保育士になるには?私が実際保育士になるためにしたことや勉強法についての写真

毎日子どもたちの笑顔に囲まれて過ごす保育士。

女の子がなりたい職業として長年ランキング上位にもなっている、人気な職業です。

現代では女性だけでなく男性にも人気で、男性保育士も増えてきていますね。

今回はそんな保育士になる方法や、元保育士の私が保育士になるためにしたこと、勉強法をお教えします。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士になるには

保育士になるためには【保育士資格】の取得が必要です。

取得後も何年かおきに更新が必要な教員免許とは違い、保育士資格は一度取得すると更新なしに、一生持ち続けることができる資格です。

保育士資格を取得したら、保育士資格の必要な保育園や施設で保育士として働くことができます。

では、保育士資格はどのように取得できるのでしょうか。

保育士資格を取るには、大きく分けて2つのルートがあります

保育士資格を取るには大きく分けて2つのルートがある

養成学校を卒業する

保育士になりたい人が多く選択するのが、厚生労働省の指定する指定保育士養成施設を卒業する方法です。

養成施設とは、決められた授業を受け、単位を取得することで保育士の資格を取得することができる学校のことで、大学、短期大学、専門学校などがあります。

保育士資格が取得できる学部は学校によって様々です。

養成学校への進学を希望する人は調べてみてくださいね。

保育士になりたくて養成学校への進学を希望する人は多く、時間にゆとりのある学生生活の中で様々な経験ができたり、同じ夢を持つ仲間ができるなどのメリットがあります。

また、学校によっては保育士資格以外にも、幼稚園教諭免許や小学校教諭免許など他の資格や免許の取得ができるところもあり、そのような点も人気な理由の一つです。

しかし、デメリットとして「資格取得までに時間がかかる」「学校へ通うため費用がかかる」といった点もあります。

しかし、時間にゆとりのある学生生活の中で様々な経験ができたり、同じ夢を持つ仲間ができるなどのメリットもあります。

また、学校によっては保育士資格以外にも、幼稚園教諭免許や小学校教諭免許など、他の資格や免許の取得ができるところもあり、そのような点も人気な理由の一つです。

養成学校に通わず、保育士試験を受験する

養成学校には通わず、保育士試験を受験し合格することで資格を取得する方法もあります。

この方法のメリットは養成学校に通うよりも「時間」と「費用」の負担が少ないことです。

他の仕事をしている人が転職で保育士を目指し仕事の合間に勉強したり、家事や育児と両立して勉強している人もいます。

しかし、保育士試験を受けるためには一定の受験資格を満たしている必要があります。

では、保育士試験とはどのようなものなのか、試験の内容や受験資格についてご紹介します。

養成学校を卒業していない人が受ける保育士試験て、どんなもの?

受験資格はある?

保育士試験を受けるには次のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 大学または短期大学を卒業している人
  • 大学中退(2年以上在学)または1年以上在学中で62単位以上取得済み、または取得見込みがあると学校長が認めた人
  • 短期大学在学中で年度中に卒業見込みがあると学校長が認めた人
  • 2年以上通う専門学校を卒業している人または、年度内に卒業見込みがあると学校長が認めた人
  • 平成3年3月31日以前に高等学校を卒業している人
  • 平成8年3月31日以前に高等学校の保育科を卒業している人
  • 平成4年以降に高等学校を卒業後、2年以上かつ2880時間以上、児童福祉法第7条によって定められた保育施設で児童保護に従事した経験がある人
  • 中学卒業後、5年以上かつ7200時間以上、児童福祉法第7条によって定められた保育施設で児童保護に従事した経験がある人

※大学、短期大学、専門学校は教育基本法に基づいた学校。

保育と関係のない学部学科でも可。

※児童福祉法第7条によって定められた保育施設とは、助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、幼保連携型認定こども園、児童厚生施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センターの12施設。

※詳しい受験資格については、全国保育士養成協議会に確認しましょう。

試験ではどんなことをするの?

保育士試験は前期、後期の年2回実施されています。

試験ではまず筆記試験を行い、合格した人は次に実技試験を行います。

筆記試験の科目は、次の8つです。

  • 保育原理
  • 教育原理及び社会的養護
  • 児童家庭福祉
  • 社会福祉
  • 保育の心理学
  • 子どもの保健
  • 子どもの食と栄養
  • 保育実習理論

合格点はどの科目も6割以上で、合格した科目は最大3年間「合格」として引き継ぐことができます。

そのため、合格できなかった科目があった場合も3年のうちに受けなおすことで、以前合格している科目は筆記試験を受ける必要はありません。

また、幼稚園教諭免許などを持っている人は一部筆記試験が免除になる場合もあるので、確認しましょう。

実技試験は保育実習実技について行います。

実技試験は次の3科目のうち2科目を選択して行います。

①音楽表現に関する技術

  • 子どもの前を想定して、課題曲2曲をピアノ、ギター、アコーディオンのいずれかで伴奏を弾きながら歌う
  • 求められる力「保育士として必要な歌、伴奏の技術、リズムなど、総合的に豊かな表現ができること」

②造形表現に関する技術

  • 制限時間45分以内に指定された問題と条件に沿って絵を描く
  • 求められる力「保育士として必要な造形表現(情景及び人物等を豊かにイメージした描写や色使いなど)ができること」

③言語表現に関する技術

  • 童話などあらかじめ指定されたお話から一つ選び、20人程度の子どもの前を想定して素話をする(絵本などの道具は禁止)
  • 求められる力「保育士として必要な基本的な声の出し方、表現の技術、幼児に対する話し方ができること」

音楽表現の課題曲と言語表現のお話については、あらかじめ発表がされているので十分に練習することができます。

造形表現の問題については当日発表です。

過去の出題例をホームページで見ることができるので、参考にして45分以内に描く練習しておくと良いでしょう。

ちなみに、幼稚園教諭免許を持っている人は、実技試験が免除になります。

保育士試験の合格率はどのくらい?

厚生労働省のデータによると保育士試験の合格率は、平成25年度は17.4%、平成26年度は19.3%、平成27年度は22.8%、平成28年度は25.8%となっています。

さらに遡ると平成20年度では10.6%と、かなり合格率は低い試験でしたが、平成25年度以降の合格率は右肩上がりになっています。

とはいうものの10%~25%の合格率ですので、難しい試験にはなります。

合格率の低さの要因としては、「試験科目が多く、勉強範囲が広い」ことと、「それぞれの科目で6割以上の点数が必要」という筆記試験の難しさにあると言えます。

しかし、これまで年1回しかなかった試験ですが、平成28年度からは年2回実施されるようになりました。

春の試験で合格点に達しなかった科目を、秋に受けなおすことができるようになったので、昔に比べて合格率は少しずつ上がっていくと考えられます。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

私が保育士になるためにしたこと 

次に元保育士の私が、保育士になるためにしたことについてお話しします。

まず、私は幼い頃から保育士になりたいという思いがあり、また高校生の頃には大学への進学を希望していたので、保育士資格の取れる大学に行く道を選びました。

私の住んでいた地域では昔から有名な保育士養成学校があり、充実した授業内容や保育士の就職率の高さのほかにも、幼稚園教諭と小学校教諭の免許も取得できたので、その大学に進学することを決めました。

ここでは保育士養成学校に通った私が、保育士になるためにしたことを紹介します。

確実な単位取得

当たり前のことですが、これができなければ保育士になることはできません。

養成学校へ通って保育士になる場合の条件としては「卒業に必要な単位を取ること」と「保育士資格取得に必要な単位を取ること」の2つです。

保育士資格取得に必要な勉強だけでは意味がありません。

卒業のためにも必要な単位を取ることが必須ですので、一見保育士になるためには必要なさそうな内容の授業もたくさん取りました。

しかしこれは「一般教養」といって、保育士としてだけでなく社会人として、社会に出るために最低限必要な知識です。

「保育士には必要ない」と思って勉強を怠ると、あとから自分の首を絞めることになるので、最低限の単位だけは取っておきましょう。

私の場合は保育士資格の他にも、幼稚園教諭と小学校教諭の免許取得も目指したので、さらに授業数は増えましたが、保育園の子どもたちと関わったり、地域と関わっていくのに役立つ勉強でしたので、無駄だったものはありません。

また、高校生から「保育士になるためにした方がいい勉強は何か」と聞かれたことがありますが、高校生にも同じことが言えます。

まずは今するべき最低限の勉強をしっかりすること。

卒業や進学に向けて、まずはそれが一番必要なことだと思います。

保育士は現場に立つと、保護者や子どもたちから「先生」と呼ばれる立場です。

一人の大人として、先生として、恥じない程度の最低限の知識や学力は必要です。

ピアノの練習

ピアノの練習をする女性

私は5歳の頃からピアノを習っていましたが、中学生になってすぐ辞めてしまい、大学生になるまでほとんどピアノに触れることはありませんでした。

どの楽器もそうだと思いますが、どんなに幼い頃から始めても、ブランクが長いと取り戻すのに苦労するんです。

私の大学では保育士資格の取得に最低2年間、最大3年間のピアノの授業が必須でした。

大学時代は「あの頃ピアノを続けていれば…」なんて後悔したものです。

しかし、周りには大学生になってからピアノを始めた初心者の人もいて、その人たちでも単位を取得して卒業し、保育士になっているので、「ピアノが全く弾けない!」という人も、諦める必要はありません。

それでも私は、できるだけ早くにピアノに触れておくことをおすすめします。

保育士になればピアノは切っても切り離せません。

毎日の保育の中で子どもたちと一緒に歌を歌うときや、発表会や卒園式、入園式などの行事でも弾くことになります。

行事ごとの時は子どもたちだけでなく、大勢の保護者の前で演奏しなければならないこともあるので、ピアノに慣れておくのに越したことはありません。

また、保育士になるための就職試験でも、ピアノが課題になっているところは多くあります。

保育士向けの幼児曲の楽譜には、初心者向けから上級者向けまで様々なレベルのものが売られているので、初心者の人は簡単に弾ける楽譜を使用すれば、十分現場でも活用できるので、自分のレベルに合った楽譜での練習をしましょう。

保育園でのアルバイトやボランティア活動

保育士養成学校では、決められた時期に必ず保育実習があります。

実習の場でも十分現場の保育を学ぶことができるのですが、私は実習以外にも、自主的なアルバイトやボランティアをすることをおすすめします。

実習は2週間や3週間といった限られた期間しか行いません。

ですので、保育園でアルバイトやボランティアとして保育に参加させてもらうことで、自分の経験値を上げることができます。

実習や就職に向けて、自分の自信をつけておくこともできます。

保育園でのアルバイトやボランティアの募集については、大学や専門学校で聞いてみるといいと思います。

現代の保育士不足の中、資格がまだない学生でもアルバイトとして雇いたい!という園も少なくないので、ぜひ探してみてください。

また、保育園だけでなく、児童館や学童保育などでもアルバイトやボランティアを募集しているところがあるので、幼児だけでなく、小学生とも関わりたい!という人は考えてみてはどうでしょうか。

保育に関わるアルバイトやボランティア活動は、自分の自信になるだけでなく、実際に就職活動のときにも役立ちます。

自分のアピールポイントとして話すことができますよ。

保育士資格以外の資格の取得

保育士として現場で働くのに役立つ資格は、保育士資格以外にもたくさんあります。

私の場合は大学で、アレルギーや食育に関する講座の受講者の募集があったため、時間にゆとりのある夏休みの間に「講座を受けてみよう!」と思ったのがきっかけでした。

その結果、講座を受けたことで、大学での授業+αの知識を習得でき、資格も取得できたので、就職試験の際のアピールポイントにもなりました。

保育士のスキルアップに役立つ資格はたくさんあります。

専門の学校に通ったり、実務経験が必要な資格は取得がなかなか難しいかもしれませんが、数日間の講習や実技を受ければ簡単に取得できるものもあるので、ぜひ調べてみてください。

「絵本専門士」や「リトミック指導者」「チャイルドマインダー」といった資格が人気があるようです。

採用試験の勉強

保育士資格を取得し、卒業ができても、保育士として働ける場所に就職できなければ意味がありません。

保育士として希望する園や施設に就職するためには、採用試験に合格する必要があります。

保育士の就職活動は、一般企業の就職活動の時期よりも比較的遅い時期に始まりますが、私の大学では大学3年の後半から、遅くても大学4年になった頃には全員が就職試験に向けての勉強や対策を始めていました。

保育士として保育園に就職したい場合、大きく分けて選択肢は「公立園」と「私立園」の2つがあります。

公立を目指す場合は、その地域の公務員試験に合格する必要があります。

私立に入りたい場合はそれぞれの園によって試験内容は様々ですが、基本的に面接や保育実技の試験が多いでしょう。

中には保育科目や一般教養の筆記試験を行っているところもあるので、希望する園の試験内容を調べてみてください。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

私の勉強法

次に、わたしが実際にしてきた勉強方法についてお話しします。

私は大学で単位を取り、卒業することで保育士資格を取得できたので、今回は保育士資格のための勉強ではなく、保育士の就職試験のためにした勉強方法をお伝えします。

しかし、就職試験には保育士試験と同じような内容も多く出題されるので、保育士試験の勉強にも活かせると思います。

私は大学卒業後は公立保育園への就職を希望したので、地域の公務員試験を受けました。

倍率は6倍ほどでしたが、無事合格し、卒業後は公務員保育士として、公立園に就職することができました。

保育科目は、大学の授業の総復習+購入したテキストで、全範囲をまんべんなく

保育科目とは、保育士試験でいう筆記試験で出題される保育の専門科目のことです。

就職試験で出題される保育科目も保育士試験と近い内容になるので、保育士試験の勉強にも活かせる勉強法だと思います。

就職試験で出題される保育科目の問題は、大学では保育士資格を取得するための必須授業として必ず受けているので、わたしはまず、授業で使ったテキストやプリント類の総復習から始めました。

授業で習った言葉の意味や、内容、流れなどを一通り復習し、覚えていきました。

しかし、保育科目は範囲が広く、覚えなければいけないことが膨大にあります。

そこで私は、この「授業の総復習」は一通りさらっと流して終わらせました。

次に私が使用したのは、本屋さんで購入した「保育士試験のための勉強テキスト」です。

保育士試験では、保育科目が広範囲にわたり、細かなところまでまんべんなく出題されているので、保育士試験用のテキストは就職試験の勉強にもとても役に立ちました。

このようなテキストは本屋さんやネットでも多く販売されているので探してみてください。

私は、保育士試験や就職試験の対策に必要なのは「より多くの問題を解き、問題に慣れること」だと思います。

保育士試験用のテキストを使用したことで、細かな部分の問題まで解くことができ、たくさん問題を解く中で、理解しているようでわかっていなかったことや見落としていたことに気付くことができました。

間違えた問題はノートやテキストに書き加えながら覚え直しました。

同じテキストを3周ほど繰り返すとほとんどの内容を覚えることができます。

そしたらまた別のテキストを購入し、違う問題を解く…というのを、試験までの時間が許す限り繰り返しました。

よりたくさんの問題を解くために、わたしは一通り解き終えたテキストを友だちと交換しあったりしていました。

そうしていくうちに必要な範囲をすべてまんべんなく勉強することができ、筆記試験の合格にも繋がりました。

人物名などは単語帳を使用

保育科目の勉強では、様々な人物やその人が行ったことなど、いわゆる保育の歴史のようなことも覚えていく必要があります。

もともと歴史などの暗記ものが苦手だった私は、人物名などを覚えるのに、高校生の時に使っていたような単語帳を使用しました。

表には人物名を、裏にはその人が関わったことや年号などを書き、時間がある時にパラパラと見て覚えていきました。

机のあるところでしか広げられないテキストやノートと違い、通学の電車の中や、どうしても勉強のやる気が出ないときにも気軽に使えるので、とても重宝しました。

間違えた問題を単語帳にどんどん書いていくのもいいと思います。

使い方は人それぞれなので、自分の使いやすい方法を見つけて、ぜひ勉強に取り入れてみてください。

一般教養試験は勉強範囲を絞って

公務員試験のように一般教養試験がある就職試験もあります。

一般教養とはいわゆる高校生までに習った国語、数学、理科、社会、英語の試験です。

保育科目の試験は地域によってレベルの差がほとんどないのに対して、公務員試験の一般教養の試験は地域によって初級~上級など差があります。

自分が受ける地域がどのレベルの試験内容なのかを必ず確認しましょう。

一般教養の出題範囲は保育科目以上に広く膨大です。

全部の教科を隅々まで勉強するのは、相当な時間をかけなければ難しいと思います。

ここでわたしがした勉強方法は、「科目を絞る」ことです。

比較的まんべんなく勉強しやすい科目に絞って、確実に点数を狙いに行く方法です。

私がおすすめする科目は「数的推理・判断推理(いわゆる数学)」と「政治・経済」です。

この2科目は、一般教養勉強用のテキストを一通りやれば、比較的点数が取りやすい科目です。

さらに、一般教養試験の中でも出題率の高い科目になっています。

公務員試験用のテキストは本屋さんやネットで購入することができるので、自分の受ける地域のレベルに合ったものを使って、繰り返し問題を解いていきましょう。

「数的推理・判断推理」と「政治・経済」が一通り勉強できたら、プラスで自分が得意とする科目を勉強していけば、さらに高い点数に繋がります。

小論文の練習

私の受けた試験では、小論文もありました。

小論文や作文に関しては練習あるのみだと思います。

過去の出題例などをホームページで調べることもできるので、過去問を参考にして決められた時間内で決められた文字数の文章を書く練習をしてみてください。

私は問題文を見てまず「起承転結」の4つの段落を構成し、それに基づいて文章を書くという練習を繰り返しました。

大学に通っている人は、書いた文章を先生に添削してもらうといいと思います。

実技試験や面接の対策

筆記試験に受かったら、次は面接と実技試験があったので、筆記試験の勉強と同時に面接や実技の対策にも少しずつ取り組んでいました。

筆記試験が終わった後は、本格的に対策を行ってきました。

私の場合は面接は個人面接、実技試験はピアノのみだったので、面接は大学の先生にお願いして練習させてもらったり、ピアノは課題曲をひたすら練習し、大学の音楽の先生に見てもらったりしました。

地域や園によって実技試験や面接方法は様々なので、自分の受ける試験の内容をしっかり把握しておきましょう。

私の友人の中には、面接が集団面接や集団討論で、友だちと数人で集まって練習し合ったり、実技試験に絵を描く試験があり、お題に沿った絵を時間内に描く練習をしている子もいました。

また、ある友人が受けた園では、好きな曲を選んで歌いながら踊るという実技試験があり、友だちに見てもらいながら自分で振りを付けた踊りを踊っている子もいました。

いずれにせよ、自信を持って当日の試験に挑めるように準備をしておくことが大切です。

資格取得後の就職先と働き方

保育所

保育士資格を持って働く人が最も多いのが、保育所です。

保育所には「認可保育園」と「無認可保育園」があります。

①認可保育園

施設の広さや設備、職員数など、国が定めた基準を満たし、都道府県知事に認可された園をいいます。

認可保育園の中には、市町村が運営する「公立保育園」と民間の「私立保育園」があります。

公立保育園で正規職員として働く保育士はその地域の公務員になる必要があります。

長く働くことができる、地域内で転勤がある、保育の基準に沿った運営をしている等の特徴があります。

一方で私立保育園は、園それぞれの個性や特色が強い、公立に比べると比較的若い職員が多いといった特徴があります。

②無認可保育園

無認可保育園とは、施設の広さ、敷地などの問題で国の基準を満たしていない保育園です。

企業内保育所や院内保育所などもその一つです。

認証保育園というのもあり、認証保育園とは東京と独自の制度で、東京都のニーズに合った保育ができるよう特別に基準を設けた保育園です。

保育所以外には、どんな施設で働ける?

保育士が働く場所は、保育所だけではありません。

様々な場所で必要とされている資格ですので、保育所以外でも活躍できる場はたくさんあります。

認定こども園

幼稚園と保育所の機能を併せ持った施設です。

保育所で大切にされている「養護と教育」と、幼稚園での「教育」を一体的に行っています。

ここで働く場合は、保育士資格以外に幼稚園教諭免許も必要な場合があります。

家庭的保育事業(保育ママ)

保育ママとは、自宅で子どもを預かり保育する保育者のことを言います。

保育所不足が深刻な現代、ニーズが増えています。

保育ママになるためには家族の状況(就学前の子どもや介護が必要な人がいないなど)や室内の条件などがあります。

保育士資格を持っている人にも人気を高めている働き方です。

児童福祉施設

乳児院や児童養護施設といった、様々な理由で家庭での生活ができなくなった子どもたちが暮らす施設や、身体的な障害や知的な障害を持つ子どものための施設、母子の自立を支援する母子生活支援施設など様々な施設があります。

施設によって保育士の役割、働き方も違います。

病児保育

保育所などに通う子どもが病気などで預けることができないとき、仕事が休めない保護者に代わって施設や自宅で子どもを預かりお世話をします。

ベビーシッター

自宅で依頼者の子どもを預かり保育をします。

自宅での保育以外にも、場合によっては保育所や幼稚園の送迎なども行うこともあります。

病棟・医療保育

病院などに入院している子どもたちの保育をします。

入院生活をしている子どもたちと一緒に遊んだり、コミュニケーションを取ったりすることで子どもたちの心身のケアを行います。

産婦人科・助産施設

新生児のお世話をしたり、第二子第三子の出産の際に上の子のお世話をしたりします。

妊婦さんやママになった人たちの育児の不安を聞いたり、アドバイスしたりすることも大切な役割です。

商業施設や遊園地など

ショッピングモールなど大型施設では、設置された託児所で、保護者が買い物をしている間子どもを預かって保育をしたり、遊園地などではベビーセンターで迷子になった子どもの保育を行ったりします。

働き方の違いによるメリット・デメリット

正規職員

月給制で1日約8時間、保育所や施設で仕事をします。

シフト制で早番や遅番、児童養護施設のような入所施設では夜勤がある場合もあります。

正規職員はその園や施設の中心となって、保育所では主にクラス担任を持って働きます。

メリットとしては担任をもつことができるので、保育士として自分のやりたい保育ができ、やりがいを感じて働くことができることや、ボーナスも含め安定した収入を得ることができること、休暇などの制度がしっかりしていることなどが挙げられます。

デメリットとしては、園や施設の中心の職員になるので責任が重く、保護者とのトラブルなどにも対応しなければならないことや、仕事量が多いこと、仕事の拘束時間が長いことなどが挙げられます。

パート・アルバイト

パート・アルバイトは時給制で、早朝や夕刻の延長保育やクラス担任の補助、障害児がいるクラスの補助があります。

パート・アルバイトのメリットとしては、自分の生活に合わせて1日3時間~6時間など好きな時間帯で仕事ができることや、主に保育補助になるので正規職員などに比べると責任の部分は比較的軽いこと、仕事内容は職場で子どもと関わることが中心で持ち帰り仕事などはなく、仕事量が少ないことなどが挙げられます。

デメリットととしては、時給制で短時間の勤務なので収入が少なかったり安定しにくいことや、正規職員の補助として働くので自分のやりたい保育はしにくいことなどが挙げられます。

臨時職員

臨時職員は時給制のところが多く、正規職員と同じような時間帯や仕事内容で働きます。

メリットとしては、正規職員と同じように担任を持ったりすることができるので、自分のしたい保育がしやすいことや、正規職員に比べると責任の重さは比較的軽いことが挙げられます。

また、正規職員に比べると比較的持ち帰り仕事なども少ないです。

デメリットとしては、正規職員と同じ時間帯で働くわりに時給制のため給与が低いことや、ボーナスがない場合があること、休暇などの制度が正規職員程しっかりとしていないことなどが挙げられます。

まとめ

いかがでしたか?保育士になる方法や働き方は様々です。

自分がなりたいと思う、目標の保育士を目指して今できる準備をしていってくださいね。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  保育士の仕事が探せるおすすめ求人サイト
  保育士の仕事が探せるおすすめ求人サイト
認知度No.1。電話やメールでのお仕事紹介にも対応してくれる 公式サイト 公式サイト
お祝い金も貰える!トップクラスの求人数だから好条件も期待できる! 公式サイト 公式サイト
短時間OK・残業なしなど条件重視な人に人気!地域密着なので身近な求人が見つかります 公式サイト 公式サイト


保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士さん。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という話も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいもらっているのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり、求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトもたくさんあります。ここでは、メジャーなサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのか考えていきたいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、たくさんの求人情報サイトがヒットします。昨今、保育業界は人手不足で、求人もたくさんでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探していいのか迷ってしまうことも。また、登録をしないと

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は、園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見比べてみると良いでしょう。最近では、認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や、病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有者の求人募集がされていることもあり、働くことができる

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!でも、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万~19万円が相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2~3万程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1~3年目での転職であれば初任給程の給与、30~40代のベテラン保育士であれば、園にも

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や、保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで、わかりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は2つあります。大学・短大・

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の1つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおよそ4500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での、年収や雇用形態、勤務形態など、よくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は350万~370万円程です。月収の平均は25万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人もたくさんいます。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質をあげる方法を紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料はメディアでも騒がれていたように決して高くありません。初年度はほかの職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく、長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても新卒の給料とほとんど変わらないなんていう事もあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば、副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事


保育士求人に関するコラム

保育士でホワイトな職場の5個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

働く親が増え、保育園が急増している一方で、保育士不足は常に深刻な問題となっています。ブラックな職場は、ただでさえ足りていない保育士の働く意欲を奪い、潜在保育士を生み出す巣窟となりかねません。この記事では、ブラックな保育士の職場の特徴や見分け方などをおさえ、ホワイトな良い職場にめぐり合うためのポイントをまとめました。保育士の職場はブラック?ホワイト?保育士と聞くと、子どもと楽しそうに遊んでいる姿が思い浮かびますが、客観的に見て、まだまだブラックな職場があるのが現状です。そもそも保育園の始まりは、社会福祉の考えにより慈善事業から始まったもので、要因は他にもあるものの「命を預かる職場なのに給料が安い

保育士が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

子供と接することが好きで保育士の道に進んだものの、辛い思いをしたり悩みが尽きないという人いませんか?私も子供が好きで保育士として働いていましたが、天職と言えるほど毎日楽しことばかりではありませんでした。子供と遊ぶだけが仕事ではありませんので、少ながらず悩んだり肌に合わないと感じることは多々あります。昨今、資格を持ってるのに保育士として働いていない“潜在保育士”がとても多いと言われています。様々な理由があると思いますが、資格を取ったものの向いていなかったと感じている人が多いでしょう。今回は、保育士として働くことに向いていない人の特徴とその乗り越え方をご紹介していきます。向いていない人の特徴に当て

保育士の資格を活かせる仕事おすすめ4選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

日々、子どもたちの身の回りの世話をし、心身ともに健康に成長できるような支援を行う保育士さん。身近なお仕事のようで、資格の取得方法や資格の活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。実は誰にでも取得のチャンスがある保育士資格と活かせる仕事について詳しくまとめます。保育士の資格とは?保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。また、保護者に対して保育に関する指導を行うことができる立場でもあります。保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居してしまった場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。保育士として勤務するためには、都道府県での登

保育士の休みはどれくらいある?他の職業と違うところはこんなところ!

保育士はやるべきことが多くてとにかく忙しそう!というイメージがあると思います。確かに様々な技術やアイデア、そして、何より子どもが怪我なく過ごせるような安全な保育が求められたりと大変さも沢山感じると思います。園によっては残業、持ち帰りもあったりして仕事は多いかもしれません。でも、そんな保育士にもしっかりと定められた休みがあります!私も普段は保育士として頑張っていますが、休みはしっかりと休んでいます。休みの日はなるべく保育園のこと、子どものことなど、仕事のことをなるべく忘れてパーッとリフレッシュすることが大切だと思っています。今回は保育士三年目の私から、保育士のリアルなお休み事情をお伝えさせて頂き

保育士を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない、保育士の大変さを紹介します。でも保育士の仕事は好き!

子どもたちと関わりたいと思い、夢をもって保育士を目指す人は多いと思います。ところが実際に保育士として仕事を始めるてみると、自分が思い描いていたイメージとかけ離れていたために仕事を辞めていくという人が少なくありません。保育士を辞めたいと思う背景にはどのようなものがあるのでしょう。保育士の業務内容も紹介しながら、仕事の難しさや大変さを具体的に説明していきたいと思います。保育士の1日保育士は子どもと遊んでいるイメージが強いですが、一日中遊んでいるわけではありません。出勤してから退勤するまでの保育士の仕事内容を紹介します。始業~登園出勤簿に印を押し、持ち場につく出勤簿に印を押したら持ち場(早番は未満児