「通訳」の仕事というと、ハードルがとても高く、未経験から気楽に始められるような職種ではない、というイメージを持っている人も多いと思います。

実際、通訳として求められるスキルは、非常に高度なものではあります。

しかしどんなことにも始まりがあるように、全ての通訳者が「未経験」からスタートしているのもまた事実です。

今回は、この仕事に興味がある人を対象に、通訳業務に向いている人の特徴や、この仕事に生かすことのできる経験、通訳としてのキャリアパスや転職事情等、この仕事にまつわる事柄を、かいつまんで紹介していきます。

通訳に興味のある方は、一度目を通してみて、通訳の仕事を少し具体的にイメージしてみてください。

通訳はどんな仕事をするの?

まずは、通訳がどのような業務に従事する仕事なのかを確認しておきましょう。

「通訳」は、母国語や使用言語の異なる人どうしのコミュニケーションを円滑にするために、その間に入って会話をサポートし、言語の壁を取り払う役目を担います。

会話で使用されている言語の使用能力が、会話レベル以上であることはもちろん、それらの言語が使用されている国の文化的背景などに関する理解も大切です。

「言語」はそれぞれの文化を具現化した表現方法の一つにほかならないからです。

通訳の仕事は、単に会話を訳すだけというより、さらに広い定義として「コミュニケーションの橋渡し」をする仕事ということができるでしょう。

言語的コミュニケーションにとどまらず、文化的背景や宗教観の違いなども含めた「ニュアンス」を話者双方に伝えることができるかが、通訳の腕の見せ所といえます。

ちなみに、通訳は実際の仕事現場では、想像以上に頭をフル回転させています。

本来、人間の脳は複数の言語を同時に活用するような作業には慣れておらず、通訳は脳の処理能力の限界に挑戦している職種ともいえます。

よく英語学習の現場で「英語脳を習得する」というようなフレーズが使われることがありますが、これはつまり、普段日本語を使用しているときとは異なる「脳の使い方」を習得するという意味であり、通訳はまさにこのスキルを習得しなければ、業務遂行がままならない仕事といえるでしょう。

通訳の仕事はどんな人に向いている?

通訳の仕事はその特殊性から、向き不向きが影響しやすい職種であるといえます。

私自身通訳の仕事を経験して実感したことは、語学力や頭の回転の速さ等の能力以上に、重要な特性があるという点です。

以下では私が感じた「通訳に求められる特性」の中でも、主要なものを取り上げておきます。

これらの特性を持ち合わせている人は、通訳の仕事に向いていると判断することができるでしょう。

臨機応変な対応ができる人

実際の通訳の現場では「臨機応変」な対応が頻繁に求められます。

台本がある「翻訳」の仕事とは異なり、その場で会話の内容を訳すような業務をこなさなければならない通訳の仕事においては、スピード感が非常に重要です。

通訳が通訳業務に時間をかけてしまうと、円滑なコミュニケーションができず、会話の当事者がストレスを抱えるだけでなく、最悪の場合は当事者間に言葉の壁による誤解が生じ、取り返しのつかない事態に発展することもあります。

そのため通訳には正確な訳をすることに加え、その業務をスピーディにこなすことが求められるのですが、よほど腕に自信がある人を除いて、会話の内容にその場で完璧な訳を提供することはとても困難なタスクです。

通訳の現場では、適当な言葉が出てこなくて四苦八苦するような場面もたくさんあります。

このようなケースで重要なのは、「臨機応変」に誤解のない程度に、その場を乗り切ることのできる訳を提供する能力です。

日常会話のようなスピードで進む会話であれば、ニュアンスさえ間違わなければ、一言一句正しい訳をする必要はありません。

大切なのは完璧な訳ではなく、完璧な「ニュアンス」です。

臨機応変に対応することに慣れている人は、この点をしっかり理解していることが多いため、通訳の仕事に向いているといえるのです。

精神的にタフな人

通訳業務は、言語能力をはじめとした「脳力」を酷使するため、体力的に疲労感を感じることもしばしばですが、「精神面」においても、ストレスを抱えやすい現場といえます。

通訳の仕事でも、勤務する現場によってさまざまな種類があるので、一概には言えませんが、通訳に求められる「コミュニケーションの橋渡し役」としてのポジションは、言語的な意味合いだけでなく、「当事者双方の気持ちを汲み取る」といった精神面での仲介役としての意味も含まれます。

通訳をしていると当事者間で「板挟み」になってしまう場面もあり、『一体自分はどちらの側についているのか』『そもそも中立の立場で業務をこなさなければならないのではないか』『どっちつかずの態度だと双方からそっぽを向かれるのではないか』、などと悩んでしまって、精神的に追い詰められるケースも少なくありません。

「精神的にタフな人」は、このような点から、通訳業務に求められる適性の一つを備えていると考えられます。

私自身も、日本人と外国人との間で互いの不満の聞き役になったり、「相手はこう言いたいんだと思うよ」というようなニュアンスの説明を加えることに苦労したケースが多く、精神的にまいってしまいそうな瞬間もありました。

その分だけ大きなやりがいにつながるという点も否定できませんが、精神的なタフさがある程度備わっていないと、想像以上に厳しい現実を突きつけられるでしょう。

通訳の仕事をするために生かせる、今までの経験は?

通訳の仕事は、その特殊性からなかなか類似の職種を見つけることができません。

そのため未経験で通訳を始めようとしている人の中には、特別何か準備をしなくてもいいのかという不安を抱えている人も少なくないでしょう。

ここでは、通訳の仕事に生かすことのできる「経験」を2つ紹介します。

以下に挙げる経験をしたことがある人は、その経験を通訳の仕事を始める際の「準備」の一環と捉えることができるでしょう。

自分の常識が通用しない場所で過ごした経験

通訳の仕事は、単に言語的能力を駆使して人々のコミュニケーションを円滑にするだけでなく、国によって異なる文化を超えた「異文化コミュニケーション」の橋渡し訳も担わなければなりません。

そのためには、通訳者自身が異文化コミュニケーションを体験した過去をもち、これがいかに難しいことなのか、スムーズな意思疎通のコツは、といった点を理解していなければなりません。

異文化コミュニケーションとは、言い換えれば「自分の常識が通用しない状況での意思疎通」と表現することもできます。

つまり、異なる言語を使う人同士がコミュニケーションをとる場では、言葉の違いだけでなく文化の違いという壁も存在するため、円滑なコミュニケーションが困難を極めることは、むしろ当然といえるのです。

通訳は、このような場で本領を発揮する職種といえます。

外国語の習得と異文化コミュニケーションを手っ取り早く経験できるのは、留学や出張などによる「海外滞在の経験」であることは否定できず、その期間が長いほど、能力向上の可能性も高まります。

加えて、まわりに日本語を話せる人があまりいないなどの「厳しい環境」であればあるほど、実のある滞在になるでしょう。

しかし最も重要なのは「海外で生活した」経験ではなく、「自分の常識が通用しない場所で過ごした」経験である点には、注意しなければなりません。

海外渡航の経験があったとしても、まわりのサポートが手厚いものであれば、自身の能力向上はあまり見込めませんし、日本国内においても、住み慣れた場所を離れて一人暮らしをすることで得られる経験は、とても貴重です。

大切なのは、今まで当然のように信じてきた「価値観」を揺さぶられる経験であり、そんな修羅場をいくつも超えてきた人は、通訳業務にその経験を存分に生かすことができるでしょう。

場をまとめたり、人を説得するようなポジションで仕事をした経験

職場によっては、通訳という立場はとても特殊であり、上司・部下や先輩・後輩という枠組みを超えて、独立した立ち位置になることがしばしばあります。

外国人にとっては、通訳がいなければ職場でのルールや上司から求められていることが理解できないので、通訳は自分たちが職場で最高のパフォーマンスをするための生命線といえます。

また、日本人にとっても、通訳がいないと外国人と円滑なコミュニケーションがとれないので、仕事に支障をきたしかねません。

そのため、通訳は両者にとって非常に重要な役割を担っていると捉えられ、その結果、通訳の意見や主張は、比較的聞き入れやすい傾向にあるといえるのです。

この点を考慮すると、意見が対立するような場をまとめたり、自分と意見が異なる人を説得するようなポジションを経験したことがある人は、通訳の仕事でもその経験を生かすことができるといえるでしょう。

通訳が働く現場では、意見の相違が発生することの方が多く、単純に双方の主張を訳すだけでは一向にらちが明かないケースもあります。

このような場合に、通訳が自身の視点から、双方に対して意見の不一致の解決に向けたアドバイスをすることができれば、その仕事ぶりが大いに評価され、信頼される存在になることも考えられます。

通訳として必要とされる言語能力などの基本的スキルよりも、むしろこのような「ヒューマンスキル」とでも呼ぶべき能力の方が、ある程度の経験を積むことが必須であるという点において「希少価値」が高いといえるでしょう。

このような経験をしてきた人で通訳業務に興味がある人は、この仕事にチャレンジしてみる価値ありといえそうです。

その後のキャリアについて

最後に、通訳の仕事に従事した後のキャリアパスについて解説しておきます。

この仕事に就いた後のキャリアップの道や、通訳業務の経験を転職の際にどのように生かすことができるのか、という点を確認しておきましょう。

この仕事に就いた後のキャリアアップの道は?

通訳の仕事に就いた後のキャリアアップには、どのような方法が考えられるでしょうか。

一口に「通訳」といっても、その職場や職種の違いによってキャリアパスも千差万別ですが、たとえば比較的規模の大きな企業で通訳業務に従事するのであれば、後に国際事業部や海外事業部といった部署でその責任者の職に就くこともあり得るでしょうし、より規模の小さな会社であれば、その語学力や他のヒューマンスキルを生かして、営業部長や統括本部長といったさらに責任の重い役職を目指すこともできるでしょう。

また、雇われの身として始めた通訳の仕事を退職し、独立した個人事業主としてプロの通訳の道を歩むことも考えられます。

この場合は、自身で営業から始めなければなりませんが、能力次第では、さまざまなジャンルの案件を取り扱うことができる可能性のあるキャリアパス、といえるでしょう。

他の仕事にもこの経験を生かせる?

通訳の仕事とはまったく無関係、すなわち語学力を生かすような特徴のない職場へ転職する際にも、この仕事での経験は、いくつかの点から有利に働くということができます。

たとえば、通訳はその語学力等を生かしてコミュニケーションの仲介役を務めるため、コミュニケーション能力が向上する傾向が強いですが、この能力を求めていない職場を探す方が難しいと言えるほど、「コミュニケーション能力」は汎用性があり、転職の際に有利に働く特性です。

また、通訳は日々の業務を遂行する中で、自然に「ヒューマンスキル」が鍛えられる職種ともいえ、場をまとめたり、相手を冷静かつ理論的に説得できたりする能力も、多くの職場で求められるものといえます。

通訳の仕事は、求められるスキルのレベルがいずれも高いため、他職種に転職する際にも、履歴書を一段格上げする効果が期待できるでしょう。

まとめ

今回は「通訳」の仕事を、通訳に向いている人の特徴やこの仕事に生かすことのできる経験、さらにキャリアにまつわる事柄を通して紹介していきました。

通訳として求められるのは、語学力だけでなくコミュニケーション能力やその他のヒューマンスキルである点、キャリアアップやプロとしての独立と併せて他職種への転職にも、通訳に従事した経験は存分に生かすことができる点などが、おわかりいただけたと思います。

なかなか通訳経験者をまわりに見つけることは難しいかもしれませんが、語学力に自信があったり、自身の言語能力を生かす仕事をしたいと感じている人は、一度通訳業種の求人検索をしてみることをおすすめします。


関連キーワード

通訳求人