准看護師の仕事と言えば「キツイ」「汚い」「厳しい」の『3K』と表現されることがあります。

しかし、何がキツイのか?というのは、意外と知らなかったりするものです。

そこで准看護師の仕事内容についてお話ししたいと思います。

准看護師の仕事は大きく3個の役割に分けられる

准看護師の仕事は、患者さんのケアやサポートがメインですが、診察介助やオペの介助、事務作業など色々あります。

患者さんのケア・サポート

薬の管理、健康状態のチェック、処置や心的サポートなど、患者さんと直接関わる業務です。

患者さんや患者さんのご家族と話すことが多くあるため、高いコミュニケーション能力が必要となります。

診療やオペの介助

診察介助や検査室への誘導、手術の準備、オペの介助などがあります。

医師の診療や手術をスムーズにできるようにサポートをします。

受付・事務作業

個人病院では受付業務を手伝うことがあります。

最近では電子カルテの導入をする病院が多いため、パソコンを使用しての業務が多くなりました。

また、看護計画やケアプランの立案などもあります。

患者さんのケア・サポートの5個の業務

患者さんの薬の管理

注射や点滴の管理

注射や点滴は医師から指示があるため、その内容にそって薬剤を用意します。

注射や点滴は用意する前後、注射類の薬剤が間違っていないか必ずチェックをします。

なぜこんなに慎重なのかというと、薬剤は間違うと患者さんの命にかかわることも。

あってはならないことですが、年に数回テレビの報道などで、注射の誤薬で死亡するニュースがあります。

そういう話を聞くたびに、医療者は他人事ではないと肝を冷やします。

なので必ずチェックを怠りません。

内服薬の管理

内服薬については、入院患者の場合、自分で内服管理ができそうな人には時間に声をかけて確認をするのみです。

しかし、薬の自己管理ができない患者さん(年配で忘れっぽい人、認知症、体の自由がきかず自分では薬が飲めない人など)には内服の介助が必要なので、内服時間に合わせて薬を飲んでもらうなど介助を行います。

また、退院が近づいている患者さんで薬の自己管理に不安がある人には、内服薬を日付や時間ごとに入れるカレンダー状のシートに薬を用意し、退院まで自分で管理できるように練習の介助をすることもあります。

健康状態のチェック

健康状態のチェックは、経過が良好かどうか、今の治療が適切かを判断するのにとても重要です。

血圧や体温、脈拍や酸素飽和度を図り、症状を患者さんに聞きます。

また皮膚をみたり、お腹の状態をみたり、呼吸音を確認したり……その人の症状により確認するところも様々です。

入院患者の場合は、排便や排尿回数、食事量の確認などもおこないます。

特に排便については、便秘を防ぐために排便回数も確認をしており、『3日以上排便がないと下剤対象』の事が多いため、朝から患者さんと下剤を飲むか話をします。

また、食事量が少ない場合は栄養不足の原因になるので、どういった食事にしたら食べやすいかなど、実際に患者さんと相談をします。

手術後などは特に急変をしやすいので、細かく患者さんの状態を確認します。

しかし、比較的状態が安定している療養病棟に入院中の患者さんでも、急変することがあります。

安定しているから大丈夫といった油断は禁物です。

患者さんの処置

消毒やシップ交換

医師が見ない時は、看護師で手術後の患部の消毒をおこなったり、シップや包帯の取り換えなどをおこないます。

患部の観察や回復状況などの観察もきちんと観察します。

環境整備

患者さんのベッドのリネン類の取り換え、床頭台やベッドサイドの清掃などがあります。

衛生的な環境で患者さんが闘病生活を送れるように整えます。

ちなみにリネン交換は短時間で終わらせるものなので、人数を集めて行います。

看護師や介護師も集まって行うので、職員同士、和やかに行うことが多いです。

着替え、入浴介助

一人で着替えや入浴が困難な患者さんには介助をおこないます。

入浴介助では患者さんの体を洗ったり、入浴後の着替え、ドライヤーで髪を乾かします。

入院をしていると、入浴を毎日することができないため、患者さんにとって入浴は衛生目的と同時にリフレッシュの場でもあります。

下関係の仕事が多い。しかし、大事なお仕事です

実は下関係の処置が多く、おむつ交換やトイレの介助は日常茶飯事。

便秘の人には浣腸をし、時には指を患者さんの肛門に入れて便を出すことも!

手術準備で患者さんに尿のパックをつけてもらうために、尿の管(カテーテル)を入れたりと様々です。

心的サポートやケア

病気になると、回復への不安やリハビリがうまくいかないことへの苛立ち、仕事ができない不満、金銭的な問題など、患者さんはそれぞれ色々な悩みを抱えています。

このような悩みについて一緒に考えていくのも准看護師の仕事です。

悩みや不安を聞いてほしい患者さんは多いので、できるだけ話を聞き、患者さんの不安を軽減できるように考えていきます。

リハビリ内容に修正が必要な時はリハビリテーションの療法士にリハビリ内容の相談を、金銭的な悩みについては医療相談室と連携をとり、相談員と話をしてもらったりと、他の部署と連携をとることもあります。

訪問看護、健康診断の介助

病院に来ることが困難な高齢者の場合など、看護師が直接患者さんのお宅に訪問し、状態の確認や処置をおこないます。

訪問の時は患者さん本人だけではなく、介護をされている家族の話も聞きます。

ご家族から介護を行う上で困っていることや苦痛であることを聞き、どのようにすれば今より介護がしやすくなるかなどアドバイスすることもあります。

患者さんだけではなく、家族のケアも重要になります。

また、時には医師に付き添い、学校や民間行事の健康診断の介助を行うこともあります。

診療・オペの介助の3個の業務

患者さんの診察介助や検査室への誘導

医師が診察を行うときの介助も行います。

病棟勤務の場合はベッドサイドに医師と一緒に患者さんの所へ行き、容体を聞いたり、聴診(聴診器で胸やお腹の音を聞くこと)をします。

患者さんの状態を聞きながら、その場で医師が看護師に「じゃあ○○の検査行ないます。」「眠剤処方するから。」と指示が出るので、診察終了後、指示にそったケアができるよう処置や他の部署の連絡などをおこないます。

外科の場合は、ベッド上で手術後の患部の消毒などをおこなうので、医師と一緒に処置をします。

また、検査室やリハビリ室へ患者さんを車いすで連れて行ったり、手術室にストレッチャーで誘導する事も。

誘導中、患者さんと軽く雑談したり、緊張している場合は気をほぐすような会話をしたりすることが多いです。

機材や医療器具の準備・処理

診療科にもよるのですが、結構機械を扱うことが多いです。

人工呼吸器や心電図、点滴を正確に行うための専用機械など様々です。

特に手術室や集中治療室は機械だらけなので、覚えるのが大変です。

手術室の機械のセッティングや道具の準備、オペの介助

手術によって使われる機械や道具は変わるので、その手術内容によって準備をします。

道具については手術セットという物を作り、その手術にあわせた道具のセットを、専用の道具入れに入れて用意をしておきます。

また、手術中、医師に手術の道具を渡すのも看護師の仕事。

緊迫した現場で行うので、かなり緊張をします。

手術室は高額な機械だらけ

短期間ですが、手術室で働いた事があります。

最初の勤務で、真っ先に教えられたのが、『機材が高いから壊さないように!』です。

医療機械は基本、小さなものでも万単位。

手術室にあるような機械は大型の機械も多くあり、中には一千万以上する機械もあります。

『ここにある機械3から5台あれば新築立てられちゃうな…』と当時思いながら、壊さないようにあつかっていました。

ちなみに、特別仕様の喉頭鏡があり、ライトとカメラがついた気道確保をするときに使う道具(約10万円の物)がありました。

ですが、それを誤って医師が落としてあわてて受け止め、若干手を痛めた事が。

痛めた事より、「10万壊さなくてよかった」とつぶやいたことが忘れられません。

それくらい医療者は取扱いに神経を使っています。

受付・事務作業の4個の業務

受付、会計

大体は事務が行いますが、クリニックなど少人数の外来では、受付や会計を手伝うことがあります。

事務が他の業務で手が空いてないいときに受付で診察券や保険証を受け取ってカルテを出したり、発行された明細書を見て診察料金をもらったりと、簡単な内容を代わりに行うことがあります。

カルテ管理や入力処理

紙のカルテ、もしくは電子カルテに患者さんの症状などを記録します。

近年では電子カルテを導入する病院が年々増加しているため、使用にあたり簡単なWord、いわゆる文字打ちができることや、簡単でもパソコンの操作ができる必要があります。

パソコンが使えない職員は、電子カルテを導入すると聞かされると真っ青に!

頑張って使えるように勉強をする人もいますが、年配の看護師などはパソコンを使えない人が多いため導入を機に退職される人もいます。

看護計画、ケアプランの立案

療養中はどのような治療していくのか経過に合わせた看護計画、ケアプランを看護師が立案します。

なぜプランが必要かと言うと、患者さんは入院前、外来の医師からは治療の必要性とおよその入院期間しか説明を受けていないので、どのような入院生活になるのか、ほとんどわからない状態です。

なので、治療の目的を看護計画で説明をしたり、例えば『手術の前の日は術前の準備でこんなことをする』『この状態になったらリハビリを開始できる』など、入院した日にケアプランの説明を受けると、入院生活がどのようなものになるか想像ができ、治療の目的も明確になるため安心して治療に専念できるよう作成します。

職場によっては、院内清掃もあり

クリニックなど人数が限られた職場の場合、院内の掃除や待合室の本の整理、トイレ掃除まですることがあります。

会計にしろ本来、これらの仕事は准看護師の仕事ではないのですが、職場の環境によりやらざる負えない場合もあります。

正看護師との仕事内容の違いは? 

任される業務の違い

業務の違いはほとんどありません。

しかし、基本的に准看護師は管理職に就くことができないので、管理職は正看護師がついています。

ですが、経験が豊富で優秀な准看護師は看護主任などの職に就いている場合もあります。

給与や雇用契約の違い

平成29年度(2017年)の准看護師の平均年収は約405万円に対し、正看護師は約478万円と約75万円も差があります。

雇用契約については、正看護師は正職員で雇われていることがほとんどですが、准看護師は非正職員または臨時職員、パートなどの雇用が多いです。

仕事量は正看護師も准看護師も同じでも、良い条件の求人や給料の差はかなりのもの。

なので、准看護師が正看護師の学校に行き、新たに正看護師の免許を取得する准看護師が増えています。

しかし、やや条件は正看護師に劣るとしても准看護師としての求人は多く、出産後の再就職もしやすいです。

准看護師の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

仕事はハードですが、自分の技術や知識を多く活用して働く職業であり、やりがいを感じる職業です。

患者さんが回復していく経過や、元気に退院する患者を見ると、この職業についてよかったと感じます。

社会的に意義のある仕事

病気の患者さんの手助けに貢献するだけではなく、高齢者のお宅に訪問看護に行ったり、高齢者の方と接する機会はかなり高いです。

また時には会社や学校の健康診断の介助をおこなったりと、社会的貢献度は高いと言えます。

収入が安定している

給料の額は雇用形態により違いはありますが、安定した収入が得られます。

病院なので、給料が未納になる心配はまずありません。

それだけでもこのご時世、ありがたい職業に感じています。

社会的信用がある

収入が安定していることから賃貸やローンの契約がおこないやすいです。

また、『福祉の仕事』という印象からか、好感度が高く『いい人』と思われることが多いです。

特に結婚の時は相手の親に喜ばれます。

面白いポイント

色々な患者さんに出会える

病気に向き合う姿勢や気持ちは、時にその人の人生観が見える時も。

「歩行まではできない。」と言われていたのに、賢明な努力で歩けるようになった人、認知症になっても「仕事に行く。」という人、臨終時にドラマのシーンよりも多くの親族に見守られて永眠される人……十人十色と言いますが、本当に色々な患者さんがいます。

常に勉強し続けられる

医療技術は日々進歩しているため、新しい治療方法や技術、新薬についてなど、看護学校を卒業してからも勉強することがかなり多いです。

病院によっては勉強会が行われていたり、看護研究に力を入れているところもあります。

勉強会については、医師や製薬会社が講義をしてくれることも。

基本、医療者は常に勉強している人が多く、刺激になります。

酒飲みは多いが、飲酒の強要はされない

医療機関の職員は、その仕事のハードさからかお酒をよく飲む人が多いです。

特に宴会などの日はかなりのハイテンションになり、医者や看護師達がかなりの量のお酒を飲みます。

この状態だと、お酒の飲めない人に飲酒の強要がありそうな場面です。

ですが皆が医療従事者であり、お酒の弱い人の多量飲酒の危険性を熟知しているため飲酒の強要はほぼありません。

飲めない人でも安心して宴会に参加できます。

まとめ

自分の知識や判断を多く必要とし、コミュニケーション能力も求められる職業です。

患者一人一人に合ったケアをしていくのには、細やかな気配りも必要であり、多くの仕事をこなすのに要領の良さも必要となります。

しかし、一番必要なのは「患者さんを思いやり、良くなってほしい」という気持ちです。

だから医療者は懸命に技術や知識を学び、日々辛い業務をこなすのだと思います。

実際に准看護師求人を探す時は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

准看護師求人