ここでは、保育園とは、誰のどんな仕事で成り立っているのか?

また、保育園の仕事内容について具体的に説明していきます。

また、保育士の仕事のやりがいやどんな点が面白いのかも後半部分で触れたいと思います。

「保育園の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園の仕事は大きく5個の役割に分けられる

保育園の仕事の役割1:園長

保育園運営における最高責任者です。

役所との折衝、保育士の育成、採用を行います。

現場運営がスムーズに進んでいくように意思決定をしていく監督のような存在です。

保育園の仕事の役割2:副園長

経過記録等必要書類のアドバイス・指導・添削、給食メニューの決定、製作物のディレクション、保育園によっては、園長代行といって良い働きぶりの方も多数いるでしょう。

実質現場責任者である保育園も多いかもしれません。

保育園の仕事の役割3:主任保育士

各クラスのリーダーです。

書類関係のアドバイスや実際の保育の場面における責任者です。

現場経験の長い方が就任するケースが多く、幅広い知識と経験が求められます。

保育園の仕事の役割4:現場保育士

一般的にイメージされる保育士のことを指しています。

保育計画の作成と経過記録の作成、保護者様との連絡ノートのやり取り、コミュニケーション、園児の日常生活の補助(トイレトレーニング、着替えの補助、午睡時のフォロー)、外遊びの引率、絵本の読みきかせ、手遊び、ピアノ演奏、製作等 仕事内容は多岐に渡ります。

いわば、図工、音楽、体育、国語、家庭科の先生をすべて兼ねるようなお仕事です。

子どもは、割と残酷な存在で、自分が認めている人や好きな先生の話しか聞き入れませんので、保育士としてうまくやる第一条件は、子どもが好きというのは、大事な要素と言えます。

保育士は誰でもできる仕事という人もいますが、十数人の子どもの前に出て行って、自分に本当になついてくるか、もっと言えば言うことをきいてくれるか。

計画している行動を子ども達に促し、実行することが本当にすぐにできるのか。

ということは一度考えてみてもいいかもしれません。

誰にでもチャンスのある仕事ですが、現場を知ると誰にでもできるという乱暴な言い方はできなくなると思います。

子ども達はなかなか言うことを聞いてくれませんので、うまく誘導、行動を促していくためには、かなりのリーダーシップが必要です。

余談ですが、保育士には声の大きい人も多い気がします。

現場を監督していく人たちの、共通点かもしれませんね(笑)

保育園の仕事の役割5:給食スタッフ

栄養士とタッグを組んで、日々の給食を提供していきます。

必要な栄養とカロリーのバランスを見ながら計画的に食事を提供していきます。

多くの保育園では、月1回献立会議を開いて次の月のメニューを事細かに決めていきます。

「保育園の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

園長の4個の業務

園長の業務1:役所や会計事務所との折衝や調整

認可保育園の場合、子供を預かることができる人数=定員が決まっています。

毎月役所に何歳児が何人いるのかを報告し、保育料の補助を受けるわけです。

これを委託費と言います。※私立保育園の場合。

また、認可保育園でも株式会社が経営しているケースも多数ありますので、一般企業と同様決算業務もあります。

会計事務所や担当税理士への依頼、相談、発注等も園長業務に含まれる場合があります。

園長の業務2:就業規則等労働環境の整備

全国的に保育士不足が叫ばれる中、いかに充実した環境を整備し職員に長く務めてもらうかは、多くの保育園で課題になっております。

そんな中、労働環境を明確に文章で表現したものが就業規則。

  • 有給はいつから発生するのか。
  • 手当はどうなっているか。
  • 交通費に上限はあるのか。

などなど。

現場の声を反映させながら、その保育園にマッチした就業規則を整えていくのは、園長の重要な仕事の一つと言えるでしょう。

園長の業務3:備品購入の決裁

遊具や必要な文房具等、手作りで環境を整えていくことが多い保育園では、必要な備品は多岐に渡ります。

現場から要望が上がってきた場合に、何をどれだけ購入していくのかを検討し、判断していくことも園長の仕事の一つです。

園長の業務4:保育方針の決定や現場へのアドバイス

認可保育園は、施設評価や第三者評価によって常に客観的な意見が寄せられます。

園長は保護者を中心とした声を吸い上げて、日々の保育園運営に活かしていきます。

副園長の3個の業務

副園長の業務1:書類関係の添削、指導

保育に関連する代表的な書類には、経過記録、月案、週案等があります。

保育の計画と子どもたちの成長の状況をつぶさに記録していく書類を差します。

要は、個人別にどんなテーマでどんな保育を行っていくのかをあらかじめ計画し、それに沿って保育は行われていきます。

副園長の業務2:製作物のディレクション

保育園の壁面は、かわいいキャラクターや動物などで彩られていることも多いですよね。

どんなものをどれだけ製作するのかを決めていくのは、事実上の現場責任者である副園長の仕事です。

副園長の業務3:イベントなど企画の統括

保育園では、四季折々のイベントを大切にしているところも多いと思います。

お誕生会やクリスマス会など。

お楽しみとして先生が子供向けに出し物をすることもありますが、どういう風に工夫すればうまくやれるかをアドバイス、指導するのも大切な役割の一つです。

主任保育士の2個の業務

主任保育士の業務1:保育現場のリーダー

実際の一日、保育の流れをリード、フォローしていくのが、ベテラン保育士である、主任保育士です。

保育の仕事の中心となるのが、子どもとともに過ごす時間です。

一緒に遊びながら、身の回りのことが自分でできるようになるようフォローしていく。

通常の子育てと大きくことなるのは、その人数です。

複数担任制といって、何人かで10数名の子どもを見るケースも多いのですが、10人を越える子ども達に同じ行動を促していくことは決してたやすいことではありません。

なぜなら子どもは常に自由に振舞うことが好きなので、想定外の行動を常にとります。

とはいえ、保育園としては、計画した保育内容に沿って日々の活動を進めることが必要です。

ここで必要になるのが、保育士のリーダーシップ。

あの手この手で子どもたちを導いていく必要があります。

主任保育士の業務2:現場保育士への指導アドバイス

主任保育士は、保育士としての経験が豊富にあるいわば保育のプロフェッショナル。

園長や副園長になると、いわゆるクラスの中に入ることが少なくなっており、現場の実質的なリーダーは主任保育士が務めるケースも多くなっております。

現場保育士の7個の業務

現場保育士の業務1:日常生活の補助

0歳児:オムツ替え、衣類の着脱、食事の介助 → 口へ食べ物を運びながら、少しずつ自分でもスプーンやフォークを取り扱えるようフォローします。

1歳児:オムツ替え、衣類の着脱、食事の介助 → できる限り自分で食べるよう促す。

2歳児:トイレトレーニング。ズボン、パンツ着脱の見守り。

現場保育士の業務2:外遊びの引率

散歩をしながら公園に行ったり、最寄の駅まで出かけていったりします。

目を離すとすぐにどこかへ行ってしまいますので、常に全体に目を配っておくことが重要です。

現場保育士の業務3:絵本の読みきかせ

子どもたちは月齢に関係なく、絵本が大好きです。

同じ作品なのに読む先生によって全然反応が異なります。

現場保育士の業務4:手遊び

イメージが湧きにくい人もいるかもしれませんが、一例をあげると両手をグーにして交互に重ねる「とんとんとんとんひげじいさん♪」と手を動かしながら歌う遊びを指しています。

保育園では、園内で複数のクラスが同時に動いていくため、外に出る時間やトイレに行く時間などで、微妙な待ち時間がいろんな場面で発生します。

特に30秒~1分程度の空き時間が発生した際に役立つのが手遊びです。

また、子どもは歌と身振り手振りが大好きなので、多くの子どもが身を乗り出して興味を持ちます。

現場保育士の業務5:ピアノ

朝の会や帰りの会では、多くの保育園でその月のお歌を歌います。

なので、ピアノの伴奏は先生にとって重要な仕事の一つです。

現場保育士の業務6:製作

部屋の壁面や飾る製作は、保育士にとって重要な仕事の一つとなります。

また、製作は園の普段の環境を彩るだけではなく、イベントごとに園児にプレゼントなどを作ることも重要になってきます。

子どもの日なら「かぶと」、節分なら「鬼のお面」、クリスマスなら「プレゼントを入れるバッグ」等々。

工夫次第で園児にも、ご家族にも喜んでもらえ、家でも遊んでもらえるツールになりえます。

またこれは現場にいないとなかなか気づかないのですが、泣いた子どもを抱っこしながら壁面を見せると泣き止んだり、「あれなんだろう」「アンパンマン!」といったようにコミュニケーションツールとしても利用できるメリットもあります。

現場保育士の業務7:掃除

これは日々の業務の中でもかなり重要な業務です。

多数の人間が動く施設ですので、すぐに汚れて行きます。

保護者の皆様は、大切な子ども達を任せきるわけですから、どんな環境で過ごしているかを気にしています。

保育園は、たくさんの人が頻繁に移動をする環境ですので、毎日清潔を保つために園内の掃除する必要があります。

幼稚園との仕事内容の違い

一番大きく異なるのは、両施設の目標です。

幼稚園の目標は教育をすることですが、保育園の目標は、保育という文字にもあるように、養護と育成を両立することです。

そういう意味では、保育園では、教育を受けていくための基本作りという側面が強いかもしれません。

幼稚園は、生涯学んでいくための基本的な心構えを作る場所。

一方保育園は、安全な環境の中で安心して過ごす。

友達と仲良く遊ぶことができる。

身の回りのことが少しずつ自分の力でできるようになる。

子どもに寄り添って日々の成長を促していく。

そういった側面が強いといえます。

そうすると仕事内容においても、保育士のほうが、教育の側面よりも着替えや食事、散歩等の日常生活をスムーズに行うためのフォローの部分が多くなります。

「幼稚園の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育園の仕事の良いところ

保育園の仕事の良いところ1:たくさんの子どもの成長を間近に感じることができる

たくさんの子どもと毎日過ごしますので、日々の変化、成長を目の当たりにすることができます。

昨日まで歩けなかった子どもがいきなり歩き始めたり、昨日まで話せなかった子どもが話し始めたり。

保護者でも見逃してしまうような子どもの成長の瞬間を自分の目で確かめることができる仕事です。

そして自分の子育てにもダイレクトに活かせる

保育士の仕事は、子どもの成長を見守りながら手助けをしていく仕事。

保育士として経験を積んでいくと、子育てに活用できるノウハウがたくさん身についていきます。

たとえば、どんな言葉がけをすれば子どもは動いてくれるのか。

どうすれば子どもはけがをせずに見守れるのか。

雑用も多数ありますので、家事を効率的に進める上でも役立つことが多いでしょう。

身も心も若くいられる

少し抽象的な話にはなりますが、これは意外と知られていない保育士のメリットではないでしょうか。

たくさんのエネルギッシュな子どもと毎日生活をともにしますので、基本的には老ける暇がありません。

正直体力的には大変な仕事だと思いますが、やりがいを感じて働いている人の精神的な充実度は大きい仕事といえると思います。

保育園の仕事の良いところ2:子どもの独創性や面白さに毎日触れることができる

私個人的には、これが仕事の一番の報酬だと思っています。

子どもたちはとにかく面白い。

先入観がないので、様々な発言が大人では到底思いつかない独創性に溢れています。

子どもたちの声を集めたものが作品になったり、子ども達の様子を元にした絵本がベストセラーになったりしますが、発想の豊かさを考えるとごく自然なことかもしれません。

たとえば、こんなやりとりを見ました。

  • 薄暗くなる外を見て、「先生夕方が終わっちゃうね」
  • 「あれなあに?」「みかんの仲間かしらね」「みかんの知り合いってこと?」
  • Aくん「こわいものがあるの」Bくん「じゃあAくんがジャイアンのお母さんになればいいよー」※Bくんの中では、”ジャイアンの母”というのは最強という設定になっているそうです。

これは横道に逸れる発展的な話ですが、親子向けの商品を開発する企業のマーケティング担当やクリエイターなどは、保育士として働いてみると思いも寄らない情報が手に入るかもしれませんよ。

保育園の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

保育園の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと1:子どもの氏名

これは絶対に必要なスキルです。

おそらく子どもの名前を覚えられない人は、子どもたちが認めてくれません。

子どもは認めていない人の話を一切聞き入れないので(大人の何倍も残酷です。)、まずは、子どもの名前を覚えて、どんどん呼びかけていくことが重要です。

保育園の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと2:基本的な言葉遣い

保育士にとって、基本的な国語力は必須と言えます。

保護者との連絡ノートや経過記録等、人目に触れる書類が少なくありません。

基本的な日本語力がないと、信頼を得られないので、つらい思いをしてしまうかもしれません。

保育園の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと3:手遊びをはじめとした、「遊び」のレパートリーを増やす

子どもは世界一飽きっぽい生き物といわれています。

一瞬でもつまらなければ即そっぽを向きます。

なので、子どもたちを惹き付ける遊びを日々仕入れていく努力が必要です。

代表的なものは手遊びですが、面白い絵本を探したり、ゲームを仕入れたりすることも重要です。

子どもは面白い遊びを提供する大人のことは心底信頼し尊敬します。

あるときまで距離が遠かった子どもが一つの遊びをきっかけに急になついてくることは保育の現場では日常茶飯事。

子どものニーズは何か?

そんなちょっとビジネスマン的な視点も持つと、より保育士の仕事が楽しくなり、充実したものになります。

まとめ

役職によって、かなり仕事内容は異なってきますが、共通して言えるのは、保育士の仕事にはリーダーシップと創造性が不可欠であること。

行動を促せるだけのパワーと子どもを楽しませながら導くエンターテイナーとしての側面が必要になります。

子供と遊ぶ仕事というのも一面では正しいのですが、子供たちが安心して過ごせる環境を確保しつつ、日常生活のフォローをやり、子供の感性を育む遊びを用意していく。

保育士の待遇は決して良いとはいえず大変な仕事ではありますが、たくさんの子どもの成長を日々見守り実感できる幸福度の高い仕事でもあります。


関連キーワード

仕事内容 保育園求人

保育園求人についてもっと深堀りした情報を見る

保育園の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

保育園の仕事、主に保育士の仕事はどんな人に適性があるのかを解説していきます。保育園の仕事はどんな仕事?保育園は、働いている保護者からお子様をお預かりして、養護と教育を行う施設です。子どもの人数に合わせて国家資格を取得した保育士を適切に配置し、事業を行っていきます。保育園の仕事の大まかな仕事内容保育実践様々な遊びや、トイレトレーニングや着替え、食事の補助、散歩など日常生活を楽しく安全に過ごせるようにするのがメインのお仕事です。書類作成保育士が作成する書類は、多岐に渡ります。週案、月案、経過記録というのが、主な書類です。週案、月案というのは、どんな保育を行うかを記した計画です。経過記録というのは、

保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと

今回は、できる限り入社してからのミスマッチを減らすために、保育園の転職をするときにどんな点に注意をすればよいのかを解説していきます。保育園の転職で注意したほうが良い2個のこと施設見学は絶対行うべきこれはまず絶対にいくべきです。いくつか選考を受けたい保育園の候補を見つけたら、見学の依頼をしてみましょう。快く受け入れてくれる保育園なら、何を見られても自信があるということの表れかもしれません。反対に、あまり歓迎されない場合は、自信がないか、雰囲気があまりよくないのかもしれません。転職エージェントに任せっぱなしにしないこれもとても重要なことです。みなさんは転職をするとき、何からはじめますか?最近は転職

保育園給食の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや、やりがいについて解説します

ここでは、保育園における給食の仕事について、説明していきます。保育園給食はどんな仕事?認可保育園では、必ず給食室の設置が義務付けられています。給食の担当者は、主に昼食とおやつの準備が仕事になります。保育園給食の大まかな仕事内容日々の昼食とおやつ作りがメインの仕事となります。仕事上の役割とは?保育園の目的の中には、園児たちへの食育が含まれています。その中で、園児たちに健康的な昼食を提供するのが、給食担当スタッフの役割です。ただ料理を作ればいいわけではなく、必要な栄養を十分に取るための、献立作りが重要になります。平成17年に食育基本法が施行されるなど、国を挙げて食に対する取り組みが強化されるように

保育園経営の年収はどれくらい?経験者が経営ノウハウややるべきことを解説します

ここでは、保育園経営にまつわることについて書いていきます。主に園長の年収や具体的な経営方法などをお伝えしていきます。保育園を経営するためには?まず第一には、認可保育園になるためには、どんな基準があるか把握することが必要です。その上で、行政への申請準備をしつつ、実際の現場を担う人材と用地(保育園の建設地)を用意する必要があります。未経験でも経営できるの?経営は可能です。ただし、実際の運営には施設長と呼ばれるポジションの人を設置する必要があり、児童福祉の仕事2年以上、保育士の資格を有する等の資格が必要になります。保育士や園長としての経験があるほうが有利であり、スムーズに事を運べると言えるでしょう。

保育補助求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

保育補助という仕事を知っていますか?実は保育所・保育園では「保育補助」という職種の人が多く活躍しています。資格や経験がなくても勤められるため、子どもと関わりたいけれど保育士資格は持っていない・・・という方にもおすすめの仕事です。どのような仕事をするのか、どうしたらなれるのかなど、保育補助求人について詳しく紹介します。保育補助求人のおおまかな仕事内容保育補助は担任の先生のサポート役!保育園では年齢によってクラスが分けられていて、子どもの人数によって保育士さんが割り振られていますよね。保育士さんはいわゆる「○○クラスの担任の先生」と呼ばれる人です。保育補助は、担任の先生である保育士さんのサポートを

保育園栄養士求人でよくある仕事内容と求人を選ぶ時のコツ

かわいらしい子どもたちに「今日もごはんおいしかったよ!」と言ってもらえる喜びを感じられる保育園栄養士は、とても素敵なお仕事です。ここでは保育園栄養士の仕事の内容と求人を選ぶ時のコツをご紹介します。保育園で働く栄養士さんのお仕事内容とは?昼食とおやつの献立作成保育園では、昼食と午後のおやつを提供します。(園によっては朝と夕方のおやつを提供しているところもあります。)栄養士はこれらの食事の献立作成や調理を主な業務として行います。成長が著しい時期の子どもたちの食事には、栄養価計算が重要になります子どもたちにとって保育園に通う期間は、大きな成長が見られる大切な時期です。毎日食べる給食は、子どもたちの発


保育園求人に関するコラム

保育園事務の仕事内容6個の業務。経験者が教えます!

保育の業界というと、保育士や給食の調理師さんの仕事がクローズアップされがちですが、保育園も法人ですので、様々な事務作業があります。今回は、保育園事務の仕事内容について迫っていきたいと思います。是非理解を深めて頂くための一助になれば幸いです。保育園事務の仕事は大きく3個の役割に分けられる人事労務管理の役割一つ目は、人事労務管理としての役割です。この業務は、大きく2つに分けられます。採用、勤怠管理です。対外窓口としての役割特に認可保育園における対外折衝の相手は、概ね役所と保護者です。この業務は、大きく分けて、役所関連の業務と保護者対応の業務とに分かれます。総務経理としての役割そして3つ目が、総務経

保育園で採用されやすい人の特徴や必要なスキル・適性とは?

この記事では、保育園ではどんな人が採用されやすいのかを様々な特徴を踏まえながら、解説をしていきます。保育園のおおまかな仕事内容保育園の目的は、主に2つあります。園児の養護と教育です。言い換えると、日常生活を安全に健やかに過ごしていくことと、保育所保育指針に従って年齢に応じた成長を目指すべく教育も行っていきます。保育園で採用されやすい人の特徴は?では、実際に保育園では、どんな人が採用されやすいのか?特徴ごとに見ていきたいと思います。1.子どもに好かれそうな人子どもに好かれそうな人は採用されやすい傾向があります。子どもに好かれそうな人の特徴とは?子どもが好きな人ではなく、あえて子どもに好かれそうな

保育園の資格を取るには?資格取得の流れや方法、気になる疑問について解説します

ここでは、認可保育園を始めるためには、具体的にどのような資格が必要になるのかを見ていきます。保育園の資格を取るには?国が定める基準を満たす必要があります。基準を満たした認可保育園の特徴と設置基準などの情報、経営にあたっての注意点を解説していきます。私はこんな理由で保育園の資格を取得しました!長らく営業系の仕事に従事しておりましたが、女性を部下に持つことが多く、女性、特に母親になる人を支援したいという思いがだんだんと強まっていきました。また、不動産や投資にも興味があり、縁があって、用地を仕入れることができたので、経営にチャレンジしてみることにしました。保育園資格の資格取得方法と流れまず満たすべき

保育園園長給料の相場は?給料を上げるためにやるべき3個のことも紹介します

ここでは、経営者として、上司に社長や理事長がいる場合の、保育園の園長職の給料などの待遇について、書いていきたいと思います。※経営者=園長のケースではなく、現場トップとして雇用されている園長職を指します。保育園園長給料の給料の相場はどのくらい?概ね500万円~700万円程度となります。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与これが、一番給与に与えるインパクトは大きいかもしれません。運営会社の方針もあるとは思いますが、園長に多くの賞与を払っている保育園は多いと思います。昇給これは、経験年数に応じた給与テーブルの有無にも大きく影響されます。仕事ぶりでの評価に加えて、給与テーブルの