子どもに将来なりたい職業を尋ねたランキングでは、常に女児のトップ3にランクインしている「保育士」。

子どものときから保育士に憧れていたという人も多いようです。

確かに、子どもと毎日関われる、全国的に働ける資格職である、常に求人が出ていて採用されやすいなどなど、メリットの多いお仕事に見えますね。

しかし、保育の現場は甘くはありません・・・。

ここでは、保育士パートの悩みについて紹介します。

私が悩んだ保育士のパートの4つの悩みとは

保育園や託児所で、0歳児から就学前の子どもたちに対して保育を行う保育士。

実際には、正規採用とパート採用に分けられます。

園によって待遇や仕事内容は異なりますが、正規採用の保育士は主に特定のクラスを受け持ち、「○○クラスの担任の先生」と呼ばれる立場になります。

パート採用の保育士は、保育園が多忙になる送迎の時間帯や昼食の時間帯に合わせて出勤する場合もあれば、フルタイムで雇用される場合もあります。

フルタイムであっても一人で担任を受け持つということはほとんどなく、支援が必要な園児のいるクラスに補助として入ったり、人手が必要なクラスに臨時で入ったりと、フレキシブルな動きを求められます。

正規採用ではなくパート採用だからこそ感じる悩みについて、まとめました。

正規の保育士からの当たりがキツイ!

保育士の先生方は、皆それぞれ”理想の保育”を抱えています。

それは子どもの動かし方や食事の指導の仕方など、様々な生活場面に現れます。

パート保育士は、先生方の保育の仕方に合わせた補助をしなければなりません。

例えば、集団から遅れている園児がいるので着替えを介助しようとすると、「○○先生、手伝わないで!」と言われてしまいます。

その先生は、園児自身が自分のペースで生活行動を行うことで、自立を促そうと考えていたのです。

しかし、別の保育士の先生は違う考え方をしている場合もあります。

ゆっくりした園児に対しても、周囲のペースに合わせさせることで集団行動を学ばせる方がいい、というように。

パート保育士が、先生方の保育方針と違った行動をすることが続くと、厳しく指導されてしまい、ひどい場合は人間関係が壊れてしまいます。

そんな時どうすればいいの?

最初のうちは、空いている時間を見つけて、「あのとき○○くんを手助けした方が良かったでしょうか?」「さっきの支援はどうすれば良かったですか?」など、素直に質問しましょう。

もともとは正規で働いていて担任を持っていたようなパート保育士だと、自分のやり方に固執してしまう場合がありますが、あくまでのクラス担任の先生の考え方に沿うのがパートの役割だと思います。

園児と関わらせてもらえない!

勤務する園によっては、パート保育士が園児と関われないということもあります。

掃除や洗濯、壁面掲示用の飾り作りや除草作業など、雑用のような仕事ばかり任せられる園もあると聞きます。

せっかく子どもと関わりたいという気持ちから保育園に勤めだしたのに、だんだんとモチベーションが下がってしまうことがあるそうです。

そんな時どうすればいいの?

応募する際に、どのような仕事を行うのかよく確認してからエントリーしましょう。

また勤務し始めてから、雑用が多いことが分かった場合には、園長先生などに相談してみましょう。

どうしても勤務内容が自分の求めているものと一致しないと感じたら、違う仕事先を探すのもアリだと思います。

それがパート保育士の身軽さですから。

クラスの流れが分からない!

保育士の先生は、日案(園によって呼び方は異なります)というスケジュールシートのようなものを作成していて、1日の保育の流れやねらいを記しています。

日案をもとに、他の保育士や園長などとスケジュールを打ち合わせています。

しかし、パート保育士がその日案を見られることはほとんどありません。

勤務形態や立場が違うため、打合せに参加できない場合も多いです。

そのため、パート保育士は1日の流れを知らされないままクラスに入るということがよくあります。

園児と同じように、先生の指示を聞いてから行動することになります。

次に何をやるのか分からないまま仕事をするというのは、結構ストレスを感じるものです。

そんな時どうすればいいの?

担任の先生に、日案を見せてもらえるように聞いてみるのもいいかもしれません。

もしくは勤務が始まる前に、担任の先生と簡単に打合せの時間がもてるとスムーズに仕事に入れるでしょう。

しかし、園児の対応で忙しく担任の先生とほとんど話ができないまま1日がスタートするということも、保育園では珍しいことではありません。

保護者との関係が大変!

パートの保育士であっても、保護者や園児からしたら「先生」の一人です。

送迎の際に、保護者からクレームめいたご意見をいただいて落ち込むことも少なくありません。

また、私が地味に嫌だなーと感じていたのは、園の外で保護者や子どもと遭遇してしまったときです。

晩酌をしようとスーパーでお酒やつまみを買っているときに限って「○○せんせー!」と声をかけられてしまい、「カゴの中身を見ないで!」と思ったこともあります。

プライベートでも先生らしくしていなければならないのは、とても疲れるものでした。

そんな時どうすればいいの?

保護者からいただいたご意見は、自分自身で処理せず、必ず担任の先生や園長先生に報告しましょう。

パートであっても組織の一員であるという自覚を持つことが大切です。

大変だけどメリットも!あえてパートで働く理由

大変なことも多いパート保育士ですが、メリットもあります。

それは書類作成業務から解放されることです。

保育士は、子どもと関わっていない時間はたくさんの事務作業に追われています。

前述の日案や週案の作成もそうですし、行事の実施計画や指導案、要録の作成などを行います。

しかし、パートの保育士にそういった書類作成を行わせる園はほとんどないと思います。

保育士を子育てのために一度辞めた後、パート保育士として働いていた先輩は、「今の立場のほうがいい。子どもと関わりたくて保育士になったのに、担任持つと書類で忙しくなるんだもん」と語っていました。

まとめ

保育の現場は、昨今の共働き家庭の増加により、常に人手不足の売り手市場です。

求人もたくさん出ていますので、自分の望む待遇でお仕事ができるといいですね。

この記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。


関連キーワード

保育士パート求人