准看護師の求人には、正職員からパートまで幅広い求人の募集があります。

しかし、色々ありすぎて、選び方がわからない人もいるでしょう。

そこで今回は、准看護師のパート求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、雇用形態による違いなどをお話しします。

准看護師の大まかな仕事内容

准看護師の仕事は、注射や傷の処置、診察の介助、排泄や食事の介助、入浴介助など、医療行為や生活介助を行う仕事です。

正看護師と准看護師の仕事内容の違いは、ほぼありません。

准看護師の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

准看護師の募集でよくある就職先のパターン

准看護師の就職先は医療行為を必要とする場所で豊富にあります。

病院

病院の仕事は、主に外来と病棟の勤務となります。

また、病院によっては手術場や救急外来、透析室勤務など専門的な部署での勤務をすることがあります。

色々な科を経験できることや、看護師の人数が多いことが利点です。

国立病院や市立病院など規模が大きい病院では、近年、准看護師を正職員で雇う求人は少なくなっています。

そのため、臨時職員やパートの募集が多いです。

クリニック

外来勤務がメインの仕事になります。

勤務体制は少人数の職員で仕事をこなしているため、慣れると気心が知れた職員と仕事ができるというメリットがあります。

その一方で、緊急時に休みたい場合に勤務交代をしてもらうことが困難なことがあります。

雇用形態は正職員とパートの求人がありますが、クリニックではパートの募集の方が多いです。

介護系の施設・事業所

特別養護老人ホームや老人保健施設、訪問看護ステーションなど、介護系の施設や事業所が多くあります。

訪問看護では、介護を必要とする利用者の所に看護師が自宅訪問し、注射の投薬や生活援助、また身体が不自由なことからくる生活上の悩みを聞くことがあります。

また、介護施設の場合はデイサービスや病棟での勤務があります。

介護施設は医療行為が少なく、排泄や食事などの生活介助がメインです。

雇用形態としては正職員や臨時職員、派遣社員やパートの求人があります。

介護系の施設は准看護師でも正職員で雇われる率が比較的高いのですが、介護系の施設は看護師は数名しか必要がないため、1つの施設に雇用される看護師は数人となります。

保健センター

市や県が行っている保健センターでの仕事は、健康についての相談や健診の仕事などがあります。

健康診断の場合は、行われる会場または健診用のバスなどで健診の介助や採血などを行います。

雇用については保健師や正看護師の雇用が多く、准看護師はパートでの雇用がほとんどです。

また、パートも数か月と期間が限定されていることがあります。

そのため、短期間のみ働きたい人や、根を詰めて働きたくはないという人に向いています。

准看護師の求人でよくある募集内容とは?

准看護師の求人では、次のような内容の募集が多いです。

雇用形態や勤務場所によっても違いがあります。

給与相場

准看護師の給与相場は、正職員で約23万円~25万円、新卒者は初任給が15~20万円、ベテランの准看護師は相場よりも高めの給与となっています。

看護師の求人によくある給与の項目には「大体○万円くらい。給与については要相談。」という記載が多いです。

通常では、その人のスキルや看護師としての経験年数から基本給が決められます。

また、パートの時給相場の平均は約1,500円です。

勤務時間や休日、残業

勤務時間・休日について

正職員または臨時職員で病棟勤務の場合は、日勤に加えて準夜勤や夜勤があります。

部署によりますが、二交代制または三交代制です。

基本、週休二日制が多く、シフト制のため休みは不規則です。

そのため、求人には「土・日・祝日に勤務可能な方」という表記が見られます。

外来勤務の正職員の場合、日曜日や祝日は休みであることが多いのですが、当番医や夜間の救急外来の仕事などがあります。

残業について

正職員や臨時職員は残業を行うことが多いため、求人には「残業可能な方」という表記がみられます。

パートの場合は、時間契約の雇用のため基本残業は行いません。

しかし、必要時は残業をすることがあるため「残業30分~1時間ほどあり」「必要時、残業あり」という表記が求人にみられます。

福利厚生

正職員や臨時職員の場合は、厚生年金や健康保険、雇用保険、労働災害保険などの保険や賞与がついています。

また、勤務時間が短いパートの場合は労働災害保険しかついていないことがあります。

賞与も基本ありません。

さらに、最近では託児所完備の職場もあります。

勤務場所

病院やクリニック、介護系の施設、保健センターなど色々あります。

医療行為は免許なしには行えないため、准看護師を必要とする医療現場は豊富にあります。

求められる人物像

例えば「40代くらいまでの人」「35歳からは要相談」など年齢制限がある求人があります。

長期の雇用目的や仕事を覚える早さ、または体力面を重視しての表記であることが多いです。

他にも「子育て中の人も可」「明るく、やる気のある人」と求人に書かれていることがあります。

必要なスキルや資格、経験

准看護師として働くならば、准看護師免許が必要です。

経験年数が豊富であることや、希望する職場の専門科が経験してきた専門科であれば、即戦力になることから就職に有利です。

また「新卒者OK」という記載がある求人もあります。

准看護師のおすすめ求人のポイント

求人を探すときは雇用形態や給料以外にも、自分の状態に合った職場を探すことが大切です。

准看護師の希望に多いポイントを取り上げました。

総合病院の病棟は様々な経験が積める

色々な科を経験したい人は総合病院がおすすめです。

特に一般病棟での勤務では、基本的な知識や技術を身につける機会が多いです。

総合病院の場合、他の科への異動があります。

異動先では新たに覚える仕事などがあり、大変な面がありますが、勉強熱心な人にとっては働きがいのある環境です。

スキルや経験に不安があるなら看護師が多く働く職場がおすすめ

スキル不足や経験年数が少ないなどの不安があるなら、看護師の多い職場で働くことがおすすめです。

介護系の施設は看護師が数人しかいないことから、緊急時も自分で判断できる人が必要とされます。

そのため、安易に看護師が少ない職場に勤めると仕事についていけないことがあります。

病院など看護師の人数が多い職場であれば、スキルや経験に不安があっても他の職員に相談をすることができます。

しかし、周りの職員に甘えてばかりいては看護師として成長ができないので、必要な勉強や努力はしっかりしていきましょう。

正看護師を目指すなら支援制度のある病院を探そう

准看護師から正看護師になる場合、進学課程のある看護学校、または通信教育による学習が必要になります。

そのため、働きながら資格を取るためには、進学課程に通う間の勤務の調整など、職場の協力が必要です。

中には奨学金が出る職場もあるため、これらの進学に協力的な職場、または支援制度がある病院を探しましょう。

新卒者で興味のある専門科が無い場合は、基本的な医療技術が身につく職場を選ぼう

特に興味がある専門科がない新卒者は、基本的な医療技術を身に着けることができる一般病棟での勤務がおすすめです。

一般病棟では早めの技術や知識の習得がしやすい環境なため、後に仕事や転職がスムーズに行いやすくなります。

准看護師のパート・派遣・臨時職員、正職員の違い

同じ准看護師でも、雇用形態によって給料や雇用条件など細かい部分で違いがあります。

業務内容・権限・責任に違いはある?

業務内容

業務内容については、どの雇用形態であっても違いはありません。

ただし、正職員や臨時職員は残業をすることが多いです。

パートは雇用主や上司から言われたときに残業をすることがありますが、その場合は残業した時間分の給与が支給されます。

派遣社員は派遣会社からの紹介で働いており、契約した内容にそって仕事をすることから、契約外の業務は基本行いません。

また、業務内容が契約と違う場合は派遣会社に間に入ってもらい、職場と交渉してもらうことが可能です。

権限・責任

職場においての権限や責任について、一番大きいのは正職員です。

他の雇用形態の人よりはメインで働いているため、発言なども正職員の希望が優先されることが多いです。

他の雇用形態の人は、正職員よりも雇用に安定性がないため、権限もやや弱い所があります。

しかし、准看護師としての医療行為の失敗や社会的問題は、どの雇用形態であっても責任は同等です。

正職員じゃないから責任が発生しないということは無いので、その点は注意しましょう。

給与に違いはある?

臨時職員は正職員の給与よりも2~3割少なめです。

派遣社員は契約内容によるので、給料の金額については個人差があります。

雇用条件によって、福利厚生にはどのような違いがある?

正職員や臨時職員の場合は、厚生年金や健康保険、雇用保険、労働災害保険などの保険がついています。

また、パートで勤務時間が短い場合は労働災害保険しかついていないことが多く、賞与も基本的にはありません。

さらに、派遣社員は福利厚生などの保証や長期の雇用の保障がないことが難点です。

勤務先から求められる役割に違いはある?

准看護師であっても正職員であれば、優秀な人は主任などの管理職になることがあります。

自分にあった准看護師の求人の選び方や注意点

准看護師の求人は豊富にあるため、どのように職場を選んだらいいのか悩んでしまいます。

そこで、求人の選び方のポイントや注意点をまとめました。

【選び方①】雇用形態から探す

「いっぱい稼ぎたいから正職員がいい」「家庭との両立のためパートで働きたい」など、希望する雇用形態があると求人が探しやすいです。

しかし、准看護師の場合、正職員の雇用が年々減少しています。

正職員と近い内容の雇用形態に臨時職員がありますが、臨時職員は契約期間を更新する形の雇用であり、正職員よりも保障が薄いです。

自分の希望する条件をよく考えて検討をしましょう。

【選び方②】診療科目や業務内容から考える

内科や整形外科、または産婦人科など希望する診療科目から考えると選びやすいです。

ちなみに外科や急性期の患者を看る病院は忙しいことが多く、療養病棟は力仕事が多いなど、診療科目によって特徴があります。

そのため、診療科目の特徴を踏まえて自分に合うかを考えましょう。

業務内容から考える時は、自分に適した業務から考えると職場を選びやすくなります。

例えば、内臓などを見ることが苦手ならば手術場勤務は避けた方が無難ですし、力仕事が得意なのであれば老人施設で働くことも可能でしょう。

【選び方③】施設の規模から考える

大きな病院は色々な診療科と看護師の数が多いなどが特徴的ですが、異動があります。

また、クリニックは少人数で働くため、いつも同じ人と働ける安心感がある一方で、経験できる仕事に限りがあります。

このように、施設の規模から考えることも選び方の1つです。

しかし「大きな病院だから福利厚生が充実している」「大きな病院は給料がいい」など、施設の規模による思い込みはしないことです。

規模の大きな病院であっても賞与が低いことや、小規模の病院であっても福利厚生が充実しているとことがあります。

思い込みが意外な落とし穴であるため、注意しましょう。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

「これくらいの額の給料が欲しい」など、希望の額がある場合は、給与の額から探すと求人が見つけやすいです。

また、ボーナスは働く場所によって利率に違いがあります。

基本給だけではなく、ボーナスや交通費などにも目を向けて考えましょう。

また「子供の病気などの緊急時には休みが取れる」「土・日・祝日が休み」「三交代制ではなく、二交代制希望」などの雇用条件も、求人を選ぶ基準となります。

【選び方⑤】勤務地から考える

特に病院やクリニックは患者さんが通院しやすい場所にあるため、電車やバスでの通勤がしやすい場所にあるのが特徴です。

また、自家用車で通勤をしたい人は駐車場の有無を確認しましょう。

支給される交通費の上限は、求人で確認することができます。

特に月極駐車場を借りる場合は支給額では足りないことがあるので、検討して下さい。

また、通勤時間を考えて通勤エリアを絞ることも大切です。

通勤に時間をかけたくない人は、自宅から近い場所を選ぶ人もいます。

まとめ

求人を選ぶ際に一番大事なことは「自分の適性と生活に合っているか」だと思います。

まずは、自分がどのような働き方をしたいのか、希望する条件は何かを考えましょう。

上記にまとめた内容は、必ずぶつかる問題です。

そのため、自分の希望する条件を軸に求人を選ぶと、考えにブレが出ず選びやすくなります。


関連キーワード

准看護師求人