保育士は職場によって環境や方針が大きく違う職業です。

憧れだった保育園の先生を目指して資格をとったのに、私がやりたかった保育はこんなものではなかった!休みの日まで仕事をして、自分の時間が持てなくなった!と後悔をする前に、保育求人の見方を知ってより良い職場に出会えるようにしていきましょう。

保育園にはどんな職員がいる?

保育園には保育士しかいないと思っていませんか?保育園には保育士以外にも様々な資格を持った人が働いています。

保育士の資格がなくても、保育園で働くことができます。

保育園ではどんな人がどんな役割をもって働いているのか簡単に説明しますね。

園長先生

その名の通り園で一番偉い人であり企業でいう社長にあたります。

書類の作成といった事務作業だけでなく、保育園の経理から人事、備品の発注や行事運営のトップに立って行動したり、区や近隣の園長たちと話し合いを設けたりと業務は多岐にわたります。

保育士が急な休みになったり足りない場合はヘルプとして担任の代わりを務めたり、保護者とコミュニケーションをとって子育てについての悩みに対しアドバイスしたりと机上の業務より対人関係の仕事が多いのでコミュニケーション能力のスキルが求められます。

主任

担任保育士を指導する立場に当たり、園長先生と担任との間に立って確認する内容を取りまとめたりクラス運営のサポートやアドバイスをしたりします。

保育士が足りなくなった場合は担任の代わりにクラスに入ることもあり、子どもと関わる時間も多くあります。

子育て支援の名目で保護者からの相談に乗ったり、地域の子育て連絡会に参加して他園との交流を計画したりすることもあります。

子どもや担任と関わる以外にも、園便りの発行や保育士のシフトを作成したり各クラスの日誌や月案、週案といった書類が適切に書かれているかチェックするといった机上での業務も担う重要な役割です。

担任保育士

各クラスの担任としてクラス運営をする役割です。

日案・週案・月案・クラス便りといった書類から、日々の連絡帳の記入、製作の準備、壁面の製作などを行っています。

年齢によって必要な保育士の数は決められており、市町村単位で違うところもありますが、おおむね0歳は子ども3人に保育士1人となっています。

そのため乳児クラスは複数で担任を持つことが多く、幼児クラスは1人で担任をすることも珍しくありません。

クラスの担任の中でもクラスリーダーが決められており、各クラスの現状を職員会議で報告したり異年齢児交流の計画をたてたりします。

日々の保育の中では晴れた日は戸外に出て身体を動かしたり、製作で指先の発達を促したりといった子どもの成長の手助けをし、子どもたちが安全に安心して過ごせるように努めます。

フリーの保育士(担任を持たない保育士・補助)

保育士は開園時間に合わせて、早番・中番・遅番といったシフトで動いています。

遅番は11時ごろから勤務が開始になるため、日中の活動時間には間に合いません。

フリーの保育士は担任の保育士がお休みの時や遅番の時に代わりにクラスに入って保育をします。

また、担任の先生が主導する活動を補佐したり、遅れがちな子どもを促したりする補助をする事もあります。

担任と違い様々なクラスに入るため、各クラスの1日の流れ、全園児の子どもの様子を知っていないと務まらないため大変な部分もありますが、全クラスに入って子どもと関わることができる良さを持っています。

調理員

栄養士がたてた献立に従って実際に子どもたちが食べる食材を調理します。

給食だけではなく、15時のおやつも作り、子どもたちが食べている様子や食べ残しの量を計測し、今後の献立政策に役立てたり、子どもの好き嫌いがなくなるようなメニューの開発などを担当します。

栄養士

子どもの食べる給食の献立を作成したり、食材の発注や管理、食育といった業務を担当します。

献立は幼児食だけではなく離乳食で初期・中期・後期・完了期と段階を分けたものやアレルギーの子がいる場合は個別の献立をたてる必要があります。

また月に一度給食便りを発行し、保護者に子供に人気のメニューを伝えたり、簡単に作れるレシピの紹介や旬の食材の栄養素について詳しくまとめたりします。

近年食育の大切さが謳われており、食事のマナーや旬の食材を子どもに伝えたり、おせち料理や七草粥といった行事食の意味を教えたりする役割もあります。

給食を考えるだけではなく、子どもと食について真摯に向き合える仕事です。

看護師

園で体調不良となった子どもを看護したり、怪我の応急処置を行います。

必要に応じて保護者に連絡し、お迎えの要請を行います。

また内科検診や歯科検診といった検診のために園医と連絡を取り合ってスケジュールを調整したり、月に一度身体測定を行い、子どもの発育の様子を記録し必要に応じて保護者への指導を行います。

園児の中で感染症が発生した場合には保護者に衆知できるよう貼り紙をし、蔓延を防ぐように努めます。

また月に1度ほけん便りを発行し、保護者に感染症の対応の仕方を伝えたり、健康についてのアドバイスをしたりします。

あなたはどんな役割に就きたいですか?

ただ子どもと関わる仕事がしたい!と思っても保育園の中には様々な役割を持つ先生がたくさんいます。

どんな形で子どもと関わっていきたいのか、将来どんな先生になりたいのかビジョンを明確に持って、資格を取得するための短大・専門学校に進学したり、試験勉強をしたりしていきましょう。

保育園の職種は資格が必須なものばかりですが、補助や延長時間は無資格の先生でも働ける場合もあるので積極的に保育園に質問してみましょう。

職員それぞれの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

求人の選び方

保育求人は保育園によって情報が様々で、社会福祉法人が運営しているのか株式会社が運営しているのか、正社員として働くか臨時職員として働くかといった様々な選択肢があります。

自分がどのようなライフスタイルで過ごしたいのか考え、何を一番重要視するのか定めていきながら保育園を選んでいきましょう。

雇用形態を決める

保育士の雇用形態はほとんどが正社員とパートだけでしたが、現在は多様化し派遣保育士といった新たな雇用形態も出てきました。

自分がどのくらいのペースで働きたいのか、どんな保育士になりたいのかをイメージして雇用形態を決めていきましょう。

正社員(資格必須)

シフトに入って仕事をするため開園時間すべてが勤務時間となります。

週案や年間カリキュラムといった書類や行事の計画、避難訓練の計画等保育以外にも様々な業務があり、職員会議などで残業をする日もあります。

また、土曜日は開園している園がほとんどなので土曜日の勤務もあります。

正社員は資格必須の園が多いですが、資格取得をサポートしてくれる制度もあります。

派遣社員

派遣会社に登録して各園に配属される形になります。

配属される園は事前に見学に行けたり勤務地の希望はある程度聞いてくれたりしますが、派遣会社によって様々です。

業務はアルバイト・パートとほぼ同じ扱いのところが多いですが、派遣会社を通した分時給が少し上だったり、土曜勤務を免除してもらったりといった融通が利きます。

担任を任されることはあまりなく、フリーとして保育士の補助に入ったりすることが多いです。

パート・アルバイト

時給制で働くことができます。

朝だけ、夕方だけといった時間を決めて働くことができ、無資格でも大丈夫な園では子育てを終了したお母さんが活躍していることもあります。

勤務時間は園長と相談でき、フルタイムで働くこともあれば日中3時間のみといった事もできます。

業務内容は担任にとしてクラス運営に携わったり、フリーとして補助に入ったりと園によって様々で、行事の際出勤が必須であったり土曜保育に入ったりすることもあるので園長と希望する勤務時間を確認することが大切です。

臨時職員

おもに公立保育園での募集が多く、産休・育休や介護休暇などで長期休業された保育士の代わりに1年間といった契約期間を決めて働く雇用形態になります。

求められる仕事はパート・アルバイトと同じことが多いですが、短い期間での勤務になるので行事等は担当せず補助として働くことが多いです。

特に選ぶ時に注意したほうが良いこと

保育士の離職理由で上位に挙がってくるものは何か知っていますか?

1位は人間関係、2位は給料の安さ、3位は持ち帰りの仕事の多さと言われています。

人間関係や持ち帰りの仕事の多さといった求人票からではわからない事もありますが、給料や残業時間など読み取れるところはしっかり読み取り、良い保育園に出会えるようにしていきましょう。

お給料(賞与有?or無?)

保育士の給料は基本給としてすべて払われる場合もありますが、ほとんどが基本給+手当で成り立っています。

手当が多いと得するイメージがありますが、A基本給19万とB基本給15万+手当5万の求人ではAのほうが総収入は多くなります。

月にもらう給料はBのほうが多いのになぜでしょうか。

理由は賞与は基本給の○か月分として扱われるからです。

このため賞与が4ヶ月だとしたらAは19万×4 Bは15万×4か月となります。

また手当ももらえる条件がでてくるのでよく確認しましょう。

手当

保育士の給料によく見られる手当にはどのようなものがあるのでしょうか。

簡単に挙げてみると

資格手当:保育士資格を持っている人が業務にあたっている場合にもらえる手当

シフト(早番・遅番)手当:決められたシフトに従事した際にもらえる手当

担任手当:担任を受け持った人がもらえる場合と、幼児クラスの担任のみもらえる場合があります(幼児クラスは1人担任が多く負担が大きいため)

行事担当手当:運動会・発表会といった大きな行事の際に主となって担当した人がもらえる手当

処遇改善手当:国や市町村から保育士に対して補助金がもらえる場合があります。

勤続年数や市町村によってもらえる額は違います。

労働時間・休日(残業はどれくらい?)

労働時間は開園時間の間でシフト制なことがほとんどです。

早番や遅番は月にどのくらいあるのか、土曜日の出勤は振替休日があるのか(振替休日はなく月1~2回の勤務の場合もあります)などを確認しましょう。

残業時間は目安の時間も書いてあることが多いので確認しておきましょう。

他にも考慮したほうが良いこと

給料や労働時間といった基本的な部分以外にも求人票には記載があります。

長期休暇・産休・有給休暇など福利厚生が取れる体制が整っているか

春休み・夏休みといった長期休暇がある幼稚園と違って、保育園は年末年始や日曜祝日以外は毎日開園しています。

24時間保育、休日保育実施している園は365日24時間開園していることもあります。

まずはその求人の保育園の開園時間を調べてみましょう。

長期休暇は連休と有給を組み合わせても最大5日程が限度で1週間といったまとまった長い休みを取ることは難しいです。

しかし中にはリフレッシュ休暇制度や勤務年数に応じて特別休暇をもらえる制度を設けている園もあるので確認してみましょう。

産休・育休は女性が主体で子どもにかかわる仕事なので理解者が多く取りやすいイメージですが、若い職員が多い職場だとなかなか理解を得られないこともあります。

取得実績だけではなく復帰して働いている人が多い職場のほうが働きやすい職場と言えます。

私立か公立か

保育園にも学校と一緒で私立と公立があることをご存知ですか?認可だから公立、無認可だから私立というわけではなく、市や区が経営している保育園の事だけを公立と呼んでいます。

公立保育園の保育士は公務員扱いになるため、採用されるには各市町村の公務員試験に合格することが必要です。

現在公立保育園は民営化でどんどん数が少なくなっており、公務員試験での求人数も若干名と少ないことが現状です。

公務員で安定した昇給が望め、産休育休といった女性の働きやすい制度も整っていますが、市の規模大きいと異動になった時に通勤が大変になることもあるので注意が必要です。

私立も福利厚生や給与改定の部分を公立にあわせるといった改善を行っているところもありますので、求人票を確認してみてくださいね。

就職先の雰囲気を知る

保育園の雰囲気求人票だけではわからないことがたくさんあります。

興味のある求人を見つけたらさっそく連絡してみましょう。

園によっては説明会を設けているところもありますがおすすめは見学です。

実際に働いている保育士の様子を見てどんな園かわかることも多いので積極的に見学していきましょう。

保育園のホームページを見る

保育園のホームページにはブログや写真を載せて園の活動を載せていることがあります。

どんな活動をしているのか確認するためにもおすすめです。

実際に実習をさせてもらえるか問い合わせてみる

園によっては見学以外にも実際に業務に入って実習させてもらえることがあります。

見学だけでは見られない保育者の様子や園の雰囲気がわかるので、時間がある方は実習を行うのもおすすめです。

実習の際には保育者に気になることはどんどん質問し、話しやすい先輩や指導の仕方が自分に合う先輩に巡り合えるといいですね。

説明会などに参加する

説明会は園で行う場合と近くの会場を借りて行う場合とあります。

園の様子がわかりにくかったり団体で動くので細部まで見れないこともあるので、説明会よりも個々に見学することをおすすめします。


保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士さん。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という話も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいもらっているのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり、求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトもたくさんあります。ここでは、メジャーなサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのか考えていきたいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、たくさんの求人情報サイトがヒットします。昨今、保育業界は人手不足で、求人もたくさんでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探していいのか迷ってしまうことも。また、登録をしないと

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は、園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見比べてみると良いでしょう。最近では、認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や、病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有者の求人募集がされていることもあり、働くことができる

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!でも、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万~19万円が相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2~3万程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1~3年目での転職であれば初任給程の給与、30~40代のベテラン保育士であれば、園にも

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や、保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで、わかりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は2つあります。大学・短大・

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の1つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおよそ4500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での、年収や雇用形態、勤務形態など、よくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は350万~370万円程です。月収の平均は25万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人もたくさんいます。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質をあげる方法を紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料はメディアでも騒がれていたように決して高くありません。初年度はほかの職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく、長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても新卒の給料とほとんど変わらないなんていう事もあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば、副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事


保育士求人に関するコラム

保育士でホワイトな職場の5個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

働く親が増え、保育園が急増している一方で、保育士不足は常に深刻な問題となっています。ブラックな職場は、ただでさえ足りていない保育士の働く意欲を奪い、潜在保育士を生み出す巣窟となりかねません。この記事では、ブラックな保育士の職場の特徴や見分け方などをおさえ、ホワイトな良い職場にめぐり合うためのポイントをまとめました。保育士の職場はブラック?ホワイト?保育士と聞くと、子どもと楽しそうに遊んでいる姿が思い浮かびますが、客観的に見て、まだまだブラックな職場があるのが現状です。そもそも保育園の始まりは、社会福祉の考えにより慈善事業から始まったもので、要因は他にもあるものの「命を預かる職場なのに給料が安い

保育士が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

子供と接することが好きで保育士の道に進んだものの、辛い思いをしたり悩みが尽きないという人いませんか?私も子供が好きで保育士として働いていましたが、天職と言えるほど毎日楽しことばかりではありませんでした。子供と遊ぶだけが仕事ではありませんので、少ながらず悩んだり肌に合わないと感じることは多々あります。昨今、資格を持ってるのに保育士として働いていない“潜在保育士”がとても多いと言われています。様々な理由があると思いますが、資格を取ったものの向いていなかったと感じている人が多いでしょう。今回は、保育士として働くことに向いていない人の特徴とその乗り越え方をご紹介していきます。向いていない人の特徴に当て

保育士の資格を活かせる仕事おすすめ4選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

日々、子どもたちの身の回りの世話をし、心身ともに健康に成長できるような支援を行う保育士さん。身近なお仕事のようで、資格の取得方法や資格の活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。実は誰にでも取得のチャンスがある保育士資格と活かせる仕事について詳しくまとめます。保育士の資格とは?保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。また、保護者に対して保育に関する指導を行うことができる立場でもあります。保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居してしまった場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。保育士として勤務するためには、都道府県での登

保育士の休みはどれくらいある?他の職業と違うところはこんなところ!

保育士はやるべきことが多くてとにかく忙しそう!というイメージがあると思います。確かに様々な技術やアイデア、そして、何より子どもが怪我なく過ごせるような安全な保育が求められたりと大変さも沢山感じると思います。園によっては残業、持ち帰りもあったりして仕事は多いかもしれません。でも、そんな保育士にもしっかりと定められた休みがあります!私も普段は保育士として頑張っていますが、休みはしっかりと休んでいます。休みの日はなるべく保育園のこと、子どものことなど、仕事のことをなるべく忘れてパーッとリフレッシュすることが大切だと思っています。今回は保育士三年目の私から、保育士のリアルなお休み事情をお伝えさせて頂き

保育士を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない、保育士の大変さを紹介します。でも保育士の仕事は好き!

子どもたちと関わりたいと思い、夢をもって保育士を目指す人は多いと思います。ところが実際に保育士として仕事を始めるてみると、自分が思い描いていたイメージとかけ離れていたために仕事を辞めていくという人が少なくありません。保育士を辞めたいと思う背景にはどのようなものがあるのでしょう。保育士の業務内容も紹介しながら、仕事の難しさや大変さを具体的に説明していきたいと思います。保育士の1日保育士は子どもと遊んでいるイメージが強いですが、一日中遊んでいるわけではありません。出勤してから退勤するまでの保育士の仕事内容を紹介します。始業~登園出勤簿に印を押し、持ち場につく出勤簿に印を押したら持ち場(早番は未満児