テレフォンオペレーターは働いたことがなくても、なんとなく想像がつきやすい職業ですよね。

しかし、実際はどのような求人があり、どのような業務をしているのでしょうか。

今回は、テレフォンオペレーター求人の仕事について、詳しく解説していきたいと思います。

テレフォンオペレーターのおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

テレフォンオペレータの仕事は、お客様から会社に掛かってくる、問い合わせの電話対応の業務。

また、お客様に企業として電話を掛け、商品の案内などをする業務が中心となります。

テレフォンオペレーターは会社でどういう役割を求められる?

テレフォンオペレーターはお客様と直接おはなしをする、会社の顔のような存在です。

テレフォンオペレーターの対応によって、会社の印象が決められてしまうといっても過言ではありません。

そのため、明るく親切で丁寧な対応が求められます。

お客様に気持ち良く会話を終えていただけるような、良い会社という印象を与える役割を求められます。

テレフォンオペレーターにはどんな種類があるの?

インバウンド(受信)とアウトバウンド(発信)の二種類に分けられます。

インバウンドはお客様からの電話を受けて対応をする業務です。

アウトバウンドは、こちらからお客様に電話をかける業務となります。

テレフォンオペレーター求人の募集でよくある施設や事業形態のパターン

テレフォンオペレーターは、様々な企業で募集がありますが、一般企業のお客様対応を専門にしたコールセンターや、商品販売の営業を電話で行う企業などが中心となってきます。

テレフォンオペレーター求人でよくある募集内容とは?

テレフォンオペレーターの求人は、探せばとてもたくさん見つかると思います。

しかしその内容は企業によって様々です。

ではどんな内容なのか、詳しく紹介していきたいと思います。

給与相場

テレフォンオペレーターの給与は、その職務内容によって変動します。

例えば簡単な案内のみでしたら給与は低めに設定されますが、問い合わせ内容が多岐にわたる総合窓口やクレーム対応窓口は負担が大きいため、高めに設定されることが多いでしょう。

また、営業の電話をかけるアウトバウンドの場合だと、歩合制の給与体系を採用している会社もあり、件数が多く取れれば1カ月で何十万という給与を得ることも可能です。

勤務時間や休日、残業

コールセンターや一般企業の問い合わせ窓口は、通常の企業と同じような時間帯に勤務することが多いでしょう。

しかし修理対応窓口などは24時間体制ということもあります。

また、休日についてもサービス業と同様にシフト制という場合が多く、土日祝も勤務となります。

残業は就業先にもよりますが、コールセンターの受付時間が終了しても、お客様の対応が終わらない限りは帰ることはできません。

福利厚生

企業によって異なってきます。

大手の一般企業内のコールセンターであれば、きちんとした福利厚生が用意されていることが多いでしょう。

しかし、小さな電話営業の会社などは、最低限の待遇しか用意されていないこともあります。

応募前にしっかりと確認することをおすすめします。

勤務場所

テレフォンオペレーターはコールセンターが一番多い勤務場所になります。

多いところでは何千人ものオペレーターが勤務しているようなコールセンターもあります。

逆にオペレーターが2、3人しかいないような小規模の企業の一角ということもありますが、圧倒的に大人数のコールセンターの募集がたくさんあります。

求められる人物像

なんとなくイメージしやすいテレフォンオペレーターですが、では実際どんな人物を企業側は求めているのでしょうか。

その人物像について詳しく解説していきます。

明るく丁寧に対応ができる人

会社の顔として、お客様に信頼していただけるような対応を求められます。

顔が見えない分、声だけで伝えるということは意外と難しいでしょう。

丁寧な言葉遣い、お客様の言いたいことを即座に把握するコミュニケーション能力など、求められるものは多いです。

メンタルが強い人

コールセンターは、クレームの電話がとても多いです。

八割がクレームというコールセンターも少なくありません。

顔が見えない分、お客様もキツイ言葉を言いやすいのでしょう。

よって、どんなに怒鳴られても怒られてもくじけず、心を強く持てる精神力が必要です。

テレフォンオペレーターの仕事が向いている人の特徴は、こちらの記事を参考に!

テレフォンオペレーターのおすすめ求人のポイント

給与が良いに越したことはありませんが、あまりに高すぎる場合、ノルマがあったり、クレーム対応ばかりだったり…という恐れがありますので、平均的な給与の求人に応募することをおすすめします。

もちろん営業力に自信のある方は、出来高制のオペレーターに挑戦してみるのも良いでしょう。

テレフォンオペレーター求人についてよくある疑問

テレフォンオペレーターに応募したい時に、皆さんが感じる様々な疑問を解決していきたいと思います。

応募方法は?

応募方法は、他の求人と特に違う要素はありません。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

面接時「ポジティブな性格か」というような内容のことを聞かれるでしょう。

要するにクレーム対応ができるか、ということです。

お客様に怒られて、いちいち気にするような人には続けていくのが難しい仕事なので、あらかじめ面接時に確認されるのです。

ここは正直に伝えることをおすすめします。

コールセンターの面接を受けるときは、こちらの記事を参考に!

未経験でも応募できる?

未経験の募集もたくさんあります。

特に必要な能力がないため、どなたでも応募することができるところは魅力といえるでしょう。

会社の雰囲気は?

基本的にはオペレーター同士で会話する時間もないですし、私語が禁止されることが多いため、和気あいあいといった雰囲気ではありません。

正社員、派遣社員、アルバイトの募集があるの?

テレフォンオペレーターは、派遣社員やアルバイトの求人が大変多いです。

正社員は、オペレーターのサポート業務など管理を担当するスーパーバイザーが多いでしょう。

もちろん、派遣社員やアルバイトから正社員を目指すことも可能です。

雇用形態によって給与体系はどう違う?

正社員は基本月給制になります。

契約社員の場合も月給制の会社が多いでしょう。

派遣社員及びアルバイトは基本時給制となります。

その辺りは他の企業と同様です。

残業って多いの?

残業については、企業によります。

残業になりやすいケースは、例えば自分の勤務時間が終了しても、電話をお待ちのお客様がたくさんいる場合は残業を依頼されることがあるでしょう。

受付時間終了間際の問い合わせが長引いてしまった時は、そのお客様の対応が終わるまでは残業となります。

シフトの自由度ってどうなの?

シフトについては融通を利かせてくれる企業も多いでしょう。

勤務時間もあらかじめ自分で決めることが出来るケースもあります。

しかし、休み希望が重なる土日祝は制限がある場合がありますので、事前に確認する必要があります。

資格って必要なの?

難しい作業を求められることはほとんどないため、資格は特に必要のない職業といえます。

ここまで、テレフォンオペレーターの仕事について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

大変そうだな…そう感じた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際はテレフォンオペレーターの仕事がピッタリ合う人もいるのです。

天職のように感じて働いている方もたくさんいます。

お客様に感謝された時など、生の声を聞く事が出来るため、とてもやりがいを感じることのできる仕事です。

ぜひ、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

きっと新たな世界が開けるでしょう。

テレフォンオペレーターを目指す方は、こちらの記事を参考に!



関連キーワード

オペレーター求人

テレフォンオペレーター求人についてもっと深堀りした情報を見る

テレフォンオペレーターの仕事はどんな人に向いている?得意な人の10個の特徴や身に付く力について解説します

ネットの求人情報や求人雑誌では、かなり目にする機会の多いテレフォンオペレーターという仕事。他の仕事に比べて時給も良く、とても魅力的に思えます。興味があって、是非一度、やってみたいなぁという方は多いのではないでしょうか。しかしながら、自分がテレフォンオペレーターの仕事が向いているかどうか、適性が気になる方は多いと思います。今回は、テレフォンオペレーターの仕事内容から、の向き不向きや、身に付く力などについて解説します。テレフォンオペレーターの仕事はどんな仕事?まずは、簡単にテレフォンオペレーターの仕事についてご案内します。テレフォンオペレーターとは、電話にてお客様から商品の注文や公演や旅行などの予

テレフォンオペレーターになるには?必要なことやおすすめの仕事の探し方まで経験者が解説!

テレフォンオペレーターの仕事に興味がある方でも、テレフォンオペレーターがどういう仕事かを理解している方は実は少ないのではないでしょうか。また、テレフォンオペレーターになりたい方でも、テレフォンオペレーターになるには何が必要かを知っている方も少ないと思います。本屋や図書館にはテレフォンオペレーターに関する本はほとんどありません。今回は、そんなテレフォンオペレーターになるのに必要なことやおすすめの仕事の探し方を経験者が解説させて頂きます。テレフォンオペレーターの仕事内容それではまずテレフォンオペレーターの仕事内容についてご紹介します。商品注文受付商品販売のテレフォンオペレーターのメインの業務となり