保育園の先生って子どもと遊んでいるだけでしょ?と思われるかもしれませんが、保育の仕事は子どもと遊ぶ以外にもたくさんあります。

憧れだった保育士の資格を取得し、いざ仕事を始めたときに「こんなはずじゃなかった!」と思わないように、保育士の仕事内容を分かりやすくお伝えします。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

公立の保育所と私立の保育所 働く側にとっての違いとは?

公立保育所

公立保育所は各自治体が経営している保育所です。

そのため、公立保育所で働く保育士は公務員の扱いになります。

公務員なので自治体が行う公務員試験に合格し、初めて公立保育所で勤務することができます。

公立保育所の良いところはなんといっても給料や休日、昇給といった体制がしっかりしているところです。

公立保育所の職員は産休育休から復帰しても仕事を続けている方が多く、仕事をしやすい場所でもあります。

特に男性にはうれしい事ですね。

近年民営化が進み公立保育所職員の募集は減りつつあるので狭き門となっていますが、ぜひ受けてみてください。

私立保育所

私立保育所は運営母体が、社会福祉法人、宗教法人、学校法人、NPO法人等や株式会社や個人経営と様々です。

各園によって特色があり英語教育に力を入れたり、リトミックや体操といったカリキュラムを組んでいる園もあります。

私立保育所の良さは園によっても様々ですが、中には社宅を完備していてほとんどお金をかけずに生活することができたり、海外研修や社員旅行といった福利厚生を整えているところもあります。

各園によって方針や特色は様々なので自分に合う保育所、あわない保育所は当然出てくるかと思います。

なので各園の特色を把握し自分が良いと思う職場を見つけていけるといいですね。

保育士の具体的な仕事内容12個

園児の食事や昼寝などの基本的な生活習慣の指導

保育の中で一番大切なことは子どもの自立を促すことです。

子どもたちと生活をともにし、生活の中から人間関係や生活習慣、社会のルールを伝えていきます。

食事は月齢に合わせて離乳食や幼児食を配膳し、子どもたちと一緒に食べます。

一緒に食べる中で食事のマナーを伝え、食具の持ち方や簡単な配膳方法も伝えていきます。

衣服の着脱も一緒に行い自分でできるようになるよう促していき、3歳にあがる頃には基本的な生活習慣が身についているようにしていきます。

散歩や遊びを通し、園児の成長を促す

散歩や遊びも子供の成長には大切な過程です。

散歩ひとつとっても目的は様々で、

  • 靴や帽子等の準備を自ら行えるようにする
  • 長い距離を歩くことで歩行力をつける
  • 公園で遊具を使用し身体全体の使い方を伝える
  • 友達と一緒に歩くことで社会性を身に着ける

といったことがあり、様々な面で成長を促すことができます。

子どもは遊びの中で社会ルールや基本的な運動動作を身につけていくので、はたから見ればただ遊んでいるようにしか見えませんが、ひとつひとつ考えながら遊びを促していきます。

着替えや排泄などの身の回りのお世話

まだ自由に動くことのできない乳児はもちろん、大きくなった子どもでも身の回りの事を自分ですることが苦手な子もいるので、身の回りの事を援助し自分でできるようになるよう促してあげます。

衣服の着脱を手伝ったり、オムツを取り換える仕事も保育士の仕事です。

中には排便が服まで染みてしまったり、排尿が間に合わず衣服に漏らしてしまうこともあります。

そんな時でも優しく子供に声をかけ新しい衣服に着替えさせ、汚してしまった服を手洗いします。

汚いから触りたくないというわけにはいきません。

給食や補食の配膳・後片付け

給食も大切な保育のひとつです。

食具(スプーン・箸等)を使って上手に食べられるようになるよう子ども一人一人に持ち方を教え、口までの運び方を伝えていきます。

手づかみ食べや食具が苦手な低年齢児は汁物や食材をこぼすのは日常茶飯事です。

根気よく教えていき、できるようになった姿を見ることはとても喜ばしい事です。

また、食育として子どもと一緒に調理をしたり、旬の食材の紹介や行事食の紹介、食べる時のマナーを教えています。

行事の企画・運営

保育所も幼稚園や小学校のように各季節に合わせて行事があります。

毎月行われる誕生日会をはじめ、入園式、夏祭り、運動会、クリスマス会、発表会、卒園式と毎月何かしら行事があります。

各園の中で担当を決め行事を計画し、その日に向かって子どもたちを盛り上げていけるように日々の保育を考えていきます。

特に運動会や発表会は保護者も参加する大きな行事で、子どもたちの成長を知ることができる機会でもあります。

園児の安全や健康管理への配慮

保育所では毎月避難訓練を実施し、火災や地震、津波といった自然災害が起きた時を想定して避難できるように計画を立てています。

火災発生場所も予想できる場所を全て考え、調理室から出火した場合はこのルート、事務所から出火した場合はこのルートといったように何通りもパターンを作成し、子どもたちが安全に避難することができるように考えています。

また、園庭や近隣公園の遊具などに危険はないか遊ぶ前に必ずチェックし、子どもたちが安全に遊ぶことができるよう配慮します。

健康管理は毎朝子どもが登園する際に視診をし、普段と変わりがないか確認します。

熱がありそうなときには検温をし、子どもの些細なことも気付けるように観察しています。

毎月身体測定を行い子どもの発育状況を調べ保護者に伝えることも重要な仕事です。

連絡帳の記入やおたよりなどのプリント作成、保護者対応

保育所と家庭との間のやりとりで一番使われるのが連絡帳です。

子どもの様子を記入し、園で排便したか、食事はどうだったかという細かいことを保護者にもわかりやすく伝えます。

園での様子は保護者は見ることはできないので連絡帳はとても大切なものです。

またおたよりを作成しクラスの様子を伝えたり、保護者にお願いしたいことをプリントにして配布します。

保護者対応も重要な仕事の一つで、子どもの発育や発達面でどのようにしていくか家庭と連携しながら行うようにしています。

教室や施設内の清掃

使用する保育室や施設内のトイレ、廊下や階段といった場所を清掃し清潔を保つのも保育士の仕事です。

園庭がある園では園庭に落ちているゴミや葉っぱなどを取り除き、子どもたちが安全に遊べる環境を整えます。

保育室内も常に清潔に使えるようにし、感染症予防のために定期的に消毒をしたり虫対策をとったりすることもあります。

外部研修への参加

園以外で行われる研修にも参加します。

自治体が行うものもあれば各専門機関が行う研修等多岐にわたり、内容も様々です。

障がい児支援や手遊びや歌遊びの研修、絵を描く際の技法を学んだり、なかには法律を学ぶ機会もあります。

他の人からの意見を聞くことができ、自分の保育を見直すきっかけにもなるので積極的に参加したいものです。

地域行事への参加、近隣園との交流

地域で行われる行事や近隣園と交流することで、小学校へあがる際に会ったことのある友だちを見つけることができスムーズに移行できるようにします。

近隣園との交流は5歳児が行うことが多いですが、乳児交流や異年齢児交流を通して他園の園児の様子や保育者の様子を知ることができる良い機会でもあります。

交流会は各園の代表が場所を決めて集まり計画を立てます。

場所や司会といった事は毎年持ち回りになることが多いです。

地域の子育て拠点として、育児相談や園庭解放

保育所は地域の子育て拠点としての福祉施設の意味合いをもっています。

園庭解放や育児相談、子育てサロンといった地域の保護者が気軽に集える場所を提供し、保護者の育児の悩みを聞いたり、未就園児と交流することによって子ども同士の発達を促すきっかけを作ったりします。

子育て支援担当の保育者が園によって決められており、その人を中心として展開していくことが多いです。

障がい児や支援の必要な子どもへのサポート

保育所には障がいを抱えた子どもや支援が必要な子どももいます。

その子一人一人の発達段階に合わせてカリキュラムを考え、どのように支援していくか話し合い保育所全体でサポートしていけるようにしています。

障がいと診断されていない子でも、クラスの輪に入りにくかったり他の子よりも遅れてしまう場合は加配やフリーの保育者がそばについてサポートする体制をとっています。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

保育士1年目 仕事はどうやって覚える?研修などはあるの?

実習を乗り越えいよいよ保育士として働くことになった1年目、保育所は幼稚園とは違い、ほとんど乳児クラスの担任として先輩と一緒に組んで保育にあたることが多いです。

わからないこと、教えてほしい事はどんどん先輩に相談してたくさん吸収していきましょう。

質問ができるのは1年目の特権ともいえるので、怖がらず何でも聞く姿勢が大切です。

1日の流れは生活をする中でメモをとったりして覚えていき、子どもとのかかわり方は慣れでもあるので、積極的に子どもと関わっていきましょう。

新卒研修を行う園も多く、リーダーの取り方から行事の立案の仕方、子どもとのかかわりや保健衛生の対応や処理まで幅広く用意されています。

外部研修は自分で申し込むものもあるので、自分の予定や内容を照らし合わせて参加するのも良いですね。

気になる「クラス担任」 担任を持たない先生とどんなことが違うの?

クラス担任は主に1つのクラスを1年間受け持ちます。

4月の入園当初は何もできなかった子どもたちが3月にはぐんと成長し、身の回りの事を少しずつできるようになる姿を見ることができ、やりがいを感じる瞬間でもあります。

様々なクラスに入る担任を持たないフリーの先生と違い、一つのクラスをずっと見ることになるので、子どもとの信頼関係も芽生え成長を間近で見ることができます。

1年目に受け持ったクラスは特に特別な存在になることが多いので、その子たちの卒園を見守りたい!という目標をもって続けている保育士も多いです。

「子どもが好き」だけじゃ務まらない ~保育士になるための心構え~

保育士は子どもが好きなだけでは務まりません。

子どもが好きだからなりたい、という気持ちだけでは現実を知り、こうじゃなかったと去っていく先生をたくさん見ます。

子どもとしっかり向き合って今何をしてあげればいいのか、どうすれば成長を促すことができるのか、子ども一人一人に寄り添いながら保育をしていくことが大切です。

そのためには子どもや保護者相手に何か失敗をしてしまっても、また頑張ろう!と思える意識の強さと子どものためにたくさんの事を教えてあげよう!という前向きな気持ちが大切です。

大変だけど、やっぱり保育士がいい! ~経験者だから分かる保育士の魅力~

保育士の仕事は持ち帰ることも多く、休みの日でも子どもの事を考えるくらい大変な部分もたくさんあります。

保護者や先輩との人間関係がうまく築けず悔しい思いをすることもたくさんあるでしょう。

ですが子どもたちの笑顔は魔法のようで、どんなに辛くどんなに悲しい時も「先生!」という子どもの笑顔と一言で元気になることがたくさんあります。

子どもは一人一人性格も生い立ちも違うので毎日一緒に成長することができ、毎日が何一つとして同じ日はありません。

日々子どもの成長を感じともに喜び、卒園していくときの姿を見守れる事は保育士をやっていてよかった!と思う一番の瞬間です。

「保育士」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事に役立つ保育士以外の資格やスキルはある?

意外に必要!PCスキル

保育の仕事にPCは無用と思われがちですが保護者宛てに作るプリントやおたよりはPCで作成することが多く、技術が求められます。

また園によっては月案週案といったカリキュラムもPCで打ち込むことが多いので、知っていて損することは絶対にありません。

ピアノやギターといった音楽要素

保育所は幼稚園と違ってピアノを求められることは少ないと思われがちですが、季節の歌やお集まりの際に歌を歌うことも多いのでピアノを弾く機会はたくさんあります。

右手だけでもしっかり弾けるように練習しておきましょう。

食育インストラクターや絵本検定

資格として食育インストラクターや絵本検定といったものがあります。

絶対に必要なわけではありませんが、子どもと関わる中で知っておくと損はないものなので自分の強みとして好きなものを勉強し、資格として取得しておくと保育所にアピールするきっかけにもなるでしょう。

小児救命講習

消防署で開かれている講習があります。

地域に在住している方は誰でも参加できるものなので機会があれば参加するのもいいでしょう。

子どもの体調が急変した時に知識として片隅に覚えているだけでも初動が変わり、結果も変わってくると思います。

敷居も高くないので技術として持ち合わせておくと良いですね。

まとめ

保育士の仕事は大変ですがとても楽しくやりがいのある事ばかりです。

遊びの中から子どもが学ぶように、私たちも子どもから学ぶことがたくさんあります。

難しいと思わずぜひチャレンジしてみてくださいね。