保育士不足と言われている現在、保育士の確保は深刻な問題となっております。

しかし、保育士を雇ってもすぐに辞めてしまっては意味がありません。

できるだけ長く勤めてくれる良い人材を採用したいところです。

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?

基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。

簡単に分けると、3つのポジションです。

  • ①現場スタッフ
  • ②園長候補、リーダークラス
  • ③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)

任せる仕事内容は園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見てみると良いでしょう。

最近では認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有者の求人募集がされていることもあり、働くことができる場所がかなり多様化してきています。

保育士の大まかな仕事内容

  • ①園児の身のまわりの世話(遊びの環境構成、トイレトレーニング、食事の補助、散歩の付き添い、午睡のフォロー)
  • ②一人一人の園児の成長状況の記録及び保育指導案の作成(経過記録、週案、月案と呼ばれています)
  • ③保護者とのコミュニケーション(送迎時に子どもの様子を伝えるなど)
  • ④季節ごとのイベントに行う企画作り
  • ⑤壁面などの製作作業

大きく分けると、この5つに分類されるかと思います。

保育士の採用で気を付けていること

特に、募集内容を求人広告として掲載するときに、掲載する保育園側としての注意点についてまとめていきます。

在籍している職員の協力を得る

採用活動をするときは、なるべく組織をあげて取り組むようにしましょう。

最近リファーラル採用といって、人づての紹介を推進する採用手法も多くなりつつあります。

保育園でも既に取り組んでいるところは多いと思いますが、職員が人となりを知っているほうが自園に合うかどうかも分かりやすいと思いますので、新規職員を採用する場合は職員の協力を仰ぐのも一つの方法です。

過大広告にならないようにする

これは、保育士の求人に限らず広告全てに当てはまることです。

求職者はかなりシビアな目で求人内容を検索していきます。

ですので、大げさな表現や過大広告にならないように意識し、事実をありのまま詳細にしておくことが必要です。

例えば、あると期待していた福利厚生などの制度が入所したらなかったなどということは早期離職にも繋がりかねませんので、充分に注意して記載するべきです。

自社の保育園のいいところを、現場から徹底的にヒアリングする

これは、採用活動を始める上でも非常に重要な要素です。

求人広告を作成する担当者が、当たり障りのない原稿を作って掲載しても見向きもされません。

現場をよく知っている保育士さんは、かなり細かいことにも気づいているはずです。

どんな細かいことでも良いので、自社の良いところや働くメリットを一旦洗いざらい原稿用の素材として出しておくと良いでしょう。

転職理由の本音は、面接の最初に聞いてしまう

なぜ前職を辞めたのか?

新しい職場には何を求めているのかは、面接の早い段階で聞いておいたほうが良いです。

これも、入社後のギャップを生まないようにするため必要な情報収集です。

自社の欠点もできる限り、包み隠さず広告に記載する

保育士が退職する理由として、よく職場の人間関係や労働環境が挙げられます。

多くの人が資格はあるのに働かない潜在保育士になってしまい、再び同じ職種で転職しないケースも多々見受けられます。

保育士としての復職を考えている人はかなり慎重に仕事を探しているので、実態を正確に記したほうが誠実な保育園として評価されることが多くなります。

面接のときに懸念点・不明点や、他の園の選考の状況をよく聞いておく

面接のときに、自社の良いところばかり話してしまうのはありがちなことです。

園のことを説明した後は、実際にどう思うか、志望度や疑問点、不安に思うことなどを確かめた方が良いです。

小さなことでも気になる点を残したまま入所してしまうと思わぬところに落とし穴があったりするので、お互いのためになりません。

安易に求人媒体や、人材紹介を使わない

使ってはいけないということではないですが、採用活動を業者任せにしているといつまで経っても採用力がつきませんので、できる限り自力で進めていくことをおすすめします。

まず求人媒体についてですが、それ相応の費用がかかりますので、営業電話がかかってきても簡単に話に乗らないようにしましょう。

私も求人広告の営業としての経験があるので分かりますが、基本的にメリットばかりを話してデメリットを語る営業担当は少ないので、実際に掲載をしてみて全然応募がないということもかなりあります。

掲載することは有効な手段であることは間違いないですが、慎重に情報収集を行いましょう。

デメリットを早い段階で伝えてくれる営業マンは、誠実な担当者と判断して良いでしょう。

続いて人材紹介会社です。

人材紹介会社は少しでも良い条件で転職したい、または予め情報収集をした上で、選考に進みたいと考えている求職者が利用します。

給与の決定などは人材紹介会社と行うことになりますので、交渉がつきものです。

人材紹介会社も営利企業ですから、少しでも良い条件を引き出そうと一生懸命です。

好条件を引き出すために他にも選考企業があることを伝えてくる紹介会社もあると思いますが、できないものはできないと毅然とした態度で突っぱねることも大事です。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士が求められていることとは?

具体的に、保育の現場では何が求められているのでしょうか。

いくつかの要素に分けて見ていきます。

ゴール(園の保育理念や目標)を意識して仕事をすること

毎日の仕事に没入して忙殺されてしまうと、ついつい子どもたちのフォローもおろそかになり、時間をやり過ごせば良いと投げやりな態度になってしまう保育士も少なくない業界です。

それでも、目標はあくまでも子どもたちの健やかな成長ということになりますので、保育園の保育理念や目標、方針と照らし合わせて現状どうなっているか、達成できているかという視点は常に持っていることが大切です。

一人一人の子どもに目を配り、状態をつぶさに観察すること

これが、一番大変かもしれません。

保護者の皆様は、日々子どもがどんな環境でどんな風に生活をしているのかを常に気にしています。

そうすると子どもに関する情報を得る場合は、送り迎えの時の先生とのコミュニケーションに限られてきます。

実は専門雑誌が行うアンケート結果などを見ると、この送迎時のコミュニケーションに不満を持っている保護者もかなり多いことが分かります。

保育士が子どもについての様子を詳しく話してくれないことがその主な要因です。

逆に言えば、毎日少しずつでも丁寧に保護者とコミュニケーションをとっていけば、信頼関係を築くことができ良好な関係を保っていくことができます。

また、子どもと遊んでいると思われがちな保育士の仕事ですが、プロの腕の見せどころは複数人の子どもを同時に観察していって記録しアウトプットする、このあたりにあります。

保護者との円滑なコミュニケーション

前項の続きになりますが、保育園や保育士に求めるものという質問をぶつけると、意外と上位に挙がってくるのが子どもの様子を丁寧に聞けることというのはすでに書きました。

当たり前のことを当たり前にやってほしいと望む保護者が多いことが分かります。

逆に、保育園への不満としてよく声が上がるのが、若手保育士が頼りなくて子どもの様子もよく分からないし相談もできないというものです。

前の項目でも書いていますが、子どもの様子を日々観察して保護者と丁寧なコミュニケーションを重ねていくことは、保育士の仕事の中でもかなり優先度の高いものと言えます。

毎日のちょっとした変化を保護者にお伝えするだけで、「この先生は自分の子どもをきちんと見てくれている」と感じ、信頼関係が築けます。

気働きについて

最近は男性の保育士も増えてきましたが、それでもまだまだ女性中心の組織です。

女性は非常に細やかな感性を持っている人も多いので、小さな点にもよく気がつきます。

逆に悪い方向に働くと、人の欠点や粗が必要以上に気になったりしてしまうものです。

職員同士上手くコミュニケーションをとっていく場合はがちがちの縦の組織にする必要はまったくありませんが、後輩の職員の人たちはできる限り気働きを見せて先輩を楽にしてあげるという気構えでいると、人間関係が非常に楽になります。

「助けてあげたのに、感謝されていない」

「なぜあの子は気づかないのか?」

少し生々しいセリフを例に挙げましたが、日々の小さなことで人の評価は決まったりします。

子どもや保護者に最注力しながらも、職員同士の関係にも目を配る。

非常に神経を遣いますが、円滑な組織運営には必要なスキルです。

保育士で採用される人の特徴は?

このパートでは、どんな人が採用されやすいかを解説していきます。

簡単にまとめると、子どもと保護者に好かれそうな人というのが一つの基準となります。

明るくて真面目な人

いきなり身も蓋もないですが、保育士は子どもに好かれ保護者に信頼される人でないといけません。

ですので、面接をする園長や責任者も人と和を取れるか、コミュニケーションがきちんとしているかを一番見ていると思います。

子どもが好きなこと

まず大前提として、子どもが好きであることが重要です。

保育士の仕事は、子どものリーダーとして子どもたちに様々な行動や活動を促していくことなので、まず子どもたちに好かれていないと成り立ちません。

子どもたちに好かれるためには、大人から心を開いていくことも必要です。

また、子どもというのは大人以上にシビアな目線を持っており、自分にとってプラスな存在かマイナスな存在かを瞬時に見分けています。

子どもの心を開いていくためにはまずは自分から、という保育士の心がけはとても大切なものです。

世話好きな人

これも結構重要な要素です。

保育士は、自分よりも他人が気になる、人を助けたい、という相手を想う気持ちで成り立っている仕事です。

子どもより自分、保護者よりも自分優先という人だと仕事をしていて行き詰る場面が多々出てきてしまうでしょう。

例えば、なぜ子どもは言うことを聞かないのか?

なぜ保護者や同僚は分かってくれないのか?

と他責になり、どんどん苦しくなります。

ですので、そもそも世話焼きで人に何かしてあげたいという人のほうが向いています。

自分を差し置いて、人のために働ける人は適性が高いと言えます。

また、人のために行動を起こせる人のほうが周囲をよく観察しているので、その点でも向いていると言えるでしょう。

視野の広い人、又はきっちり周囲を見渡せる人

あくまで一つの例えですが、保育士の仕事はボディガードやサッカーの審判員にも近いところがあります。

子どもに関しては次の行動が読めないところがありますから、常に気をつけておかないといけません。

子どもが10人以上同じ部屋にいれば、危ない場面や子供同士の衝突など様々なことが発生します。

その際に、常に全体に目を配りケアしていくことは、スムーズな運営を行っていく上で非常に重要です。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士の募集で良い求人を探すための方法

ここからは、求人を選ぶ求職者の目線で、実際に自分に合った求人を探す際にどんな点に注意すれば良いのかを書いていきます。

1.求める人物像で探す

求人広告や採用情報に記載していない保育園も多いと思いますが、どんな人が求められている保育園なのかはチェックしておいたほうが良いです。

逆に言うと、ここを丁寧に書いている保育園はミスマッチを防ごうと努力している保育園だということもできます。

2.保育理念、保育目標で探す

基本的に園長や副園長等の責任者は、自社の保育理念や目標をとても大切にしております。

これは施設ごとに考え方が異なりますので、何が正解で何が不正解ということはありません。

ですので、ホームページや評判をネットで調べるなどして、どんな考えで保育を行っているのかしっかり理解をした上で応募を検討したほうが無難です。

3.決算資料から探す

これはあまり馴染みがない人も多いかもしれません。

私が元々ビジネスの世界に身を置いていたので、おすすめの方法として紹介します。

社会福祉法人や認可保育園は決算や役員の情報を開示しているケースが多いです。

その際に、赤字決算になっていないか、売上に対する人件費率は何%程度かは、重要な指標になります。

まず赤字決算についてですが、現在は認可保育園の約15%程度が赤字経営と言われています。

つまりその年の売上よりもかかった費用の多いという状態で、あまり健康的な状態とは言えません。

経営状態に余裕がない場合現場にしわよせが行くケースも多々あるので、一つの観点として持っておいたほうがう良いです。

また人件費率ですが、保育園の場合、売上に対する人件費率は70%程度のところが多いです。

これを大きく下回る場合は従業員に還元していない可能性もあるので、一つの指標として押さえておいても良いでしょう。

ただ自分に合う保育園を探すためには、自分が働きやすいと実感できるかが一番大事だと思います。

4.実際に見学に行ってみる

一度電話を掛けてみて、見学の依頼をしてみると園の様子が目で見て分かるかもしれません。

まず電話応対はどうか、快く見学を受け入れてくれるか。

 

続いて、実際に見に行ってみて働く職員の様子はどうか、子どもたちはイキイキしているか。

実際の現場を見てみると、思わぬ発見があるものです。

転職活動をする人には、ぜひおすすめしたい手法です。

他にもある!保育士の募集で自分にあった求人を探すコツ!

求人広告を見るときや企業情報をチェックするときのポイントを紹介しておきます。

雇用形態から探す

自分が正社員として働きたいのか、それとも時間の融通が利きやすいパートや派遣で働きたいのかはよく考えておきましょう。

どんな目的で働きたいかによって、選択すべき雇用形態は変わってきます。

  • 正社員:長期的なキャリアアップを目指し、責任の伴う仕事をしたい場合
  • パート:配偶者の扶養内で働く、またはフルタイムではなく、時間に柔軟性を持たせて働きたい場合
  • 派遣:経験も豊富にあり給料は欲しいけど、一つの職場に留まりたくない人

会社の業態から考える

認可保育園の場合、社会福祉法人か株式会社が運営していることが多いです。

社会福祉法人は家族経営のところが多いので、経営陣との相性は見極めたほうが良いかもしれません。

株式会社は拠点展開していたり株式を上場している企業もありますので、情報は得やすいです。

給与や雇用条件から考える

ついつい高い基本給や時給に目を奪われがちですが、いざ入社してみたら思っていたのと違ったなんてこともあるかもしれません。

厚生労働省が平成28年に提出している資料に寄れば、平均年収は223万円となっています。

首都圏等で条件の良い場合もありますが、大幅に上回っている場合には注意が必要かもしれません。

エリアから考える

これは、自分の好きな場所や馴染みのあるところで働いたほうが良いと思います。

国を挙げて処遇の改善に取り組んでいる上、自治体独自の施策を行っているところもありますが、あまり土地勘や縁のないところで働くというのはおすすめできません。

ネットの口コミ情報を確認してみる

「保育園名 評判」などで検索をすると、実際に子どもを通わせている保護者の口コミが見れたりします。

本音が赤裸々に語られているケースが多いので、働く側としても参考になる情報が多いと思います。

選考に進むかどうかの一つの指標にしても良いかもしれません。

これから保育士になるため人のために!保育士になるにはどうしたらいい?

保育士資格を取得するためのルートをご紹介します。

保育士として就職するために

全国保育士養成協議会に寄れば、以下の二つのルートがあります。

  • ①都道府県知事の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する
  • ②保育士試験に合格する

資格は必要?

保育士資格が必要になります。

取得するためには、上記に挙げた二つのルートの内一つを選ぶ必要があります。

自力で保育士試験を受ける場合は、独学で勉強をすることになります。

保育士資格試験は4月と10月の年二回あります。

合格科目は3年間有効になるので、3年間で全科目合格を合格すれば資格がもらえます。

おすすめの方法は、資格取得支援をしている企業の通信講座などに申し込むやり方です。

勉強の計画や配分をするのが苦手な人は頼ってみるのも、一つの手だと思います。

必要なスキルや経験は?

これはシンプルに一つにまとめると、「他人のために働くことができる」というスキルに集約されます。

保育士の仕事は、子どもの成長のために日々を伴走していき、その記録をきっちりとっていく仕事です。

つまりは、常に相手があってこそ成り立つ仕事です。

具体的には、日常生活の手助けをしながら一緒に遊んだり指導したりしていくわけです。

自分本位な人だと自分のために行動してしまうので、つい他人へのまなざしが雑になってしまうことがあります。

大変ではありますが、常に他人を優先しながら行動できる人は高い適性を持っていると言えるでしょう。

そういう意味では、営業職や接客業など相手の立場に立ってサービスを提供する仕事に就いている方は、保育士の適性も高いと言えるかもしれません。

子どもの健やかな成長を目指す、またその実現に向けて伴走するという意味では、保育士は究極のサービス業と言えるかもしれません。

もっと詳しく保育士のなり方について知りたい人は、こちらを参考に

まとめ

採用活動として注意する点をまとめると、以下の三点に集約されます。

  • ①嘘をつかずに誠実に求人情報を提供する
  • ②自分の保育園の良いところを客観的に把握する
  • ③安易にお金をかけない=業者任せにしない

採用される人の特徴については、繰り返しになりますが、子どもが好きで周囲を冷静に見渡しながら気を遣える人ということになるかと思います。

誰にでもできるという声もありますが、その人にしかできない保育があることも事実です。

まだまだ処遇面での改善の余地は沢山ありますが、生涯やりがいを持って働ける仕事であることは間違いないでしょう。


関連キーワード

保育士求人

保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という噂も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいなのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の給与の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた施設のことです。

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトも沢山あります。ここでは、大手のサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのかご紹介したいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、沢山の求人情報サイトがヒットします。共働きの子育て家庭が増えていることから、保育業界は人手不足で求人も数多くでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探したら良いのか迷ってしまうことも。また

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!けれども、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の保育士の給料相場初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万円~17万円が月給の相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2万円~3万円程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合の保育士の給料相場転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1年~3年目での転職であれば初任

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。この記事では、そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで分かりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は二つあります。大

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の一つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおおよそ4,500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での年収や雇用形態、勤務形態などよくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は431万円程です。月収の平均は27万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万円で、私立

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人は沢山います。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質を上げる方法をご紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料は、メディアでも騒がれていたように決して高くはありません。初年度は他の職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても、新卒の給料とほとんど変わらないなんていうこともあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事

保育士正社員の求人を選ぶ前に!パート・アルバイトとの違いや比べた時のメリット・デメリットを解説します

仕事を探す際に、正社員で働きたいと思う方は多いと思います。保育士求人にも正社員を募集するものが数多くありますが、正社員とパート・アルバイトでは何が違うのでしょうか。今回は、その違いやメリット・デメリットなどを解説します!保育士のパートやアルバイトは正社員とどう違う?保育士の仕事は、正社員以外にもパート職員や派遣社員等雇用形態が様々です。正社員とパートやアルバイトではどのような違いがあるのでしょうか。仕事の量や責任の度合いは変わる?正社員とパート・アルバイトの職員で比べると、仕事の量や責任の度合いには差があります。仕事量でいうと、任される書類はパート・アルバイトの方が圧倒的に少ないです。日々の保