日々、子どもたちの身の回りの世話をし、心身ともに健康に成長できるような支援を行う保育士さん。

身近なお仕事のようで、資格の取得方法や資格の活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。

実は誰にでも取得のチャンスがある保育士資格と活かせる仕事について詳しくまとめます。

保育士の資格とは?

保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。

また、保護者に対して保育に関する指導を行うことができる立場でもあります。

保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居してしまった場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。

保育士として勤務するためには、都道府県での登録手続きが必要です。

都道府県知事に対して申請を行い、保育士証の発行を受けることで勤務が可能になります。

一度保育士登録を行い、保育士証の発行を受けた場合には、その後の更新手続きなどは必要ありません。

しかし、結婚や転居などで、氏名や本籍地住所が変更になった際には、手続きを行います。

保育士登録はいつでも申請することができますが、保育士証の発行までには2か月ほどかかってしまうため、時間に余裕をもって行いましょう。

保育士の資格取得ルート

保育士資格の取得には、大まかに分けて3種類のルートがあります。

資格取得ルート1:短大や専門学校で保育士資格を取得する。

保育系の短大や専門学校に入学し、必要な単位を修めて卒業すると保育士資格を得ることができます。

保育系の学校では、保育士として必要な専門知識を座学で学ぶほか、ピアノや読み聞かせなどの実技があり、保育園での実習が必修となります。

皆、保育士になるために入学してくるため、仲間に囲まれて充実した学びを得ることができるでしょう。

保育士になることを考えている高校生には、お勧めの進路です。

4年制大学と比較して、2~3年と短い期間で働き始めることができるというメリットもあります。

資格取得ルート2:4年制大学で、教員免許と共に保育士資格を取得する。

4年制大学で、保育士資格だけでなく教員免許も一緒に取得するということも可能です。

よくあるのは、幼稚園教諭の免許と保育士資格がとれるという学科です。

この二つは、必須単位に重なる部分があるため、同時取得は比較的容易です。

小学校教員の免許もとれる!という大学もあります。

小学校の勉強もするとなると、講義のコマ数や実習が多くなり大変忙しい学生生活になりますが、4年制大学なら可能です。

保育士になりたいけど他の仕事も気になる方や、選択肢を広げたい方にはお勧めの進路です。

専門学校や短期大学に比較すると大学の規模が大きくなり、違う進路を目指している学生とも同じキャンパスで学ぶことになるため、交友関係は大きく広がりそうです。

資格取得ルート3:社会人になってから、国家試験に合格して資格を取得する。

すでに社会人として働いているが、やはり保育士になりたいという方。

また、保育補助など保育に関わる仕事をしているうちに保育士資格が必要だと感じるようになった方には、国家試験を目指すという方法があります。

保育士の国家試験は、大学・短期大学・専門学校卒か在学中の者が対象になります。

最終学歴が中学校卒や高校卒の場合であっても、一定期間児童福祉施設で児童の保育を行っていた実績があれば受験することが可能です。

国家試験は、4月と10月の年2回実施されています。

筆記試験に合格した者のみ、7月と12月に実技試験を受けることになります。

筆記試験の内容は、「保育原理」「教育原理及び社会的養護」「児童家庭福祉」「社会福祉」「保育の心理学」「子どもの保健」「子どもの食と栄養」「保育実習理論」の8科目です。

実技試験の内容は、「音楽表現」「造形表現」「言語表現」のうちの2つを選択します。

音楽表現では、ピアノ・ギター・アコーディオンのいずれかを演奏しながら、当日指定された課題曲を歌います。

造形表現では、鉛筆や色鉛筆などを使用して、当日指定された「保育の一場面」を描きます。

言語表現では、3歳児を想定しながら、当日指定された昔話などの課題を3分間にまとめてお話しします。

保育士資格の合格率はどれくらい?

国家試験の合格率は、例年25%程度と言われています。

働きながら受験している人も多いため、十分に試験対策ができずなかなか合格できないという人もいるようです。

しかし、保育士試験は一度にすべての科目を合格する必要はなく、有効期間が3年間設けられているため、数回チャレンジしてすべての科目の合格を目指すことができるのです。

他にもオススメ!保育士の資格を活かせる仕事4選

一般的には、保育士の勤務先というと保育園をイメージされる方が多いと思います。

しかし、実際には保育園や保育所以外にも、保育士の資格を生かして働ける場所はたくさんあるのです。

病児保育

病児保育とは、普段保育園に通っている子どもが病気にかかった際、子どもを預かって世話をするサービスのことです。

保育園は、37.5度以上の発熱がある場合には、子どもを預かることができません。

しかし仕事を持っている保護者は、子どもの体調不良に合わせてそう何日も欠勤できないというのがリアルなところです。

そんなときに活躍するのが、この病児保育なのです。

小児科医院に併設されていたり、病児保育室として施設を構えていたり、自宅への訪問サービスを行っていたりと、形態は様々です。

また、認可保育園と違って預ける際に規定はないので、就労していない保護者であっても預けることができます。

その仕事内容とは?

病気の子どもを預かってお世話をします。

施設型で感染の危険がある場合には、他の利用者にうつしてしまわないように、隔離して対応します。

多くの施設では給食などの設備はないため、保護者から預かった食事を食べさせます。

病気の子どもというと、ぐったりしていて眠ってばかりの様子をイメージされる方もいるかもしれません。

しかし実際には、症状が重くない場合には、熱が高くても元気な子どもが多いのです。

寝ている必要がない子どもは、普通の保育園のように室内遊びや読み聞かせなどをして過ごします。

おすすめポイントとは?

病気の子どもを外に連れ出すことはないので、室内遊びが得意!という保育士には向いているかもしれません。

保育園で働いていると、どうしても日焼けをしてしまうのですが、病児保育のスタッフになってから全く日焼けをしなくなったという保育士仲間もいました。

一方、病気の子どもを預かるため、保育士自身の体調管理は万全にしなくてはなりません。

抵抗力が弱く体調を崩しやすいという方には不向きでしょう。

実際に病児保育の仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!

美容院や整骨院、ショッピングセンターなどの託児スタッフ

最近、子育て中のママでも、お洒落やショッピングを楽しめるようにと、託児スタッフを置いているお店が増えてきています。

美容院や整骨院などの一室を、キッズルームとして整備し、そこに保育士を配置して、保護者が子どもを預けて安心してサービスが受けられるようにしているのです。

その仕事内容とは?

保護者がその店舗でサービスを受けている間、子どもを預けるという形態になるため、比較的短時間の預かりになります。

食事をしないことがほとんどです。

遊びや読み聞かせをしながら、お迎えを待ちます。

生後数か月の乳児の場合には、寝ている状態で預かり、寝たままお迎えが来るなんてこともあります。

おすすめポイントとは?

短時間でも子どもと距離を縮められる、楽しく遊ぶのが得意という方にはお勧めです。

保育園などのねらいや系統のある遊びとは違い、その子がその時間を楽しく過ごせることを目的としています。

また、キッズルームの広さの関係から、預かる子どもの数に制約があるため、少人数の子ども一人一人としっかり関わりたいという方にもいいでしょう。

あまり正社員の募集は多くなく、ほとんどが時給制での契約となります。

児童養護施設の職員

児童養護施設とは、保護者が何らかの理由によって養育できなくなってしまった児童が入所し、生活をする施設です。

理由とは、保護者との死別や入院、拘留、虐待などが挙げられます。

以前は1歳以下は乳児院、それ以上は児童養護施設と分けられていましたが、2005年の児童福祉法の改正により、児童養護施設にも乳児を入所させることができるようになりました。

その仕事内容とは?

通常の保育園と同じように、子どもたちの食事や排せつの世話、遊びなど、日常生活の補助が基本となります。

しかし、保育園での一時的な預かりとは異なり、児童養護施設では子どもたちの生活そのものを支えています。

保護者から離れて生活する子どもたちは、様々な背景を抱えているため、心理的なケアが必要となります。

通常の保育士よりも、より親に近い存在しとして働くようになります。

24時間体制で仕事があるため、ほとんどの施設ではシフト制を組んでいます。

宿直や、早番、昼番、遅番など、施設によって名称は様々ですが、常に一定の人員が確保されるようにしているのです。

児童養護施設の職員は、保育士のほかに、児童指導員という立場の者がいます。

保育士が就学前の子ども達の世話をし、指導員が学童期以上を世話する、と別れている施設もありますが、持っている資格に関わらずすべての子ども達のケアを行う施設もあるようです。

求人を見る際には、どの年代の子どもたちのケアを行うのか、確認しておくといいでしょう。

おすすめポイントとは?

乳幼児に関わらず、様々な年齢の子ども達に関わりたい方にはやりがいのある仕事でしょう。

また、心理的なケアを必要としている子どもたちも多いため、学生時代に児童心理学を専攻していた、カウンセリングの勉強をしていたという方は専門性を発揮できるでしょう。

学童保育

学童保育とは、帰宅しても保護者が在宅していない子どもたちを預かる場所のことです。

小学校内の一教室などを活用して、帰りの会を終えた子どもたちがそのまま通室してきます。

また、学校とは別の場所に施設を構えている場合には、学童に通う子どもたちが集団下校のような形態で通室していきます。

学童保育は、各自治体の教育委員会など窓口になって民間委託されていたり、また独自の教育プログラムをもった民間の学童保育施設が増えていたりと、様相が変わってきている印象があります。

名称も、放課後クラブや子どもルームなど、地域によって様々です。

近年の共働き家庭の増加により、需要が高まっている施設です。

その仕事内容とは?

小学校が終わる15:00前ごろから、18時頃(延長の場合は19時頃)まで子どもたちを預かります。

学童保育での過ごし方は、施設によって異なります。

宿題にみんなで取り組む宿題タイムがあったり、おやつを食べたり、外遊びに出かけたりします。

室内にも、本やボードゲームなど室内あそびができる用具がそろっています。

民間の学童保育では、特色を押し出しており、習い事のような雰囲気の施設もあります。

例えば、ネイティブスピーカーと日本人の講師がおり、常に英語で子どもたちに対応する学童保育を行っている会社もあります。

保育士は子どもたちの宿題を見たり、遊びを企画したり、時にはけんかの仲裁をしたりします。

季節に応じた創作物の工作や、読み聞かせをすることもあります。

また、保護者向けのお便りを作成したり、掲示物を作ったりします。

民間の特色のある学童保育では、英語が得意な保育士を積極的に募集しているなど、その専門性に応じた求人を行っています。

学童保育の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

おすすめポイントとは?

勤務時間が昼から夜に渡るのが特徴です。

職員は12:00頃から出勤して準備をし、全ての子どもを帰宅させた後に片付けや清掃などを行い、19:30頃に退勤となります。

民間の学童保育では、午前中は幼児教育を行い、午後は学童保育を行っているという会社もあります。

自分の生活スタイルに応じて、勤務先を選ぶことができます。

正社員として月給制で働く場合もあれば、時間給での契約もあります。

一概には言えませんが、正社員として雇用された場合には、シフト管理や備品管理などマネージメントに関わる仕事を任せられることが多いようです。

一方、時間給での契約の場合は、子どもとの関わりがメインになることが多いです。

対象とする子どもは、6歳から12歳と高年齢です。

大きな子どもたちと関わりたいという方にはお勧めです。

まとめ

保育士資格を持っていると、保育園以外にも多様な施設で働くことができます。

自分に合った働き方を見つけられるといいですね。


関連キーワード

保育士求人