少子高齢化と言われている現代ですが、年々浮き彫りになっており2025年には超高齢化社会に突入すると言われています。

また、そういった背景を元に医療施設の需要が高まってきています。

医療機関=医師・看護師を想像するかと思いますが、それ以外にもリハビリスタッフや介護福祉士といった人々も現場では活躍しています。

その中でも、看護師と同じ仕事内容をしている「准看護師」という職業はご存知でしょうか?

看護師と並んで、現場で活躍しています。

ここではその准看護師の仕事内容などについてお話していきたいと思います。

「准看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

准看護師はどんな仕事?

准看護師の仕事はどういったものがあるのでしょうか?

一言で言うと、看護師と同じ仕事内容と言えます。

主に病院で勤務しており、医師の診療の補助や入院患者さんの日常生活の介助、薬剤の管理、注射、また患者さんやそのご家族のメンタルケアなどを行なっています。

准看護師の大まかな仕事内容

先ほどは軽くお話しましたがここからは項目に分けて説明していきたいと思います。

医師の診療の介助

まず、病院を受診したら医師の診察は欠かすことができません。

そこで、医師が診察を行う際には看護師か准看護師が同席することになっています。

実際に、患者さんを診るのは医師になりますが、そこで検査をする場合に必要な器具を渡したり検査を受けている間に患者さんに異変がないかどうかを確認します。

また、医師によっては専門用語を並べて説明する人もおり特にお年寄りはそういった説明が理解できない方も多くいます。

診察が終わった後に、説明は十分に理解できたかや何か聞いておきたいことはないかを確認するのも仕事の一つになります。

入院患者さんの日常生活の介助

入院を必要とする患者さんの多くは、病気により日常生活に支障をきたしています。

そういった患者さんの食事の介助をしたり、入浴の介助をしたりします。

また、検査がある場合ストレッチャーや車椅子に乗せて検査室まで搬送したり検査の付き添いをしたりもします。

注射・内服の管理

看護師と同様に、注射を実施したり内服の管理を行ったりするのも業務の一つです。

注射や薬を扱うことができるのは医師・看護師・准看護師・薬剤師のみとなるのでとても重要な業務の一つになります。

また、実際に患者さんに投薬するのは、看護師か准看護師のどちらかになるのでしっかりとチェックを行い誤投薬に絶対にならないようにしなくてはなりません。

患者さん・そのご家族のメンタルケア

病気を患っている患者さんの多くは、身体的ダメージに加え精神的ダメージを被っているケースがほとんどです。

時にそれが治療意欲に大きく関わってくる場合があります。

そのため、患者さんが闘病に前向きになるようにしっかりとメンタルケを行なっていくのも准看護師の仕事になります。

また、同様にご家族も辛い心境にある場合がありますご家族のメンタルケアも同時に行なっています。

准看護師の仕事はどんな人に向いている?

准看護師の仕事内容をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

「大変そう」「責任が重そう」と思う方が多いのではないかと思います。

では、どういった人が准看護師に向いているのでしょうか?

ここでは准看護師の仕事がどういった人に向いているのかをご紹介していきたいと思います。

責任感がある人

医療現場で働くということは、正直簡単なことではありません。

単純なミスが患者さんの命に関わってくるケースもあります。

その為、与えられた仕事を責任を持って最後までやり通す責任感がある人が向いていると言えますし、求められる人材になるかと思います。

また、まだ働いたこともないのに責任があるかないかなんてわからないと思われる方もいるかと思います。

実際にそうです、働いてみないとわからないことだって沢山あるかと思います。

しかし、働く前に実習を何度か重ねるのでそこでなんとなく医療現場における「責任を持つことの大事さ」を学ぶことができると思うので、就職してからと言うよりその前段階で自分に向いていない人は何となく気づきことができるかと思います。

自己研鑽ができる人

医療は日々進歩しています。

一回学んだ知識を、ずっと続けていくわけにはいきません。

また、医師のみがその知識を知っていればいいと言うわけでもなく医療に携わる全ての人が同じような知識を持っている必要があります。

特に、治療にダイレクトに関わる医師・看護師・准看護師は新しい知識が日々求められます。

その為、知識を得る為の研修を受けるなどして常に自己研鑽できる人が向いていると言えます。

人との関わりが好きな人

医療現場はスッタフ同士も患者さんに対しても、そのご家族に対しても「人と関わる仕事」になります。

対人なくてはできない仕事と言っても過言ではありません。

特に患者さんと言うのはとても敏感で、「あ、あの看護師さんは人の話を聞いてくれないな」と思ったりするのも事実です。

もちろん、普段は人と接することが苦手でも仕事中はしっかりと向き合うことができれば問題はないかと思います。

それ以前に、もともと人と接することが好きな人は特にこの仕事に向いているかと思います。

「准看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

准看護師の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

准看護師に向いている人についてお話ししましたがいかがでしたか?

准看護師を目指したいと思ったとき、今までの経験で活かすことのでできるものはどういったことがあるのでしょうか?

自身に当てはまるものがないかどうか参考にしてください。

介護の経験

あまり経験できるものではないかと思いますが、実際に自身の身内の介護経験があると仕事上有利になります。

介護というのは、病院で看護師が行なっている業務と同じことがほとんどです。

もちろん、介護をしているときは知識もなく行なっていた時とは違い資格を取得した後なので、の時の介護経験は無駄にすることなく臨床の場でも活かすことのできる経験であることが言えるかと思います。

意外や意外?営業経験がある人

「営業の経験が医療現場でやくにたつ?」と思うかもしれませんが、実は営業の経験は医療現場で活かすことのできる経験の一つであると言われています。

なぜかというと、営業の仕事というのは相手の求めていることや、今後の動きを想定しながら動かなくてはなりません。

准看護師も全く同様で、患者さんやスタッフが何を考え、次何をしようとしているのか。

また、そこではなにが必要なのかということを常に考えなければなりません。

その為、営業で培った経験は決して無駄ではないということです。

また、逆も然りで准看護師の経験は営業のお仕事でも活かすことができるスキルになります。

准看護師で働くメリットとは?

では次に、他の医療職種ではなく准看護師として働く上でのメリットをお話ししたいと思います。

短期間で資格をとることができる

他の医療職は短くても3年間規定の学校に通い、資格を取得する必要があります。

その為、時間もお金もかかってきます。

しかし、准看護師の場合資格取得を規定の准看護学校に通った場合を過程してお話ししますが、2年の履修で終了し受験で合格することで免許を取得することができます。

また、余談になるかもしれまえんが看護師は厚生労働大臣が交付する「国家資格」になりますが、准看護師の場合、各都道府県知事が発行する「認定資格」という形になります。

収入が他の仕事と比較し安定している

正看護師と比較すると収入は少し少ないですが、同世代の収入と比較すると比較的高収入で、月々の手取りも安定しているので収入の面で困ることはないかと思います。

准看護師の一般的な年収は400万前後(20〜30代)で一般企業で勤めた場合と比べると若干高い位置に来ていることがわかっています。

正看護師になる為のバックアップをしてくれる施設も多い

准看護師として働いていけばお分かりになるかとおもいますが、キャリアアップ等を考えた時にどうしても「正看護師の資格」が必要になる場合があります。(認定看護師や専門看護師の免許等)

また、後ほど詳しくお話ししますが准看護師の年収は正看護師と比較すると少ないことがわかっています。

業務内容は同じでも、収入が落ちるなんて腑に落ちないですよね。

そういった境遇に出くわした時に正看護師の免許を取得する人も多くいます。

しかし、経験を積んだら受験ができるかというとそうではなく、通信か通学で必修科目を勉強しさらには、実習もこなさなければなりません。

そのため、仕事をしながら学ぶことはかなりハードになります。

こういったケースを、バックアップしてくれる施設も多くあるので、将来的に正看護師の免許まで取得したいと思っている方は事前に情報を集めておくといいかもしれません。

他にも准看護師で働くメリットは、こちらの記事を参考に!

「准看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

どうしても正看護師と比較されがちな准看護師ですが、准看護師になった後はどういったキャリアアップの道があるのでしょうか?

いくつかご紹介したいと思います。

正看護師になる

やはりキャリアアップする一番の近道は、正看護師になることに尽きるかと思います。

昇進(主任や看護師長・看護部長)した方の大半が正看護師であるといったデータがあります。

正看護師ではないとダメといった決まりはないのですがやはりどうしても社会的な地位が准看護師<正看護師となっているので、そういった上につく人も自ずと正看護師がほとんどです。

今は考えられていなくても働いてからでも遅くはありません。

少し長いキャリアが必要になりますが准看護師として実務経験を10年積むと、通信学校に1年通い国家資格をクリアすることで正看護師になることが可能になります。

同じ職場でコツコツと経験を積む

あちこちの施設を転々とするより、同じ施設でコツコツと経験を積むことでキャリアアップの道がひらけてくる可能性が高くなります。

中には、准看護師の免許を持った人が主任になったりするケースもあります。

そういったケースのほとんどが、その施設での経験が浅い人より昔からそこで働いていて、その施設のことをしっかりと把握している人が多いようです。

勤務している施設でキャリアアップを目指す場合常勤として、長い期間働いてみるのもいいかもしれません。

病院以外に目を向けてみる

先ほどもちらっとお話しましたが病院での准看護師の地位は、どうしてもそこまで高くないことが事実です。

しかし病院以外のところに目を向けて見るとどうでしょう、介護福祉施設などや高齢者共同住宅のようなところで勤務すると看護師が従事しているケースが少なく病院と比較しキャリアアップが見込める場合が多くあります。

自身のキャリアアップを優先したい場合、一度そういったところに目を向けてみるのもいいかもしれません。

逆に准看護師の仕事に向いていない人の特徴は?

先ほどは、准看護師に向いている人材のお話をしましたが反対に准看護師に向いていない職種はあるのでしょうか?

ここでは、准看護師に向いていないひとの特徴をいくつかご紹介したいと思います。

協調性がない人

先ほどもお話しましたが、医療はチームプレイです。

独断で物事を行なってしまっては患者さんの生命に関わってくることも多くの場面であります。

スタッフ間でしっかりとコミュニケーションをとることができ、判断に迷った時はしっかりと相談できるような人材が求められます。

逆をいえば、協調性にかけるような人を現場は求めていないのが事実です。

忍耐力のない人

准看護師だけではなく、どの仕事でも当てはまることかもしれませんが医療現場では忍耐力が問われます。

医療現場で働く場合、仕事の対象となるのは人間です。

それが故に、自分のペースで物事を進めようと思ってもなかなかうまくいかないことも多々あります。

そういった場面に出くわした場合、相手の考えを無視し自身のペースで物事を進めようと思っても悪循環になる一方なのです。

それどころか、相手からの信頼を失ってしまうこともあります。

そのため、相手に合わせることのできる忍耐力が求められるので、忍耐力を持ち合わせていない人は向いていないといってもいいのかもしれません。

手先が不器用すぎる人

元々手先が器用な人、不器用な人それぞれいるのが普通です。

しかし、誰が見ても不器用で業務に支障が出てきてしまう場合、残念ながらこの仕事は向いていないのかもしれません。

准看護師の仕事は冒頭絵も述べた通り、注射を行ったりそれ以外にも細かく丁寧な作業が求められます。

そういった面から、ある程度の器用さは求められます。

情が入りすぎる人

人と接する上で、優しさ・厳しさは必要になります。

(准)看護師=白衣の天使と言われるように優しい人がいる職場というイメージがあるかもしれません。

しかし、時には患者さんのために心を鬼にする必要もあります。

どういった場面があるかというと、例えば手術後の患者さんがいるとしましょう。

傷口に痛みがあるから動きたくないといいます。

痛み止めを使用しある程度痛みは取れたのみもかかわらず、「歩きたくない」といっているとしましょう。

そこで私たちがどう動くかで、この患者さんの今後の経過は大きく変わってきます。

「そうでうすか。きついですもんね。わかりました」と一日中ベッドの上で過ごすのを見ているのと「痛みがあって怖いかもしれませんが、私たちが一緒についているので少し歩いて見ましょう。歩くことでこんなにもメリットがあるんですよ」と半ば強制的にリハビリを進めた場合、どっちがいいのでしょう。

ケースバイケースだとは思いますが、術後の根拠を抑えているスタッフだと後者が圧倒的に、この患者さんにもたらすメリットは大きいことが言えます。

情が大きすぎる(優しすぎる)と時に、患者さんに大きなデメリットを与えてしまうのです。

准看護師で働くデメリットとは?

話は変わりますが、准看護師として働く上でメリットだけでは片付けられない点があるかと思います。

良い面だけでなく、悪い面も知っておくことは大切です。

ここでは、准看護師として働くデメリットをお話したいと思います。

看護師より収入は少ない

准看護師の仕事=看護師の仕事とほぼ同じ、ということを冒頭でお話したかと思います。

しかし、保有している資格が違うが故に基本給がどの施設でも少なくなってしまうのが現状です。

調査によると、年間の収入が100万ほど差が出てくるケースもあるようです。

同じ仕事をしているのに・・・と不満を抱くスタッフが大勢いるのも事実です。

前もって、基本給や手当がどうなっているのかを確認するようにしましょう。

キャリアアップが難しいケースも多い

准看護師として働いていく上で、自身が興味をもった分野で専門的な勉強・資格が欲しいと思ったとしましょう。

(認定看護師や専門看護師)しかしながら、そういった資格の大半が「正看護師としての実務経験」が必要になるケースがほとんどです。

また、先ほどもお話しましたが看護師長や部長といった立場の人たちの多くが「正看護師」であることがほとんどです。

こういったキャリアアップを目指す場合は、正看護師の免許を取得する必要があります。

正看護師と比較して求人が少ない

でき業務内容が同じであっても、雇用する側としては准看護師より正看護師を雇いたいと思うのが本音のようです。

そのため、求人自体が看護師主体で准看護師の求人は少ない(また、施設によっては正看護師のみ)場合があります。

もし、働きたいと思っている施設がある場合准看護師の募集があるのかどうかも確認するようにしましょう。

また、都道府県の動きとして准看護師学校自体の新設をストップしているところもあるので、求人を見る際は注意が必要です。

准看護師の仕事はどうやって探す?

最後になりますが、准看護師として働きたいとなった場合どういったルートでお仕事を探せばいいのでしょうか。

ご紹介したいと思います。

人材紹介会社を介して探す

一般的な探し方かと思いますが、人材紹介会社を通して探す方法です。

ここに登録している施設は多く、ネットがあればどこでも探すことができるのでとても便利です。

また、いくつもの施設を一つの画面で比較することができるのもメリットになります。

また、人材紹介会社を利用する最大のメリットは「サポート体制が充実している」ところにあるかと思います。

気になる施設を見つけたあとは、人材紹介会社に連絡を入れます。

そうするとそこが仲介役をしてくれるので、あとは指示にしたがって動くだけとなります。

また、コーディネーターがおり採用まで責任を持ってサポートしてくれます。

例えば、履歴書の書き方がわからない場合や面接の練習相手もここが全て行なってくれます。

また、採用が決まった後もそこで何か問題が発生した場合、仲介に入り対処してくれることもあるのでとても助かります。

探している施設が登録されている場合、人材紹介会社を利用することをお勧めします。

直接施設に問い合わせる

求人サイトに登録していなくても、実は紙面などで求人を出している場合も少なくはありません。

どうしてもその施設で働きたい場合は一度問い合わせて見るのも問題ないかと思います。

また、仮に今は求人を出してないと言われた場合も「ここで働きたいので、空きが出たら連絡を欲しい」と一言伝えるだけで、やる気がつたわり面接とうに繋がるケースもあるようです。

一言伝えて見るのもいいかもしれません。

紹介

公な求人は出していなくても、そこで働いている人がいて「実は人手がいなくて探している」というケースもあります。

そういった、知人の紹介で就職するケースもあるのでもし気になる施設がある場合、そこで働いている知人がいる場合は聞いて見るのもいいかもしれません。

まとめ

ここまで准看護師について細かくお話しましたがいかがでしたでしょうか。

看護師に隠れてあまり目立たない職業と言われていますが、多くの人が現場で活躍しています。

また、年齢制限もないので社会人になって免許を取得し働き出す人も少なくはありません。

この仕事は、正直とても責任が重く大変な仕事ではあります。

しかし、現場で働いた経験から言えることは「とてもやりがいのある仕事」であるということです。

辛いことも悲しいこともたくさんあります。

しかし、患者さんが元気になっていく姿を見ると「生きることの素晴らしさ」をとても感じることができます。

それは誰でも経験することができるものではなく、この仕事に就いているからこそ一番の特権だと私は思っています。

もし少しでも興味がある方は、ぜひ今回のまとめを参考にしてみてください。

  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
  看護師の仕事を探せるおすすめ求人サイト
全国の看護師求人をカバー!好条件な求人と親身に相談にのってくれるのが強み 公式サイト 公式サイト
年間2万人以上が利用!業界最大級の病院件数なので自分にピッタリの職場が見つかりやすい。 公式サイト 公式サイト
看護賠償保険への無料加入や、社会保険完備・有給休暇付与など派遣で働きたい人に優しい制度がたくさん! 公式サイト 公式サイト

関連キーワード

准看護師求人

准看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る

准看護師パート求人でよくある募集内容や正職員との違い・おすすめ求人のポイントとは?

准看護師の求人には、正職員からパートまで幅広い求人の募集があります。しかし、色々ありすぎて、選び方がわからない人もいるでしょう。そこで今回は、准看護師のパート求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、雇用形態による違いなどをお話しします。准看護師の大まかな仕事内容准看護師の仕事は、注射や傷の処置、診察の介助、排泄や食事の介助、入浴介助など、医療行為や生活介助を行う仕事です。正看護師と准看護師の仕事内容の違いは、ほぼありません。准看護師の募集でよくある就職先のパターン准看護師の就職先は医療行為を必要とする場所で豊富にあります。病院病院の仕事は、主に外来と病棟の勤務となります。また、病院によ

旭川准看護師求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な会社・エリア・年収相場を解説します

旭川市限定!旭川市に住む准看護師の人のために、おすすめの募集内容や人気の職場の特徴、年収相場などを紹介します。「どのような職場を選んだらいいかわからない」という悩みのために、参考にしてはいかがでしょうか。准看護師はどんな仕事?准看護師の仕事では、医師の診察介助を行ったり、患者さんへの生活介助(移動や食事、オムツ交換などの排泄介助)、または注射などの医療処置や状態の経過観察など様々です。正看護師との違いをよく聞かれますが、仕事内容の差はほとんどありません。准看護師の求人おすすめ募集内容の特徴准看護師の求人について、おすすめの求人内容をお話します。大きな病院は業務内容もきっちり決められているのでお

准看護師の転職を成功させるために!狙い目な勤務先の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点

准看護師に多い悩みのひとつに、転職の悩みがあります。どのような転職先を選んだらよいのか迷ったり、注意すべき点がわからない人、また転職をして後悔をしたことがある人もいるのではないでしょうか。そんな准看護師達のために、狙い目な勤務先の5個の特徴と上手に転職するための3個の注意点を説明したいと思います。准看護師の転職で注意したほうが良い3個のこと准看護師の転職で注意したい所は、どのような点なのでしょうか?職場が変わると業務内容も違う例えば、経験のある診療科目であっても、病院によって治療の方法が違うことがあります。そのため、新しい治療法を学ぶことが必要となります。また、未経験の診療科目であれば、その診

准看護師の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

准看護師の年収はどのくらいなのでしょうか?相場や給料を上げる秘訣など、意外に見落としがちな点も含めて詳しく解説したいと思います。准看護師の給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒の場合は、初任給で月収が15~20万円くらいです。正職員の平均収入厚生労働省の平成29年度(2017年)の准看護師の平均年収は405万6800円とあります。経験年数や勤続年数が長いと年収が上がります。パートパートの時給の平均は約1500円となります。経験年数や勤続年数に関係が無く、パートであれば皆同じ時給である事が多いです。年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?賞与正職員の賞与は6