世間でも何かと話題になっている保育士。

待遇が悪いというイメージが先行してしまいがちですし、実際の業務内容は子どもと遊ぶだけ?と思われる方も多いかもしれません。

現役で保育士として働く筆者が保育士の仕事や役割、やりがいについて詳しく解説したいと思います。

保育士とはどんな仕事?

保育士とは保育所や児童福祉施設において子どもの保育を行うものとされていて、国家資格が必要な資格です。

子どもと遊んだりお世話をするという事が先行しがちですが、保育士の仕事は子どもと遊ぶ中で、一人一人の社会性を育て、遊びの中で発達を促したり言語の取得を促したりとただ遊んでいるわけではなく、子どもや月齢、発達段階に合わせて遊びを考えています。

それだけではなく、月案や週案、子どもの様子を細かく記入する連絡帳といった事務仕事も保育士の仕事の一つです。

保育士の具体的な仕事内容とは?

保育所で働く保育士の具体的な仕事内容について紹介したいと思います。

具体的な業務

担任としてクラス運営をする担任業務

クラス担任として子どもたちの1日の活動を計画し、それをもとに活動を行います。

クラス担任は年齢によって人数もバラバラで、乳児クラスでは複数の保育士で子どもを見る事が多いですが、幼児クラスになると1人担任でクラスを運営していく事もあります。

複数の保育士が担任をする場合は、日中の活動のリーダーをとる人、サポートをする人、片付けや準備などに回る人というように役割分担をし、子どもがスムーズに生活していけるよう手助けをしています。

活動内容も、その日の子どもの体調の様子や出席人数、保育士の人数などに合わせて臨機応変に対応し、散歩に出かけたり製作をしたり、室内で教具を出して身体を動かす遊びを行ったりと、子どもたちが様々な経験ができるように考えています。

毎日の連絡帳をはじめとする事務作業

保育士は事務作業も多く、毎日の連絡帳をはじめ保育日誌や月案、週案、行事の立案などがあります。

連絡帳や保育日誌は毎日書くものなので、担任が分担して記入し、子ども一人一人の様子を細かく記録していきます。

月案や週案は子どもの様子にもあわせて計画し、晴天や雨天の時にも対応できるよう何パターンか考えています。

他にもクラス便りや園便り、会議の記録など書き物の時間は多いにもかかわらず、子どもがいる間は作業することができないので、残って仕事をしなくてはならないという結果になっています。

子育て相談や子どもの発達相談といった保護者対応

保護者の方からの育児の相談や発達相談といったことも重要な仕事のひとつです。

子ども一人一人には個性があるので、発達が早かったり遅かったりと発達段階は変わってきます。

しかし、中には理由があって遅い場合もあります。

そういった時に専門の機関を紹介したり、家庭でも工夫できることを伝えていったり、今後の方針などを考えたりすることがあります。

また、子育てに悩んている保護者の相談に乗ったり、必要に応じて個別で面談できるよう時間や場所を調整することもあります。

地域の子育て拠点としての業務

保育園は地域の中の子育て拠点としての役割を持っているので、地域の方に対応する窓口を設けています。

園庭解放や育児相談といったものから、絵本の貸し出し、保育体験など内容は様々で、行っている内容を地域の方に発信することも大切な仕事のひとつです。

散歩先などで保育園の子ども以外にも遊んでいる子どもがいた時に、子どもの保護者に挨拶をしたり、必要があれば一緒にゲームをしたりして交流を行う事もありますし、地域の方に向けてイベントを企画することもあります。

保育園内部だけではなく外部とも連絡を取る必要があるので、大変な部分も多いです。

子どもや保護者が楽しめるように企画する行事運営

保育園の生活の集大成として行う、運動会や発表会といった行事運営を行うことも仕事になります。

大きな行事(夏祭り・運動会・発表会・卒園式)は、行事が行われる日の3か月以上前から内容をつめていき、会場の手配やお便りの作成などを行っています。

4月の段階で大まかに運動会や発表会で何をするのか決めている事も多いです。

行事は保護者も参加する形になるので、誘導はどうするか、会場までの道のりはどうなのか、自動車や自転車の置き場所は?

といった細かいところまで全保育士が情報を共有し行事運営にあたっています。

仕事の流れ

朝(登園時)

保育園に登園してくる子どもを迎え入れて、必要であれば検温、視診を行います。

特に感染症が流行っている時期では、熱はなかったか、下痢嘔吐がなかったかなど見ただけではわからないことを保護者に確認し、蔓延を防げるようにしています。

保育園は開所時間が長く、朝の受け入れを担任以外の職員が行う事も多いので、朝、保護者から言われたことを担任に必ず引き継ぐことができるようにノートを活用して伝達漏れのないよう努めています。

日中(主活動)

10時前後からクラスに分かれて主活動を行います。

晴れた日は散歩に出かけたり園庭に出たりと戸外で過ごす事が多く、散歩先でどのような事をやるのか、何故それをやるのかといった細かい目標を立てて計画しています。

また、季節の製作や折り紙といった、手先の発達を促すような遊びを取り入れたり、跳び箱やマット運動などの体操遊びを取り入れて体力づくりを行ったりします。

昼(昼食~昼寝)

主活動が終わると昼食の時間になります。

0歳児は10時半前後から食べ始め、1歳児は10時40分、2歳児は11時……と活動時間が長くなるように昼食の時間も学年によってずらしています。

幼児クラスは12時近くに食べ始めるので、0歳児とは1時間以上時間が変わってくることも多いです。

昼食の最中も、ただ一緒に食べるのではなく、一緒に食べることで食べる意欲を高めたり、箸の持ち方やスプーンの持ち方、椅子の座り方や食事のマナーといったことも伝えています。

昼食が終わり、必要に応じてパジャマ等に着替えた後はお昼寝になります。

時間は学年によって違いますが概ね2時間~3時間くらいの時間があります。

お昼寝中も保育士はやることがたくさんあり、連絡帳を記入したりクラス会議をしたり、行事にむけての話し合いを行ったりしています。

お昼寝の間に休憩を回すことが多いので、保育士の休憩時間は13時~15時の間でとるという事が多いです。

夕方(降園時)

お昼寝後におやつを食べた後は自由に遊んで降園を待ちます。

天気の良い日は園庭に出て遊んだり、絵本を読んだり、室内でコーナー遊びを楽しんだりして過ごす事が多いです。

登園時と一緒で開所時間の長い保育園では、シフトで勤務しているため担任の先生が降園時に立ち会うことができないことも多いため、ノートなどを活用します。

今日あった出来事や、怪我をしてしまった場合は状況や部位の確認など、必要な連絡事項を遅番の先生に伝達します。

遅くまで残っている子には補食や夕食を提供することがあり、楽しんで食事をし、お迎えが待てるような雰囲気づくりを心掛けています。

降園後

子どもたちが帰ったあと、保育士は保育室の清掃をしたり翌日の準備をしてから帰ります。

翌日の準備は、製作をするのであれば事前に絵具を持ってきておいたり、画用紙を必要な形に切っておいたりする必要がありますし、散歩に行く場合もコースを確認し、他のクラスと被ったりしていないかをチェックしたりしています。

お昼寝の最中に終わらなかった事務作業も降園後に行う事が多いので、年度末や月末は書類が多く、残って作業する保育士も多いです。

保育士はどういう人と仕事で関わるの?

保育士は出会いのない職場といわれますが、様々な人と関わることがあります。

毎日会う保護者

保護者とは毎日会うため、関わる機会が多いです。

他のクラスの保護者とも道ですれ違った時には挨拶をしたりするので、基本的には全保護者の顔を覚えていられるようにしています。

祖父母がお迎えに来ることが多い人だと保護者の方が思い浮かばない時もあるので、他の保育士に確認するなんていうこともよくあります。

避難訓練でお世話になる消防士

消防士の方とは年に数回ほど総合避難訓練の時に会うことが多く、保育士の結婚相手にも多いといわれています。

避難訓練の時以外でも、夏場のプールの前に救命処置の講習に来てもらったり、消防署の体験などで子どもと一緒に赴くこともあります。

外部委託の清掃会社

玄関のマットや掃除用のモップなどを外部に委託している保育園も多いです。

そのため外部委託の方とお会いすることも多く、世間話をすることも多いです。

健康診断でお世話になる嘱託医

保育園では年に2回の子どもたちの内科検診と、年に1回の歯科検診を行うようになっています。

そのため嘱託医である内科医の先生や歯科医の先生とは関わる機会も多く、子どもの発達の相談や気になる子への対処方法、歯磨き指導の仕方などをレクチャーしてもらったりしています。

気になる子への対応のための療育の先生

地域を管轄する療育施設の先生とは連絡を取り合い、子どもの気になる様子などをその都度伝えられるようにしています。

療育施設の先生も年に数回、保育園に様子を見に来ていただき、気になる子への対応の仕方について教えていただく事があります。

保育士の給料事情は?

低い低いといわれている保育士の給料事情。

実際に働いていて感じる給料の事についてお話しします。

給料はそこそこ、でも昇給がないから続けられない

保育士の初任給は他の職種と同等程度であることが多いです。

そのため、一見すると普通に感じるかもしれませんが、昇給が少ないため長く続けるメリットがありません。

保育園での役職も、保育士・クラスリーダー・主任(副主任がいる場合も)・園長で終わってしまうため、階級が上がったことによる昇給もほとんどありません。

保育士の給料が少ないといわれている現状は昇給の低さといっても過言ではありません。

離職率が多く、結果として安く雇える新卒採用をとりがち

結婚や出産といった大きな節目で辞める保育士が多いため、業界全体の給料が安い水準にあります。

また、中途採用で保育士を求める時に、他の保育園との価値観の違いから馴染みにくく、転職してすぐに離職してしまう事も多いため、経営者側も新卒者を採用してしまいがちです。

そのため業界全体での給料は安く、長いキャリアを積む人もいないので昇給の大切さも伝わらず、悪循環に陥っています。

制度を使って給料アップを狙う

自治体によっては保育士の住宅を支援してくれる場所があります。

社宅制度を利用して、1人暮らしでも十分な生活ができるように整えられているので、給料が低いからといって生活できないわけではありません。

また、2017年10月から千葉県の松戸市では「松戸手当」として保育士経験が1~11年目の人に1ヶ月当たり4万5000円、その後19年目まで、年次が上がるごとに約3000円の増額。

20年以上のベテランには、上限の7万2000円を支給する手当を設定しました。

給料アップだけではなく、保育士の子どもを保育施設に優先的に入所できたり、保育料を最大2万7000円割り引いてくれる制度も作られています。

こうした保育士確保のために対応する自治体も増えてきているので、よく調べておくといいですね。

保育士の仕事でやりがいを感じること

保育士の仕事をしていてやりがいを感じる時はたくさんあります。

その中でも選りすぐりの内容を紹介したいと思います。

担任を受け持った子どもたちの卒園に携わるとき

0歳児や1歳児クラスで担任をした子どもたちが卒園するときには、他の卒園児とは違う大きな感動とやりがいがあります。

保育園は長くて6年間在籍している子もおり、まだ生まれたばかりで歩けなかった子どもたちが、卒園式で証書をもらっている……!

という時にはこみ上げるものがありました。

受け持ったことのないクラスの子どもが卒園する時ですら感動するのに、受け持った子となると思いはより一層強いものになります。

大きな行事(運動会・発表会)が終わった時

行事は構成から始まり準備の段階で長い時間かけて行うものなので、終わった時の達成感とやりがいはとても大きいです。

特に幼児クラスとなると準備にしても、内容にしても、他の学年よりは高度なものになってくるので、日々の労力は大きいものです。

ひとつの行事を終えたという達成感もありますし、いままで練習をしてきた子どもたちの集大成を見て、一回り成長した姿に気づけたというのもやりがいを感じるポイントです。

進級したクラスで、小さな子の面倒を見ていた時

自分が受け持っていたクラスの子どもたちが進級すると、他の保育士が担任になることも多いです。

今まで自分が見てきた子どもたちが、自分より小さい子にやさしくしている姿を見ると成長を感じ、いままで一生懸命関わってきて良かった!

と感じることができます。

できなかったことができるようになった時

子どもにとって1日1日が大きな変化で、たくさん吸収する時期ですので、昨日できなかったことができるようになった時は、子どもと一緒に喜んで、うれしくなる瞬間です。

そういったできることが増えてきたという積み重ねで、子どもたちの成長に気づけたときに、保育士をやっていてよかったなと改めて思う事ができます。

保育士に向いている人のタイプは?

保育士の仕事は、子どもと遊んでいるだけではなく他にもやらなければならないことがたくさんあります。

子どもが好きという理由だけでは決して務まるものではないので、向いている人と向いていない人とでてきます。

子どものお世話を嫌がらないで行える人

保育士の仕事の中には排せつの処理や嘔吐物といったものの処理をすることももちろん含まれます。

「子どもとはいえ、自分以外の便を触りたくない」と思う人は、毎日の事なので続けるのは厳しいでしょう。

子どもの中にはおもらししてしまったり、手で触ったものを保育士に悪気なくつけてくる子もいます。

私も今まで便のついたパンツを洗った事は数えきれませんし、嘔吐を手で受け止めたこともあります。

綺麗だけではない仕事もしっかりと行う事ができる意思がある人が望ましいです。

自分のクラスだけではなく他のクラスの事も考えて臨機応変に動ける人

保育士の仕事は書類仕事も多く、なおかつ自由に使える時間が少ないので、どうしてもためてしまいがちです。

自分の仕事が大変であっても、同じように他の人も同じ量の仕事を抱えているので、自分だけが書類のために抜けて終わらせるのではなく、他の人に「どのくらい進んでる?」「先に抜けて書類をやってきてもいい?」とお互いにコミュニケーションをとりながら行っていくことが大切です。

コミュニケーション力がある人

保育士の仕事は保護者をはじめとした子ども以外にもかかわる人がたくさんいます。

クラス運営を見てみても、同じクラスの担任同士でより良い保育をしていくために、何度も話し合いをしていきますし、保護者と話をすることで、悩んでいることや考えていることを共有したり、子どもに対する思いをお互いが知ることができます。

コミュニケーションが重要な仕事でもあるので、人と話すことが苦手な人は苦痛に感じるかもしれません。

保育士になるためにはどうしたらいい?

保育士になるにはまず保育士の資格をとることが必要となります。

どうすれば保育士になれるのか、簡単に説明したいと思います。

まずは保育士資格を取得

初めに、一番重要な保育士の資格をとりましょう。

保育士資格は国家資格なので、一定の基準が設けられています。

資格の取り方

保育士資格は取得するために2種類の方法があります。

1つは短大・専門学校・大学といった保育士資格を取得できる学校を卒業することです。

保育士資格は医師免許などとは違い、学校を卒業した後に試験を受けることなく資格を取得することができます。

保育士資格を取得するためには必要な単位があり、必要な時間数の実習を受ける必要があるので、カリキュラムをよく確認しておきましょう。

もう1つは保育士試験を受けて合格する必要があります。

保育士試験の内容はユーキャンといった通信でも勉強できますし、完全に独学でも勉強することはできます。

また、無資格でも保育園で補助として働いていると一定の科目が免除になることもあります。

学校を卒業せずに資格を取得するのであれば、働きながら行うと実践にもなり即戦力につながります。

学校の探し方

保育士の資格を取得することができる学校は全国にたくさんあります。

高校の先生に聞いてみるのもいいですし、実際に見学に行くこともいいでしょう。

保育士の資格を取得するための学校は短大・専門・大学とありますが、保育士としてすぐに働いてキャリアを積みたいと考えているのであれば短大をおすすめします。

保育士の仕事は学歴よりも保育士として働いたことのある経験を大切に考えているところがあるので、2年で資格を取得しすぐに保育士として活躍している人の方が多いです。

逆に、保育士だけではなく子どもに関することを事業としている企業に就きたいと考えているのであれば、大学をおすすめします。

就職先を見つける

学校にくる求人票や、各保育園のホームページ、就職サイトなどを拝見して就職先を見つけます。

学校を卒業する場合、専門や短大卒と、大学卒では給料に差がある場合とない場合があります。

保育士の仕事は学歴よりも職歴を優先することが多いので、大学卒で就職先を決める場合は、求人票をしっかりと確認しておきましょう。

働きやすい職場を見つけるためのポイント

働きやすい職場かを見極めるためには、見学や実習に行くことが大切です。

実際に保育園に赴いてどのような保育士が働いているのか、最近の離職率はどうかを知っておくと良いですね。

遅い時間に近くを通った時に電気が点いているかもチェックしておくと、残業が多いか少ないかもわかります。

求人票の中には給料以外にも福利厚生などが書かれているので、どんなものがあるか確認しておくと安心です。

女性の場合、結婚や出産といった人生の節目があります。

保育士として仕事をずっと続けたいと考えているのであれば、産休育休の取得率を知るのも大切ですし、そこから復帰した人がどのくらいいるのかをしっかりと確認しておくことが大切です。

まとめ

保育士の仕事は大変な事も多いですが、やりがいもありとても楽しい仕事です。

憧れの職業に就けるように、参考になるとうれしいです。


関連キーワード

保育士求人

保育士求人についてもっと深堀りした情報を見る

病児保育の年収の相場は?年収を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

幅広い年代の子どもと関われる、比較的福利厚生が充実している等メリットが多い病児保育の仕事。興味のある方も多いのではないでしょうか?しかし、やはり気になるのはその収入。どのくらいの収入が得られるのか、生活はしていけるのか等、気になる点は多々あると思います。今回は病児保育所で働いていた経験のある筆者が自身の経験を交えながら、病児保育の仕事の年収や年収を上げるために出来ること等について解説していきます。私はこんなところで病児保育の仕事をしていました私は地方の小さな市にある医療法人が運営している病児・病後後児対応型の病児保育所で勤務していました。職員は受入れ人数次第で変わるのですが、概ね1~4名で対応

病児保育の仕事はどんな人におすすめ?向いている人の3個の特徴やキャリアについて解説します

共働き世帯の増加と共にどんどんニーズが高まっている病児保育。今回は病児保育の仕事に興味を持っている方向けに病児保育の仕事内容、向いている人、活かせる経験、メリット、キャリアアップについて解説していきます。病児保育の仕事にはどんなものがある?まずは簡単に病児保育の仕事内容の説明を行います。病児保育の主な仕事内容は、病気または病気の回復期にある子どもが保護者の勤務等の都合で家庭でも保育園・幼稚園等でも保育が難しい場合、一時的に預かり保育を行うことです。具体的な仕事内容は下記の通りです。環境整備病気、病気の回復期にある子どもは体力や免疫力が弱っています。そのため、温度や湿度を適切に管理し、快適に過ご

病児保育求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

子育て中のパパ、ママが一番困ってしまうのはお子様が病気になった時ではないでしょうか?しかし、お仕事が休めずどうしても看病が出来ない。近くに頼れる人もいない。そんな時はどうしたら良いか分からなくなってしまいますよね。そんな時に役立つのがパパ、ママの代わりに子どもの看病をしたり、身の回りの世話をしてくれたりする病児保育です。今回は馴染み深いようで意外と知らない病児保育の求人情報や仕事内容等について解説していきます。病児保育の仕事ってどんな仕事?病児保育の仕事は病気、または病気の回復期にある子どもを一時的に預かり保育を行うことです。市町村によっては病児、病後児ではなくても冠婚葬祭や傷病、出産等でも預

保育士の年収はどのくらい?私の周りの相場や給料の決まり方を紹介します

保育園や託児所で勤務する保育士さん。小学生女児にとったアンケートでは、毎年10位以内にランクインするほど人気の職業でもあります。子どもたちと毎日関わることができて、とてもやりがいのある職業に感じられますよね。一方で、保育園もブラック企業のようなものだから離職率が高い、という話も耳にします。実際、保育士の年収はどのくらいもらっているのでしょうか。給与事情に着目してまとめます。保育士の年収の相場はどのくらい?経験者が解説します!保育園は、認可と認可外に分けられます。認可保育園は、児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた基準(資格のある保育士の人数、施設の広さなど)をクリアし、自治体に認められた

保育士求人サイトのおすすめ4選。仕事を探す時に私が良かったものを紹介します

保育士や保育関係のお仕事を始めよう!と決心したら、次にやることはお仕事探しですよね。最近では、インターネットで手軽に仕事を探したり、求人情報を集めたりすることができるようになりました。保育士の求人に特化したサイトもたくさんあります。ここでは、メジャーなサイトについて詳しく解説し、本当に使いやすいサイトはどれなのか考えていきたいと思います。保育士求人サイトのおすすめ4選「保育士 求人」で検索すると、たくさんの求人情報サイトがヒットします。昨今、保育業界は人手不足で、求人もたくさんでています。売り手市場で嬉しい反面、情報が多すぎてどのサイトから探していいのか迷ってしまうことも。また、登録をしないと

保育士の採用で気を付けていることや採用される人の特徴は?保育園の経営者が教えます

ここでは、保育士の採用活動におけるコツや意識するべきことを記載していきます。保育士の採用ではどんな求人内容が募集されているの?基本的には、保育士の資格を持った方の募集がメインとなります。簡単に分けると、3つのポジションです。①現場スタッフ②園長候補、リーダークラス③保育補助(無資格でOKの保育園もあります)任せる仕事内容は、園によって大きく異なる可能性があるので、求人広告や企業の採用ホームページをよく見比べてみると良いでしょう。最近では、認可保育園の求人のみならず、事業所内保育所や、病院、サービス業の店舗(鍼灸院や美容院等)でも保育士資格保有者の求人募集がされていることもあり、働くことができる

保育士の時給や給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

保育士になりたい!でも、保育士の給料ってどれくらいなのかな…と不安に思っていませんか?今回は、保育士の時給や給料の相場、給与の差は何なのかなどお伝えします。保育士の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合初任給は地域や学歴(大卒か短大、専門卒か等)などによって変動してきますが、平均16万~19万円が相場です。これは基本給になるので、手取りはここから2~3万程引いた額になります。都心にある園の方が比較的給与は高くなっています。正社員で転職した場合転職の場合はその人の年齢や勤続年数で異なってきます。例えば1~3年目での転職であれば初任給程の給与、30~40代のベテラン保育士であれば、園にも

保育士に就職するためにはどうしたらいい?資格の取り方やなり方を詳しく解説します!

子どもたちと笑顔いっぱいな毎日を過ごす保育士。そんな保育士の仕事に憧れを持っている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな夢を持つ人のために、保育士になるための資格の取り方や、保育士に就職するための方法をお教えします。保育士に就職するには?保育士になりたい!と思っていても、どうしたらなれるのか…。そんな悩みに答えて、保育士の資格の取り方から、資格取得後の就職先の見つけ方まで、わかりやすく説明します。保育士資格の取得の仕方も、就職先の見つけ方も自分に合った方法を見つけてくださいね。保育士の資格取得ルート保育士として働くには保育士資格を取得する必要があり、その取得方法は2つあります。大学・短大・

名古屋の保育士求人でよくある募集内容、人気のエリアや年収相場を解説します

名古屋では待機児童解消のため、現在も多くの保育園が新設されています。保育園のニーズが非常に高い地域の1つであるため、保育士の需要も高まっており、現在は正規職員だけでもおよそ4500人の保育士が働いています。今回はそんな名古屋で保育士として働きたい人のために、名古屋の保育士求人の現状についてお伝えします。名古屋の保育士求人でよくある募集内容とは?まずは、名古屋市の保育士求人での、年収や雇用形態、勤務形態など、よくある募集内容をお伝えします。年収の相場名古屋市で働く保育士の平均年収は350万~370万円程です。月収の平均は25万円程となっています。公立保育園で働く公務員保育士の初任給はおよそ19万

保育士は副業しないときつい?周りの副業事情ややっているおすすめ副業6選

保育士の給料は安く、自分で自由に使えるお金が少ないと思う人もたくさんいます。今回は保育士として働きながら、副業で収入を得ることで生活の質をあげる方法を紹介します。保育士の給料事情と副業保育士の給料はメディアでも騒がれていたように決して高くありません。初年度はほかの職種とあまり変わりありませんが、昇給がほとんどなく、長く務めてもなかなか給料が上がらないのが現状です。5年勤めていても新卒の給料とほとんど変わらないなんていう事もあります。自分の職場で給料が上がらないのであれば、副業をしようと考える人も多く、保育士として働きながら別の仕事をしている人も多くいます。保育士が副業をする主な理由は?経済的事


保育士求人に関するコラム

保育士でホワイトな職場の5個の特徴と求人や面接の時の見分け方とは?

働く親が増え、保育園が急増している一方で、保育士不足は常に深刻な問題となっています。ブラックな職場は、ただでさえ足りていない保育士の働く意欲を奪い、潜在保育士を生み出す巣窟となりかねません。この記事では、ブラックな保育士の職場の特徴や見分け方などをおさえ、ホワイトな良い職場にめぐり合うためのポイントをまとめました。保育士の職場はブラック?ホワイト?保育士と聞くと、子どもと楽しそうに遊んでいる姿が思い浮かびますが、客観的に見て、まだまだブラックな職場があるのが現状です。そもそも保育園の始まりは、社会福祉の考えにより慈善事業から始まったもので、要因は他にもあるものの「命を預かる職場なのに給料が安い

保育士が向いてない人の4個の特徴。向いていない場合の乗り越える方法も紹介

子供と接することが好きで保育士の道に進んだものの、辛い思いをしたり悩みが尽きないという人いませんか?私も子供が好きで保育士として働いていましたが、天職と言えるほど毎日楽しことばかりではありませんでした。子供と遊ぶだけが仕事ではありませんので、少ながらず悩んだり肌に合わないと感じることは多々あります。昨今、資格を持ってるのに保育士として働いていない“潜在保育士”がとても多いと言われています。様々な理由があると思いますが、資格を取ったものの向いていなかったと感じている人が多いでしょう。今回は、保育士として働くことに向いていない人の特徴とその乗り越え方をご紹介していきます。向いていない人の特徴に当て

保育士の資格を活かせる仕事おすすめ4選。仕事内容とおすすめポイントを紹介します

日々、子どもたちの身の回りの世話をし、心身ともに健康に成長できるような支援を行う保育士さん。身近なお仕事のようで、資格の取得方法や資格の活かし方についてはよく分からない!という方も多いのではないでしょうか。実は誰にでも取得のチャンスがある保育士資格と活かせる仕事について詳しくまとめます。保育士の資格とは?保育士は、日々子どもたちの保育を行っています。また、保護者に対して保育に関する指導を行うことができる立場でもあります。保育士資格は国家資格なので、例え都道府県をまたいで転居してしまった場合であっても、日本全国どこでも資格を生かして働くことができます。保育士として勤務するためには、都道府県での登

保育士の休みはどれくらいある?他の職業と違うところはこんなところ!

保育士はやるべきことが多くてとにかく忙しそう!というイメージがあると思います。確かに様々な技術やアイデア、そして、何より子どもが怪我なく過ごせるような安全な保育が求められたりと大変さも沢山感じると思います。園によっては残業、持ち帰りもあったりして仕事は多いかもしれません。でも、そんな保育士にもしっかりと定められた休みがあります!私も普段は保育士として頑張っていますが、休みはしっかりと休んでいます。休みの日はなるべく保育園のこと、子どものことなど、仕事のことをなるべく忘れてパーッとリフレッシュすることが大切だと思っています。今回は保育士三年目の私から、保育士のリアルなお休み事情をお伝えさせて頂き

保育士を辞めたいと思うときは?楽しいことばかりじゃない、保育士の大変さを紹介します。でも保育士の仕事は好き!

子どもたちと関わりたいと思い、夢をもって保育士を目指す人は多いと思います。ところが実際に保育士として仕事を始めるてみると、自分が思い描いていたイメージとかけ離れていたために仕事を辞めていくという人が少なくありません。保育士を辞めたいと思う背景にはどのようなものがあるのでしょう。保育士の業務内容も紹介しながら、仕事の難しさや大変さを具体的に説明していきたいと思います。保育士の1日保育士は子どもと遊んでいるイメージが強いですが、一日中遊んでいるわけではありません。出勤してから退勤するまでの保育士の仕事内容を紹介します。始業~登園出勤簿に印を押し、持ち場につく出勤簿に印を押したら持ち場(早番は未満児