「保育園落ちた、日本死ね」「待機児童ゼロは嘘だった」

待機児童や保育園の問題がクローズアップされる中「保育士の給料が低いのは誰にでもできる仕事だから」という発言が最近話題になりました。

本当に保育士は誰にでもできる仕事でしょうか?

現役の保育士の立場から、保育士の仕事が誰にでもできるものなのか考えてみました。

保育士の仕事内容についても細かく書いているので、保育士以外の方は議論の参考のためにも是非見ていただけたら幸いです。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

誤解されがち、子供と遊ぶのが保育士の仕事ではない

保育士の仕事は子どもと遊ぶだけ、一緒にお昼寝ができる、取引先に頭を下げたりしないから楽で良いわね、なんてイメージを保育士に対して持っていませんか?

保育士の仕事は一見すると確かに子どもと遊んでいるだけのように見えるかもしれません。

しかし、よく考えてみてください。

子どもと遊んでいるということはその子どもの命を預かっているということです。

走って転べば怪我をする、階段から落ちれば命に係わる、プールだって散歩だって危険であふれている。

保護者の方に代わってお迎えまで安全に過ごし、子ども一人一人の成長を手助けをする。

それも一人で一人を見るわけではなく、一人で複数人を見ています。

『複数の命を預かる』それが保育士の仕事です。

それでも誰にでもできると言い切れるでしょうか?

保育士の仕事はこんなに激務

待機児童や保育所不足が叫ばれる中、保育士の資格を持ちながら保育所で働いていない潜在保育士の存在が大きく取り上げられるようになりました。

なぜ保育士にならないのか。

その理由に保育士の仕事が激務だということが挙げられます。

保育士の仕事は子どもと関わる以外にも多岐にわたります。

  • 年間カリキュラムから始まり、月案、週案、日案、個別指導案といった書類
  • 保護者との連絡を円滑に行うための連絡帳の記入
  • 運動会や発表会といった行事の計画と準備(大きな行事以外にも、毎月の誕生会や季節の行事が事細かにあります)
  • 避難訓練の計画と実施(プール前には救命救急の講習も受けに行きます)
  • 教室を飾るための壁面装飾や子どもの製作物の準備
  • 園庭や保育室の整理整頓、整備、点検

細かいことを言えばキリがなく、幼児クラスに至っては一人担任も多いので一人でこれを全てこなします

他の仕事も似たようなものだと思うかもしれませんが、この作業を子どもと関わりながら毎日こなしていかなければなりません。

子どもの行動は予測できないことが多く、時間を守ってはくれません。

そのため仕事が終わらず家に持ち帰り、結果、激務に耐えられず辞めていく保育士が後を絶ちません。

保育士の一日の流れ。早番の場合(7時~16時)

保育士の仕事はいったいどのようなものなのか、簡単に説明したいと思います。

6:30

7時に保育園を開くため開園準備で30分は早く出勤します。

空気清浄器をセットしたり前日の引き継ぎを確認したり、保育室を清掃し子どもの登園を待ちます。

7:00

保護者に家庭での様子を聞き、子どもを受け入れます。

この時、怪我はないか、顔色はどうか、いつもと違うことはないか目視で確認します。

9:00

朝の合同保育から各クラス単位での活動に移ります。

乳児は補食の準備をし、幼児は朝の体操や活動が始まります。

10:00

散歩に出かけたり製作をしたりといった日中の保育活動を行います。

活動も、子どもの成長を考えて散歩先を設定したり製作の内容を考えたりします。

11:30

年齢により時間にばらつきはありますが、給食の時間です。

以上児は保育士も一緒に食べることもありますが、一緒に食べることは給食の指導にもあたるので子どもにスプーンの持ち方を伝えたり配膳をしたりと、忙しなく動いています。

食べこぼしも多いので、あっちでお茶をこぼした、こっちでご飯を落としたなんていうことはしょっちゅう起こります。

13:00

給食の後片付けを終えて、お昼寝の時間です。

ようやく一段落と思いきや、寝ている間も乳児は10分(年齢によっては5分)に1回のブレスチェック。

連絡帳や書類を書き、日によっては会議を行い、起きるまでに休憩を回します。

仕事の残っている日は、15分もクラスを離れられれば良い方です。

15:00

子どもを起こし、おやつの準備をしておやつの配膳を行います。

おやつが終われば帰りの会をし、保護者への引き渡しの連絡事項を確認している内に終業時間がきます。

16:00

終業時間ではあるものの、明日の保育の準備や、行事前は行事の作り物等があるので、閉園時間いっぱいまで残業をすることもあります。

保育園は開園時間に合わせてシフトで動いているので、遅番で20時に帰った翌日7時から早番という日もよくあります。

子育て=保育?

この一日の流れを見てもらうと分かると思いますが、子育てと保育は本当に同じものでしょうか?

私の勤務先にも子育てをしながら保育士の仕事を続けている人は何人もいますが、全員が「子育てと保育は=ではない」と口を揃えて言います

私も娘がいますが、子どもを産んでみて保育士の経験が役立ったことと言えば、オムツ替えの仕方を知っていたこととミルクの作り方を知っていたことくらいです。

子育ての方が大変だとか保育の方が辛いとか、そんなことは思ったことがありません。

保育と子育てでは大変だと思う事の種類がそもそも違うのです。

保育の仕事はアナログだらけ

保育の仕事では前記した月案などの書類をはじめ、毎日書いている連絡帳や保護者配布物などほとんどの書類がいまだに手書きというのも珍しくありません。

そしてパソコンやネットといった現代の機器を利用しないからこそ、園によっては考えが閉鎖的で、長く続いている園では外からの意見を取り入れることがあまりなく、このような発言があったこと自体知らない人も多いのです。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

子供はかわいいし好きだけど、給料が安いなら続けられない

保育士資格を持っていてもなろうとしない理由で最も多いのが給料面の問題です。

保育士の給料は激務にも関わらず、安月給でほとんど昇給しないのが現状です。

子どもはかわいいし仕事も毎日が充実している。

それでも給料が安くては自分の生活が危うく、転職を決断する保育士も多いのです。

保育士の家庭のお金事情

保育士が安月給な理由を駒崎弘樹さんも述べていましたが、園で個別に徴収する金額はほぼなく徴収することも制限されているので、補助金を上げてもらう以外に方法はありません。

現在の園に勤めて5年程度ですが、昇給した額は微々たるもので、昇給のない年度もありました。

現在の手取りは月に約18万円

基本給189,000円+手当29,000円の218,000円から税金45,000円がひかれています。

初年度の基本給は180,000円でしたから、5年間で9,000円上がっただけでした。

そこから家賃7万、食費をきりつめても月3万円~4万円、光熱費や携帯代を支払うと手元に残る額はほとんどありません。

現在は娘の保育料も払っているので、貯金できる額は皆無に等しい状況です。

保育士の求人を見るとそこまで他と変わらない印象を受けるかもしれませんが、昇給を見込めないためほとんどの保育士が結婚や出産で辞めていきます

勤務時間も固定ではない上に持ち帰りの仕事も多いので、家族の理解がないと続けていくのは困難です。

現役保育士として思うこと

保育士に憧れてなった新卒が1年も経たずに辞めて行く…

保育の仕事はとてもやりがいがあり、子どもの成長を間近で感じられるとても素敵な仕事だと思っています。

子どもの頃保育園や幼稚園の先生に憧れて「なりたい!」と思った人も多いのではないでしょうか?

今でも小学生の女の子がなりたい職業の10位以内に必ずランクインする人気の職業です。

しかし現実は給料が安く仕事は激務。

プライベートも仕事に追われる毎日です。

人件費や教材費に回すことのできるはずの補助金も、保護者からの要望に応えるべく英語や体操教室といった外部講師を雇うことに使われ、保育士は酷使されるばかりです。

保育士になりたいと憧れて入社した新卒の先生が、現実を知り一年と経たない内に辞めていく人を何人も見てきました

一人でも多くの人がやりがいをもってこの仕事を続けていけるよう、子どもたちのためにも制度の改善を期待しています。

誰でもできるのになり手がいないのはなぜなのか

なぜ「誰でもできる」と言われた職業なのになり手がいないのか?

誰にでもできるなら保育の仕事は人員が飽和状態になったって良いでしょう。

しかし蓋を開けてみると保育士の人数は不足しており、有給や代休もとれず、ぎりぎりの人数でまわしている保育園も沢山あります。

このことからも保育士が「誰でもできる職業ではない」ことを表しているのではないでしょうか。

保育士のなり手がいない理由

なり手がいないのは保育士の仕事が激務であり給料が安いこと、そして結婚し子どもが生まれたときに復帰が難しい職業であるからだと思います。

自分の子どもを預けて他人の子を看るということに対し、周りの人から「かわいそう」と言われることがあります。

「預けて他人の子を見るなら自分の子を看れば良いのに」そう思う方もいるかもしれません。

そういった周りの視線も、保育士や幼稚園教諭に寿退社が多いことに繋がっていると思います。

保育士にとって子育て経験はプラスになります。

だからこそ子どもを産んでからも続けてほしい。

誰に対しても温かく見守ってくれる、そんな世の中であってほしいと願っています。

今後、国や自治体に保育士としてお願いしたいこと

保育士の仕事は誰にでも「できる」仕事ではありません。

ですが、保育士の仕事は誰にでも「なれる」仕事だと思っています。

実際に潜在保育士が数多くいるように、薬剤師や医師と違い、専門の学校に入学し指定の単位と実習をこなせば卒業と同時に資格を取得することができます。

保育士は沢山いるのにやろうとする人がいないという現実を受け止め、保育士資格がない人でも保育の業務をやっても良いという発想ではなく今働いている保育士の待遇を改善し、辞めさせない、辞めなくても良い制度を整え、保育士として働こうと思えるような社会を築いていってほしい

保育園の数は徐々に増えてきたものの保育園で働く保育士は少なく、現場は少ない人数でぎりぎりの中保育をしています。

机上での議論だけではなく、実際の現場の声を聞いてほしい。

本当に必要な政策は何なのかをきちんと見定めてほしい。

保育料の無償化ではなく全入化を先にし、保育の現場の質を高め、子どもたちの未来のためにも少しでも変化が訪れることを祈っています。



関連キーワード

保育士求人

保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という噂も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいなのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の給与の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた施設のことです。

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトも沢山あります。ここでは、大手のサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのかご紹介したいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、沢山の求人情報サイトがヒットします。共働きの子育て家庭が増えていることから、保育業界は人手不足で求人も数多くでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探したら良いのか迷ってしまうことも。また

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

保育士不足と言われている現在、保育士の確保は深刻な問題となっております。しかし、保育士を雇ってもすぐに辞めてしまっては意味がありません。できるだけ長く勤めてくれる良い人材を採用したいところです。ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見て

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!けれども、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の保育士の給料相場初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万円~17万円が月給の相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2万円~3万円程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合の保育士の給料相場転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1年~3年目での転職であれば初任

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。この記事では、そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで分かりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は二つあります。大

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の一つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおおよそ4,500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での年収や雇用形態、勤務形態などよくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は431万円程です。月収の平均は27万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万円で、私立

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人は沢山います。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質を上げる方法をご紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料は、メディアでも騒がれていたように決して高くはありません。初年度は他の職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても、新卒の給料とほとんど変わらないなんていうこともあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事


保育士求人に関するコラム

保育士でホワイトな職場の5個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

働く親が増え保育園が急増している一方で、保育士不足は常に深刻な問題となっています。ブラックな職場はただでさえ足りていない保育士の働く意欲を奪い、潜在保育士を生み出す巣窟となりかねません。この記事では、ブラックな保育士の職場の特徴や見分け方などをおさえ、ホワイトな良い職場にめぐり合うためのポイントをまとめました。保育士の職場はブラック?ホワイト?保育士と聞くと子どもと楽しそうに遊んでいる姿が思い浮かびますが、客観的に見てまだまだブラックな職場があるのが現状です。そもそも保育園の始まりは社会福祉の考えにより慈善事業から始まったもので、要因は他にもあるものの「命を預かる仕事なのに給料が安い」というの

保育士が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

子供と接することが好きで保育士の道に進んだものの、辛い思いをしたり悩みが尽きないという人いませんか?私も子供が好きで保育士として働いていましたが、天職と言えるほど毎日楽しことばかりではありませんでした。子供と遊ぶだけが仕事ではありませんので、少ながらず悩んだり肌に合わないと感じることは多々あります。昨今、資格を持ってるのに保育士として働いていない“潜在保育士”がとても多いと言われています。様々な理由があると思いますが、資格を取ったものの向いていなかったと感じている人が多いでしょう。今回は、保育士として働くことに向いていない人の特徴とその乗り越え方をご紹介していきます。向いていない人の特徴に当て

保育士の資格を活かせる仕事おすすめ4選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

日々、子どもたちの身のまわりの世話をし、心身共に健康に成長できるような支援を行う保育士。身近なお仕事のようで、資格の取得方法や活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。実は、基準を満たせば誰にでも取得のチャンスがある保育士資格。ここでは、保育士資格の取得方法と活かせる仕事について詳しくまとめます。保育士の資格とは?保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。また、保護者に対して保育に関する相談や支援を行うことができる立場でもあります。保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居した場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。保育士と

保育士の休みはどれくらいある?他の職業と違うところはこんなところ!

保育士は、子どもと遊んでいるだけで楽しそう!というイメージを持たれがちです。しかし、実際は様々な技術やアイデア、そして何より子どもが怪我なく過ごせるような安全な保育が求められたりと大変です。保育以外にも事務仕事も沢山あり、園によっては残業や持ち帰りもあったりして仕事量も多いです。しかし、そんな保育士にもしっかりと定められた休みがあります!私も普段は保育士として頑張っていますが、休みの日はしっかりと休んでいます。休みの日はなるべく保育園のことや子どものことなど仕事のことをなるべく忘れてパーッとリフレッシュすることが大切だと思っています。今回は保育士三年目の私から、保育士のリアルなお休み事情をお伝

保育士を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない、保育士の大変さを紹介します。でも保育士の仕事は好き!

子どもたちと関わりたいと思い、夢を持って保育士を目指す人は多いと思います。ところが実際に保育士として仕事を始めてみると、自分が思い描いていたイメージとかけ離れていたために仕事を辞めていくという人が少なくありません。保育士を辞めたいと思う背景にはどのようなものがあるのでしょうか。保育士の業務内容も紹介しながら、仕事の難しさや大変さを具体的に説明していきたいと思います。保育士の1日保育士は子どもと遊んでいるイメージが強いですが、一日中遊んでいるわけではありません。出勤してから退勤するまでの保育士の仕事内容を紹介します。始業~登園出勤簿に印を押し、持ち場につく出勤簿に印を押したら持ち場(早番は未満児