仕事を探す際に、やはり正社員で働きたいと思う方は多いと思います。

保育士求人にも正社員を募集するものが数多くありますが、保育士の場合、正社員とパート・アルバイトでは何が違うのでしょうか。

今回は、その違いやメリット・デメリットなどを解説します!

保育士のパートやアルバイトは正社員とどう違う?

保育士の仕事は正社員以外にもパート職員や派遣社員等雇用形態が様々です。

正社員とパートやアルバイトではどのような差があるのでしょうか。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

正社員とパート・アルバイトの職員で比べると、仕事の量や責任の度合いには差があります。

仕事量でいうと、任される書類はパート・アルバイトの方が圧倒的に少ないです。

日々の保育日誌や連絡帳は正社員と同様に任されることも多いですが、年間カリキュラムや月案、週案といったものはパート・アルバイトは行わないことが多いです。

また、パート・アルバイトの職員が担任を持つこともありますが、ほとんどがフリーとして様々なクラスに入ることが多いです。

もちろん保育士として仕事をする以上責任がないとは言いませんが、必ず正社員と職員と一緒に組む形になるので、全責任を負う事は少ないでしょう。

仕事内容は変わる?

正社員は行事の出勤を求められますが、パート・アルバイトの職員は免除してくれる事もあります。

子どもを育てながら保育士の仕事をしていると、仕事柄どうしても子どもの行事と自分の職場の行事の日程がかぶってしまう事も多いです。

その点、パート・アルバイト職員だと比較的スムーズにお休みをいただくことができます。

日常の仕事内容はほとんど差がなく、子どもを保育するのが仕事です。

正社員の人と協力して、クラス運営を行い、必要であればその都度話し合いを設けたり、保護者と面談をしたりと、子どものためによりよい環境を作っていけるようにしていきます。

それぞれに求められるスキルは?

パート・アルバイト職員はフリーとして仕事に入ることが多いです。

各クラスによって生活のリズムも違うので、日々同じルーティンではこなすことができません。

子どもの人数が多ければその分名前を覚えることも大変ですし、子ども一人一人の性格を知ることも難しいでしょう。

臨機応変に動き、正社員である担任が保育しやすいように補佐に回るスキルも求められます。

収入面は?

保育士の正社員とパート・アルバイトでは収入面でどのくらいの差があるのでしょうか。

正社員

正社員は月給制なので毎月必ずお給料がもらえます。

基本給と手当から成り立っており、保育士は資格手当や処遇改善手当といった手当を多くもらう事が多いです。

福利厚生もしっかりしており、社会保険も完備されています。

正社員の給料は初任給でおよそ18万前後であり、他の職種とあまり差はありません。

ただ、昇給することが少なく、役職も少ないので給料アップを望むのは厳しいのが現実です。

同じ園で何年も務めるよりも、他の園に転職して給料アップを目指す方が早いといわれています。

パート・アルバイト

パート・アルバイトの職員は時給制なので、働いた時間分お給料をもらうことができます。

園によっては早番手当や遅番手当があり、一定の時間内は+100円~400円の手当がつく場合があります。

正社員とは違い、朝だけ、夕方だけといった短時間の勤務ができるのも魅力ですね。

パート・アルバイトの職員が正社員と同じようにフルタイムで働くと、正社員より若干少ない程度のお給料になりますが、正社員より休みがとりやすいので子育てをしている方が働きやすい勤務形態といえます。

正社員とパート・アルバイト、それぞれのメリットとデメリット

雇用形態によって様々なメリット・デメリットがあります。

いったいどのようなものがあるのか簡単に説明していきたいと思います。

メリット

正社員

クラス運営を任されるので子どもに関わる部分を自分で決めることができます。

特に幼児クラスは一人担任で行う事も多く、クラスの壁面装飾や製作といった部分まで自分で好きなように行う事ができます。

給料も良く、福利厚生もしっかりしており、産休や育児休暇などの制度も取得することができます。

園によっては時間短縮勤務なども行われており、子どもが生まれてからも働きやすい環境をつくれるように努力している施設がたくさんあります。

パート・アルバイト

あくまでも正社員の補佐という立場で仕事をすることが多いので、責任ある仕事を任されないことをメリットと考える人もいるでしょう。

持ち帰って行うような仕事はほとんどなく、定時で上がることができ、オンとオフの切り替えをつけやすいのが魅力です。

最近ではパート・アルバイトの職員にも寸志として賞与を出す施設も増えてきています。

配偶者がいるのであれば扶養内で働くことができます。

また、正社員に比べると休みを取りやすいので、長期休みを取って旅行に出かけたり、子どもの行事で休んだりといったこともしやすいです。

デメリット

正社員

正社員はほとんどの仕事を任されているので、持ち帰りの仕事も多くなってきます。

事務書類などは子どもが寝ているお昼寝の時間内に行う事がおおいのですが、会議が入ってしまったり他の用事でできないことが続くと、家に持ち帰って仕事をしなければならない場面もでてきます。

また、担任である以上自分の代わりがいないという使命感からか平日に休みがとりにくく、長期休みを取得することが難しいです。

3連休と合わせて4~5連休といった休みはとれる事が多いものの、1週間といった長い休みを取ることは厳しいでしょう。

パート・アルバイト

時給制のため、働く時間が少なければその分もらえるお給料は少なくなります。

働いたお金で生計を立てていくのであると、月によって給料の額が違ってくるので安定した生活を送るのは厳しいです。

冬場の感染症が流行る季節や、夏休み近くになると子どもの人数が少なくなり、保育士の人でも足りてくるので「明日休んで大丈夫です」といわれることもパート・アルバイトの職員に多いです。

また、責任ある仕事を任されることは少ないので、やりがいを感じにくいこともあります。

保育士としてもっとスキルアップをしたいと考えるのであれば、パート・アルバイトよりも正社員として働く方がいいでしょう。

まとめ

正社員とパート・アルバイトは業務内容にほとんど差はないものの、書類の面ややりがいといったところで差が出てきます。

自分がどちらの方が向いているのか、ライフスタイルや環境に合わせて選択していけるといいですね。


関連キーワード

保育士求人