保育士不足が深刻化している原因として給料が安い、休憩時間がないなどが挙げられています。

一方でそのような環境でも保育士の仕事に誇りを持って働いている人もいます。

私自身も一度は保育現場から離れて違う職に就きましたが、再び保育の仕事をして10年経ちます。

そこで今回は保育士のやりがいや大変なことについて紹介したいと思います。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士の仕事でやりがいを感じる4つのこと

子どもとの信頼関係ができた時

子どもは初めてかかわる大人に対して警戒します。

保育士も初めてかかわる子どもの性格や好きな遊びなどを把握しているわけではなく、一緒に遊びながらその子どものことを知っていきます。

子どもは大人に対してわざとごねてみたり甘えてみたいして、大人の反応を見ながらその大人がどういう人かを確かめます。

子どもが喜ぶからといって子どもの好き放題ににさせたり、何でもいうことをきいているだけでは本当の意味での信頼関係を築くことはできません。

子どもは自分のことをきちんと見て良いことや頑張ったことを褒め、悪いことをしたら叱ったり正しい行いを示したりしてくれる大人を信頼します。

保育士はそのような子どもの気持ちを受け止め一緒に笑ったり困ったり、褒めたり叱ったりしながら時間をかけて子どもとの信頼関係を築いていきます。

子ども自身が困ったことや嬉しいことがあった時に一番最初に自分のところに来てくれた時は頼られている・信頼されていると実感することができ、やりがいを感じることができます。

保育の援助方法や声掛けがその子どもに合った時

子どもひとりひとり性格や生まれ育った環境が違います。

ガヤガヤした場でも保育士の指示を聞いて素早く行動できる子どももいれば、個別に声掛けをしないと保育士が話したことが理解できない子どももいます。

単に話しを聞いていなかっただけなのか、話しが理解できなくて行動しないのかによって援助方法や声掛けの仕方は違ってきます。

集中力が散漫で話しを聞かない子どもは、話しをする前に手遊びをしたり、話しを聞いててねと伝えたりして注意を引きます。

話しの内容が理解できない子どもには、全体に話した後にそばに行き噛み砕いて説明したり、どうしたらいいかわからないことを一緒にやってみたりします。

最後までできた時にはその子どもなりに達成感を味わえますし、その子どもに合った援助ができることで保育のスキルが上がったような気がします。

手作りしたペープサートやエプロンシアターをして子どもの反応が良かった時

ペープサートやエプロンシアターは本屋や保育用品販売業者で販売されていますが、子どもたちの興味・関心があるものに合わせて手作りすることがあります。

既製品は作る手間が省けるので手軽ですが、必ずしも子どもが好きなおはなしがあるとは限りません。

おはなしの場面を自分でイメージすると動きやセリフがするすると出てきて演じやすいので子どもたちも夢中になっておはなしを聞きます。

一緒に「うんとこしょ、どっこいしょ」と言ったり「後ろに隠れてるよー」と子ども自身もおはなしの中に入り込んで主人公と一緒にドキドキ感やワクワク感を味わったりします。

時間をかけて手作りしたペープサートやエプロンシアターは自分の財産にもなりますし子どもたちの反応が良ければ、大変だった分やりがいがあると感じることができます。

子どもの成長を感じることができた時

赤ちゃんクラスでは4月に寝返りをうっていた子どもが2月にはよちよち歩けるようになっていたり、2歳児クラスでは上手に話せなかった子どもがペラペラと上手に話せるようになったりするなど、子どもは一年でかなり成長をします。

できなかったことができるようになった瞬間を目の当たりにするのは嬉しいですし感動します。

身体の発達を促すためにベビーマッサージをして体の動きを良くしたり、向き癖(寝返りを打つときに左右どちらか一方にだけ寝返りを打つ)を直して体の軸のバランスを良くしたりします。

また絵本の読み聞かせをして言葉の発達を促します。

このように子どもの発達段階に合わせた援助を繰り返し行っていく中で子どもが成長していく姿を見たときにはやりがいを感じます。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

やりがいはあるけども....知っておいて欲しい大変なこと

休憩時間がない

休憩時間とは業務を離れて休む時間とされています。

しかし保育現場では給食を食べている時も子どもが食べ物をこぼしたら拭いたり、苦手な食べ物も少しだけ頑張って食べてみようと励ましたりして、ゆっくり食べることができません。

また子どもたちがお昼寝している間も子どものそばにいて様子を見ながら保育日誌や子どもの記録・おたより帳等を書いたりしています。

午睡中に子どもが熱を出したりひきつけを起こしたりした場合にはその対応もしなければならないので休む暇がありません。

休憩時間であっても子どもたちの様子を見て何かがあった時にすぐに対応できるように、常に子どものそばにいるのはどこの保育現場でも共通していることです。

保育士が休憩時間がないのは保育業界では仕方がないこととされています。

サービス残業

行事が近い、製作活動の準備をしなければならないという時は休憩時間もなく働いているのに、就業時間内に仕事が終わらないというのはよくあります。

保育現場では残業手当を出している園はあまりないので、基本的にサービス残業になります。

行事が多い園やクラスでの製作活動の回数を指定している園では、サービス残業や家に仕事を持ち帰ることが多くなってしまいます。

一日中仕事をしていてもそれに見合うだけの給料ではないので、保育現場から離れてしまう人が少なくないのが現状です。

給料が安い

先にも述べたように保育士は休憩時間もなくサービス残業をしなければならないほど忙しく働いています。

しかしその仕事量に見合うくらいのお給料がもらえず、同年代の収入よりも低いというのが現状です。

家賃手当てを出してくれる園もありますが、そうでない場合は生活していくだけで精一杯になります。

子どもが好きで子どもが喜ぶ顔が見たいから自分の時間を製作に費やすのも苦にならないと思う人でなければ、続けていくのが難しいかと思います。

まとめ

冒頭でも述べましたが、私も一度は保育現場から離れて別な仕事をしました。

その理由は内臓の病気に罹り仕事をするのが難しい状態でもなかなか休めなかったからです。

手術して1か月休まないといけない状態にまでなり、園長に相談すると退職させられました。

保育士は体が資本なので、退院しても保育現場で働く自信がなく体調が戻るまではスーパーのレジのバイトをしていました。

お客様が小さい子どもを連れていると話しかけていました。

そして早く保育の仕事に戻りたいと思っていました。

保育士の仕事は大変なことが多いけれど、やりがいがある仕事です。

私が紹介したことはほんの一部にすぎませんので、これを読んでくださった方がご自分なりのやりがいを見つけて誇りを持ってお仕事に励んでいただけたら幸いです。


関連キーワード

保育士求人

保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士さん。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という話も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいもらっているのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり、求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトもたくさんあります。ここでは、メジャーなサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのか考えていきたいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、たくさんの求人情報サイトがヒットします。昨今、保育業界は人手不足で、求人もたくさんでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探していいのか迷ってしまうことも。また、登録をしないと

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は、園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見比べてみると良いでしょう。最近では、認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や、病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!でも、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万~19万円が相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2~3万程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1~3年目での転職であれば初任給程

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や、保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで、わかりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は2つあります。大学・短大・

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の1つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおよそ4500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での、年収や雇用形態、勤務形態など、よくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は350万~370万円程です。月収の平均は25万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人もたくさんいます。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質をあげる方法を紹介します。「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →保育士の給料事情と副業保育士の給料はメディアでも騒がれていたように決して高くありません。初年度はほかの職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく、長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても新卒の給料とほとんど変わらないなんていう事もあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば、副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人


保育士求人に関するコラム

保育士が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

子供と接する事が好きで保育士の道に進んだものの、辛い思いをしたり悩みが尽きないという人いませんか?私も子供が好きで保育士として働いていましたが、天職と言えるほど毎日楽しい事ばかりではありませんでした。子供と遊ぶだけが仕事ではありませんので、少ながらず悩んだり肌に合わないと感じる事が多々あります。資格を持ってるのに保育士として働いていない“潜在保育士”がとても多いと言われています。様々な理由があると思いますが、資格を取ったものの向いていなかったと感じている人が多いでしょう。今回は、保育士として働く事に向いていない人の特徴とその乗り越え方をご紹介していきます。向いていない人の特徴に当てはまったから

保育士の資格を活かせる仕事おすすめ4選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

日々、子どもたちの身の回りの世話をし、心身ともに健康に成長できるような支援を行う保育士さん。身近なお仕事のようで、資格の取得方法や資格の活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。実は誰にでも取得のチャンスがある保育士資格と活かせる仕事について詳しくまとめます。保育士の資格とは?保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。また、保護者に対して保育に関する指導を行うことができる立場でもあります。保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居してしまった場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。保育士として勤務するためには、都道府県での登

保育士の休みはどれくらいある?他の職業と違うところはこんなところ!

保育士はやるべきことが多くてとにかく忙しそう!というイメージがあると思います。確かに様々な技術やアイデア、そして、何より子どもが怪我なく過ごせるような安全な保育が求められたりと大変さも沢山感じると思います。園によっては残業、持ち帰りもあったりして仕事は多いかもしれません。でも、そんな保育士にもしっかりと定められた休みがあります!私も普段は保育士として頑張っていますが、休みはしっかりと休んでいます。休みの日はなるべく保育園のこと、子どものことなど、仕事のことをなるべく忘れてパーッとリフレッシュすることが大切だと思っています。今回は保育士三年目の私から、保育士のリアルなお休み事情をお伝えさせて頂き

保育士を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない、保育士の大変さを紹介します。でも保育士の仕事は好き!

子どもたちと関わりたいと思い、夢をもって保育士を目指す人は多いと思います。ところが実際に保育士として仕事を始めるてみると、自分が思い描いていたイメージとかけ離れていたために仕事を辞めていくという人が少なくありません。保育士を辞めたいと思う背景にはどのようなものがあるのでしょう。保育士の業務内容も紹介しながら、仕事の難しさや大変さを具体的に説明していきたいと思います。保育士の1日保育士は子どもと遊んでいるイメージが強いですが、一日中遊んでいるわけではありません。出勤してから退勤するまでの保育士の仕事内容を紹介します。始業~登園出勤簿に印を押し、持ち場につく出勤簿に印を押したら持ち場(早番は未満児

保育士が辛いと感じるのはなぜ?私や私の周りの仲間が感じているつらく感じる原因はコレ

保育士は辛い仕事と言われています。いくら保育のスペシャリストだからといっても、やはり複数人の子供を相手に仕事をするのは限度があります。静かになってくれたと思ったら、数人が同時に泣き始めたり、他の職員さんからできない仕事を頼まれたり、保護者から難しい要望があったりと、自分のペースで仕事を進められない上、ちょっと気を抜くと見ていないところでいたずらをやらかしていたり・・・現場は毎日、地獄絵図のような忙しさです。子供の命を預かるという重い任務の割には保育士の人数もお給料も足りていません。更には雇用の改悪、財政難から民間に委託される園や非正規職員の増加にともない、雇用が安定しない中で働くのなら、もっと