保育士不足が問題になっている現代。

保育士資格を持っていても保育士として働かず別の仕事をしている、いわゆる「潜在保育士」が増えています。

専門学校や短大・大学に行って保育士になるための勉強をしても、卒業後は保育士にならずに会社で働くという学生も少なくなありません。

なぜ保育士が不足しているのか、保育士資格を持っていても保育士として働かないのか、保育士がブラックだと思ってしまうその原因について考えてみたいと思います。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者の私が思う、保育士の仕事がブラックな理由とは?

サービス残業が多い

年度始めや運動会・発表会など大きな行事の前は残業をしないと準備が間に合いません。

超過勤務になるから事前に園長に許可を得ないといけないけれど、許可を取りに行くと「時間内にできるような仕事をしなさい」と言われるので、必然的にサービス残業になってしまいます。

やっと行事が一つ終わったと思うとすぐに次の行事があり、その準備のためにサービス残業をしなければなりません。

このようなことが日常的にある保育園は意外に多くて、ブラックだと自覚できなくなる状態になります。

その園で働き始める時に「この仕事はサービス残業普通だから」とか「休み時間あっても、全然休めないのが当たり前」と平気で言ってしまう園長もいます。

新卒の保育士さんだと「仕事ってそんなものなのかなぁ」と思う人がいるかも知れませんが、社会経験がある人はその言葉に違和感を覚える人もいると思います。

確かに働いてみるとそういうことが多いのですが、保育園の経営者または管理者がそのような発言をするのは、保育士の仕事がブラックであることを自ら容認しているようなものだと思います。

人間関係が難しい

保育園は子ども・子どもの家族・職場の保育士というように、とにかく常に人と関わる仕事です。

人間関係が上手くいけば楽しく過ごせますが、そうでなければ苦痛になります。

特に年度始めは新しい環境の中、子どもたちの性格や特徴などを把握するまでに時間がかかりますし、子どもたちも新しい先生に慣れるまで必要以上に甘えたり話を聞かないで勝手なことをするなど、先生を試すことが多いです。

前の担任に相談して「昨年はそんなことやらなかったよ」などと言われると、自分の関わり方に問題があるように思い悩んでしまうことがあります。

また、子どもの家族も新しい担任だと子どもが担任に慣れたか心配で色々聞いてきたり、前の担任は◯◯してくれたのに今度の担任はしてくれないなど不満を漏らす人もおり、保護者との関係が上手く築けません。

人間関係が難しいので、耐えきれずに辞めていく人は多いです。

\【保育士限定】今おすすめ!/

保育士の仕事にブラックだと思う5つの瞬間

給料が安い

求人情報を見ると、正社員でも他の職種に比べて給与は低い傾向にあります。

保育士は小さな子どもの命を守り、心身の発達を促すための計画を立てて様々な工夫をしています。

沢山体を動かして体力や身体機能を高めるようにしたり、社会性が身につくようにルールのある遊びや友達とのやりとりを支援したりしています。

「三つ子の魂百まで」という言葉通り、小さい頃に身につけたことは大人になっても記憶に残っていることが多いです。

心身の成長に大きな影響を与える乳幼児期を共に過ごす責任のある仕事の割には、比較的給料が安いのが現状です。

休憩時間がない

子どもたちが午睡をしている間に連絡帳や保育日誌を書いたり、製作活動の下準備や教材研究をします。

月ごとに部屋の壁に飾る飾りを作ったりするので、休憩時間も作業に充てることが多く、休む暇がありません。

仕事量が多くてサービス残業

運動会や発表会など大きな行事があると、それに向けた準備を始めます。

保育中には準備ができないので、必然的に就業時間外になってしまいます。

就業時間を過ぎても超過勤務を認めてもらえないので、サービス残業は保育士業界で暗黙のルールになってしまっています。

初めての業務でも丁寧に教えてもらえない

初めてクラス担任になった保育士は、年度始めにどのような準備をしたら良いか分かりません。

分からないから聞きながら準備を進めますが、年度始めは他の保育士も忙しいので丁寧に教える時間がなく、他の保育士のしている仕事を見よう見まねでやるしかありません。

PCでの業務も多く、PCが苦手な保育士は時間がかかり夜まで仕事をしている状態です。

残業代は貰えず丁寧に教えてくれる人もいないので、精神的に追い詰められて、年度途中で辞めていく人もいました。

その園での暗黙のルールを教えてもらえない

入園式の時のスーツ着用は当然ですが、暗黙のルールでスーツはリクルートスーツにしている園がありました。

その園に入ったばかりでそのことを知らず、白い花柄のついた黒のスカートをはいていくと私と園長以外は全員リクルートスーツでした。

その園では当然のことでも、他の園では違うことがあります。

その他にも暗黙のルールが沢山ありましたがその園での暗黙のルールを教えてもらえないことが多く、居心地が悪くて辞めていく保育士は沢山いました。

疲れることも多いけど、やりがいがたくさんあるのがこの仕事!

できなかったことができるようになる!

1歳頃から、少しずつ自分で着脱するようになります。

最初は「できない」と泣きながら訴えてきますが、励ましたり少し手伝ったりしながら教えていく内にできるようになってきました。

初めて子どもが自分でできた時は、子どもと一緒に抱き合って喜んだり子どもの嬉しそうな顔を見ることができました。

支援の方法が合えば子どもの力が伸びる

昨年度まで、ダウン症の子どもの支援担当をしていました。

手先が上手く使えず、牛乳の蓋やパックソースを開けるのが苦手な子どもでした。

ファスナーやボタンも苦手で、一人でできませんでした。

親指と人差し指・中指の三つの指で洗濯バサミを持ち、ハンカチを干す練習をしたり、ボタンの穴に紐を通した物を用意しボタンをつまんだまま紐の端から端まで移動させる練習をしたりしました。

練習を繰り返している内に指先の動きがスムーズになり、(時間はかかりますが)一人でボタンを留められるようになりました。

できるようになるためのステップを考え、遊びながら練習していくことで子どもの力が伸びることを実感しましたし、この仕事にやりがいを感じました。

子ども一人一人に合った声掛けや援助方法をすると保育士の思いが通じる!

子ども一人一人を観察すると、その子どもが苦手なことや得意なことが見えてきます。

また性格や特徴も分かってきます。

ガヤガヤした雰囲気が苦手な子どもがいる時は、ダンボールで作った小さな家を用意するなどしてその子どもが落ち着く空間を作ります。

家はその子どもだけが使うわけではなく、みんなも使えることにし、その子どもが落ち着きたい時に優先的に使えるようにすると他の子どもたちの中で不満が出ず、仲間はずれにされたり特別視されることがありませんでした。

このように、一人一人の特性を理解しながも不公平にならないような工夫を考えると、子どもたちにも保育士の思いが通じます。

\【保育士限定】今おすすめ!/

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者がホンネで語ります

この仕事で、一番改善を望む点は?

保育士の仕事量を考えた運営をして欲しい

次から次へと行事があると、その準備に追われてしまい残業をする羽目になります。

そうならないように行事を減らしたり、行事で使う道具は次年度以降も使えるようにしたりして、保育士の負担を少なくなるようにしてほしいと思います。

次年度の担任への引き継ぎをきちんとして欲しい

てんかんや食物などのアレルギーがある場合や発達障害・グレーゾーンなど個別に支援が必要な場合は、その子どもに関する記録を次年度の担任に引き継ぐ必要があります。

保育園全体でクラスごとに子どもの情報を共有していれば、担任が変わってもその子どもの情報は把握できますが、異動してきたり新しい職員の場合は園側から情報を提示する必要があります。

子どもの安全を確保したり、適切な援助を行うためにも引き継ぎは重要だと思います。

公立の保育園ではそのような引き継ぎをしていないところもあり、その園に何年か勤務している保育士と話しをして初めて分かったということもありました。

子どもに関する情報は、園の職員全員に伝えてほしいと思います。

給料を上げて欲しい

園にもよりますが、低いところでは正社員でも月給14万円程のところがあります。

それほどベースアップをするわけでもないので、同年代の人と比べると年収が低くモチベーションが上がらないこともあります。

子どもの安全を守り健やかな成長を促す工夫をしながら、子どもたちと一緒に体を動かしたり物事を考えたりして体も頭も使う仕事です。

子どもたちのことを考え一生懸命にやろうとしている保育士は沢山いるので、基本給を上げてその姿勢を保てるようにしてほしいと思います。

個別に支援が必要な子どもの担当は保育士資格を持っている職員にして欲しい

発達障害やグレーゾーンなど個別に支援が必要な子どもの支援を担当するのが、保育士資格を持たない保育士補助の園があります。

保育士補助は保育の勉強をしてきたわけではないので、発達障害やグレーゾーンの子どもにどのような支援をしたら良いかが分かりません。

子どもの発達に合った支援をすれば能力は伸びるのですが、保育士補助にはその知識がないため子どもの安全を確保するだけになってしまいます。

保育士不足が問題になっている状態なので仕方ないのかも知れませんが、できれば知識のある保育士を担当するか、しっかり発達障害の研修をつけるなどして支援の知識を身につけた人を配置し、発達障害やグレーゾーンの子どももその子どもなりの能力が伸びるようにして欲しいと思います。

保育士の仕事をする人にとって働きやすい職場の見極めポイント

行事が少ない

行事があると子どもたちは嬉しいですが、準備が大変です。

子どもたちと一緒に準備をして、子どもたちに自分たちも頑張ったという達成感を味わわせられるような環境にある園なら保育士の負担も減りますが、全て保育士が準備をすることが多いです。

行事が多いとその準備に時間を取られ、サービス残業や製作物の下準備を持ち帰ってやらなければなりません。

行事の準備や製作をするのが楽しいと思える人は苦にならないですが、一年を通してそれをやっていると疲れてきてしまいます。

行事を多くしすぎない所の方が保育士の負担も軽くなり、普段の生活でより良い保育を提供できると思います。

非常勤や臨時職員でも産休や育休がある

以前働いていた私立保育園では、産休や育休がなく結婚したら暗黙のルールで退職しなければならない雰囲気の園がありました。

一方で保育園は子どもを大切にする施設だから職員の子どもも大切にすると明言して非常勤や臨時職員でも産休や育休を取ることができる園もありました。

産休や育休ができる園は、職員の子どもが体調を崩した時も休みやすいため育児をしながら長く働ける雰囲気があります。

保育園の職員全員が一つになって頑張ろうとする雰囲気がある

保育園は職員の大半が女性です。

職員同士で陰口や悪口を言い合ったり、嫌がらせをしたりする職場もあります。

人の粗探しをして園長に報告し、その職員の価値を下げようとする人もいます。

一方で園長が職員全員に対して「人の悪口や陰口を言うのは許さない、そのようなことをする人はこの職場では働けない。職員全員が一つになって頑張っていく保育園を目指したい。」と話していた園もありました。

園長がそのような姿勢で職員全員が気持ち良く働けるような雰囲気を作っていれば、職場の人間関係が悪くて辞めることも少なくなります。

こんな職場なら要注意!応募前にチェックしたいポイント

正社員でも産休や育休がない

保育士は子どもが好きなので、ほとんどの人が結婚をして子どもを産み育てたいと思っています。

保育園に正社員として採用されても妊娠と同時に退職しなければならない状態では、安心してその園で働くことができません。

また、そのような園は子どもが体調を崩して仕事を休みたいと申し出た時に、快く休ませてくれない可能性があります。

産休や育休があるか、希望の休みをどれくらい認めてもらえるのかを事前に確認しておきましょう。

常に保育士を募集している

私立保育園の場合は特色があるので、その特色と自分の保育感がマッチしないと長続きしません。

また、自分の体調が悪くて休みたい時に嫌な顔をされたりして、休みづらい雰囲気の園は長続きしません。

私も頭痛と嘔吐で2日休んだら、1ヶ月のシフトから外されていたことがありました。

どういうことなのかを園長に聞いてみると「明日までにあなたの気持ちを紙に書いて来て下さい。」とだけ言われました。

次の日に退職願を出し、退職したのは言うまでもありません。

常に保育士を募集している・保育士の入れ替わりが激しい園は、労働者を大切にしていない・職場の雰囲気が悪いなど何かしら問題があります。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

子どもが好きで憧れの保育士になったとしても、仕事量の多さや給料が安い、人間関係が難しいなど様々な理由で保育士の仕事を辞めていく人は多いです。

私も一時的に保育士の仕事から離れたことがありますが、再度保育士の仕事をやろうと思った理由としては、子どもたちと一緒に笑って楽しく過ごしている自分が一番自分らしくいられると思ったからです。

人間関係の難しさや仕事量の多さに辛くなることもありますが、それはどの業界で働いてもついて回るものなので、他の業界で悩むなら好きな業界で悩んでいた方が良いという結論を出しました。

自分なりの仕事の仕方や仕事の考え方を確立していき、上手く仕事が続けられるように自分なりに考えてみると良いかもしれませんね。

保育士を辞めたいと思うときについては、こちらの記事を参考に!




保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

保育士でホワイトな職場の5個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

働く親が増え保育園が急増している一方で、保育士不足は常に深刻な問題となっています。ブラックな職場はただでさえ足りていない保育士の働く意欲を奪い、潜在保育士を生み出す巣窟となりかねません。この記事では、ブラックな保育士の職場の特徴や見分け方などをおさえ、ホワイトな良い職場にめぐり合うためのポイントをまとめました。保育士の職場はブラック?ホワイト?保育士と聞くと子どもと楽しそうに遊んでいる姿が思い浮かびますが、客観的に見てまだまだブラックな職場があるのが現状です。そもそも保育園の始まりは社会福祉の考えにより慈善事業から始まったもので、要因は他にもあるものの「命を預かる仕事なのに給料が安い」というの

保育士が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

子供と接することが好きで保育士の道に進んだものの、辛い思いをしたり悩みが尽きないという人いませんか?私も子供が好きで保育士として働いていましたが、天職と言えるほど毎日楽しことばかりではありませんでした。子供と遊ぶだけが仕事ではありませんので、少ながらず悩んだり肌に合わないと感じることは多々あります。昨今、資格を持ってるのに保育士として働いていない“潜在保育士”がとても多いと言われています。様々な理由があると思いますが、資格を取ったものの向いていなかったと感じている人が多いでしょう。今回は、保育士として働くことに向いていない人の特徴とその乗り越え方をご紹介していきます。向いていない人の特徴に当て

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

保育士の資格を活かせる仕事おすすめ4選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

日々、子どもたちの身のまわりの世話をし、心身共に健康に成長できるような支援を行う保育士。身近なお仕事のようで、資格の取得方法や活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。実は、基準を満たせば誰にでも取得のチャンスがある保育士資格。ここでは、保育士資格の取得方法と活かせる仕事について詳しくまとめます。保育士の資格とは?保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。また、保護者に対して保育に関する相談や支援を行うことができる立場でもあります。保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居した場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。保育士と

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の休みはどれくらいある?他の職業と違うところはこんなところ!

保育士は、子どもと遊んでいるだけで楽しそう!というイメージを持たれがちです。しかし、実際は様々な技術やアイデア、そして何より子どもが怪我なく過ごせるような安全な保育が求められたりと大変です。保育以外にも事務仕事も沢山あり、園によっては残業や持ち帰りもあったりして仕事量も多いです。しかし、そんな保育士にもしっかりと定められた休みがあります!私も普段は保育士として頑張っていますが、休みの日はしっかりと休んでいます。休みの日はなるべく保育園のことや子どものことなど仕事のことをなるべく忘れてパーッとリフレッシュすることが大切だと思っています。今回は保育士三年目の私から、保育士のリアルなお休み事情をお伝

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という噂も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいなのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の給与の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた施設のことです。

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトも沢山あります。ここでは、大手のサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのかご紹介したいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、沢山の求人情報サイトがヒットします。共働きの子育て家庭が増えていることから、保育業界は人手不足で求人も数多くでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探したら良いのか迷ってしまうことも。また

保育士を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない、保育士の大変さを紹介します。でも保育士の仕事は好き!

子どもたちと関わりたいと思い、夢を持って保育士を目指す人は多いと思います。ところが実際に保育士として仕事を始めてみると、自分が思い描いていたイメージとかけ離れていたために仕事を辞めていくという人が少なくありません。保育士を辞めたいと思う背景にはどのようなものがあるのでしょうか。保育士の業務内容も紹介しながら、仕事の難しさや大変さを具体的に説明していきたいと思います。保育士の1日保育士は子どもと遊んでいるイメージが強いですが、一日中遊んでいるわけではありません。出勤してから退勤するまでの保育士の仕事内容を紹介します。始業~登園出勤簿に印を押し、持ち場につく出勤簿に印を押したら持ち場(早番は未満児

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

保育士不足と言われている現在、保育士の確保は深刻な問題となっております。しかし、保育士を雇ってもすぐに辞めてしまっては意味がありません。できるだけ長く勤めてくれる良い人材を採用したいところです。ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見て

保育士がやりがいを感じる4つのこと。10年働いた私が解説します!

保育士不足が深刻化している原因として、給料が安い、休憩時間に休めないなどが挙げられています。一方で、そのような環境でも保育士の仕事に誇りを持って働いている人もいます。私自身も、一度は保育現場から離れて違う職に就きましたが、再び保育の仕事をして10年経ちます。そこで今回は、保育士のやりがいや大変なことについて紹介したいと思います。保育士の仕事でやりがいを感じる4つのこと子どもとの信頼関係ができた時子どもは、初めて関わる大人に対して警戒します。保育士も、初めて関わる子どもの性格や好きな遊びなどを把握しているわけではなく、一緒に遊びながらその子どものことを知っていきます。子どもは、大人に対してわざと

保育士が辛いと感じるのはなぜ?私や私の周りの仲間が感じているつらく感じる原因はコレ

保育士は辛い仕事と言われています。いくら保育のスペシャリストだからと言っても、やはり複数人の子供を相手に仕事をするのは限度があります。静かになってくれたと思ったら数人が同時に泣き始めたり、他の職員さんからできない仕事を頼まれたり、保護者から難しい要望があったり、と自分のペースで仕事を進められない上、ちょっと気を抜くと見ていないところでいたずらをやらかしていたり・・・現場は毎日目が回るような忙しさです。子供の命を預かるという重い任務の割には、保育士の人数は少なくお給料も低いのが現状です。更には雇用の改悪、財政難から民間に委託される園や非正規職員の増加に伴い、雇用が安定しない中で働くのならもっと条

保育士になりたい!そのために必要な資格や勉強、適正の見分け方、働き先の見つけ方を実体験を元に解説します!

子どものなりたい職業女子の中で、毎年上位にランクインする保育士。保育士とはどんな仕事なのか、どうすれば保育士になることができるのかを分かりやすく解説したいと思います。保育士になるには?保育園で働きたいのであれば、補助として無資格でも働くことはできます。しかし、担任を受け持ったり行事の担当をしたりすることはほとんどありません。そのため、担任を受け持ったり自ら提案した保育を行うなど、保育士としてしっかりと働きたいという人はまず保育士という国家資格を取得しなければなりません。保育士になるために必要な資格は?保育士として保育園で働くためには保育士資格が必要です。保育士資格は国家資格なのですが、看護師免

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!けれども、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合の保育士の給料相場初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万円~17万円が月給の相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2万円~3万円程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合の保育士の給料相場転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1年~3年目での転職であれば初任

保育士の仕事とは?その仕事内容や1日の流れ、なり方・大変なことなど詳しく解説します!

世間でも何かと話題になっている保育士。待遇が悪いというイメージが先行してしまいがちですし、実際の業務内容は子どもと遊ぶだけ?と思われる方も多いかもしれません。この記事では、現役で保育士として働く筆者が保育士の仕事や役割、やりがいについて詳しく解説したいと思います。保育士とはどんな仕事?保育士とは、保育所や児童福祉施設において子どもの保育を行うものとされている国家資格です。子どもと遊んだりお世話をするというイメージが先行しがちですが、保育士の仕事は子どもと遊ぶ中で一人一人の社会性を育て、遊びの中で発達を促したり言語の取得を促したりと、ただ遊んでいるわけではなく子どもの安全を第一に注意を払いながら

保育士を辞めて良かった4個のこと。辞めなきゃ良かったと思う4個のことも紹介

「保育園落ちた、日本死ね」の匿名ブログから、保育士の待遇の悪さや給料の低さなどがクローズアップされてきました。実際に筆者も保育士として働いていましたが、業務の大変さや人間関係、運営側とのトラブルなどから一度保育士の仕事を辞めました。現在は、別のところで保育士として働いています。この記事では、保育士を辞めた理由、辞めて良かったこと、そして辞めて後悔したことをまとめていきたいと思います。保育士の仕事を辞めたいと思うほど大変だと感じるのは、ここ!持ち帰りの仕事が多い保育士の仕事は子どもと遊ぶだけではなく、書類がとにかく沢山あります。連絡帳の記入をはじめ、年間カリキュラム、月案、週案、行事の時の指導案

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。この記事では、そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで分かりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は二つあります。大

保育士辞めたい理由にはこの3個が多い。私の経験や周りの保育士仲間の声を紹介します

「保育園落ちた 日本死ね」の匿名ブログから、保育士の待遇の悪さが世間にも知られるようになりました。待遇が悪くて保育士の仕事に就かないという理由ももちろんありますが、晴れて保育士として仕事を始めても離職が多いのが現状です。なぜ保育士という仕事は、なり手が少なく辞めていく人が多いのか、私の体験をもとに保育士をやめたい理由について紹介したいと思います。保育士が仕事を辞めたいと思う理由で多いのは、この3つ保育の仕事をしていて、周りを見ていて感じることは、辞めたいと思う理由はほとんど一緒だということです。一年に何人も辞める職場もありますが、年度途中で辞める人が多い職場は更に問題があると言えます。どういう

保育士になるには?私が実際保育士になるためにしたことや勉強法をお教えします

毎日子どもたちの笑顔に囲まれて過ごす保育士。女の子がなりたい職業として長年ランキング上位にもなっている、人気な職業です。現代では女性だけでなく男性にも人気で、男性保育士も増えてきていますね。今回はそんな保育士になる方法や、元保育士の私が保育士になるためにしたこと、勉強法をお教えします。保育士になるには保育士になるためには【保育士資格】の取得が必要です。取得後も何年かおきに更新が必要な教員免許とは違い、保育士資格は一度取得すると更新なしに、一生持ち続けることができる資格です。保育士資格を取得したら、保育士資格の必要な保育園や施設で保育士として働くことができます。では、保育士資格はどのように取得で

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の一つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおおよそ4,500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での年収や雇用形態、勤務形態などよくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は431万円程です。月収の平均は27万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万円で、私立

保育士の人間関係でよくある4個の悩み。こんな時、どうしたらいいの?

保育士の人手不足が深刻化している現代。最近ではニュースでもよく取り上げられていますね。保育士は子どもの命を預かる、責任の重いとても大変な仕事です。そんな保育士の仕事をしている人が抱える悩みも様々ですが、その中でも特に深刻なのが「人間関係」の悩み。職場での人間関係が上手くいかないと、大きなストレスになります。今回は、保育士の人間関係の悩みと解決策についてご紹介します。保育士が職場で抱える悩みには、どんなことが多い?保育士が抱える悩みとは、どのようなものが多いのでしょうか。様々な悩みがありますが、主に次の4つが挙げられます。①給料が安い ②仕事量が多い ③体力面や精神面の負担 ④園長や同僚、保護者

保育士疲れた…と思う6個の瞬間

可愛い子どもたちと毎日一緒に遊んだり、お世話をしたり…保育士の仕事はとても楽しくてやりがいのあるイメージですよね。しかし、経験者だからこそ感じる大変さも沢山あります。保育士として働いている人の中には、保育士の仕事に疲れてしまった…という人も多いのではないでしょうか。今回は保育士疲れたと感じる瞬間や保育士の本音など、元保育士の私が経験に基づいてお話します。経験者の私が思う、保育士の仕事が大変な理由とは?保育士の仕事が大変な一番の理由は、やはり「子どもの命を預かる」という点にあると思います。保護者の方から預かる、大切な命です。保育士は朝元気に登園した子どもたちを、無事に元気な姿で夕方保護者の元へ帰

保育士を辞める理由でよくある4個の原因。これが保育士の本音ですよね?

可愛い子どもたちに囲まれて、楽しくやりがいのある職業である保育士。女性はもちろん、国家資格になってからは男性保育士の数も増え、まだまだ少数ではありますが、男性にも人気な職業となってきています。しかしいざ現場で働いてみると、理想と現実のギャップを感じやすい職業でもあります。最近では、保育士不足も話題に上がっていますね。せっかく保育士になりたいという夢を叶えても、仕事として続けることができず辞めてしまう保育士も多くいます。そこで今回は、保育士を辞める理由についてご紹介します。保育士を辞める理由でよくある4個の原因保育士はやりがいのある仕事である反面、本当に大変な仕事でもあります。実際に保育士を辞め

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人は沢山います。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質を上げる方法をご紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料は、メディアでも騒がれていたように決して高くはありません。初年度は他の職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても、新卒の給料とほとんど変わらないなんていうこともあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事

保育士正社員の求人を選ぶ前に!パート・アルバイトとの違いや比べた時のメリット・デメリットを解説します

仕事を探す際に、正社員で働きたいと思う方は多いと思います。保育士求人にも正社員を募集するものが数多くありますが、正社員とパート・アルバイトでは何が違うのでしょうか。今回は、その違いやメリット・デメリットなどを解説します!保育士のパートやアルバイトは正社員とどう違う?保育士の仕事は、正社員以外にもパート職員や派遣社員等雇用形態が様々です。正社員とパートやアルバイトではどのような違いがあるのでしょうか。仕事の量や責任の度合いは変わる?正社員とパート・アルバイトの職員で比べると、仕事の量や責任の度合いには差があります。仕事量でいうと、任される書類はパート・アルバイトの方が圧倒的に少ないです。日々の保

横浜保育士求人の特徴や、人気な施設・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

横浜市は都会に思われがちですが、緑も多く、自然豊かで子育て環境にも恵まれた地域です。そんな横浜市の保育所にはどんな求人があるのでしょうか?横浜市内の人気の保育所や、求人の特徴などを分かりやすくお伝えします。横浜保育士求人の特徴は?横浜市の待機児童が0になったというニュースを聞いたことはないですか?待機児童が一時期0になったことはありましたが、実際はまだまだ待機児童も多く、保育園の新設も多い地域です。横浜市の保育士求人には、どのような特徴があるのでしょうか。求人の数が多い!新設園を多く作っているだけあって、毎年かなりの数の求人がでています。地区によって待機児童の差はあるものの、市内では平均的に求

保育士とはどんな仕事?仕事内容や子育てにおける役割、今の時代大変なことなど詳しく解説します!

保育園に勤務している保育士は0歳から就学前の小さな子どもたちを相手にしているので、単純で簡単だと思われがちですが、決してそうではありません。今回は実際の仕事内容や一日の流れ、こんなことが難しい・大変だけどその分やりがいがあると思うことなど、保育士の仕事をまるごと紹介いたします。保育士とはどんな仕事?保育とは乳幼児の命を預かったり情緒の安定を図ったりする養護と、心身の健康を増進するための教育の二つを行うことです。一般的には保育園や幼稚園など家庭以外の特定の施設における保育や幼児教育を意味するもので、家庭における育児とは区別されています。よって、これらの特定の施設で家族に代わって子どもたちを保育す

保育士求人でよくある募集内容 雇用形態による違いも教えます!

保育士の求人は、専門職ならではの用語や手当が沢山あり、一見すると内容が分からない場合もあります。保育所によって、給料を始め手当のつけ方や福利厚生は様々なので、一概にどこが良いとは言えません。保育士として長く、そして楽しく働いていくために保育士求人の募集内容の見方から、雇用形態による働き方の違いを分かりやすく解説します。保育士求人でよくある募集内容とは?保育士求人の情報で『人気の社会福祉法人経営!』『おすすめ求人!賞与4ヶ月!』といった謳い文句を見たことがあるかと思いますがが、実際の相場はどうなのでしょうか?しっかりと確認して、良い保育士求人を見極めるコツを教えます。給与相場保育士の月給は首都圏

保育士バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

小さい頃保育園の先生に憧れて保育園の先生になりたいと思ったり、子どもが好きだから子どもに関わる仕事をしたいと思っている人は沢山いると思います。私もその一人で、10年程前に普通の会社員から保育士に転職しました。以来ずっと保育園や幼稚園などで子どもたちと楽しく過ごしています。では、保育士とは具体的にどんな仕事をするのか、保育士バイトはどんな人が向いているのかなど、私の経験からまとめてみました。保育士のバイトはどんな仕事?0歳から小学校就学前までの乳幼児を保育する保育園での仕事や、児童養護施設など児童福祉施設において児童の保育をする仕事があります。保育士の大まかな仕事内容おむつ交換や見守り・食事の補

保育士の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容やメリット・デメリットや向き不向きについて解説します

保育士の仕事は子どもと遊ぶ以外にも多くの業務があります。保育士として働いてきた経験から、今回は保育士に向いている人がどんな人なのかを紹介したいと思います。保育士はどんな仕事?保育士の仕事は、就労・病気等で家庭での保育が困難な子どもを預かり、社会性や集団生活マナーやルールを伝えながら心身の安定や成長を促す仕事です。一緒に遊ぶだけではなく、遊びの中から一人一人子どもが成長できるよう手助けをしています。保育士の大まかな仕事内容お預かりしている子どもが安全に安心して過ごせるよう、部屋の環境を整えたり、清掃をして清潔を保ちます。子どもと一緒に過ごしながら、遊びの中で集団生活のルールを教えたり食事のマナー

保育士の仕事内容12個の業務。経験者が具体的に教えます

保育園の先生って子どもと遊んでいるだけでしょ?と思われるかもしれませんが、保育の仕事は子どもと遊ぶ以外にも沢山あります。憧れだった保育士の資格を取得し、いざ仕事を始めたときに「こんなはずじゃなかった!」と思わないように、保育士の仕事内容を分かりやすくお伝えします。公立の保育所と私立の保育所 働く側にとっての違いとは?公立保育所公立保育所は各自治体が経営している保育所です。そのため、公立保育所で働く保育士は公務員の扱いになります。公務員なので自治体が行う公務員試験に合格して初めて公立保育所で勤務することができます。公立保育所の良いところは、なんと言っても給料や休日、昇給といった体制がしっかりして

保育士転職で知っておくべき6個のこと

保育士の就職先は保育所だけだとは思っていませんか?保育士の資格を活かして働ける場所は保育所以外にも沢山あります。また、保育所にも様々な種類があります。保育士転職を考えている方は、施設の概要を知って自分に合った転職先を見つけましょう。保育所の種類認可保育所認可保育所は、児童福祉法に基づいた児童福祉施設になります。施設の広さや保育士の人数、給食設備や施設の設備管理といった国が定めた設置基準をクリアし、各都道府県知事に認可された施設のことを言います。自治体が管理しているため、利用したい保護者は保育所と直接契約するのではなく各自治体に利用申し込みをし、各自治体の利用基準と照らし合わせて合否が決まります

保育士募集を見極める前に!こんな良い条件の保育園・幼稚園もあるんです

保育所は、園によって方針も様々で考え方も違います。自分に合った方針や特徴を持つ園だと、自分のやる気にも繋がり、更に保育が楽しくなりますね。また、新しく作られた園には設備も最新のものが多く、デザインも有名デザイナーが手掛けている場所もあります。おしゃれなカフェのような空間で仕事ができたら、自分のモチベーションアップにも繋がりますよね。この記事では、保育士募集を見極める前に、様々な保育所の中で特に多い方針や特徴を説明し、様々な活動や工夫を取り入れた保育所を紹介します。園の方針や保育内容は、保育園・幼稚園によって様々な特徴があります方針に共感できる園なら、働きがいもアップ勉強やしつけに力を入れている

保育士パート求人の選び方3選。パートならではのメリットも経験者が教えます

自分の子育てが一段落し、保育士資格を生かして職場に復帰しようと考える方も多いのではないでしょうか。無資格でも子育て経験を活かしてパートとして保育所で仕事ができることもあります。子どもが好き、やりがいのある仕事についてみたいと思ったら保育所でパートをしてみるのも良いでしょう。保育所のパート求人の選び方をお話しします。パート求人の選び方まずは、どんな保育所で働きたいのかを考えてみましょう保育所でパートとして働きたいと思ったら、まずはどんな保育所があるのか調べてみましょう。近隣の保育所は市区町村のホームページを調べると載っていることが多いので参考にしてみてください。保育所の種類や規模は?保育所と一言

保育士は「誰にでも出来る仕事か」議論に対して、現役保育士として異議を唱えたい

「保育園落ちた、日本死ね」「待機児童ゼロは嘘だった」待機児童や保育園の問題がクローズアップされる中「保育士の給料が低いのは誰にでもできる仕事だから」という発言が最近話題になりました。本当に保育士は誰にでもできる仕事でしょうか?現役の保育士の立場から、保育士の仕事が誰にでもできるものなのか考えてみました。保育士の仕事内容についても細かく書いているので、保育士以外の方は議論の参考のためにも是非見ていただけたら幸いです。誤解されがち、子供と遊ぶのが保育士の仕事ではない保育士の仕事は子どもと遊ぶだけ、一緒にお昼寝ができる、取引先に頭を下げたりしないから楽で良いわね、なんてイメージを保育士に対して持って