働く親が増え、保育園が急増している一方で、保育士不足は常に深刻な問題となっています。

ブラックな職場は、ただでさえ足りていない保育士の働く意欲を奪い、潜在保育士を生み出す巣窟となりかねません。

この記事では、ブラックな保育士の職場の特徴や見分け方などをおさえ、ホワイトな良い職場にめぐり合うためのポイントをまとめました。

保育士の職場はブラック?ホワイト?

保育士と聞くと、子どもと楽しそうに遊んでいる姿が思い浮かびますが、客観的に見て、まだまだブラックな職場があるのが現状です。

そもそも保育園の始まりは、社会福祉の考えにより慈善事業から始まったもので、要因は他にもあるものの「命を預かる職場なのに給料が安い」というのは、一般にも知られています。

政府は保育士の月収を「女性の」平均月収に追いつけるよう、一人当たり4万円の月収アップを見込んだ処遇改善の策を講じています。

しかし目指したところは「男性の」平均月収ではなく、あくまで「女性の」平均月収です。

そのことから、男性が保育士を目指さなくなるのは当然ですし、社会全体として保育士の職場は、そもそも少しブラック寄りなのではないかと考えられます。

そのような中で、保育園や企業の努力によって、保育士の労働環境を整えようとする職場もあれば、反対に努力をしないで、益々ブラックな職場になってしまっているところも、残念ながら多くあります。

そうした保育園や企業ごとのソフト面によるブラックな職場、ホワイトな職場に関してお伝えしていきます。

保育士でブラックだと思う職場の特徴

なぜブラックな職場が生まれてしまうのでしょうか。

古い習慣からブラックな体質を引きずってしまっている職場や、保育園の増設に伴い、保育をあまり分かっていない企業が保育園の運営に参入し、保育の質や労働環境を保てない職場など、理由は様々です。

それらの特徴を見ていきましょう。

職場の不満やストレスで子どもに当たり散らす

保育士が子どもを怒鳴りつけ当たるのは、最もブラックな保育園の特徴といえます。

子どもの最善の利益を考えなければならない保育施設において、大人の都合で子ども達にストレスを与えることは、あってはいけないことです。

しかし悲しいことに、このような理由で子ども達に当たってしまう保育園もあるのです。

それを見ている他の職員も、日常化しているか、人間関係がこじれるのを恐れてか、注意ができないのです。

先輩が帰るまで帰れない

保育の仕事は通常、早番・遅番などのシフト制になっています。

自分は早番なのに先輩より先に帰ることが許されず、先輩が帰るまでは上がれない事があります。

中には早番の度に遅番の時間帯まで仕事を手伝い、1日3~4時間程サービス残業をしていたという話もあります。

最近は保育士不足により、そのような体質の保育園も見直されていますが、まだ完全には無くなってはいません。

とにかく人間関係が最悪

日ごろのストレスから休憩中に井戸端会議が始まり、職員室が悪口の温床になっているケースもあります。

また保育の常識も年々変わってきているにも関わらず、新しい考えを煙たがる保育士もおり、より良い物を提案しようとすると「面白くない」という態度で接してくることがあり、最悪なケースではそれがいじめ・いびりにまで発展してしまいます。

サービス残業が定着している

行事の準備等、通常も忙しい仕事なのに加えて、一時的にさらに業務が増える時期があります。

もちろん時間内で仕事は終わらず残業をするのですが、「前からそうだったから」と言って、残業をつけさせてくれない職場があります。

そのような職場ではサービス残業が文化になっており、働いても働いても給料に反映されないという事態が発生します。

当たり前にあるものが無い

もともと保育とは関係ない会社の経営者が、保育園新設の補助金制度を利用して保育事業に参入し、運営し始めるというケースがあります。

保育事業に手を出し、保育園を立ち上げたはいいのですが、その際に明らかな準備不足で、現場の保育士に混乱をきたすという保育園も珍しくありません。

経営者が、保育園の運営に具体的に何が必要か分かっていないままスタートしてしまったり、中には「事故やアレルギーの対応、災害時のマニュアルがない」「明日から開園するのに、明日園児が食べる給食の献立表がない」しまいには開園ぎりぎりまで「保育理念や方針がない」という保育園もありました。

年間休日日数が多いが残業も多い

これは一概にブラックな保育園とは限りませんが、週休3日制を謳っている保育園などでは、職員数が余程多くない限り、残業が多いと言っていいでしょう。

「保育士1人につき子ども○人」という基準は、どこの保育園でも同一です。

休みが増えれば、開園時間の長い私立園では特に、出勤している職員の残業時間が多くなることは予想できます。

「それでも休みが多い方がいい」という方もいると思うのですが、体力的にキツイと感じる方にはおすすめしません。

保育士でホワイトな職場の5個の特徴

ここまでブラックな面をいくつか挙げてきましたが、保育の職場はブラックなことばかりではありません。

最近は研修の制度がしっかりしており、保育士としてのスキルアップが図れたり、自分の特技を活かして自己実現の場として活躍できる保育園も多いです。

挨拶が元気でしっかりしている

生き生きとした笑顔で挨拶が飛び交う職場は気持ちの良いものです。

基本的な事ですが、挨拶が明るくしっかりしている保育園は、ホワイトな職場が多いと言えます。

反対に、挨拶してもそっけない態度だったり、忙しそうな雰囲気を出して挨拶が返って来ない場合は、常に人数が少なく保育士が疲弊していたり、コミュニケーションが上手く取れていない可能性があります。

来客訪問時でも、職員同士でも、挨拶がきちんとされているか注目してください。

離職率が低い

保育士は公立園と私立園では差があるものの、離職率の高い職業の1つです。

5年もいればベテランと呼ばれてしまうような保育園も少なくありません。

ハードに体を動かすことから、結婚や出産を機に辞めていく保育士も多いのです。

しかし保育士不足が深刻化する中で、特に私立園では、福利厚生や研修制度の充実など、離職率を下げようと努力している保育園も多くなってきました。

福利厚生については、年々充実していく傾向にあるので注目されます。

職員同士のコミュニケーションが円滑

これは、安全に保育をするうえで必要不可欠なものです。

「慣れ合い」ではなく、保育のプロとしての情報や意見の交換が活発であったり、お互いを気遣うような言葉掛けが多い保育園では、質の良い保育がなされています。

それに伴って、子ども達や保護者とも良い関係が生まれ、仕事にやりがいを感じることができるでしょう。

またこのような環境の場合、新人への現場教育もしっかりされているケースも多く、新人のモチベーションも高まります。

残業があってもプライベートが充実する

どこの会社にも繁忙期があり、残業がつきものです。

保育園のトップがそれを理解して、残業代をしっかり出すのはもちろんですが、無駄な残業はさせないよう、園長や主任が仕事の配分を考え、一人の保育士が負担を抱え込まないように努力することも、ホワイトな保育園の特徴です。

残業の目処が立てば、次の予定も立てやすく、プライベートを充実させようという意欲が沸いてきます。

充実した生活を送ることで、保育士の生き生きとした表情が得られるのです。

「ママ保育士」を大切にしている

保育園としては負担もありますが、特に小さい子どものいるママ保育士、復職したママ保育士が活躍できる保育園は、ホワイトな職場といえます。

ママ保育士は、自らの経験から保護者の気持ちにより寄り添うことができ、保護者からも頼りにされる存在です。

ホワイトな職場では、トップがその価値にいち早く気づくことで、上手く人材の活用ができるのです。

しかしママ保育士は、復職してからも子どもの行事や病気によって遅刻・早退が多くなってしまいます。

とくに体の弱いお子さんだったりすると、せっかく復職したのに休んでばかりでみんなに申し訳ない、と思いつめてしまい辞めてしまうのです。

そうした過剰な「申し訳なさ」を和らげ、励みになるのが、同僚の協力体制です。

若い保育士も「みんな順番」という感覚が根付いている保育園では、ママ保育士に対して思いやりがあり、自分が妊娠出産の時も頑張って続けようと思え、離職率の低下につながるのです。

保育士でホワイトな職場を求人で見分けるには?

保育士として働く保育園は、自分に合っていてホワイトな職場を選びたいですよね。

特に私立園は、保育士不足により求人にも力を入れています。

たくさん情報がある中で、どのようにして良い園を選べばよいのでしょうか。

人材紹介会社のエージェントを通す

保育士の求人情報のサイトは多々あります。

条件を見て自分で応募しても良いのですが、少しでも第三者の意見を参考にしたいのなら、人材紹介のエージェントから個別に紹介してもらう方法があります。

自分の保育観であったり、条件を提示しながら、交渉してもらうことも可能です。

ただ、人材紹介の会社は紹介料をもらうことで利益を得ています。

エージェントが、紹介する園にきちんと足を運んで、その園のマイナスな面も話してくれるような紹介会社を選びましょう。

実際に保育士として働いている人に紹介してもらう

もし気になる保育園で知り合いが働いているのであれば、ぜひ話を聞いてみてください。

私立園などは特に、求人にかなりの費用を割いているので、お金をかけずに保育士を紹介してもらえるなんて、こんなありがたい話はありません。

そこで働かなかったとしても、他園の話を聞く事で幅広い視野を持つことができ、園ごとの違いに気づく事で、自分の理想の保育園をより具体的にイメージできるようになるため、その後の求人活動でも役に立ちます。

園見学を申し込む

自分の目で確かめる方法として、園見学がおすすめです。

紹介会社を通した場合は、気になる保育園の名前を挙げて、紹介会社で手配してもらえれば大丈夫です。

個人で就職活動をしている場合でも「求人サイトを見て気になりましたので、園の中を見せていただく機会はありますでしょうか」と電話をすれば、日程の調整をしてもらえるでしょう。

ボランティアとして潜入する

もし就職までの期間に少し余裕があるなら、保育園ごとにボランティアに参加するのも一つの方法です。

ボランティアのメリットとして、園見学よりも長い時間滞在できますので、働く保育士の表情や様子を間近でチェックしたり、ひょっとしたら保育士さんの不満やその園の良さ等も聞くことができるかもしれません。

保育士でホワイトな職場を面接で見分けるには?

保育園の情報を集め、実際に見に行き、いざ就職となる最後の見極めの機会が、採用面接になります。

園長や採用担当者と直に話を聞くチャンスになるので、遠慮なく聞きましょう。

職員の勤続年数を聞く

長く勤める職員について尋ねることで、職員の入れ替わりや産後に復帰しやすいかの目安になります。

ただし、できたばかりの保育園だと勤続年数は参考になりませんので、ご注意ください。

残業はない、という言葉の裏側

面接を受けるときに、保育士を獲得したいばかりに「残業はほぼありません」という事があります。

その言葉の裏にはもしかしたら「いくら残業しても残業代は出ない」という意味が隠れているかもしれません。

余程職員体制が潤っていない限り、行事等では必ず残業はつきものだと思っていた方がいいでしょう。

最近は、保育所保育指針の改定に伴い「子ども主体の保育」の考えから、行事を縮小する保育園も多くなっています。

その場合は、結果として保育士の残業時間が減る事もあるかもしれません。

行事の数と残業とを比較してみてください。

年間休日日数が多い保育園にも注意

週休3日など年間休日日数が多い園では、1日の労働時間が長い可能性が高いです。

もちろん、採用時に了承を得ている場合は全く問題はありません。

むしろその方がプライベートを充実できる、という考え方もできます。

就職した後で「こんなはずじゃなかった」という事にならないように、採用時には残業ありきでシフトが組まれていないか、きちんと事前に説明してもらいましょう。

課題についても話してくれる

誰しも自分のマイナスな面は話したくないものです。

しかし、良い事ばかり話して、あとから悪い部分が目に付くと、働く意欲も削がれてしまうかもしれません。

採用する保育士にも、きちんと課題を理解してもらい、その課題に正面から向き合ってもらう事が、より良い保育には不可欠です。

正直に課題についても話してくれる園は、中身もしっかりしています。

採用の際は「自分に期待されることは何なのか」を聞くと良いでしょう。

以上がブラックな保育士の職場、ホワイトな保育士の職場の見分け方になります。

まとめ

今は社会的な立場もまだまだ高いとはいえない保育士ですが、この数年でようやくその役割が注目され、確実にその地位は高まっており、これからも待遇面では期待の高まる職業です。

また、何といっても未来のある子ども達の成長を間近で見る事は、保育士という職業の最大のやりがいだと言えるでしょう。

保育士のブラックな職場が排除され、ホワイトな職場が増えることで、潜在保育士が復帰し、保育士になりたい人が増え、より質の高い保育を子どもたちに提供できる社会になればと思います。


関連キーワード

保育士求人

保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士さん。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という話も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいもらっているのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり、求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトもたくさんあります。ここでは、メジャーなサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのか考えていきたいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、たくさんの求人情報サイトがヒットします。昨今、保育業界は人手不足で、求人もたくさんでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探していいのか迷ってしまうことも。また、登録をしないと

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は、園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見比べてみると良いでしょう。最近では、認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や、病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有者の求人募集がされていることもあり、働くことができる

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!でも、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万~19万円が相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2~3万程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1~3年目での転職であれば初任給程の給与、30~40代のベテラン保育士であれば、園にも

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や、保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで、わかりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は2つあります。大学・短大・

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の1つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおよそ4500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での、年収や雇用形態、勤務形態など、よくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は350万~370万円程です。月収の平均は25万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人もたくさんいます。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質をあげる方法を紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料はメディアでも騒がれていたように決して高くありません。初年度はほかの職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく、長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても新卒の給料とほとんど変わらないなんていう事もあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば、副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事


保育士求人に関するコラム

保育士が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

子供と接する事が好きで保育士の道に進んだものの、辛い思いをしたり悩みが尽きないという人いませんか?私も子供が好きで保育士として働いていましたが、天職と言えるほど毎日楽しい事ばかりではありませんでした。子供と遊ぶだけが仕事ではありませんので、少ながらず悩んだり肌に合わないと感じる事が多々あります。資格を持ってるのに保育士として働いていない“潜在保育士”がとても多いと言われています。様々な理由があると思いますが、資格を取ったものの向いていなかったと感じている人が多いでしょう。今回は、保育士として働く事に向いていない人の特徴とその乗り越え方をご紹介していきます。向いていない人の特徴に当てはまったから

保育士の資格を活かせる仕事おすすめ4選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

日々、子どもたちの身の回りの世話をし、心身ともに健康に成長できるような支援を行う保育士さん。身近なお仕事のようで、資格の取得方法や資格の活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。実は誰にでも取得のチャンスがある保育士資格と活かせる仕事について詳しくまとめます。保育士の資格とは?保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。また、保護者に対して保育に関する指導を行うことができる立場でもあります。保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居してしまった場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。保育士として勤務するためには、都道府県での登

保育士の休みはどれくらいある?他の職業と違うところはこんなところ!

保育士はやるべきことが多くてとにかく忙しそう!というイメージがあると思います。確かに様々な技術やアイデア、そして、何より子どもが怪我なく過ごせるような安全な保育が求められたりと大変さも沢山感じると思います。園によっては残業、持ち帰りもあったりして仕事は多いかもしれません。でも、そんな保育士にもしっかりと定められた休みがあります!私も普段は保育士として頑張っていますが、休みはしっかりと休んでいます。休みの日はなるべく保育園のこと、子どものことなど、仕事のことをなるべく忘れてパーッとリフレッシュすることが大切だと思っています。今回は保育士三年目の私から、保育士のリアルなお休み事情をお伝えさせて頂き

保育士を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない、保育士の大変さを紹介します。でも保育士の仕事は好き!

子どもたちと関わりたいと思い、夢をもって保育士を目指す人は多いと思います。ところが実際に保育士として仕事を始めるてみると、自分が思い描いていたイメージとかけ離れていたために仕事を辞めていくという人が少なくありません。保育士を辞めたいと思う背景にはどのようなものがあるのでしょう。保育士の業務内容も紹介しながら、仕事の難しさや大変さを具体的に説明していきたいと思います。保育士の1日保育士は子どもと遊んでいるイメージが強いですが、一日中遊んでいるわけではありません。出勤してから退勤するまでの保育士の仕事内容を紹介します。始業~登園出勤簿に印を押し、持ち場につく出勤簿に印を押したら持ち場(早番は未満児

保育士がやりがいを感じる4つのこと。10年働いた私が解説します!

保育士不足が深刻化している原因として給料が安い、休憩時間がないなどが挙げられています。一方でそのような環境でも保育士の仕事に誇りを持って働いている人もいます。私自身も一度は保育現場から離れて違う職に就きましたが、再び保育の仕事をして10年経ちます。そこで今回は保育士のやりがいや大変なことについて紹介したいと思います。保育士の仕事でやりがいを感じる4つのこと子どもとの信頼関係ができた時子どもは初めてかかわる大人に対して警戒します。保育士も初めてかかわる子どもの性格や好きな遊びなどを把握しているわけではなく、一緒に遊びながらその子どものことを知っていきます。子どもは大人に対してわざとごねてみたり甘