脚本家(シナリオライター)という仕事はなかなか求人があるわけではありません。

また、監督や俳優に比べるとなかなか脚光を浴びる存在ではありません。

しかし、脚本のおもしろさが作品のおもしろさを左右すると言っても過言ではありません。

そんな影の功労者であり、作品を創る際の設計図とも言える脚本を作る、脚本家になるにはどんな事をすれば良いのでしょうか。

向いている人や、活かせる経験などを踏まえて、脚本家とはどういう仕事かご紹介します。

脚本家の大まかな仕事内容

仕事の依頼が来たら、まずは監督やプロデューサーと打ち合わせをします。

打ち合わせで作品のカラーや方針を共有します。

同時に、監督やプロデューサーがどんな脚本を求めているのかを汲み取り、作品のイメージを固めます。

執筆は主にプロットの作成から始まります。

プロットとは物語の筋の事を言います。

所謂あらすじを作っていきます。

その後、締め切り通りに入稿をし、必要であれば脚本に手直しをしていきます。

入稿と直しを繰り返し、完成台本の入稿を済ませたら、脚本家のほとんどの仕事は終了となります。

必要に応じて、撮影の現場に出向いたり、打ち上げにも参加します。

映画やテレビドラマ、アニメ、ゲーム、ラジオの他、最近ではインターネット配信の作品や動画配信サービスなどで脚本の需要が生まれ、活躍の場は益々拡がる事が予想されます。

脚本家の仕事内容は、こちらの記事も参考に!

仕事上の役割とは?

脚本家は映画やドラマを作る際の脚本(シナリオ、台本)を作ります。

小説や漫画など媒体の違う作品を、映像用の台本として書き直し、映画やドラマとして映像化します。

監督や俳優陣はその脚本を基に映像を撮影したり、演技をしたりしますので、映像作品の現場では、脚本家は小説などの原作と映像作品の架け橋としての役割を担います。

脚本家になるにはどうしたらよい?

脚本家になりたいと思ってもまずは何をすれば良いのか、どこに行けば良いのか分からないという人は多いと思います。

脚本家としての腕を身に付ける方法と合わせてご紹介します。

自分の作品を発表する

脚本家として活動をしようと考えているなら、自分の書いた作品を発表していかなければなりません。

コンクールに応募したり、舞台の脚本を書いたり、自主製作映画に参加したり、最近ではインターネットに掲載する方法もあります。

とにかく作品を創り、人目に触れる場所に発表していかなければなりません。

たくさんの作品に触れる

脚本家を目指している人はたくさんの作品に触れなければなりません。

書籍化されている脚本はもちろんの事ですが、映画を観たり舞台を観たりしなければなりません。

それ以外にも、脚本家は漫画や小説、音楽や絵画などの芸術にもたくさん触れるようにしましょう。

脚本家にとって、色々なジャンルの芸術に触れる事はとても大事な事です。

キャッチコピーを学ぶ

小説や漫画だけでなく、キャッチコピーについて学ぶ事も有効です。

企業の広告などに使われているキャッチコピーは簡潔なのに印象的で、メッセージ性に溢れています。

セリフを如何に短く心情を伝える事が出来るかという事は脚本家に求められるスキルでもあります。

キャッチコピーを学ぶ事で、作品を象徴するような「名言」を生むキッカケにもなります。

脚本のルールをしっかりと身に付ける

脚本家は自由に作品を創る事が出来ます。

しかし脚本はあくまでも全てのスタッフが共有し、その脚本を基に映像化をする事を目的としています。

そのため脚本は自由な表現をしても良い代わりに、守らなければならないルールが多数あります。

優れた作品を創作したとしても、脚本のルール通りに書かれていないとコンクールなどでは弾かれてしまう場合があります。

今後、プロとしてやっていこうと考えている場合には早い段階で脚本のルールを身に付ける事をおすすめします。

コンクールに応募をする

プロの脚本家として活動を始めるのに、最も適切で効果がある方法は大きなコンクールで賞を獲る事です。

多くの脚本家志望者は、毎年定期的に開催されているテレビ局が主催するシナリオコンテストを目指しています。

受賞者には多額の賞金のほか、プロのスタッフと俳優により映像化がされます。

そこで目を付けられ、連続ドラマや映画の脚本家として抜擢されて売れていくというのが王道のパターンです。

一度、コンクールについて調べてみる事をおすすめ致します。

応募者数も膨大のため、狭き門とはなりますが脚本家としてデビューするよりも、脚本家として長く活動する方が更に難しく狭き門となっています。

テレビ局や製作会社に持ち込みをする

ドラマや映画を製作している会社に自分の書いた作品を持ち込みます。

しかし、封筒を持って突然押しかけても門前払いされてしまうだけです。

電話などで問い合わせをして、しっかりとアポ(約束)をしてから持ち込むようにしましょう。

人脈をフル活用

脚本家になるには人脈も有効な手段のひとつです。

知り合いにプロデューサーや監督がいる場合には一度話をしてみましょう。

大抜擢とはいかなくても現場に同行させてくれる場合があります。

しかし、脚本家は腕とセンスが最も大事な要素なので、コネだけでなんとかなる業界ではないという事も理解しておきましょう。

脚本家の仕事はどんな人に向いている?

脚本家は主に芸能関係の仕事を手掛けます。

芸能関係、即ちそれはエンターテイメントの世界です。

エンターテイメント業界では、人を感動に導く事でお金を稼ぎます。

そんなエンターテイメント業界の脚本家という仕事につく人はどんな人が多いのでしょうか。

また、どんな人が脚本家という仕事に向いているのかをご紹介します。

エンターテイメントが好きな人

まずは映画や舞台、漫画などのエンターテイメントが好きでなくてはなりません。

前述した通り、脚本家は色んなジャンルの作品に触れなければなりません。

色んなエンターテイメントを観て聴いて感じてインプットし、自分の作品を創作する際にアウトプットをしていきます。

良い意味で、たくさんのエンターテイメントから影響を受ける様にしましょう。

時間に厳しい人

脚本には上演時間や上映時間の関係から、おおよそのページ数が決められています。

その限定された条件の中で執筆をしなければなりません。

そして脚本の執筆には締め切りが存在します。

現場では脚本が当然、締め切り通りに入稿される事を前提にスケジュールを組んでいます。

そのため脚本家は締め切りを厳守しなければなりません。

それと同時に限られた時間内にクオリティの高い脚本を書かなくてはなりません。

脚本家は常に時間との戦いでもあります。

そのため、アマチュアの時から自分で締め切りを設けて、その締め切りに合わせて脚本を書くという練習をする事はとても有効です。

常に色んなことを考えている人

脚本のヒントは日常の中にもたくさん落ちています。

周りを注意深く観察し、物事を想像したり、考え事を常にしている人は脚本家に向いています。

アンテナを張り巡らせ、それに反応した事柄を深く掘り下げ、考え事をする事はプロになってからも必要な作業になります。

感受性を豊かに、感動しやすい心を作り保ちましょう。

自分を表現したい人

脚本家は自分を表現したいという欲求に正直でなくてはなりません。

その欲求から時には人と衝突する事もありますが、脚本家は作品を通して自分を表現する芸術です。

そのため、自分の表現方法を探求し、自分を表現したいという欲求を持っている事は、脚本家などの芸術家には必要不可欠な要素です。

最後まで諦めずにやり遂げる事が出来る人

脚本を書く上で重要な事は物語を終わりまで書き、完結をさせる事です。

最初の数ページを書いただけで行き詰まり、別の脚本を書き始めてしまったりして、冒頭部分だけが書かれた原稿用紙が山になってしまっているアマチュアの人はたくさんいます。

書き始めたら、最後まで諦めずに物語を完結させましょう。

「完結をさせなければ気持ちが悪い。中途半端な状態で次にはいけない」と考える人は、脚本家に向いていると言えます。

脚本家の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

脚本家だけではありませんが、エンターテイメント業界に身を置く人は、どんな経験も芸の肥やしにしていかなければなりません。

人がしていない経験を多く積んでいるのも有利ですが、観客の共感を得ていかなければならない脚本家は、一般目線(庶民目線)も必要となります。

ここでは脚本家という仕事をするために、特に活かせる経験をご紹介します。

たくさんの作品をインプットしてきている

どれだけ多くの作品に触れ、心に留めてきたのか、その量が多ければ多いほど脚本家の仕事に活かすことが出来ます。

作品に触れて、心に留めているというのは、如何にセンスを磨いてきたかという事です。

自分の中にあるポテンシャルだけを信じずに、才能のある人を探しその作品に触れるという事は非常に大事な事です。

そしてその作品を分析し、評価するという事も大いに活かせる経験となります。

本気でした恋愛や喧嘩は脚本家の仕事に活かせる

本気でした恋愛や喧嘩の経験は、脚本家の仕事をする上で非常に重要な経験です。

恋愛や喧嘩は人に対して、特別な感情を持っている証拠です。

脚本家は人の感情を適切に描く能力が求められます。

そのため、心が動かされる恋愛や喧嘩の経験は脚本に活かされていきます。

そして、それだけ人に関心を持ちましょう。

色んな職業やジャンルの人と出会う

脚本家は様々な職業の人を描かなければなりません。

また、脚本家は「物語を描く」よりも「人間を描く」事が大切だと言われています。

人間の心情や心模様を描く事が必要な脚本家は、色んな人と出会い、その人の特徴やおもしろさを見出す事が大切です。

そのため、色んな職業やジャンル、性格の持ち主と出会い、関りを持ってきたという経験はとても役に立ちます。

脚本家という職業は家に引きこもり、パソコンに向かってばかりだと思われがちですがそれは間違いです。

外に出て、人と会って話したり様々な風景を見て吸収していく事が大事なのです。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

作品がヒットすれば、書籍化される場合があります。

また、オリジナルの脚本の場合、小説バージョンの執筆依頼が来る場合もあります。

舞台だと、脚本(戯曲)の上演依頼が来る事もあります。

商業目的での上演依頼であったり、非営利目的の学生から依頼が来る場合があります。

脚本には著作権があるので、ヒット作を生み出す事が出来れば権利収入を得る事が出来ます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

脚本家という仕事を経て、映画監督としてデビューしたり、演出家や作詞家としてデビューしている人もいます。

コピーライターやエッセイストや小説家など、文章を扱う職業に於いては、やはり脚本家というキャリアは有利に働きます。

脚本家を目指している道中でも、自分の得意な分野や好きなジャンルを見付ける人も多くいます。

脚本家という職業にこだわらずに、自分の興味のある事にはどんどん挑戦してみる事をおすすめします。

続けるのが大変?

シナリオコンクールでは毎年、一人が大賞に輝き、作品が作られていきます。

しかし、そこから才能が伸びずに終わってしまう人もいます。

つまり、脚本家としてデビューするよりも脚本家として長く活動をしていく事の方がよっぽど大変だという事です。

息の長い脚本家になるためには下積みが大切です。

アマチュアでもおもしろい脚本を書く人は大勢います。

しかしプロとして必要な事は、締め切り通りに作品を入稿し、常に期待を上回るような高いクオリティの脚本を書き続ける事です。

才能やアイディアが枯れてしまわないために必要な事は努力です。

脚本家として長く活動していけるように、常にアンテナを張り、たくさんの感動をして脚本に活かしていきましょう。

まとめ

脚本家としてデビューするには、やはりコンクールで賞を獲る事が有効です。

他にも、自主製作の映画や舞台を企画してみたり、脚本家の見習いとしてアシスタントを募集している求人を探してみましょう。

まずは脚本について学び、しっかりと身に付けて、書き続ける事が重要になります。

そして書き始めたら最後まで書き抜く事が大事です。

何本も脚本を書いて、推敲し腕とセンスを磨きましょう。

書き重ねられた脚本はデビューしてからもネタ帳としての役割も果たしてくれます。

是非、おもしろい脚本を書いて、素晴らしい作品を世に発表して下さい。

素晴らしい作品はいつまでも残っていきます。

作品のタイトルと一緒に、脚本家として名前を残せるようにして下さい。


関連キーワード

脚本家仕事