世の中には様々なお仕事が存在します。

「えっ、こんな事も仕事なの」と思ってしまう仕事もありますし、そんな大変な事までしていたんだとつくづく実感する場合もあります。

基本的にどのような仕事も、きちんとやろうとすればする程大変になるのは当然で、そこに自分の存在意義や価値を見いだせる事でモチベーションを維持する事が出来るのです。

さて、今回は演劇やお芝居の舞台監督の仕事について説明します。

「舞台監督」が自分に向いているか診断するにはこちら →

舞台監督はどんな仕事?

シンプルに言えば、本番の舞台の進行を司る仕事です。

いかにスムーズに本番を進行させるかという為に打ち合わせから稽古、本番に至るまでの取り仕切りを行なうのです。

舞台監督の大まかな仕事内容

1.内容を大まかに掴む

台本や配役等の資料が届いたら、大まかに内容を掴みます。

2.方向性を話し合う

演出家や美術家が考えたプランに沿って打ち合わせをしたり、プランの検討や修正の方向について話し合います。

3.役者を決める

子役等のオーディションがある場合は、参加してどの子役が適しているかの検討を行ないます。

4.必要なセットや小道具を揃える

稽古場でスムーズな稽古が行なえるように、絶対に必要なセットや代用の小道具等を揃えます。

5.稽古の段取りをする

稽古場での段取りを取って、進行して行きます。

6.舞台稽古前の確認をする

舞台仕込みで、本番用の大道具や小道具、音響の確認や、照明の明かり作りを舞台稽古の前に行ない、演出家の確認を取りつつ、本番でどのように指示を出すかの確認を行ないます。

7.修正を行う

舞台稽古の全てをしきり、本番で失敗しそうな箇所の確認やリハーサル、修正を行ないます。

8.本番前のチェックをする

本番で滞り無く進行させる為の全てのチェックや確認、指示を出して行きます。

9.演出家の意向に添っているか確認する

演出家の意向に添った作品になっているか毎回確認しつつ、外れている場合は演技などの修正をします。

10.公演終了後の段取りを行う

公演終了後のバラシや借りた物の返却の段取りを取って、各々返却をします。

仕事上の役割とは?

出来うる限り演出の意向に添う形でお客さんに作品を提供する全ての行為を責任を持って果たす役割です。

制作者の意向も考慮して、経済的な部分も代案等をたてて、満たして行きます。

舞台監督の仕事はどんな人に向いている?

全ての事に興味を持ち、勤勉で独創性があり、我慢強く機転の聞く人が向いています。

人に指示を出さねばならないので、人付き合いが良く、リーダーシップを取れるだけの人望も大切です。

時には妥協も必要で、代案のアイディアが次々と出せるだけの頭の柔軟性も欠かせません。

そして、お客さんを含めた人間全般を好きになれる人が理想です。

創ることが好きな人

稽古場などで、本番用の物が揃わない場合等、類似した物を作ったり、稽古において人間の心理を作ったりと、全てが創造に関わって来る為、物作りが嫌いな人では仕事が進みません。

周りの人の力を引き出すのが得意な人

この作業が出来る場合は極めて能力の高い舞台監督として認められます。

全ての舞台監督に求める事の出来る能力では無く、演出家やプロデューサーに求められるべき能力で、舞台監督がこの能力を行使する場合、演出家かプロデューサーの了解を得る必要があり、勝手に進めると演出家等に疎まれる要因に成りかねません。

演出家に引き出す能力が無い場合、切羽詰まって行使する場面も初日近くなると有り得ますが、演技者には感謝されますが、演出家には疎まれる事が多いです。

先を見通す力が高い人

全て本番を見に来るお客さんの為なので、打ち合わせから稽古中も本番でのお客さんを意識して物作りをします。

先が見通せない場合は作品が良くなる事は殆ど有り得ません。

基本は演出家が考える筈の仕事ですが、往々にして意見を求められたり、舞台監督の方から提案したりする事が有り得ます。

経験の浅い演出家に多いのですが、見てからあそこは良かったとか、今日は悪かったとかなど、建設的ではないダメ出しがあります。

どう見えたかでは無く、こうやればお客さんにこういう風に見えて効果的だと言う本番でお客さんに見せる事を前提とした稽古を進めさせる事も、ベテランで能力の有る舞台監督には大切な作業となります。

体力が有る人

稽古から舞台稽古に至る時期は、体力勝負の時期に成ります。

全ての総責任者なので、どのセクションの作業にも指示をしたり確認しなければ成りません。

場合によっては徹夜が続く事も有り、肉体労働と頭脳労働の双方を同時にこなしているので、体力は相当使います。

他のセクションも出来る人

全ての舞台監督に求められる能力ではありませんが、

  • 台本を書く能力がある
  • 演出をする能力がある
  • 演技指導をする能力がある
  • 照明のプランや現場の仕事をこなせる
  • 音響プランや現場での音出しが出来る
  • 大道具を転換する技術がある
  • 音楽で楽器が弾ける
  • 絵が描ける

など、人間に出来る全ての事がそれなりに出来る人はとても強い存在として認識されますし、武器にもなります。

人間が好きな人

何より、人と言う存在が好きでなければ演劇は成立しません。

色々な人生を通して作品に関わって行く事が仕事であり、虚構の世界の中なので、お客さんに伝える為には、リアルに感情を出しても伝わりづらいです。

感情に反して大きく動いたりたっぷり間を取る事で、演技者の感情をお客さんが理解する時間を作ったり、そこだけ音楽や雷等で粒立てたり、照明を変えて周りを暗くして目立つようにしたりと演技者のリアルな感情を裏切る作業が必要になります。

演技する人達も我慢が必要なシュチュエーションで指示を出して見せて行く舞台監督を含めたスタッフも経験が物を言う場面ですが、全ては見ているお客さんの為に良くなる手段を取っている為で、終わった時の拍手で良かったと言うことを実感出来るのです。

何よりこの拍手が演劇人には大好物なのです。

「舞台監督」が自分に向いているか診断するにはこちら →

舞台監督の仕事で活かせる経験

人間の全てを扱う可能性のある仕事の為、すべての経験が仕事に活かせる可能性を秘めています。

広く浅い知識でも今回必要となればその知識を調べ尽くして、活用します。

その為にも知識の中のどれを使うかを選択する為に知識を広げておく事が大切です。

楽器演奏

木頭は、古典の物の場合、一通り打てると仕事が広がります。

お祭り等で拍子を取る時に叩く物で、相撲や「火の用心」の紐の付いた物とは少し違い、紐はありません。

本来は大道具さんの仕事ですが、「ツケ」も出来るに越した事は有りません。

この二つは大変に稽古と知識を要しますが、余り使われる機会が無いのが玉に傷で、値段も結構します。

他はこれと言って何の楽器じゃなければいけないと言うものではありませんが、ピアノは強いです。

後はバイオリンやギター、三味線、琴、笛関係と打楽器等です。

踊り全般

ミュージカルや音楽劇、レビューやショーなどダンスシーンが有る作品は年々増加中で、ダンスの基礎を知っている方が当然有利です。

洋舞だけに限らず日本舞踊やフラメンコ等、知っているに越した事は有りません。

特に日本舞踊は着物を着た芝居では動きの所作に深く関わる為、知識が無い場合に対応出来なくなります。

又、日本舞踊を有る程度極められ木頭が叩けると、日舞の発表会の狂言方と言う舞台監督と似ている役職で、ギャラの良い仕事も廻って来る事があります。

執筆

脚本や台本等の執筆経験が有る場合、周りが認識しているとちょっとした直し等を手伝う場合が有ります。

作品により活かせるものが多種多様な為、その都度、調べたり自分で事前に経験してみたりします。

自分で出来る事は演技者の方にも可能だと証明出来るからです。

反対に自分で難しい場合は、演技者の方も難しいと考えられ、代案を用意しなければならないからです。

舞台監督で働くメリットとは?

有名な人達と一緒に働く事が出来る。

私の事を書くのならば、演出家としては石井ふく子先生や故榎本滋民先生、文学座の故戊亥市朗先生や故蜷川幸雄さん、妹尾河童さんなどとご一緒する事が出来ました。

俳優さんでは故松方弘樹さんや、故植木等さん、故長門裕之さんや故南田洋子さん、故淡島千景先生や故市川歌太衛門御大などの大物の方々と交流が持てましたし、思い出もひとしおです。

他にも沢山の著名な方々とご一緒させて頂いています。

楽屋見舞い

多くのスターの方々とお話も出来るのですが、楽屋にいらしたお客様の美味しいお土産等のおこぼれにも預かる事が出来ます。

それなりの物の差し入れが来ますので普段の生活では食べられないものを食べる事が出来ます。

又、たまに食事等を出演者の方が差し入れて下さって、どれも美味しい物ばかりです。

御祝儀

それなりのトップの方は初日か中日にいくらかを包んで下さいます。

若い方も大劇場だと何人かで少し包んで渡して下さいます。

臨時ボーナスと言った所ですか、チップを月に一回纏めてくれるような考え方です。

「舞台監督」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

目指す方向にもよりますが、先輩は美術家になりました。

作家や演出家になる方が圧倒的に多くいますが、中にはプロデューサーになっている人もいます。

生涯、舞台監督と言う先輩も存在しています。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

勿論、生かす事は出来ますが、専門職はそれなりの勉強が必要です。

サービス業は経験が生かし易い職種と言えます。

ある程度の大道具のスキルが身に付いていれば展示等の仕事にも生かす事が出来ますし、似た様な道具を持っていないと仕事にならないので、初期投資はほとんど無く転職可能です。

大工さんに関しても若いうちの転職ならスキルはいかせる職業です。

自分にあった舞台監督求人の選び方や注意点

基本的にオファーで動いています。

後は知り合いの紹介等が殆どで、たまにインターネットで探して隙間の仕事を埋めたりもします。

【選び方①】雇用形態から探す

基本の雇用形態はグロスでその仕事の始めから最後迄でいくらと言う値段で決めますので、楽な仕事の時はラッキーです。

残業等無い世界なので、どれだけ働いても、決められた金額になります。

場合によってはステージ計算の場合も有りますが、この場合は稽古のギャラは出ないので、稽古分を上乗せした金額で交渉します。

【選び方②】仕事内容から考える

大まかな内容は如何に本番をスムーズに進行させるかに尽きますので、作品に寄って細かい仕事内容が全て違い、稽古をやってみないと分からない場合が殆どです。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

雇用条件は何処の仕事でも殆ど変わりが有りませんが、ギャラに関しては交渉します。

だいたいの相場が有るのでその金額に乗っ取った交渉になります。

まとめ

大まかに舞台監督と言う仕事の説明をしました。

上記は基本の演劇やお芝居の大劇場の舞台監督の形であり、小劇場等はさらに小道具を作ったり、劇場で大道具を建てたりと、やる事が増え、ギャラも少なくなります。

又、歌ものと称する歌手の方のコンサートなどはリハーサルがほとんど無い場合が多く、芝居より制作費が安く押さえられるのでスタッフのギャラや待遇が良い場合が殆どです。

ただしコンサート系は譜面を読めたり、楽器やPAに詳しく無ければ雇用されません。

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

舞台監督求人