演劇やコンサートなどで進行を取り仕切っている舞台監督と言う職業を聞いた事があるでしょうか?

だいたいのきちんとした公演のチラシには舞台監督と言う文字が見られます。

しかし、どんな事をしているのかご存知の人は少ないのです。

私が舞台監督をしていると言うと凄い人ですねと言う言葉が返って来ます。

実はそんなに凄くないのです。

映画か野球の監督のイメージで言われるのでしょうが、実はテレビのADさんに少しの権力を持たせて貰った程度で、その分責任を重くされていると言う可哀想な立場なのです。

しかし、ステージの隅でする仕事は大変楽しく、一度やったら辞められません。

今回は、舞台監督に向いている人の6個の特徴や必要なスキルを経験者が解説します。

舞台監督の仕事内容と給料

稽古から仕込み、本番、バラシの全てを取り仕切り責任を持って進行させる仕事です。

いかにスムーズに全てを動かすかがその人の能力に直結していて、状況に応じて指示を出して行くのです。

私の場合は会社に所属していないのでフリーランスです。

社員さんだと月々会社での契約に基づいた給料が支払われます。

演劇の場合、私の知っている会社で10年選手で30万位だと聞いています。

コンサート系で大物歌手を扱っている人達はBMWを乗り回せる位貰っています。

基本、芝居畑なのでそんなに高くは頂けません。

毎月コンスタントに仕事が有る訳では無いのですが、ぶっちゃけ1400人の劇場の1ヶ月公演で、1月の稽古に付き合ってグロスで60~80万と言った所です。

これは私の相場で、もっと高い人も安い人も存在しますし、公演規模が700位になると45~60万と言った所に落ち着きます。

小劇場になるともっと安くなってしまいます。

舞台監督が向いている人の6個の特徴とは?

好奇心旺盛な人

何にでも興味を示す事は芝居の舞台監督において大切な事です。

色々な人生を描いて行く為に、知っている事は幾ら有っても邪魔にはならず、応用を利かせる事も出来るからです。

どんな事にも首を突っ込んでみたくなる様な人は芝居の舞台監督に向いている人なのです。

コンサート等の場合は特に音楽や照明に特化して深く勉強が必要になりますし強い武器になりますが、芝居においては浅く広くの知識が物を言います。

勿論自分の面白いと思った物や、仕事に役立つと思った物は深く掘り下げておく事も将来の為になります。

そう言う私も音楽は大好きで、ライブハウス等にも楽しみに行きます。

そこで新たな交流が産まれ、仕事の役に立った事が何度もありますし、素敵な仲間も増えて行きます。

人生を題材にして仕事にしている以上、自分の人生を楽しむ事でお客さんに取って何が楽しいのかを知る事に通じるのです。

理解力の高い人

1を見て10を知る事の出来る人はとても強い力を持つ事が出来ます。

何度も説明しなければ理解出来ないようでは、瞬間瞬間に変化して行く生ものの舞台に対応出来ないのです。

瞬間判断が必要な舞台監督と言う仕事において、理解力は高い方が良いのです。

理解していなければ判断は下せません。

1だけで想像して理解する事で後の9が見えて来ます。

マネージメント力が高い人

私は得意では有りませんので羨ましいと感じるのですが、仲間の中にはこのマネージメント力が高く、自分を高く売り込む事が出来る人が存在します。

気が付けば私の想像より、3~5万多くギャラを持って行けるのです。

同じ一つの仕事をして少しでも高く儲けられる事は決して悪い事では有りません。

不景気な昨今、少しでも安い方を選ぶのは当然の時代で、仕事能力が同等なら、安く引き受ける方に軍配が上がります。

相手に分かりやすく説明できる人

説明において人に伝わらなければ意味を持ちません。

基本的に単純明快な説明が大切です。

難しい言葉を使って知性を出す等と言う時間の無駄は舞台監督には不必要なのです。

シンプルイズベストで、徹底してシンプルにする事が失敗しないコツです。

何かに例えるにしても、楽しく分かりやすくが互いの勘違いが少なくて済み、成功する可能性をあげる鍵です。

人望の厚い人

人望と信用と財布の中身は厚いに越した事は有りません。

各スタッフや俳優に指示を出す立場としては遊んでばかりでは拙いのです。

人望は大切で、色々なセクションとお酒を飲んで交流しつつ仲間を増やして行きます。

音楽や照明等、指示を出す時にきちんと聞いていて、1~2秒ならやり易く観客も気持ち良くなる所を探って指示を出します。

中には転換出来たらすぐに指示する人も居ますが、私の場合は良い所を狙うのです。

その事は長く付き合っているスタッフは理解しているので、非常にやり易いしカッコいいと言われます。

そんな所にまで気を使う事によって信頼は付いて来ます。

臨機応変で変幻自在な人

生ものの舞台においてアクシデントは付き物です。

誰かが怪我をしたとか、全然違うセリフを言っているとか、衣装が切れたとかのアクシデントはざらに有ります。

地震が起こったり、煙がもうもうと立ち上ったり、セットが壊れたりと、想像しない事も沢山起こります。

そんな時は臨機応変な対応が求められます。

衣装が切れたら早く幕を下ろしたり、セットが壊れれば次に出る人達に迅速に伝えて芝居位置を変えさせて中身に影響が出ない様に差配します。

時に寄っては黒子で出て行って繋げられる様にする事もあります。

舞台監督が向いていない人の3個の特徴とは?

人より物に対するこだわりが強い人

物も大切なのですが、我々の仕事は人が居てなんぼの世界です。

それも普通の人では無い人達との付き合いになります。

関わっている人々はどのセクションにおいてもちょっと一癖ある人の集まりで、ヘタをしたら舞台監督が一番普通に振る舞っているようにさえ見えてしまいます。

最近はサラリーマンのようなスタッフも徐々に増えて来て、個性が無くなりつつありますが、私の若い頃は黒い服を着た変な人の集団でした。

そしてサラリーマンみたいに見えても普通では無いのです。

やっぱりやんちゃな所は無くなりません。

そんなやんちゃな心がステージを支えているのです。

周りを見ると純粋な心を持った仲間が多いです。

しかし、口の悪さは否定出来ません。

そんな仲間達が助け合って働いています。

体が弱い人

兎も角仕込みから舞台稽古、初日迄は体力勝負の所が有ります。

大抵仕込みと同時進行で総ざらいと言う通し稽古を行ないながら照明を作って行きます。

最近は余り徹夜させない傾向にあり、終電迄には終わらせるようになりましたが、何年か前だと、徹夜と言う表現が生温い感じの朝9時迄照明を寝ないで作って、11時には舞台稽古を始めると言う実質30分程の休憩で翌日の業務に取りかかり、続きが終わったのが深夜2時だったなんて事はざらに有りました。

私は、過去に最長64時間寝ずに働いた覚えがあります。

体力は絶対条件です。

コミュニケーションが苦手な人

人との会話が成立しなければ指示を出す事は出来ません。

まず指示の出し方からどうするか確認しなければならないのです。

インカムで声で指示するのか、電気のランプのつけ消しで指示を出すのか他の方法なのか始めに確認します。

その上で進めて行くのですが、アクシデントが有ればどう変更するのかを即座に伝えなければなりません。

花道に引っ込んだ主役がロビーを通過している間に幕を下ろしてセットチェンジをしている時に主役の付き人が僕の所へ走って来ました。

「座長、下痢でトイレ」と伝えられ、着替えてすぐに違うセットの真ん中に居なければならないので、セットが出来ても何でも暗い中音楽を流して本人を待ち続けます。

伝令を聞いてすぐに音響さんと照明さんに連絡を取っていて、音楽は何度でもリピート、明かりものんびり待っててと伝え腹をくくって待ちました。

すぐに対応したので誤摩化せましたが、照明は兎も角音響はまだテープの時代だったのでもう少し伝達が遅れたら暗い中音の無いシーンとした間抜けな状態になる所だったのです。

舞台監督のスキルを活かせる職種・仕事にはどんなものがある?

舞台監督を経験した事で、どんな職種に役立つか考えてみます。

クリエーター

様々なセットの絵や映像等見て来た経験からクリエーターになれる人も中には存在します。

僕自身はその方向は無理ですが、絵を描く事が上手かったり、映像のセンスが有ったりする人が居ますし、そういう人達との付き合いが有る人が存在しています。

脚本家

色々な作品や人生を人一倍見て来た舞台監督の中には文章のセンスを持っている人が存在していて脚本を書いている人も実際にいますし、脚本家や演出家になる為の途中経過と言う位置取りとして舞台監督に徳仁も居て、現在でも元舞台監督の脚本家や演出家は多く存在します。

しかし、この脚本は映像の脚本家になる人は殆どおらずやはり舞台の脚本を書いている人が殆どです。

プロデューサー

実際に舞台監督からプロデュサーをやっている人がいます。

始めは舞台監督の契約社員でしたが、社員として制作部に配属されて働いています。

これから舞台監督の仕事をはじめるには、どうしたらいい?

ネット等で舞台監督の事務所を探し、求人を調べてみるのが手っ取り早い方法です。

後はコネの世界が強いので、有る程度力の有る劇団の演出部に入りスキルを積んでおく事も可能性を広げます。

僕の場合は劇団「前進座」と言う所の演出部に一年半所属して、大道具さん達と知り合い、退団してから大道具さんの口利きで仕事を貰い門戸を広げて来ました。

紹介されたプロデュース会社がそこそこ大きい公演をやっていたのでラッキーだったのです。

舞台版の「蛍の墓」も手がけさせて頂きました。

TOKIOの城島君の主演作でした。

知り合いが増えて行き、人が足りない舞台の舞台監督として紹介されてどんどん増やして行けたのです。

新橋演舞場などで昔のプロデューサーが良く行った言葉が「一流だから一流に居る訳では無い。一両どころに居られるから一流なんだ」と。

そう芝居が上手いとかスキルが有るとかでは無く、一流と言われる所に居続けられる事が大切なのです。

AKBは決して上手く有りませんがお金は稼いでくれます。

氷川きよしさんの芝居は決して上手く有りませんが、観客は満員で、熱狂的です。

舞台監督の仕事で就職するために

舞台監督と言う仕事で就職するなら、舞台監督会社に入社するのが本来の道です。

コンサート系のその手の会社は結構有りますし、芝居だと劇団に所属するのが一般的です。

また、芝居の舞台監督会社も何社か有りますので、求人を調べてみる事をお勧めします。

大道具の会社から舞台監督会社へ舞台監督として出向している人達も存在します。

実は僕が「放浪記」の演出家の北村文典氏から氷川きよしの「銭形平次」シリーズの演出補を頼まれた時の舞台監督は、舞台監督会社の僕の劇団の先輩に当たる人と大道具会社から派遣された女性の舞台監督でした。

大道具さんで舞台監督もやるパターンも存在していて、僕の若かりし頃、一緒に舞台監督をやっていたいっこ下の後輩は、今では演舞場に出入りしている大道具会社の社長職に就いています。

資格は必要?

資格は何も有りません。

誰でも良いけど誰でも良い訳では無い仕事です。

特にこの資格が必要と言う様な事は一つも無いのです。

必要なスキルや経験は?

スキルとしては木頭が打てると使い勝手が良くなりますし出来る仕事が増えます。

経験に関しては多ければ多い程良いのがこの仕事です。

舞台監督のやりがいはコレ!

お客さんの拍手が僕たちのガソリンです。

満場の拍手喝采は一日の仕事の疲れを忘れさせてくれますし、明日もやるぞと言う気にさせてくれます。

その拍手の中でキューを出して緞帳を下ろすのは舞台監督ならではの特権で、とても気持ちいい物です。

そしてカーテンコールの幕の上げ下げです。

観客の拍手の中を思いっきり気持ちいい所で狙って動かさせます。

舞台監督の仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

関わるセクションの仕事内容

全セクションの基本的な仕事を網羅していなければ指示は出せません。

楽屋の仕事の衣装さんや床山さんの仕事は、早ごしらえ(早着替え)以外は、あらかたの認識で問題はほとんど無いのですが、舞台上の大道具、小道具、照明、音響、操作盤、揚げ幕等のセクションに関しては判っているだけでなく、場合によっては自分で出来る位が大切です。

京都南座で「香華」と言う池畑慎之介さん主演の舞台で、鴨川の氾濫で南座のスタッフの3分の1が劇場に来る事が不可能になり、キャストはホテルに泊まっていたので30分遅らせての公演でしたが、兎も角スタッフが足りないのです。

何でもやらなければお客さんが待ちくたびれてしまいます。

兎に角何でもやりました。

クリエータの意図を理解すること

各プランナーの考える事は大元は演出家のイメージなので演出意図とイメージを始めにつかんでおき、逆にプランナーに提案する位にならなければいけません。

クリエーターはそれほど稽古に付き合わないので、舞台監督の方が理解度が高いのです。

照明プランナーとかは二度位稽古を見ただけでプランを考えます。

そこ迄に作り上げる過程を知っているので逆に聞かれる事が多く、良く教えてあげます。

まとめ

絶対に必要とされるスキルなど一つも存在しない舞台監督と言う仕事ですが、逆を言うならば全てが出来ると言う事が強みになる仕事です。

そして仕事も人生も楽しむ事が必要な仕事でもあります。

観客は楽しみに来ているので、ステージの人々が楽しまなければ観客を圧倒する事は出来ません。

悲劇に於いても苦しんだり泣いたりしている事で観客を感動させていると言う事実を楽しんでいます。

我々の仕事は芸術では無く、エンターテーメントなのです。

舞台監督になるには、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

舞台監督求人

舞台監督求人についてもっと深堀りした情報を見る

舞台監督の年収はどのくらい?相場や給料の決まり方を紹介します

芝居やコンサートのステージを仕切る舞台監督という職業があります。現場スタッフの責任者で、仕込みから本番、バラシまでの進行を司る立場で、全体がスムーズに流れるように考えて指示を出す役割です。今回は、そんな舞台監督の年収や給料はどれくらいなのかご紹介します。舞台監督の年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合会社にもよりますが、年収で250万円から270万円位です。正社員で転職した場合その人のスキル等にもよりますが、300万円から350万円がお芝居では良い方になります。演歌等のコンサート系は350万円から高い人で500万円行く人も中には存在します。フリーランス公演によってマチマチで、その時の

舞台監督の仕事はどんな人に向いている?向いている人の特徴や舞台監督で働く3個のメリットについて解説します

世の中には様々なお仕事が存在します。「えっ、こんな事も仕事なの」と思ってしまう仕事もありますし、そんな大変な事までしていたんだとつくづく実感する場合もあります。基本的にどのような仕事も、きちんとやろうとすればする程大変になるのは当然で、そこに自分の存在意義や価値を見いだせる事でモチベーションを維持する事が出来るのです。さて、今回は演劇やお芝居の舞台監督の仕事について説明します。舞台監督はどんな仕事?シンプルに言えば、本番の舞台の進行を司る仕事です。いかにスムーズに本番を進行させるかという為に打ち合わせから稽古、本番に至るまでの取り仕切りを行なうのです。舞台監督の大まかな仕事内容1.内容を大まか