子どもが好きだから保育士になりたい!

そんな夢を持つ人も多いのではないでしょうか?

保育士の仕事といえば、子どもたちと一緒に遊んだりお世話したり…なんてイメージを持つ人も多いかと思います。

しかし、保育士の仕事はただ子どもたちと遊んだりお世話したりするだけではありません。

子供一人一人に寄り添い、心身ともに健やかに成長できるようカリキュラムを立て日々実践しています。

今回は元保育士の私が保育士の業務内容についてお教えします。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士の役割とは?

保育士の役割1:園児が基本的な生活習慣を身につけられるようにする

保育士は「子どものお世話をする」というイメージがありますが、ただお世話をしているのではありません。

子どもたちの年齢や発達に応じて、身の回りのことを一緒にしたり、子どもが一人でできるように見守ったりして、子ども自身が基本的な生活習慣を身につけられるようにしているのです。

食事や排泄、着脱、手洗いうがいといった清潔など、様々な生活習慣について、子ども一人一人の発達に合わせて援助しています。

乳児の場合は特に個人差が大きいので、一人一人の発達やそれに合わせた保育目標を記録していく「個別指導案」などを立てる場合も多いです。

例えば、「Aちゃんは最近ズボンを自分で脱げるようになったから、次は保育士が手伝いながらズボンをはけるようにしていこう」「Bちゃんは自分でズボンをはこうとする姿があるから、保育士は見守りながら必要な時だけさりげなく手伝っていこう」などよいうように、AちゃんとBちゃんではペースが少し違い、それに伴う保育士の援助方法も変わってきます。

保育士はただただお世話するだけでなく、一人一人をしっかりと見ながらその子に合った援助を考え行っているのです。

保育士の役割2:園児の健康管理

子どもたちの命を預かる保育士にとって、子どもたちの健康管理は欠かせません。

毎朝の保護者とのやりとりや視診や触診から、子どもたちに変わったところはないかを見ています。

少しでも体調に変化がある場合は検温したり、場合によっては保護者に連絡を取ったりして毎日の健康管理をしています。

現代はアレルギーを持つ子が多くいたり、身体や発達に障害がある子もいます。

風邪や発熱などの体調変化だけではなく、アレルギーに気をつけたり障害特有の体調変化などにも気をつける必要があります。

保育士は複数の子どもたちを見ながら、一人一人の体調に気を配っているのです。

保育士の役割3:園での集団生活を通し、社会性を身につけられるようにする

保育園は、子どもが初めて「集団生活」を経験する場です。

集団生活の中で過ごしながら、子どもたちが社会性を身につけていけるようにするのも、保育士の役割の一つです。

子どもたちはお家でお母さんと1対1で過ごすのとは違う経験を多くします。

たくさんの友だちと過ごす中で気持ちがぶつかって喧嘩になることもあります。

先生の話を聞く時間やみんなと同じ活動をする時間に、自分だけ違うことがしたくなるときもあります。

保育士はそんな子どもたちの思いを受け止めながら、発達や年齢に合わせて少しずつ、お友だちの気持ちに気づけるようにしたり、「自分のしたいことを思い切りする時間」と「少し我慢をする時間」のメリハリを付けていけるようにしたりと、集団生活で必要な力を知らせていくのです。

子どもたちは学校に行くまでに、遊びや生活の中ですでに集団の基礎を学んでいるのです。

保育士の役割4:年齢に合わせた遊びや活動で、発達を促す

保育士は毎日、子どもたちと一緒に行う活動や遊びを考えています。

0~6歳の子どもたちを見る保育士は、ただ子どもたちと遊ぶのではなく、それぞれの年齢に合った遊びや活動を取り入れることで、子どもたちが今伸ばすべき力を伸ばせるようにしているのです。

0歳の赤ちゃんであれば、運動神経の基礎になるハイハイをたくさんできる遊びを考えます。

走ったり跳ねたりできるようになる頃には沢山身体を動かせる活動を取り入れ、指先など細かな動きができるようになってくる頃にはハサミなどの道具を使った製作活動をしたりもします。

一見ただ子どもたちと遊んでいるだけに見える保育士ですが、その裏では常に子どもたちの発達を考えているのです。

保育士の役割5:保護者の子育てを支援する

子どものことだけではなく、保護者との関わりも保育士にとってはとても大切な仕事です。

行事や懇談会などの場だけでなく、毎日の送迎時やおたより帳のやり取りなどで保護者のサポートもしています。

子育てに悩む保護者は多いので、そんな保護者の気持ちに寄り添い、悩みを聞いたり保育の専門家としてアドバイスをしたり、保育園での子どもの成長した姿を伝えることで保護者が安心できるようにします。

核家族が多い今の時代ならではの、保育士の重要な役割です。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士の具体的な仕事内容とは?

仕事の流れ

朝礼

朝出勤したらまず、朝礼で全職員で子どもや保護者の情報を共有します。

子どもたちの受け入れ

朝は保護者との別れができず泣いてしまう子もいます。

子どもたちが安心して登園できるよう、保育士は毎朝笑顔で子どもたちを迎えます。

また、この時間に保護者と子どもの体調た様子などを聞き、触診を行います。

クラスでの活動

子どもたちの様子や天候などに合わせた活動を行います。

園外の散歩や、園庭遊び、製作活動、音楽活動…子どもたちの発達や季節に合わせて行う活動は様々あります。

また、給食の時間は一緒に食べたり食事の介助を行いながら、子どもたちに食べることの楽しさや美味しさ、食事のマナーを伝えていく「食育」に関わります。

乳児や年齢によっては幼児もお昼寝をします。

おたより帳の記入

子どもたちのお昼寝の時間を使って、保護者に向けてその日の子どもの様子などを伝えるおたよりを書きます。

午後の活動

お昼寝から起床後、おやつを食べたりお迎えの時間まで自由に遊んだりします。

保護者がお迎えに来た子から順に保護者に子どもの1日の様子を伝え見送ります。

事務仕事をする

保育の時間が終わった後は、その日の記録を書いたり事務仕事を行います。

また次の日の活動の準備や、行事の準備をします。

正社員、パート、派遣などの雇用形態が違うと、役割や仕事内容はどう変わってくる?

正社員とパート、派遣(臨時職員)ではそれぞれ役割が異なってきます。

正社員は朝から夕方まで、クラスの運営や園全体の運営を中心となって行います。

派遣(臨時職員)も働く時間帯や勤務時間の長さは正社員とほとんど同じですが、主に乳児クラスなどの複数担任クラスで、サブとして正社員の先生と一緒に業務を行っていくことが多いです。

パートは一日のうち決まった時間帯にクラスに入り、担任(正社員)の補助として働きます。

担任がクラス全体の活動を進めていく中で、活動の準備をしたり困っている子を助けたり、障がいを持った子がいればその子についたりします。

保育士の仕事にやりがいを感じるとき

保育士がやりがいを感じる瞬間は、やはり子どもの成長を見ることができたときです。

子どもたちの成長のために活動を考えたり子ども一人一人と関わったり、そんな毎日の中で保育士自身も悩んだりつまずいたりすることもありますが、子どもたちの成長を感じたときにはじめて「やってきてよかった」と思うことができます。

そのときの嬉しさや達成感は保育士しか感じられない特別なものです。

また、小さなときから関わってきた子ども達が無事に卒園して小学校へ上がっていく姿を見るときは、まるでわが子のように感じ、涙なしではいられません。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士の仕事は大変だなと感じるとき

当たり前ですが子どもたちには一人一人個性があります。

子どもとの関わりは教科書通りにはいきません。

どんなに一生懸命活動や援助方法を考えて実践しても、上手くいかないことや成果が出ないことはたくさんあります。

上手くいったと思うことの方が少ないくらいです。

そうやって試行錯誤しながら、子どもたちとの関わり方や活動内容を考えていくのは本当に大変なことですが、その分できたときの達成感があるのです。

まとめ

いかがでしたか?

保育士の仕事は大変なことも多いですが、楽しいことややりがいのあることも多くあります。

保育士の仕事内容に少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

ぜひ、保育士になって子どもたちと楽しい毎日を過ごしてくださいね。


関連キーワード

保育士仕事

保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士さん。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という話も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいもらっているのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり、求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトもたくさんあります。ここでは、メジャーなサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのか考えていきたいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、たくさんの求人情報サイトがヒットします。昨今、保育業界は人手不足で、求人もたくさんでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探していいのか迷ってしまうことも。また、登録をしないと

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は、園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見比べてみると良いでしょう。最近では、認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や、病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有者の求人募集がされていることもあり、働くことができる

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!でも、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万~19万円が相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2~3万程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1~3年目での転職であれば初任給程の給与、30~40代のベテラン保育士であれば、園にも

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や、保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで、わかりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は2つあります。大学・短大・

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の1つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおよそ4500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での、年収や雇用形態、勤務形態など、よくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は350万~370万円程です。月収の平均は25万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人もたくさんいます。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質をあげる方法を紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料はメディアでも騒がれていたように決して高くありません。初年度はほかの職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく、長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても新卒の給料とほとんど変わらないなんていう事もあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば、副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事


保育士仕事に関するコラム

保育士の仕事がきついと感じる4個の瞬間。経験者が解説します

皆さん幼いころ、幼稚園や保育園の先生に憧れたことはありませんか?または「先生が大好きだった」という思い出をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか?将来なりたいお仕事ランキングでも数多くランクインしている『保育士』、本当に素敵なお仕事だと思います。子どもたちに囲まれ、毎日楽しそうだなと感じる場面に沢山遭遇してきました。しかし憧れる反面、「保育士は大変だ」と耳にすることもあるかと思います。どんなに好きなお仕事でも、大変だと感じること、きついなと感じることはあるかと思います。そしてその大変さは業務によって様々ですよね。現在保育士になろうかお考えの方、または保育士のお仕事に興味を持たれている方は

保育士の仕事で大変なこと8選。それでも私が感じるやりがいとは?

もう何十年も、女の子のなりたい職業にランクインしている保育士さん。かわいい子どもたちと楽しく過ごしているような良いイメージがあります。また、求人が多く、資格があれば全国で働けるなどメリットの多いお仕事に思えます。しかし、実際に勤務するとなると、楽しいだけではないというのが現実です。保育士の仕事内容や、大変な面について詳しく解説します。保育士のおおまかな仕事内容とは?保育士は、主に保育園に勤務して子どもたちの日常生活を支えるお仕事です。勤務先としては保育園(保育所)が一般的ですが、実は保育士の資格があることで様々な選択肢が広がります。例えば、企業内の託児所、乳児院、児童養護施設、障碍者施設、病院