舞台は総合芸術と呼ばれていて、様々なジャンルを扱う職種の人が大勢集まり一緒に仕事をしています。

大きな劇場になればスタッフだけで100人を超える場合もあり、出演者まで合わせると時には200人を超える作品すら存在します。

関係者が一同に集合し、大きな食堂での立食形式の千穐楽(舞台の場合は秋では無く穐の字)の打ち上げパーティで会場に居る人数の多さがその事を物語っています。

ある有名男性歌手の打ち上げなどは、このパーティで抽選会が開かれますが、抽選会だけで手際良くやっても45分程掛かります。

殆ど全ての関係者の手元にそれなりの金額の物が行き渡り、皆喜んで会場を後にして行きます。

今回は、そんな舞台の仕事をする人はどのような人に向いているのかご紹介します。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

舞台の仕事はどんな仕事?

毎回お客さんを目の前にして一つの作品をお目にかける訳ですが、その演目における与えられた役割をこなして行く作業がメインになります。

しかし、全てが生である為、トラブルや事故等も当然発生します。

そのような場合にどのように迅速な判断を下し、最善策を取る事が出来るかは、重要な要素になります。

京都の鴨川の氾濫により、現地のスタッフさんやお客様が開演時間に劇場入りする事が不可能になった事があります。

その日は幸い昼の部だけの1回公演だった為、制作と我々と主演者で相談して30分開演を遅らせて、遅れて来る人々を待った事もあります。

東北大震災の時は、公演を中止して、お客様を安全な近くの公演に避難誘導した劇場もあります。

様々なトラブルに臨機応変に対応しなくてはならないのです。

出演者やスタッフも人間なので、公演中に成長する事もしばしばあります。

場合によっては良い芝居できて、その芝居をする為に仕事のやり方を変える場合も存在します。

今、一番良いものをお客様に提供する事が大切な仕事なのです。

舞台の仕事の大まかな仕事内容

舞台の仕事では大きく分けて3つに別れます。

出演者

当然、役者さんや俳優さん、女優さん、タレントさん、素人さんとお芝居の演技者にも格付けがあり、ここに記した順番の格付けになります。

ジャンルが変わると、歌手さん、ミュージシャン、演奏者(純邦楽の奏者や民族楽器の奏者等)、ダンサーさんや踊り手さん(これも日本舞踊や民族舞踊の踊り手等)、パフォーマー、語り手さん(講談や落語、講演等)と言うお客様の前で何かをご披露する方々です。

表方スタッフ

受付の人や案内の人、劇場内の飲食に携わる人や売店の売り子さん、チケット販売所の人や、劇場支配人やその部下の人、営業の人や宣伝の人等で、年間通して同じ劇場で働く人達です。

主に舞台上に来る事は無く、客席側で働いています。

ここに清掃の人も入りますが、楽屋等の清掃も担当します。

その他にも警備の人や管理の人、会社の社屋内に劇場が有る場合は社長以下、各部署の社員さんも含まれる事になります。

裏方スタッフ

舞台監督や狂言方(歌舞伎における舞台監督の役割)、大道具、小道具、音響、照明、衣装、床山(ヘアーメイク)、操作、特殊効果、付き人やマネージャー、制作(プロデューサー)、楽屋番、頭取、消え物さん、搬入搬出のバイトさん、運送の運転手さん等の現場スタッフと呼ばれ、公演の大抵の日に働いている人と、作家、演出家、美術家、音楽家、振り付け師、殺陣師、照明プランナー、音響プランナー、稽古ピアノの奏者、ボイストレーナー、各アドバイザー(方言指導や所作指導、茶道指導等)の初日が開いて落ち着いたら次の仕事に行く人がいます。

仕事上の役割とは?

それぞれが細分化されていて、各人々の仕事が総合して一つの作品となります。

時には違うセクションの仕事を手伝う場合も有りますが、基本的に自分のセクションの仕事を同じセクションの仲間同士で補い合う形になります。

それぞれがそれなりの経験とスキルを必要としますが、1人でやる仕事はほとんどなく、先輩が後輩に教えながら育てると言うシステムが現状でも残っているので初心者が入って来ても成立するような体制を取っています。

我々、舞台監督のセクションで昔からの風習として、先輩は後輩を教えながら、お酒も奢ってくれて、先輩の先輩達にやって貰った事だから、同じ事を後輩にしてやってくれる事が先輩に対する恩返しだと言う流れが有り、先輩から優しくされた事は、同様に後輩にする事が時代を繋げて行くシステムとして育てて貰いました。

このように先輩から教わり、会話をする事で色々な事を教わり、次に自分の後輩に教えて行くと言う、血が繋がっていないけれども、一族の子孫に残して行くような繫がりで仕事をしています。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

舞台の仕事はどんな人に向いている?

舞台の仕事はとても人間的な関係で働く事が重要です。

一番大切なのがお客様で、そのお客様の心に何を残し、家路に着いて貰えるかを最優先に考えます。

お祭り好きな人

毎日がお祭りと一緒でウキウキ出来て、お客様にお見せする以上、やる方もそれだけのテンションが必要で、終わった後は寂しさが襲って来る感じが有ります。

主役の出演者が御神輿か山車だと考えれば、それを如何に格好良く、楽しく大事にしながら担ぐなり引っ張るなり出来るかが一番大切な考え方になります。

刹那で楽しくもあり、楽しいからこそ寂しくなるような事を日常として毎日のように繰り返す事が好きな人は舞台の仕事にぴったりの人と言えるのです。

関わっていて作品を好きな人は殆どがこの感性を持っていて、逆にこの感性が無い人は、働いていても辛く感じてしまう場合が多い人です。

神輿を担ぐのは決して楽では有りませんが、それでも担ぎ手は喜んで担ぎに行きます。

辛い事が楽しみに出来る状態を作る事は、お客様の心に残す事が出来ると信じられるからこそ出来うる作業で、その為の苦労が苦労に感じられず、それならばと奮起して余計に頑張れる人は完全に舞台スタッフ向きと言えます。

人が好きな人

相手の為に苦労しても苦にならない人で、役立って良かったと考えられる人も舞台スタッフに向いています。

精神的にとても強く無ければこの様な考え方をする事は中々難しい事で、とても優しい心を持っていなければこの域には達する事は難しい事です。

自己中心的な考えを持ってしまうとこの域にはなる事は出来ません。

大勢居るスタッフ全てがこのように考えられる人では有りませんが、見る目が有る人はきちんと見分けてくれます。

特にトップクラスはお客様の心を扱っている人達なので、この程度が見分けられなければお客様の心をこっちの都合でコントロールして行く等の高騰作業は不可能なのです。

人の心を扱う仕事なので、人の心を大切に出来る人が集まりますし、そう言う事のプロが揃う場所では人を好きでない人は簡単に見抜かれてしまい、やり辛くなる事は明らかなので、人好きでないならば舞台の上に居ないで貰いたい位に思えてしまいます。

エンターテーメントが好きな人

舞台の仕事では、有名な出演者と知り合いになるチャンスも有り、会話も出来る可能性が有ります。

憧れのあの人と話をするチャンスもあり得るのです。

そして、そのアイドルなりスターさんなりが素敵な人だとモチペーションが上がり、仕事以上に良くしてあげたいと考える事が往々にして有ります。

あの人がお客さん達に格好良く見えてお客さんも喜ぶと思えれば、少し位大変になっても苦にならなくなるものです。

しかし、現場に入って一度この感覚を味わってしまったら辞めたいとは思わなくなります。

そして経験を積むうちに、次第にこのような楽しみも増えて行くものです。

社交性のある人

一つの作品を公演するには、多くの人が集まって一緒に仕事をします。

総合芸術と言われるので、仕事の種類も様々で、違うセクションの人と話をすると色々な知識が身に付きます。

その様な環境は社交性のある人は楽しんで身を置く事が出来ます。

他のセクションの人と話したく無ければ、敢えて会話する必要も無いのですが、社交的な人の集まりの為話に花が咲く事はしょっちゅう有ります。

別のセクションの人とお酒を飲みに行ったり、釣り等の趣味を一緒に楽しんだりする事も有ります。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に舞台の仕事に向いていない人の特徴は?

舞台は人の力が集まって出来ています。

皆の努力の結晶とも言えますが、ベテランも新人の時代を経て来ています。

人間である以上失敗する事も有る事を皆が判っていて、助け合いながら進めています。

このような輪の中に入れない人が、向いていない人の大半になります。

人嫌いな人

兎に角引きこもったりする様な、人との接触が苦手な人は向くとか以前に舞台の仕事は近づいて来ないでしょう。

協調性の無い人も助けてくれる人が少なくなる傾向に有る為に、辛く感じる事になります。

昔の巡業等では、旅先で相部屋等は普通にあり、20年程前は日本旅館で6人部屋等通常の事でしたが、近頃は個室になり、その為先輩に色々な事を教えて貰える機会も減ってしまいました。

以前よりプライベートは守られるようになっていますが、仲間同士の関係が希薄になりつつ有り、個人の成長の度合いはスローペースになっています。

その様な状況で、人との接触が苦手な人は、スキルを上げられる機会がなくなって行く状態になり、経験年数に比べて腕が劣る傾向になってしまい、結果的に周囲の足を引っ張ってしまう存在になりかねないのです。

病弱な人

健康である程度の体力が有れば仕事出来るセクションも有りますが、病弱だったり極端に体力が無かった場合はきつい仕事になります。

又、埃だらけの状態なので、気管支等が弱い人も辞めて行く率が高くなります。

やたらに細かい人

とても繊細で細かい人は毎日現場に出る仕事は美術家や作家等の初日を開けたら居なくなる仕事なら良いでしょうが、時間との戦いでこなして行く現場向きとは言えません。

特に、自分の仕事に対してだけ細かいのならいいのですが、人の仕事に細かすぎる注意を促すと、周囲の人から疎まれる事になります。

図太い神経を持っていて、人から何を言われようが大丈夫な人も居ますが、周りの迷惑としては変わりない為、いざと言う時に助けてくれる人が少なくなります。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

舞台の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

経験は各セクションによって自分の仕事に役立つと思いますが、これだけ幅広い職種の人が集まっている場合、断定は出来かねます。

しかし、結果的に人生の全てを扱って行く仕事の中の一部を担当している為、全ての経験を生かす事が出来るような思考が求められます。

全てを細かく書いて行くと膨大な量になってしまいますので、例をいくつか挙げておきます。

楽器を弾く

役者さんや舞台監督、演出家や音響さん、大道具さんや小道具さん、照明さん等で、楽器の心得が有る人は仕事に行かせる事が有ります。

音響さんは当然音楽を扱う訳で、ミュージシャンのマイクやPAを行なう際に、どんな設置をすれば演奏し易いかを把握出来ます。

照明さんは音のフレーズ等、小節数で照明変化のきっかけになる事が多く、ミュージカル等は8カウントで一つと考え2X8(ツーエイト)や4X8(フォーエイト)等と言われる2小節単位で何処から何エイトで明りを変えると言う表現が多く使われていて、自分が演奏出来る方が感覚が掴み易くなります。

演出家や舞台監督も生演奏が有る作品の場合にどうすればスムーズになるかを知っている方が、演奏者とのやり取りが楽になります。

明るい中で音楽に合わせて大道具を転換する場合も、曲に合った奇麗な転換を行ない易くなります。

音の出ない楽器の小道具を用意する際にも、楽器の心得がある小道具さんは、作業がスムーズに運びます。

美術品を沢山見る

舞台に於いて全てでは有りませんが、美しい物を沢山見ておく事は大切な経験になります。

美術家はもちろんの事、演出家、舞台監督、大道具、小道具、衣装、床山等のセクションは目を肥やしておく方が良いセクションです。

小道具等で、壁にかけたり床の間に飾ってある絵や掛け軸をチョイスする時にセンスが問われます。

小道具の下駄等も、役によって貧乏な役だったりすると、本当に古びれた汚れた下駄を用意すると怒られる場合があり、新品の下駄を用意して、刃をノコギリで短くして、絵の具で汚す(時代をつけると言います)作業をして出演者に渡します。

大道具なども現場は馬立と呼ばれる収納場所からパネル(張り物)を舞台の決まった位置に持って行って立てるのですが、出して来て立てるだけだと、何度も使っていると色が落ちていたり、傷が着いてしまっていたりする為、色を塗ったりノリで補修したりして初日に近い状態でお客様にお見せするようにします。

これは、単にパネルを立てると言う事では無く、敢えて「飾る」と言う言葉を使い、単に設置するのでなくプライドを持って飾りましたと言う心意気の現れなのです。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

舞台で働くメリットとは?

前にも書きましたが、憧れの人や有名な人と会える事が第一の楽しみです。

世間が知っている人と話す事が出来たり、ご飯を食べに行ったりお酒を飲んだり出来る可能性が高くなります。

カッコいい俳優さんと飲んでいたり、奇麗な女優さんと飲んでいたりして、色々な話をする事が出来ますし、飲んでいる最中に周囲の他のお客さん達からサインをねだられるのをみたりしますし、サインのお礼にお客さんから御馳走になる場合もありました。

お店の人に色紙にサインして貰う事で、とびきり美味しい物をご相伴に授かる事も少なくありません。

苦しい事も有るけれど、基本は楽しく働き、仲間が増やせる。

一つの劇場にずっと居る場合は、毎月違う出演者が来て、新鮮な気持ちになれますし、作品によって仕事も違うので、飽きる事は少なくなります。

劇場付きでない場合は、何月は大阪の劇場、次が名古屋の劇場、そして博多の劇場、巡業で全国各地と言うように色々な土地に行き、色々な人々との出会いや再会があり、とても楽しむ事が出来ます。

ひと月近く大都市に居れば、行きつけの酒場も出来て、土地の人とも知り合いになれますし、話題には尽きない職業なので仲良くなる事もしばしばです。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

大道具さんなら行き着く所は頭領ですし、照明さんや音響さんはプランナーになって自分のやりたい事を後輩に指示して作る事が出来ます。

舞台監督は作家になる人や演出家になる人、美術家になる人、プロデューサーになる人等、本人の望む所を目指します。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

活かし方は本人次第で、部所によって潰しが効く所と専門職なので潰しが効き難い部所が有ります。

音響さん等はスタジオのPAなどならすぐに出来ますし、照明さん等も結婚式等でも働けるし、衣装さんも成人式の着付け等、貸衣装屋として街で働く事も可能です。

自分にあった舞台の求人の選び方や注意点

まず自分自身の性格ややりたい事を自分で把握する事です。

【選び方①】雇用形態から探す

社員なのかフリーなのかを考えます。

社員なら安定した月給体制で生活出来ますが、上手く廻せているフリーのギャラには及びません。

しかし、フリーは廻せなくなると収入はゼロになりますので、とても危険な状態です。

その辺のバランス感覚はとても大切です。

【選び方②】職種から探す

専門職はそれなりの勉強や知識が無ければ雇用される事は殆ど有りません。

職種の中で、雇って貰い易いのはやはりアルバイトで、そこから社員になる人も居ます。

アルバイトの女子大生だった方が松竹の社員になるケースもあります。

【選び方③】会社の業態から考える

各社様々な業態を持っていますので、事前にきちんと情報収集する必要があります。

一旦就職すれば社員として責任と義務が付いて回りますので、きちんと把握しておく事はその先の人生に取って大切な事なのは、他の職業となんら変わりはありません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

勿論ギャラは高い方が良いに決まっていますが、とても高名な人で高齢な人と仕事出来る場合等や憧れの人との仕事等、人生の中で一度だけになるかも知れない訳ですし、お金に換えられない相手が居る場合も有ります。

相手によってはこの人に毎日逢う事が出来るのなら自分からお金を払ってでも仕事したいと思える人も居なくはありませんので、給与や雇用条件などどうでも良くなる状態も存在します。

【選び方⑤】エリアから考える

自分の生活に於いてどうしてもここでなければならないと言う背景が有る場合は考慮に入れなければなりませんが、基本的に何処でも働く事が出来る人が望ましい状態です。

親の介護等抱えている場合は基本的にこの仕事に付くのは表方でなければ裏方は、劇場付きになる以外、無理だと言う事が3ヶ月もしない内に身にしみる事になります。

舞台の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

各セクションでそれぞれやるべき事が違い、そのセクションなりの覚える事が違います。

各セクション共通で覚えておかなければいけないのは公演日程で、これ以外はセクション事に細かく別れています。

余りに細かくなりますし、覚える事も多すぎますので、ここでは敢えて書きませんが、仕事がかっちり出来る80歳を超える人が、仕事をしているのに、まだまだだと言っている位、奥が深いです。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

舞台の仕事と言う大まかなタイトルとして大雑把に説明させて頂きましたが、総合芸実なので余りにも職種も多く、普通に全て書くと分厚い本が一冊書けてしまう位になってしまう為、今回は簡単にまとめました。

少しでも参考になれば幸いです。

「舞台の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

舞台求人