准看護師として働く9個のメリット。

実際に私が働いていて感じたこと

准看護師の仕事は大変で厳しい仕事です。

しかし、厳しい仕事には、きちんとメリットがあるものです!

それでは准看護師として働くとどのようなメリットがあるのか、実際に准看護師である私がお話をしたいと思います。

准看護師とは?

准看護師は、医師の指示をもとに、患者さんに対して病気が治るように治療の援助や日常生活の介助を行う職業のことです。

働く場所

働く場所としては、病院やクリニック、老人施設など医療行為を必要とする場所での勤務となります。

仕事内容

医師の指示のもとに、医師の診察介助を行ったり、患者さんに点滴や採血などを行います。

また、体温や血圧などの測定を行い、患者さんの状態を確認したり、時には傷の消毒や内服薬の管理も行います。

また、体の不自由な患者さんにはトイレ誘導やオムツ交換の排泄介助をおこなったり、体を持ち上げて車椅子に座ってもらうなどの移動介助、食事の介助など仕事内容は様々です。

環境

病院やクリニック、施設であっても、それぞれに看護師は仕事が多く忙しいです。

パートであれば時間内に仕事が終わることが多いのですが、正職員の場合は、時間外勤務をすることがあります。

夜勤がある勤務体制の場合は、時には生活リズムがくずれ昼夜逆転になることがあります。

職場の雰囲気としては、救急救命のように緊張感と忙しさが半端ではない部署もあれば、ほとんど患者の来院が無い病院など勤める場所によってかなり違います。

必要な資格

准看護師として働くためには、『准看護師都道府県知事試験』に合格し、准看護師免許を取得する必要があります。

免許を取得するためには、准看護師養成所や高校の衛生看護科などの准看護学校に通い、必要な単位を取得する必要があります。

准看護師として働く9個のメリット

准看護師として働くと、どのようなメリットがあるのでしょうか?

大まかに9個に分けて説明をしたいと思います。

准看護師のメリット

准看護師として働くと、このようなメリットがあります。

働きながら資格の取得ができる

准看護師養成所に入学した人は、朝や夜に病院で働きながら学校に通う場合が多いです。

ちなみに在学中に病院で勤務することを入学の条件としている病院は、約6割となります。

働きながらの通学のため学校生活は大変ですが、収入を得ることができるため、金銭的な事情がある人や社会人入学の人にとっては大きなメリットになります。

資格取得まで早く、費用も安く済む

准看護師養成所であれば、2年あれば資格の取得が可能です。

学費は約200万円かかりますが、奨学金制度が利用できる場合があります。

奨学金制度は学校によって内容に違いがあり、学力が高い学生の場合は学費が一部免除になる制度から、数十万円の奨学金が貰える制度など、種類は色々あります。

資格を取る専門学校は、高額な費用がかかるものです。

准看護学校も高額な学費がかかることに変わりはありませんが、在学中に給料が確保できる点や奨学金制度が充実していることから、他の職業の専門学校に比べて結果的に安く資格を取ることができます。

後に正看護師を目指すことも出来る

准看護師の資格を取得後、希望をするならば後に正看護師の免許を取得することができます。

正看護師免許を取得するためには、さらに進学課程のある学校に行く必要があります。

職場が進学に理解があるならば、准看護師として働きながら正看護師の学校に通うことが可能です。

看護師としてのメリット

正看護師、准看護師になって良いところはどのような点なのでしょうか?

看護師としてのメリットをお伝えします。

安定した給与が望める

正職員や臨時職員であれば、一定の安定した給料を得ることができます。

病院の経営状態によって昇給があまりなかったり、ボーナスが減ることはあるかもしれませんが、基本給が下がったという話は聞かれません。

育児や介護をしながらでも働ける

小さい子供がいるため育児に時間を必要とする人や、介護をしている人は、パートになって働く人が多いです。

准看護師のパートの募集は多いので、時間や日数など働く条件があえば育児や介護を行いながら働くことができます。

実際、このような事情の人がパートで働く場合が多いです。

「小さい子供がいて病気で休むことがある」「家で介護をしているため、緊急時に早退することがある」などの話を入職時に雇用主や同僚に伝えておくと、緊急の時は休むことができたり、または職員同士で勤務の交代をしあう事もあります。

全国どこでも働ける

看護師の免許があれば、全国の看護師を必要とする医療機関で働くことができます。

よくあるのが、転勤族の人と結婚した看護師が色々な地方の病院で働く話です。

転勤がある職場では基本的に転勤を断ることができないので、配偶者の転勤についていくか、または単身赴任をしてもらうしかありません。

しかし、看護師であれば再就職先が引っ越し先で見つかることが多いので、配偶者が転勤するたびについていき、転勤先の地方で看護師として働く人も多くいます。

就職・転職・復職がしやすい

看護師の就職先は豊富にあるため、就職がしやすくなっています。

また、他の場所で働きたいと思ったときに、違う転職先が見つけやすい職業でもあります。

また、医療機関は産前・産後休業(産休)や育児休業(育休)の制度を取り入れている勤務先が多いため、産休や育休を取った後に復職をする看護師も多くいます。

一度看護師を辞めたけれど、また働きたいという人が数年後に復職をするケースもよく聞かれます。

社会的に意義を感じられる

看護師は、患者さんの治療の手助けをすることや、身体の不自由な人の介護を行うため、難しく厳しい仕事です。

しかし、大変な分、人の役に立てているという実感を得やすい職業でもあります。

社会に貢献できているということは、社会人として意義を感じられる嬉しいことです。

社会的に信用がある

看護師は職業的なイメージから、とても社会的に信頼されやすい職業です。

「患者さんに尽くしている、奉仕の精神がある人」「清潔感がある」「しっかりしている」「責任感がある」と、看護師にいいイメージを持っている人は多くいます。

また、職場が医療関係のため、給料の安定性から賃貸契約がしやすいことや、少額であればローンの審査も比較的通りやすい職業です。

准看護師の大変なところは?

准看護師として働くメリットはおわかりいただけたと思います。

しかし、准看護師の仕事に興味があるならばメリットだけではなく、きちんとデメリットも知っておく必要があるでしょう。

准看護師になると、このような大変なところがあります。

忙しい

職場の状態や勤務体制、雇用形態にもよりますが、基本的に准看護師の仕事は忙しいです。

仕事量は多いため、要領よく仕事をこなす必要があります。

また、患者さんの状態も日によって違いがあるため、毎日同じような仕事ではありません。

忙しさと厳しさから、中には看護師を辞める人もいます。

残業がある

正職員や臨時職員の場合、残業をすることが多いです。

忙しい部署だと2時間くらいの残業が続くことがあります。

残業代が出る職場であればいいのですが、残業代が出ない職場も多くあるのが現状です。

休みが取りづらい

前から分かっている用事の場合は、シフトができる前に休暇の希望を出せば休みを取れることが多いです。

しかし、子供の病気など急に休まなければいけない場合などは、職場によっては休むことができなかったりします。

意外にも、一番休みが取りづらい理由は『病欠』です。

例え38℃以上の熱が出たとしても、インフルエンザなどでなければ『解熱剤を使えば仕事に出れる』と言われることが多いです。

また、『病気になったら勤め先の病院を受診するのが暗黙のルール』のため、もちろん仮病は使えません。(もちろん、どの職業でも仮病はいけないと思いますが……。)

なので、病気にならないように健康に気をつける人が多いです。

体力を使う

看護師の仕事は患者さんの体を持ち上げたりすることが多くあります。

患者さんの中には、体重が重い人や体を自分で支えられない人が多くいるため、持ち上げのときは看護師がその体重を支えることになります。

そのことから腰痛や膝痛、肩こりになる人が多くいます。

また看護師は次から次へと患者さんの状態を見に行かなければいけないため、院内を多く動き回ります。

また夜勤もあるため、体力を使う職業です。

生活リズムが崩れる

夜勤がある人は生活リズムが崩れやすかったりします。

夜勤明けで疲れていても、昼間の日差しで家に帰っても眠れないこともあり、昼夜逆転することがあります。

女性の多い職場

女性が多い職場のため、女性特有の陰湿さや噂などもあります。

悪口や噂などは、話に乗りすぎると自分まで悪口を言っていたと誤解されることがあります。

実際、私は陰口に興味がないため、そのような話にはあまりかかわらないようにしています。

男性職員の場合は、女性ばかりで気を遣うことが多く、また力仕事などは男性職員に任せられることが多いため、身体的に辛いと話す男性職員もいました。

正看護師と給与や雇用条件に差が付いてしまう

正看護師と准看護師では、給料や雇用条件にかなりの差があります。

まず、給料については平成29年度(2017年)の正看護師の平均年収は約478万円に対し、准看護師の平均年収は約405万円と約75万円の差があります。

また、雇用条件については正看護師の方が正職員の雇用が多く、准看護師は臨時職員やパートなどの非正職員の雇用が多いです。

この雇用条件の差から、給料についても差が出ると考えていいでしょう。

正看護師と変わらない業務内容や責任を求められることもある

正看護師と准看護師の仕事内容は、ほとんど変わりがありません。

給料に差はあっても、仕事内容や仕事量は同じように与えられます。

難しい内容の仕事や失敗であっても『准看護師だから……』という言い訳をすることはできません。

正看護師の学校で学ぶ仕事内容も、准看護師は行わなければならない

例えば、看護計画の作成についてです。

看護計画とは、入院患者に対し、入院中にどのような治療を行うのか、また治療に対して行う看護ケアの内容などを、患者さんの状態に合わせて立案したプランの事をいいます。

この看護計画ですが、准看護師の学校では計画の立案についての学習のカリキュラムが無いため、詳しい勉強をしません。

正看護師の学校では看護計画についての授業があるので、看護計画を立てる時も正看護師はスムーズにできるのに対し、准看護師は学習をしていないので、慣れないうちは看護計画の立案も大変です。

このように、資格は准看護師であっても、正看護師の学校で学ぶような仕事も行わなければならないことが多くあります。

そのため、自分で自己学習をしたり、進学をして正看護師の勉強をする准看護師が多くいます。

親族から病気の相談をされる

親族に具合の悪い人が出ると、病気について相談されることがあります。

「何科の病院に行けばいいかわからない。」「このくらいの状態なら病院に行かなくていいよね?」など内容は様々です。

症状を聞けば何の病気なのか検討はつくにしても、どのような病気が潜んでいるかわからないので安易な返答はできません。

実際、私もこのように病気の相談を受けることがあり、そのたびに具合が悪いのならば受診するように説明すると「看護師なのにわからないの?」と言われることもあります。

私の知り合いでは、親戚が入院をした時「看護師の人の方が内容の理解が早いから。」と言う理由で、医師の病状説明の際に他の親族と一緒に聞かされることがありました。

まとめ

准看護師として働くメリットについて説明をしましたが、いかがだったでしょうか?

今回、准看護師の仕事についてメリットだけではなくデメリットも合わせて説明をしたのは、メリットだけに注目するのではなく、デメリットも知ってもらうことで准看護師という仕事を理解していただきたいと思ったからです。

准看護師の仕事は厳しいですが、働き甲斐がある仕事です。

正看護師と比べると給料や雇用条件に差がありますが、就職先が全くなくて困るという事はあまりないでしょう。

准看護師の仕事に興味がある人や目指している人は、これらの内容を把握したうえで准看護師という仕事について考えていただけたらと思っています。


関連キーワード

准看護師求人

准看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

准看護師パート求人でよくある募集内容や正職員との違い・おすすめ求人のポイントとは?

准看護師の求人には、正職員からパートまで幅広い求人の募集があります。しかし、色々ありすぎて、選び方がわからない人もいるでしょう。そこで今回は、准看護師のパート求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、雇用形態による違いなどをお話しします。准看護師の大まかな仕事内容准看護師の仕事は、注射や傷の処置、診察の介助、排泄や食事の介助、入浴介助など、医療行為や生活介助を行う仕事です。正看護師と准看護師の仕事内容の違いは、ほぼありません。准看護師の募集でよくある就職先のパターン准看護師の就職先は医療行為を必要とする場所で豊富にあります。病院病院の仕事は、主に外来と病棟の勤務となります。また、病院によ

旭川准看護師求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

旭川市限定!旭川市に住む准看護師の人のために、おすすめの募集内容や人気の職場の特徴、年収相場などを紹介します。「どのような職場を選んだらいいかわからない」という悩みのために、参考にしてはいかがでしょうか。准看護師はどんな仕事?准看護師の仕事では、医師の診察介助を行ったり、患者さんへの生活介助(移動や食事、オムツ交換などの排泄介助)、または注射などの医療処置や状態の経過観察など様々です。正看護師との違いをよく聞かれますが、仕事内容の差はほとんどありません。准看護師の求人おすすめ募集内容の特徴准看護師の求人について、おすすめの求人内容をお話します。大きな病院は業務内容もきっちり決められているのでお

准看護師の転職を成功させるために!狙い目な勤務先の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

准看護師に多い悩みのひとつに、転職の悩みがあります。どのような転職先を選んだらよいのか迷ったり、注意すべき点がわからない人、また転職をして後悔をしたことがある人もいるのではないでしょうか。そんな准看護師達のために、狙い目な勤務先の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を説明したいと思います。准看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと准看護師の転職で注意したい所は、どのような点なのでしょうか?職場が変わると業務内容も違う例えば、経験のある診療科目であっても、病院によって治療の方法が違うことがあります。そのため、新しい治療法を学ぶことが必要となります。また、未経験の診療科目であれば、その診

准看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

准看護師の年収はどのくらいなのでしょうか?相場や給料を上げる秘訣など、意外に見落としがちな点も含めて詳しく解説したいと思います。准看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒の場合は、初任給で月収が15~20万円くらいです。正職員の平均収入厚生労働省の平成29年度(2017年)の准看護師の平均年収は405万6800円とあります。経験年数や勤続年数が長いと年収が上がります。パートパートの時給の平均は約1500円となります。経験年数や勤続年数に関係が無く、パートであれば皆同じ時給である事が多いです。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与正職員の賞与は6

准看護師の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

少子高齢化と言われている現代ですが、年々浮き彫りになっており2025年には超高齢化社会に突入すると言われています。また、そういった背景を元に医療施設の需要が高まってきています。医療機関=医師・看護師を想像するかと思いますが、それ以外にもリハビリスタッフや介護福祉士といった人々も現場では活躍しています。その中でも、看護師と同じ仕事内容をしている「准看護師」という職業はご存知でしょうか?看護師と並んで、現場で活躍しています。ここではその准看護師の仕事内容などについてお話していきたいと思います。准看護師はどんな仕事?准看護師の仕事はどういったものがあるのでしょうか?一言で言うと、看護師と同じ仕事内容


准看護師求人に関するコラム

准看護師の悩みと辞めたいと感じる15個の理由。どれが当てはまりますか?

准看護師の悩みと辞めたいと感じる15個の理由。どれが当てはまりますか?「もう、こんな仕事辞めたい!」心身ともにハードな仕事の准看護師。この仕事についている人ならば、誰もが一度は考えることでしょう。そこで、准看護師特有の悩みや辞めたいと感じる時の理由、悩んだ時の対処法などをお話したいと思います。准看護師の悩みと辞めたいと感じる15個の理由准看護師として働いていると、このような看護師独特の悩みを持つことがあります。中には複数当てはまる人もいるのではないでしょうか。人間関係での悩み同僚との関係や患者、または患者の家族など、人間関係で悩んでいる看護師は多くいます。職場での人間関係が辛い職場の人間関係が

准看護師が向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?

「私、准看護師に向いているのだろうか?」准看護師の仕事に興味はあるけれど、自分に適性があるのか疑問を持つ人は多いと思います。そんな人のために、准看護師が向いている人の特徴や必要なスキルなどをまとめてみました。准看護師とはどんな仕事?准看護師の仕事は、医師の指示を元に、患者さんに病気に対する介助や医療行為を行う仕事です。仕事内容は、正看護師とあまり変わりがありません。准看護師の大まかな仕事内容准看護師の仕事内容は、医師の指示のもとに患者さんに対して点滴や注射、傷の処置などの医療行為や医師の診察の介助などを行います。また、患者さんの症状を聞いたり、血圧や熱を測るなどの状態の観察、排泄介助や入浴介助

准看護師になるには?資格や勉強しておくべきこと、就職・転職まで経験者が解説!

『資格を取って就職をしたい!』と考えたとき、准看護師という職業を考える人も中にはいるのではないでしょうか?そんな人のために准看護師になるための必要な資格や就職先、転職についてなど様々なことを解説します。准看護師になるには?まず、准看護師として働くにはどのような資格が必要なのでしょうか?准看護師免許とはどんな資格?注射や処置など、様々な医療行為を患者さんに行うためには免許が必要です。准看護師免許は、准看護師として医療行為を学び、准看護師都道府県知事試験に合格をした証明書になります。准看護師として働くには必ず准看護師免許が必要です。准看護師免許の受験資格准看護師免許を取得するには准看護師養成所、ま

准看護師が転職したいと思う15個の時。現役准看護師の私が経験を元に語ります

准看護師を続けていると『もう、仕事を辞めたい』『違う職場に転職したい』と思うことはありませんか?または『キャリアアップをしたい』と考える人もいるでしょう。それではどのような時に転職をしたいと思うのか、対策を交えてお話したいと思います。准看護師とは?准看護師とは医師の指示のもとに、患者さんが病気の治療に専念できるように補助やケアを行う職業です。医療行為は患者さんの命に係わるため、細心の注意を払いながら働きます。また、患者の体の持ち上げや長時間の勤務も多いため、体力も必要とします。仕事内容患者さんの病気や症状に合わせた必要なケアを行います。注射や点滴を行ったり、病気の経過の確認、ケアプランの作成、

准看護師とはどんな仕事?仕事内容や病院においての役割、なり方など詳しく解説します!

准看護師とはどのような仕事をするのか?必要な資格は?そんな疑問にお応えできるよう、准看護師の仕事について様々な内容を説明したいと思います。准看護師とはどんな仕事?准看護師の仕事は、患者さんが病気の治療をよりよい環境でできるよう、医師の指示のもとに看護を行う仕事です。患者さんのケアやサポートをメインに、オペの介助や事務作業など色々あります。准看護師の役割とは?診療や療養の補助でお医者さんと患者さんの架け橋になる看護師は医師よりも患者さんと接する時間が長いため、患者さんの病気の経過や生活習慣、性格など色々把握しています。細やかな情報や患者さんの希望などを医師に伝えることで、よりよい治療ができるよう