです。保育園事務の仕事は大きく3個の役割に分けられる人事労務管理の役割一つ目は人事労務管理としての役割です。この業務は大きく二つに分けられます。採用、勤怠管理です。対外窓口としての役割特に認可保育園における対外折衝の相手は、ほとんどが役所と保護者です。この業務は大きく分けて役所関連の業務と保護者対応の業務とに分かれます。総務経理としての役割そして三つ目が総務

保育園で採用されやすい人の特徴や必要なスキル・適性とは?

こどもが大好き!保育士になるのが夢!保育園で働いてみたいなと思っているあなた!保育園で採用されるには一体どうすればいいのでしょうか。保育園では園児たちが毎日楽しく安全に日々過ごせるように、そこで働いている保育士には様々な事が求められるのです。ここでは、保育園で保育士が求められていることや採用されやすい人の特徴、また保育士の適正や必要なスキルまでお話したいと思います。保育園のおおまかな仕事内容保育園の目的は、主に2つあります。園児の養護と教育です。言い換えると、日常生活を安全に健やかに過ごしていくことと、保育所保育指針に従って年齢に応じた成長を目指すべく教育も行っていきます。保育園で採用されやす

保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと

保育園で転職をするときにどんな点に注意をすればよいのかを解説していきたいと思います。職場の合う合わないは誰しもが抱える悩みですよね?そこで今回は「保育園で働きたい」とお考えの方には必見な転職における注意点や心構えまで、失敗しない転職になるようなアドバイスを細かく解説させていただきます。ぜひこの記事を読んで、本当に自分に合う職場を見つけのびのびと働いてみませんか?保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと施設見学は絶対行うべきこれはまず絶対にいくべきです。いくつか選考を受けたい保育園の候補を見つけたら、見学の依頼をしてみましょう。快く受け入れてくれる保育園なら、何を見られても自信があるということ

保育補助の仕事内容7個の業務。経験者が教えます!

保育補助とは、保育園や託児所に勤務し、主に保育士の先生の補助をする業務を担います。子どもと関わることができる、育児経験を生かせる、求人が多く採用されやすいといった点から、今注目の仕事と言えます。その仕事内容は、子どものお世話をする保育、掃除や掲示物づくり、園によっては書類業務など多岐にわたっています。ここでは、保育補助の仕事内容を詳しく解説します。保育補助の仕事は大きく4個の役割に分けられる保育補助の仕事の範囲とは?保育補助の仕事内容について解説する前に、「保育補助はどこまでの範囲の業務を行うのか」についてお話させていただきます。よくインターネットの掲示板などでは、「働いている園が掃除ばかりを

保育園給食の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや、やりがいについて解説します

ここでは、保育園における給食の仕事について詳しく説明していきたいと思います。未来ある子供たちの成長の為に必要な栄養素が摂れるように献立を考え、おいしく調理をするこの仕事でのやりがいとはいったい何なのでしょうか?また、この仕事に向いてる人や向いていない人の特徴やメリットやデメリットもしっかりご紹介していきます。おいしく調理するスキルは学んでおいて損はありませんので、この記事を読んで自分は向いてるかもと感じた方はぜひお仕事探しの参考にしていただければと思います。保育園給食はどんな仕事?認可保育園では、必ず給食室の設置が義務付けられています。給食の担当者は、主に昼食とおやつの準備が仕事になります。保

保育園の資格を取るには?経営にあたっての注意点は何?資格取得方法と流れをご説明します

近年、都市と地方では格差があるものの、保育園の不足により待機児童が年々増えている今、保育園の資格を取得し、運営を始めるためには一体どうすればいいのだろう?と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に共働き世帯が多い都市部では、保育園がなかなか見つからず職場復帰できない親御さんも多いようです。保育園には認可や認証、無認可、認定こども園など様々なタイプがありますが、ここでは認可保育園の資格取得の方法と流れ、気になる疑問について経験をもとにお話ししていきます。保育園の資格を取るには?国が定める基準を満たす必要があります。基準を満たした認可保育園の特徴と設置基準などの情報、経営にあたっての注

保育園園長給料の相場は?給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介します

保育園園長の給料についてなかなか知らない相場や決まり方、給料アップの方法をお教えしちゃいます。ただ今回の「園長職」とは、経営者として上司に社長や理事長がいる場合の、保育園の園長の給料の待遇などについてを今回はこの記事を通して知っていただけたらと思います。※経営者=園長のケースではなく、現場トップとして雇用されている園長職を指します。また、保育園園長の年収アップに繋がる求人の選び方や注意点、雇用形態での給料の違いまで包み隠さずお話しさせていただきます。保育園園長給料の給料の相場はどのくらい?概ね500万円~700万円程度となります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与これ

保育園経営の年収はどれくらい?経験者が経営ノウハウややるべきことを解説します

保育園経営の年収ってなかなか想像つかないですよね?実は、自身で立ち上げた小規模保育園から、フランチャイズの保育園など、経営の仕方次第で年収がすごく変わってくるんです。そこで今回は、保育園経営のノウハウから年収の相場まで、実際の保育園経営者の経験をもとに解説させていただきたいと思います。なかなか知ることのできない経営においてのメリットや大変な点、やるべきことまで、気になる情報をしっかりご紹介させていただきますね!保育園を経営するためには?まず第一には、認可保育園になるためには、どんな基準があるか把握することが必要です。その上で、行政への申請準備をしつつ、実際の現場を担う人材と用地(保育園の建設地

保育補助求人の募集内容は?どんな働き先がおすすめ?自分に合った求人の選び方教えます!

保育補助という仕事を知っていますか?実は保育所・保育園では「保育補助」という職種の人が多く活躍しています。資格や経験がなくても勤められるため、子どもと関わりたいけれど保育士資格は持っていない・・・という方にもおすすめの仕事です。どのような仕事をするのか、どうしたらなれるのかなど、保育補助求人について詳しく紹介します。保育補助求人のおおまかな仕事内容保育補助は担任の先生のサポート役!保育園では年齢によってクラスが分けられていて、子どもの人数によって保育士さんが割り振られていますよね。保育士さんはいわゆる「○○クラスの担任の先生」と呼ばれる人です。保育補助は、担任の先生である保育士さんのサポートを

保育園栄養士求人でよくある仕事内容と求人を選ぶ時のコツ

保育園栄養士の求人をお探しの方は必見です。かわいらしい子どもたちに「今日もごはんおいしかったよ!」と言ってもらえる喜びを感じられる保育園栄養士は、とても素敵なお仕事です。そんな保育園栄養士になりたいという方はどのような点を知っておくべきかご存知でしょうか?ここでは保育園栄養士の就職活動や転職に役立つ情報をまとめました。求人を選ぶ時のコツや具体的な業務などを詳しくお話しさせていただきます。保育園で働く栄養士さんのお仕事内容とは?昼食とおやつの献立作成保育園では、昼食と午後のおやつを提供します。(園によっては朝と夕方のおやつを提供しているところもあります。)栄養士はこれらの食事の献立作成や調理を主