世の中には様々な劇場があり、その舞台の上では毎日のように何かしらの公演があり、多くの観客が楽しみに足を運びます。

大きな劇場もあれば小さい劇場もあり、演劇、コンサート、ダンス、講演等が行なわれています。

大物アーティストや、大御所の俳優、素晴らしいダンサーなどの舞台を見て一時浮き世離れして夢を見るなんて贅沢な楽しみです。

そんな舞台は出演者だけでは成り立ちません。

舞台を影で支えている裏方の存在が必要です。

今回は、縁の下の力持ちの裏方の仕事に迫ってみます。

自分に「舞台の裏方仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

舞台の裏方の仕事とは?

お客さんに見えない所で働いている人達の総称で、受付や案内の方達はおもて方と呼ばれます。

裏方は主に出演者を良く見せる為の仕事が多く、細分化されています。

主に舞台上か、楽屋で仕事をしていて、特殊な場合は客席の後方に居たり、客席の後ろのブースで働いています。

巡業等での運送に関わるトラックの運転手さんも特殊な裏方の1人として数えられます。

1つの舞台にどれくらいの裏方さんが関わっているの?

公演規模にも寄りますが、新橋演舞場を例に挙げると、舞台上で立ち働くスタッフで、1日30人、楽屋周りで20人その他の場所で働いているのが12人位が通常の裏方の人数で60人強と言った所で、部所によっては公休も有るので、1月の公演に関わるスタッフで休みの人を数えるとざっと100人近くになります。

あくまでもこれは新橋演舞場の通常の演劇公演の場合で、スーパー歌舞伎等の時には、この1.5倍近くの人数を必要としますし、コンサートだけの時は3分の1程迄減ります。

当然、小さい劇場になればスタッフの人数も少なくなります。

場合によっては出演者5人とスタッフ1人だけなんて事もあります。

裏方の醍醐味は?

何と言っても有名な人の演技や歌を間近で何回も見る事が出来て、その人を影から支えながら、作品作りに参加している事です。

そんな楽しい日々なのにギャラが貰えて、出演者達とも会話が出来たり、お酒を飲んだり、差し入れを頂いたりと毎日がお祭りのようなものです。

部所にもよりますが、お客さんの最後の拍手が一番心地よいと言う部所も有ります。

又、一定期間で公演が終わり、次の仕事に向かうのですが、同じ人達ばかりでなく、違う出会いも待っていて気が代わるのも飽きないシステムで、新鮮さを失わずに済むのです。

働く劇場も、今月は演舞場、来月は明治座等と場所すらも変わりますので、より新鮮ですし、劇場付きのスタッフさんとの再会も楽しみになります。

自分に「舞台の裏方仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

舞台の裏方仕事一覧24選

脚本家

原作が有れば原作に沿って舞台で上演可能になるように台本を書きます。

新作の場合は、プロデューサーや主演者と話をしてその時に上演したいドラマをゼロから考えて台本にして行きます。

向いている人

文章力が要求され、人生に卓越している人でやはり舞台が普段どういう風に動いているかを知っている人でなければスムーズな展開は書けません。

全ての要になるので、映画やテレビの様なカット割りの台本だと転換ばかりになってしまって観客は飽きてしまいます。

昔の作家は長幕が書ける事が能力を証明出来ると言ったものです。

一つの場面に色々なドラマを盛り込めるだけの頭脳が大切なのです。

向いていない人

舞台には見せ方と言うものが確実に存在します。

この見せ方を知らない人の台本は成立しません。

小説等と違い、言葉や文章だけでなく、生きている俳優の動きは様々なメッセージを含んでいます。

バレエなどのダンスでも分かるようにセリフが無くても動きで観衆は理解するのです。

見せ方を知らない人の書いた本は悲惨な結果しか産み出せません。

脚本家の仕事については、こちらの記事を参考に!

演出家

公演全体のイメージを考え出して、そのイメージに沿うように演技を付けたり、音楽を注文したりするいわば舞台上の全てのイメージの責任者で、スタッフの総指揮者です。

場合によっては観客動員の強い出演者の意見の方が強い事もあります。

また、本番ではいくら演出家のイメージが有ったとしても、出演者が違う事をやってしまえばどうにもならないので、出演者を説得しておく必要が有り、納得していない出演者の場合は演出家の注文を実行しない場合もあります。

スタッフ間でも、実現不可能なイメージの場合は、皆でそのイメージに近づける代案を考え、進めて行きます。

向いている人

想像力が豊富で、人の感情がよく判っている人に向いています。

特にお客さんの立場に立って物を考えられなければなりません。

意外な発想も時には大切ですが、心の本質を攫む事の出来る人が一番です。

向いていない人

いい加減で、考えが浅く、見てみないと判らない人は最悪です。

我々は演出家と呼ばずに影でダメ出し屋と呼んでいます。

見てからああだこうだは誰でも言えます。

こう見せたいから、こう言う演技をして下さいとやる前にきちんと方向性を指し示す(ディレクション)事が出来ないのなら周りの迷惑になるのでヤメた方が良いとすら思います。

美術家

演出家や主演者と相談の上で、予算内で美術セットの案を考え、一場一枚の絵に描きます。

その際に平面図に大道具のパネルの位置やサイズを明記してどのようなセットになるかを全ての人に分かるようにします。

複雑なセットの場合は、模型を作る場合も有り、発注会議において予算オーバーになる場合は、カット案を出します。

出来るだけ奇麗に見せようとする傾向があり、高級な材料を使いたがりますが、往々にして発注会議で、材料の質を落とす事で予算に納めると言うカットが多いです。

本来はセットの色目を決めて来るため、衣装の色にも口出しすべき立場ですが、近年、衣装に迄口出しする美術家は殆ど存在していません。

また、美術と言うよりも装置と言う考えの人が増えていて、美しい絵と言うよりはパネルを動かす面白さに重点が置かれ気味になっていますし、映像とのコラボレーションも増えていますので、本来の美術家と言うよりは装置家の人が増えています。

向いている人

当然美術的センスの持ち主で、変更時の頭の回転が速い人が理想です。

向いていない人

自分のプランに拘り過ぎる人は全体を見落とし勝ちになります。

あくまで俳優を見に観客は劇場に足を運ぶのです。

音楽家

演出家と相談の上その作品にフィットする楽曲を作曲する人で、「何ページの何行目から何ページの何行目でだいたい1分半」と言う様な注文でそのシーンに合わせたオリジナル曲を考えます。

多い時には1つの作品で60曲に登る時もあります。

スタジオでミュージシャンを集めて録音する時は指揮棒を振るいながら注文を出して録音します。

自分のパソコンで打ち込みの音楽の人も居て、スタジオ録音は変更が非常に難しいのですが、打ち込みは時には稽古場の隅で短時間で直せる場合も有ります。

当然予算的には打ち込みの方が安上がりになりますが、スタジオ録音の迫力には勝てません。

向いている人

音楽的センスと豊富なイメージを持っている人が理想で、遊び心が有るとなお良いです。

向いていない人

楽器の一つも演奏出来ない人はこの職種には付けません。

音響効果プランナー 

演出家と相談の後に作品に合わせたサウンドエフェクトを考える人で、虫の声や雨の音、電話の音等音に関する全てのプランを考え稽古場で出してみて入れどころや、大きくする所や小さくする所、消す所等を考えます。

アナウンスやナレーションも録音、編集しますし、出演者がワイヤレスマイクを付ける場合はそれらの手順やボリュームなどを決めて行く仕事です。

舞台稽古では客席で音の聞こえ方等の全てを決める人で、大抵は舞台の2日目以降は次の仕事に行ってしまいます。

向いている人

機材もどんどん進化して機械に強く無ければ仕事になりません。

また、柔軟な発想ができる人の方が作品を面白くしてくれます。

プランナークラスは経験値が高い人が理想です。

向いていない人

機械音痴の人は絶対に向きません。

発想や引き出しの無い人も別の仕事をする選ぶべきです。

照明プランナー

舞台に関する照明のデザインを考える人で、スタッフ打ち合わせの上で演出家の要望を聞いておいて、稽古場で出演者の動きを確認した後に図面上にどんなライトを何処に設置して、どんな色で何処に向けるか等を書き込みます。

仕込みや舞台稽古で、客席で全体の明かりを作る指示を出して決めて行きます。

こちらも大抵公演2日目には違う仕事に行き本番には関係ない人です。

向いている人

光の美術なので、美術的センスと配色のセンスに加えて作品理解力が求められます。

目がいい事は必須条件です。

当然機材の知識も重要になります。

向いていない人

美的センスと電気の容量等や機材の重量等の計算もきっちり出来ない人はヘタをすると死者が出るので手を出さないで欲しい職業です。

振り付け師

作品のダンスシーンの振り付けとその踊りの客席から見た時の位置を修正する人です。

稽古場で、振り付ける事が多く、踊る人の能力に合わせた動きを考えて来ます。

この振り付け師の枠には日本舞踊も含まれますし、フラメンコ等、全ての踊りが含まれます。

舞台稽古では、踊りの前に止めて、位置の確認から振りの確認の後、音楽で踊るその全てに客席から指示を出す仕事になります。

殆どが初日迄で、初日が開けたら違う仕事に行ってしまいます。

向いている人

ご本人が踊れる事が一番ですが、奇麗な動きを考えられる人で指導力が有る事が重要です。

向いていない人

身体が動かない人や、ダンサーが動きがぎこちない時にスムーズに見せる為の動きに即座に変更出来る頭脳が無い人は向きません。

殺陣師

稽古場において、作品の中の立ち回りの手を付ける人で、擬闘と表現する場合も有ります。

どんな武器を持って戦うか等も殺陣師さんの注文になります。

向いてい入る人

人間の肉体の動きの構造を熟知していて、観客が見た時に其の動きが美しかったりかっこ良かったりする組み合わせを作れる人が理想です。

向いていない人

全ての動きを把握出来ないで殺陣を付けたり、無理のある手を付けられると怪我の元になります。

酷い場合には大けがで済まなくなります。

舞台監督

公演の全体の総責任者で、稽古から全てにおいて演出家のイメージを具現化しつつ、進行する為の指示を出す事が仕事のメインになります。

場合によっては手の足りない所の転換も手伝い、いかにスムーズに作品を進行させるかを考えて行動する仕事です。

場合によっては特殊な仕掛け物を作ったり、木頭を打ったりする事も有ります。

ほんのたまに稽古場で代役をやる事もあります。

向いている人

明晰な頭脳と、度胸、冷静な判断力と作品理解、体力、精神力と全てを兼ね備えている事が理想です。

時には台本を書く事も有りますし、演出する事も有り得ます。

向いていない人

体力の無い人と頭脳明晰でない人とコミュニケーションが取れない人はきつい仕事です。

制作(プロデューサー等)

公演の経済面を握っているセクションで、キャスト、スタッフを選択したり、公演場所や、公演時期、公演形態を決め、その為の経済的かつ、時間的な事を取りまとめます。

向いている人

金銭感覚に優れていて、観客が求めている物を知る事が出来、人付き合いの良い人が理想です。

向いていない人

金銭感覚に疎い人は避けた方がよいです。

大道具

製作場と現場の2つに分かれていて、製作場は美術家のプランを工場でパネル等の形にして色を塗ったり絵を描いたりして、納期迄に劇場に搬入します。

仕込みの段階に何人かが付き合ってどう組み合わせるかの指示を出して行きます。

組み立てた後の色直しも製作場の絵描きさん達の仕事になります。

初日が空いたら次の仕事に行ってしまいます。

現場チームはこのセットを動かしてセットチェンジを行なう事が主な仕事になります。

大変な力仕事の為、公休と言う物が有り、全公演には参加せず、交代制になります。

歌舞伎の場合ツケを打つのはこの中の1人で、その人は休みは在りません。

基本的に各劇場付きの人達です。

向いている人

体力と力が必要な仕事で、それなりの勢いとコミュニケーション能力が必要です。

向いていない人

体力の無い人は絶対にヤメておくべきです。

また、精神的に弱い人も辛くなります。

自分に「舞台の裏方仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

小道具 

小道具の手配から修繕、配置まで、小道具全てを担当します。

時代劇の履物等も小道具の範疇になります。

大抵は公休が有り、公演全てには参加しません。

向いている人

比較的難しく無い仕事で、チーフクラスでなければそれほど大変では無い事が多いポジションです。

向いていない人

女子も多く重い物も少ないので、細かい作業さえ出来れば入り易いポジションです。

向かない人はほぼいないです。

照明オペレーター

客席3階の奥の部屋に居て、調光の全てを一つの卓で操作する人と、センターピンで出演者の動きに合わせて前から照明を当てる人、ステージ上での照明機材を設置したり片付けたりする3セクションに別れます。

こちらも劇場付きで公休が有るセクションです。

向いている人

専門学校を卒業している位の知識は必要です。

体力も要求されますし、高所作業もこなせないといけません。

向いていない人

機械音痴の方と高所恐怖症の方はNGです。

繊細さの無い人もNGです。

音響オペレーター

客席3階の奥の部屋で、音の全ての操作をする人で、通常卓を握りきっかけをする人と、ワイヤレスマイク担当の二人がメインで動きます。

こちらも劇場付きで公休が有ります。

コンサート等がある場合は、休憩中に大きなスピーカーを舞台上に設置したり、バンドの楽器用のモニターやマイクの設置を行ないます。

向いている人

機械に強い人や重量物を持てる人が理想です。

体力も必要で、集中力は絶対条件です。

向いていない人

集中力の無い人と寒さに弱い人は耐えられません。

機械を冷やす為に冬場でも冷房が強く掛かっている部屋の中の仕事で、人間の身体より機械が大切に考えられています。

その部屋に本番中缶詰になります。

自分に「舞台の裏方仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

衣装

チーフは打ち合わせに参加してどんな衣装を用意するか確認して準備を進めます。

稽古場においてフィッティングや仮縫いなどコスチュームパレードに向けての準備をしたり、稽古用の衣装を用意したりします。

また、新規に作る場合には生地を持って来て其の生地で良いのかどうかを確認した後に、仕立てます。

早変わりが確定している時は、スムーズに代わる事が出来る様に前もって衣装に仕込みをしておきます。

稽古場でのコスチュームパレードで全ての衣装を確認して、舞台稽古に間に合う様に直しや仕上げをしておきます。

本番では俳優に衣装を着付けたり脱がせたりして、メンテナンスも行ないます。

舞台稽古の後に一番遅く迄残ってアイロンがけをしているのがこのセクションです。

向いている人

着付けが出来る人とファッションセンスの有る人、俳優の近くに居て着替えをするためコミュニケーション能力が求められます。

向いていない人

不潔な人と暗い人は向いていません。

床山(ヘアーメイク)

打ち合わせの後、俳優の役に合っている形のカツラを用意して、フィッティングを行ない、役に合う髪型に結います。

時代劇の日本髪の場合、簪やかざり布等やほっかむりの手ぬぐい等も床山さんの仕事の範疇です。

場合によっては付け髭も担当します。

ウィッグなどの用意やメンテナンスも行ない、毎回、カツラの髪の毛を撫で付け奇麗にします。

慣れていない俳優の羽二重と言うカツラの下に地毛を纏める布を付ける事もあります。

向いている人

俳優の近くに居ますのでコミュニケーション能力が大事です。

細かい仕事をきっちり出来る人が理想です。

向いていない人

不潔な人は絶対にNGです。

操作盤

舞台機構の操作をするセクションで、盆を廻すとか、迫りのアップダウン、スッポンのアップダウンを舞台監督の指示で安全確認して行なう仕事です。

劇場付きで、公休があります。

下手の操作卓の所に1人と、大きな迫りの周りの安全確認等に4人の5人体制が通常です。

向いている人

着実な仕事が出来る人が重要で、このセクションの安全確認がいい加減だと大惨事が発生する可能性のあるポジションだと言う自覚のある人が適しています。

向いていない人

いい加減な人や、精神面の弱い人は向きません。

付き人

それぞれの俳優さんのご飯やお客さんの対応等の楽屋でのお世話をする人達で、個々の俳優さんが自分で連れて来ます。

楽屋の雑用一般を受け持っています。

向いている人

依頼する俳優さんとの相性以外ありませんので向き不向きは相性の問題です。

楽屋番

俳優さんの通勤の靴等を靴箱にしまう他に、楽屋全般の管理や掃除、舞台の掃除等を受け持ち、楽屋に訪ねて来たお客さんの取り次ぎも行ないます。

向いている人

奇麗好きな人と、覚えの良い人が向いています。

とても沢山の人の顔を覚えなければ成立しないポジションです。

向いていない人

我慢出来ない人は向きません。

理不尽な事が降り掛かり易い部所です。

幹事室

1階上手の客席奥の部屋で全公演を見て、様々なアクシデントに対応するセクションで、俳優が怪我をしたりすると救急用具の手配や病院の手配を行なったり、地震や火事の際に舞台監督と連動して公演を止めて観客を避難させる指示を出したり、消え物等の経費の精算をしたり、劇場付きスタッフの時間調整をする部所です。

基本2人体制で、交互に休みを取ります。

頭取 

楽屋の全てを取り仕切る役職で、差し入れの手配や、初日祝いや中日祝いの差配、俳優の出欠の確認等の業務です。

近年はこのポジションを排除する傾向にあります。

歌舞伎に於いては座頭の息のかかった人が担当していて、大変権力を持っています。

歌舞伎以外では今年にも無くなるポジションです。

揚げ幕 

花道の出ハケの際に幕の開閉をする人で、大抵が大道具さんの年を取った人で、重い物を持てなくなった人が担当します。

シャリンといい音を立てて開閉する場合とぬすみと言って音を立てずに静かな開閉も有ります。

向いている人

長年大道具で頑張った人へのご褒美ポジションなのでまずは大道具にならないと話は進みません。

消えもの 

作品において、食事等の場面が有り、実際に食べる所を見せる場合に料理を用意するセクションです。

衛生面等、大変な気を使いますが、大抵は大学生のアルバイトの人に頼みます。

向いている人

基本女子大生のアルバイトで、清潔さが一番です。

向いていない人

身だしなみが整っていなく、相手に嫌な印象を与える人は向いていません。

特殊効果

ワイヤーで宙乗りしたりポンプで水を吸い上げ滝の上から流したり、ドライアイスで煙を漂わせたり、刀から火を出したりと他のセクションの何処にも対応しない仕事の全てを補うセクションです。

専門の会社から派遣してもらって公演に参加して貰います。

様々な機材を保有していて、その公演に合う機材をレンタルすると共に操作して、メンテナンスも行ないます。

向いている人

宙乗り等は人の身体を預かる仕事なので、細かく的確な仕事が出来る人が大切ですし、火を扱ったりもしますので、神経を使います。

精神力と知力も必要です。

仕込みとバラシは一番長時間の拘束になり、力仕事も大変なので体力は必要です。

向いていない人

火事や怪我など誘発し易いのでいい加減な性格の人は絶対に止めて下さい。

自分に「舞台の裏方仕事」が向いているか、診断するにはこちら →

舞台裏方のおすすめ求人のポイント

裏方として場合によっては、割が良いのが特殊効果のポジションです。

しっかり仕事が出来る人ならば、仕込みばらし以外は重い物は殆ど持つ事が無く、本番にべったり付いている必要も無く基本の日給が他より良いのです。

特別手当がついている

大道具さんは基本時間で計算になります。

10時出勤で18時迄で契約にも寄りますが1万4千円から1万6千円でだいたい終焉まで残業として1時間千円程度の手当になります。

特殊効果の人だと1日1万6千円前後で、仕込みやバラシ、残業手当はは1時間1200円位の残業手当になります。

他のセクションはこれと言って会社からの手当は有りませんが、舞台監督や小道具、衣装、床山、特殊効果、揚げ幕は担当している各俳優から御祝儀が初日、もしくは中日に頂けます。

人に寄ってまちまちの金額が包まれていますが、何人からも貰う人も居ます。

それだけで2~3万財布の中身が増える場合も過去には有りました。

保険加入が必須

会社に所属している人達は保険に加入しています。

フリーランスも多くそれらの人の殆どは個人的に加入する以外では必須にはなっていません。

交通費全額支給

交通費についても衣装会社や照明会社、音響会社、小道具会社等の会社の社員さん達だけで、フリーランスは自腹での通勤になります。

まとめ

舞台の仕事は楽しいもので、みんな和気あいあいとやれる事が多いです。

仲良くなって一緒に飲みに行く事も有りますし、俳優さん達とも飲みかわす事もあります。

終わり近くなってパーティ等もあり、別れを惜しんだり再会を誓ったりと同じ釜の飯を食った仲間の様な関係になれるのです。

時たま俳優さんや女優さんと食事等の機会もあり、美味しい物を御馳走になったりもしますし、お客様の楽屋見舞いの美味しい物が廻って来たりもします。

楽しい屋と書いて楽屋はその名の通りなのです。

舞台の裏方の仕事は、とてもおすすめですよ!

自分に「舞台の裏方仕事」が向いているか、診断するにはこちら →


関連キーワード

舞台仕事