有名アーティストのコンサートを陰ながら支えているコンサートスタッフ。

ひとつのコンサートにも様々な職のスタッフがいます。

そしてそのスタッフの数は、かなりの人数になります。

このコンサートスタッフ、一体どんな人に向いているのでしょう。

興味を持っている方へ、コンサートスタッフについて説明していきます。

コンサートスタッフはどんな仕事?

コンサートスタッフには様々な職種があります。

  • 音響装置を動かすPAエンジニア
  • 照明エンジニア
  • 映像エンジニア
  • 楽器や機材などの運搬やセッティングを行うローディー
  • 設営スタッフ
  • 案内、誘導スタッフ
  • グッズ販売スタッフ
  • 演出のサポートをする転換スタッフ
  • 楽屋内での食事や飲み物などを用意するケータリング

ざっくりと挙げるだけで、これだけの職種があります。

細かく分類していくと、更に増えていくでしょう。

一言では説明できないような幅の広さです。

技術が必要とされるエンジニア関係から、当日の接客や案内、誘導を担当するスタッフまで様々です。

とにかく、ひとつのコンサートを成功させるために働くというのがコンサートスタッフになります。

コンサートスタッフの大まかな仕事内容

コンサートスタッフとは、前述したように様々な仕事があります。

先ほども述べたように、仕事内容をまとめて言うと、ひとつのコンサートを創り上げる為に従事するスタッフたちのことを指します。

コンサートを創るには、様々な方面の技術者やサポートスタッフがいなければならないのです。

そのコンサートの規模にもよりますが、事前準備から当日の整備などまで、仕事の大小も様々です。

そのため、多方面のスタッフが活躍することができるような仕事になります。

それぞれの得意分野をやり尽くすという感じですね。

裏方の仕事、表の観客と直接接する仕事、アーティストたちをサポートする仕事、大きくはこの3つになります。

仕事上の役割とは?

本番当日がスムーズに運ぶために、状況を把握し、与えられた職務を全うするのが大きな役割となります。

各担当それぞれが自分の仕事をミスなくこなさなければ、コンサートは成り立たないのです。

役割分担がはっきりとしている仕事のため、わかりやすいかもしれません。

当日のコンサートでミスや混乱が起こらないように、自分の持ち場の仕事をしっかりと理解し、進めていくことが鍵となります。

特に、多くの観客が押し寄せてくるため、案内や警備などは大切な仕事のひとつでもあります。

コンサートスタッフの仕事はどんな人に向いている?

こんな幅広いコンサートスタッフという仕事ですが、一体どんな人が向いているのでしょうか。

責任感が強い人

コンサートは当日、絶対に失敗が許されない現場です。

各役割のスタッフが正確に動くことによって成功が生まれます。

その為、与えられた仕事を責任を持ってこなすことができる人が求められます。

どの位置においても、緩い仕事は許されません。

エンターテイメントが好きな人

コンサート会場に足を運んでくれるお客様は、感動を求めてきます。

その感動を創る、エンターテイナーとなるのがコンサートスタッフ。

エンターテイメントが好きな人が、自らエンターテイナーとなることができるでしょう。

土日祝日の空いた時間に働きたい人

職種にもよりますが、専門職ではなくサポートスタッフの場合は、単発で働いている人が多いです。

空いた時間に働くことも可能です。

アルバイトを掛け持ちしている人や、副業で働いている人もいます。

ただ、ハードな仕事になりますので無理は禁物です。

専門的な仕事に就きたい人

  • 音響装置を動かすPAエンジニア
  • 照明エンジニア
  • 映像エンジニア

この職種に関しては、かなり専門的な職種となります。

専門学校などで勉強をして、働いている人が多いです。

機械操作が好きで、音響・照明・映像演出に興味があれば、お勧めの職種になります。

コンサートが好きという方も多いです。

事務職や会社員などはしっくり来ないという方は、向いているかもしれませんね。

コンサートスタッフの仕事をするために活かせる、今までの経験は?

コンサートスタッフの仕事に就くために、今までの経験はどんなものが生かされるのでしょうか。

重宝される経験を挙げていきたいと思います。

音響・照明・映像などの仕事に携わったことがある人

コンサートスタッフ以外でも、音響・照明・映像関係の仕事があります。

求人の多いもので言えば、ブライダル関係の仕事などは気軽に携わることができるでしょう。

披露宴での音響・照明・映像演出は、コンサートほどの規模ではなくアルバイトで経験することもできます。

その経験は、かなりの強みになります。

接客業経験者

  • 案内、誘導スタッフ
  • グッズ販売スタッフ
  • 楽屋内での食事や飲み物などを用意するケータリング

この職種においては、接客業経験者が優遇されることがあります。

未経験者でも携わることができる職種になりますが、お客様と直接関わる仕事になります。

接客に慣れている人は、重宝されるでしょう。

アミューズメント施設で働いたことがある人

接客業経験とエンターテイナー経験が生かされます。

中でも、大手アミューズメント施設を経験していると、コンサートスタッフに近い仕事も経験しています。

音楽・照明演出などを操作したことがあるとなお良いでしょう。

アミューズメント施設の非日常は、コンサートと似ている部分もあります。

逆のパターンとして、アミューズメント施設で働きたい人がコンサートスタッフを経験しておくというのも良いですね。

コンサートスタッフで働くメリットとは?

感動を経験することができる

多くの人がひとつのコンサートの為に動き、観客席にいるお客様が感動をしてくれている様子を肌で感じます。

この感動を生み出す手伝いができたことに、一緒に感動を覚えることができるでしょう。

この感動を素直に感じることが出来る人の方がきっと、生き生きと働くことができます。

簡単な仕事なら未経験者でも歓迎される

警備やグッズ販売、ケータリングサービスなどは未経験者でも可能になります。

やってみたい!と思う人は気軽に経験することができる仕事ですね。

学生時代アルバイト経験として、とてもお勧めです。

非日常を味わうことができる

コンサートは毎日あるわけではありません。

たまにしかないその場で、来てくれた人に非日常を楽しんでもらいます。

観客にとっても非日常ですが、それは働くスタッフにとっても同じです。

その非日常感を味わうのは、どの仕事でも叶うわけではありません。

その時にしか感じられない、観客とアーティストの熱気を体感することができるでしょう。

有料で見るようなコンサートを働きながら見聞きすることができるかも

これはポジションにもよりますが、会場内の警備となるとステージをチラ見できたり、コンサートの全てを会場内で味わうことができます。

あまりステージをずっと見ることはできませんが、耳だけ傾けていても楽しいです。

好きなアーティストなら尚更ラッキーですよね。

また、会場の外を警備したりグッズを販売していても、音漏れがあって楽しめますよ。

有名人や芸能人に会うことができるかも

これもポジションによりますが、ケータリングサービスだと会えることが多いです。

出演アーティストの楽屋に、お弁当や飲み物などを配ったりするからです。

他に、休憩時間にはアーティストたちが軽食や飲み物を求めてケータリングサービスの元へやってきます。

気のいい方だと話をしてくれたり、一緒に写真を撮ってくれたりもするので、かなり特別な思い出になりますよね。

個人的には一番おいしい仕事のような気がします。

ただ、人員としては少人数しか枠が無いため、望んで経験するのは難しいかもしれません。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

職種によって全く異なります。

専門職を除くスタッフは、ほとんどが短期アルバイトで賄われているからです。

1回だけではなく様々なコンサートに携わっていくことで、責任のあるポジションを任されることもあります。

そうなると時給がアップすることもありますので、アルバイトでも経験を積むことは大切になります。

エンジニア関係は、技術を磨き、経験を積み、更に大きなコンサートに携わることができるようにしています。

下積み時代は時給制で薄給なことが多く、続けられる人はほんの一握り。

忍耐強さとセンスを持ち合わせた人だけが残るというのが、エンジニア関係になります。

「○○のコンサート経験有」というのは、エンジニアとしての箔がついていくでしょう。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

学生時代のアルバイト経験として、活かすこともできます。

エンターテインメント性が高い職業を目指している場合や、アルバイト経験からエンジニアを目指すという方もいます。

この仕事を経験していると、臨機応変な対応が可能になったり、接客スキルが上がったりするメリットは確実にあるでしょう。

またエンジニアを目指すに当たっても、現場の空気や裏方の仕事内容、流れなどを知るとても良い機会です。

この業界を目指すなら、是非経験してみましょう。

百聞は一見に如かずですから。

自分にあったコンサートスタッフの求人の選び方や注意点

いざコンサートスタッフの仕事を探す!となった際、どのような所が良いのか悩みますよね。

求人情報の選び方、注意していきたい点などを挙げていきます。

【選び方①】雇用形態から探す

パート・アルバイトの求人がほとんどを占めています。

コンサートは1日から3日程度の中で、かなり多くの人員を必要とします。

その為、単発アルバイトという形が多いのです。

イベント会社のような所の求人か、派遣会社の求人が多いと思います。

単発アルバイトとしての場合は、あまり差はないのでどちらでも大丈夫でしょう。

エンジニアの場合は、それを専門とする企業を探すことです。

照明関係なのか、音響関係なのか、映像関係なのかで、全く異なった企業が携わっています。

多くは専門学校などで技術を学んで、就職先を探しています。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

前述した通り、単発のアルバイトという求人がほとんどになります。

違いと言えば、日給制なのか時給制なのか位です。

その場合には、少しでも高い給料のところを選ぶとお得になるでしょう。

ただ、あまり大きな差はありません。

エンジニアも、下積み時代は安価な給料の所がほとんどです。

正社員雇用もありますが、しばらくはアルバイト扱いで時給制という所もあります。

センスや技術力が問われる仕事になりますので、人によってかなり違いがあるでしょう。

【選び方③】エリアから考える

交通費が支給されないケースも多いので、できるだけ通勤しやすい場所を選びましょう。

ただ、大きなホールなどがある場所にしか仕事はありません。

多少の距離は否めなくなるでしょう。

また、有名アーティストのコンサートとなると大都市圏がほとんどです。

少し距離があっても、有名アーティストのコンサートに携わりたいという方もいます。

【選び方④】好きな会場から考える

求人情報を見ていると、現場の会場名が書かれていることがあります。

その会場によって選ぶという方法もありますね。

例えば、大きな会場での仕事は有名アーティストのものが多かったりします。

その分、観客も多いため、仕事内容はハードになってくることがあります。

逆に、小規模なホールの場合はあまり名前は知られていないアーティストのことが多いです。

その規模の仕事になると、観客が殺到することも少なく、穏やかな仕事をすることができます。

また、アーティストやスタッフ間の関係も密になるため、楽しむことができるかもしれません。

好みに応じて選んでみましょう。

まとめ

多くの人が、高い料金を支払って観に来るコンサート。

そのコンサートを創り上げる仕事がコンサートスタッフです。

たくさんの人に喜んでもらえるこの仕事は、大きな遣り甲斐にも繋がります。

また、他の職種に就く際にも経験としてマイナスになることはありません。

気になっている人は、是非一度経験してみてください。

病みつきになってコンサートスタッフを極めるという人も少なくありませんので、魅力的な仕事だと思います。

ただ、とてもハードな内容の仕事もありますので体力も付けておくと良いですよ。

逆に、体力を付けたい!という人にもお勧めです。

設営などは特に、力仕事も多いです。

単発仕事が多いため、短期間で人とコミュニケーションを取ることができるようにもなり、人見知り解消にも繋がります。

せっかく働くのなら、自分が楽しいと思えるような、そんな仕事を見つけてみてくださいね。

実際にコンサートスタッフの仕事を探すときは、こちらの記事を参考に!