お仕事を探す上で、データ入力と書かれていると、一見、簡単にできるような内容に聞こえますよね。

でも、ざっくりしすぎて どこまでのスキルが必要なのだろう・・・どのくらいの仕事量が求められるのだろうと思う方も多いはず。

そんな方の参考になるべく、データ入力求人でよくあるお仕事とは?をまとめてみました。

「データ入力」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「データ入力」の仕事例をチェック

データ入力ってどんなお仕事なの?

そもそも、データ入力とはどんなお仕事なのでしょう?

簡単にいうとパソコンを使って、数字や文字などのデータを打ち込むお仕事です。

内容によって種類はさまざまです。

データ入力の募集でよくある仕事内容とは?

会社独自の入力画面に 紙媒体のデータ表からデータを打ち込むお仕事。

製造業や工場など、たくさんの商品を扱う職場などにおいて、商品の番号 記号などを会社独自の入力画面に規則的に入力するお仕事です。

自分で考えながら入力のではなく、キーボードで文字が入力できれば対応できます。

このように紙媒体からデータを拾って入力する場合は、入力をした後の元データをスキャナーで読み取り、パソコンに取り込むなど、データ入力とスキャンがセットになっていることが多いです。

比較的簡単な作業のため、求人では「未経験者OK」と書かれていることが多いです。

テーマにそって検索などをして入力をおこなう。

決まったテーマにそって自分で検索などをして調べ、自分なりにまとめながら入力作業をおこないます。

そんなに長い文章をうちこむことは少なく、簡潔的な文章にまとめてうちこめるフォーマットがあることが多く、数をこなすことが求められます。

オペレーションを行いながら入力をうちこむ。

カスタマーセンターなどで電話対応をしながら、お客様のデータを入力したり、質問に対応したり、かなり難易度は高めです。

データ入力の仕事がおすすめな理由

自分の好きな時間に仕事をすることができる

子供がいて会社勤めが難しいなど、在宅でお仕事をしたいという方、日中は会社勤めをしていて、休日や夜など、空き時間を利用して稼ぎたい方、以上のような方には、パソコンとネット環境さえあれば行えるデータ入力は大変おすすめです。

在宅やカフェなどで業務をすることができる。

特別な資格がなくても、キーボードから入力ができ、パソコンとネット環境が整ってさえいれば すぐにはじめることができます。

人間関係に悩まなくてもできる。

就職や転職するにあたって、一番に気になるのは 人間関係。

という方も多いのではないでしょうか。

お給料をいただくためには、少々の人間関係のわずらわしさや辛い上下関係にも耐えながらお仕事・・・。

という環境が苦手な方にとっては、人付き合いを気にしないで稼ぐことができるのはうれしいことですよね。

データ入力求人でよくある募集内容とは?

求人内容はさまざまです。

募集でよくあるウリ文句とその内容

「簡単なデータ入力作業です」

そう書かれてあれば、大抵が未経験者OKとうたわれています。

が、まったくパソコンが使えないなどではなく、事務経験はあるがデータ入力業務専任は未経験という意味だと受け取った方が無難でしょう。

伝票入力

こちらは、数字とアルファベット入力が主になると思われます。

当日中に行わなければならないお仕事となることがほとんどなので、残業はあるものと考えましょう。

英文データ入力

貿易事務などで要求されます。

専門性が必要なのでお給料はかなり期待できます。

在宅OK

会社勤めではなく、在宅にてデータ入力をおこないます。

チャットなどで依頼主とお仕事のやりとりを行うことが多いので、そういう部分でのスキルも求められます。

悪質なサギなどに注意する必要があるので、しっかりしたサイトからの申し込みをおすすめします。

給与相場

簡単なデータ入力、スキャンなどでは、時給で1100円あたりが相場です。

派遣からのお仕事となると、派遣登録の際のスキルチェックを経てからの紹介となるため、少々あがり、1250円~1400円ほどになります。

英文入力となると、1500円~1600円ほどとお給料もかなりあがります。

在宅となると、時給ではなく、データ量によって支払われる、出来高払いとなることがほとんどです。

出来高払いといっても形態は様々で、一文字0.3円~1円という設定のお仕事もあれば、1テーマで金額が決まるなどありますので自分のスキルによって、選ぶとよいでしょう。

自分自身のスキルにあまり自信がないという方は、時給で決まるお仕事を選ぶのが、かしこいでしょうし、ブラインドタッチは当たり前にでき、経験もあり、スピードや正確性にあるという方は出来高払いのほうがよいでしょう。

勤務時間や休日、残業

大手の企業に勤めれば、普通の会社勤めと同じように週休二日であったりします。

また、データ自体に〆がなく入力をただただ行うだけという内容だとほとんど残業もありません。

入力データが伝票などになると、その日の業務はその日もしくは翌日までに行わなければならないことがほとんどですので、月末や月初など〆の前後などは、残業をすることになるでしょう。

そのかわり、残業の手当てがつきます。

その点、残業などなく、自分のペースで入力を進められそうな在宅でのデータ入力ですが、ある一定のデータは最低入力をしなければならないという最低ラインは決められていることが多く、(500件を○日で入力してください。など)ためてしまうと大変です。

コンスタントにかつ毎日時間を上手に使って業務を行って出来高を上げることができることが一番です。

勤務場所

データ入力を行う職場ですが、伝票などの入力業務は工場事務や事務所での勤務が多いです。

オペレーターなどは、オペレーションセンターにて たくさんの仲間とのお仕事になります。

在宅の場合は自宅でもよし、カフェでもよし。

自分が好きな時間、好きな場所で行うことができます。

必要なスキルや資格、経験

まず、最低パソコンが使えること。

最低でも、ブラインドタッチができる。

文字の種類をすばやく変えながら入力できる(たとえば、文字を打っている途中でアルファベットを入力するときに、変換の仕方がわからないようだと困ります)くらいのことは求められます。

会社独自の入力画面へデータ入力のお仕事だと、独自システムの勉強も必要となります。

また入力における会社独自のルールも必要となりますので、最初に覚えることは多いと思います。

また、最低でもWORDとEXCELは使えた方がよいです。

難しい関数などはできなくても、入力した文字や形、大きさを変えること、段落を整えることくらいは必要とされることが多いです。

しかし、これらは、業務を行いながら覚えることができることなので、できないからといって悲観する必要はありません。

「データ入力」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力求人の雇用形態による違い

普通に自分でコンタクトした求人情報からの雇用だと、面接である程度のスキルを伝えた上での採用となりますので、正直に自分ができること、できないことは伝えましょう。

スキルを偽って入社してしまって、自分にみあわないスペックを求められて対応できないとせっかく入社しても続けることは難しくなってしまいます。

その点、正直に伝えていると、入社したあとにでも、勉強させていただけることも多く自分のスキルアップにつながりますよ。

派遣登録からの入社だと、多くのスペックを求められます。

基本派遣会社は、会社が求める人材を提供するシステムのため、会社側があなたに求めるものは、ある程度はできて当たり前のスタンスであることが多いです。

自分にあったデータ入力の求人の選び方や注意点

データ入力のお仕事といっても、いくつかの種類があることは 前述いたしましたが、では自分にあったデータ入力のお仕事は

どのようなことに注意して選べばよいのでしょうか。

【選び方①】雇用形態から探す

シフトの自由がきいたほうがよい。

だとか短期に集中してお仕事をしたいという方には、派遣登録がおすすめです。

また、データ入力というお仕事が、比較的単純作業の繰り返しながらも 長時間淡々と行う性質上、飽きがこないようにいろんな職種を経験したいというかたにも 契約更新がもうけられている派遣登録での職探しはおすすめです。

データ入力の派遣求人を探す時は、こちらの記事を参考に!

【選び方②】職種から探す

ただあたえられたデータを入力するというより、自分自身が興味がある職種の方が集中力も持続しますし、なにより楽しんでお仕事できますよね。

長く楽しくお仕事をしたいという方は データ自体に興味がもてる職種を選ぶとよいかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

正社員で長く安定して働きたいという方は お勤めができる企業で探すのがよいでしょう。

子育て中で会社勤めが難しい、または好きな時間に業務を行いたいというかたは 出来高払いで契約がいいかと思います。

タイピングスピードに自信があり より多くの業務量をこなすことができるという方にもおすすめです。

スキルがみとめられれば、契約料のアップも交渉することができる案件もあります。

自分自身のスキルによってお給料をほしいという方なども、出来高払いのほうがより多く稼げることが多いです。

【選び方⑤】好きなデータ入力の種類から考える

たとえば、テンキーをつかって、数字の入力が得意であるという方は、数字に特化したデータ入力を選ぶといいでしょう。

会計事務所など、会社から委託されて決算書類を作るお仕事などは数字の入力が主になります。

英語が得意なかたは 英文データの入力など。

こちらは貿易事務や、海外に拠点をおく会社の事務などのお仕事が主になると思います。

自分の得意なジャンルを選んでお仕事できるのであれば、効率よく楽しんで業務に取り組むことができるので、データの種類にこだわって探すのも一つの手段です。

注意点

どのお仕事を探すときにもいえることなのですが、どの程度のスキルまでもとめられるのか、とにかくしっかり確認をすることが必要です。

データ入力は単純な作業と思われがちですが、キーボード操作以外のスキルを求められこともあります。

データ入力の性質上、速く、正確に、多くの量をこなすことも求められるので、わからない業務が出てきたときに、職場の同じようなお仕事をしている人になかなか尋ねにくいものです。

お仕事の内容については 把握したうえで、業務にあたれるように確認はしっかり行いましょう。

データ入力のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

一言にデータ入力といってもいくつかの種類にわけられます。

大きくわけて 細かい内容では もっとわけられるのですが、一番大きな違いで3つにわけてみました。

①データ入力のみ

依頼側からわたされたものを、PCに入力するという最も簡単なお仕事です。

単純であるがゆえ、集中力の持続はなかなか難しいですが、人と話すことがあまり得意ではなく、もくもくとお仕事をしたいというかたにお勧めです。

②コールセンターでのデータ入力

いわゆる 「テレオペ」ですね。

テレフォンオペレーターとしての役割のほうが比重としては大きくなります。

そのときに得た情報、たとえば注文番号 商品名、お客様情報などを入力します。

このお仕事はマニュアルがしっかりしているので 研修をうけた後に業務にあたるので仕事に対する不安は最小でお仕事ができるとおもいます。

③事務作業+データ入力

事務全般を行いながら、主な業務ないようとしてデータ入力を行うお仕事です。

タイピングは得意だけど、それだけでは飽きていまいそう。

だとか事務についてもスキルアップをしたいという方にはおすすめです。

データ入力の仕事は会社でどういう役割を求められる?

とにかく正確性です。

ミスがないことが一番もとめられます。

その次に スピードです。

正確に早く!これが会社から求められる役割です。

面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣!

面接では「集中力はあるほうですか」といったことを聞かれます。

会社勤めとなるとなかなかデータ入力のみということは少ないので、「電話対応に抵抗ははいですか」ということもきかれます。

会社勤めでのデータ入力をおこないたいのであれば、タイピングが得意であるというアピールは十分に行いながら、事務作業も多少できますというマルチさのアピールが重要です。

「データ入力」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ(データ入力の仕事をお考えの皆様へ)

データ入力といっても、在宅でおこなうもの、会社勤めで業務にあたるもの、出来高でお給料をいただくのか、月給でいただくのか、いろいろな条件の組み合わせを自分のスキルに照らし合わせて、最も自分にあった条件で探し出してみてはいかがでしょうか。



データ入力求人についてもっと深堀りした情報を見る

データ入力の仕事についてご紹介!仕事の流れや大変なことやりがいなどすべて丸わかり!

一家に一台から、一人に一台と言われるほどパソコンが普及した現代、だれしも在宅の仕事を一度はインターネットなどで検索してみたことがあると思います。そして、求人サイトでも一年を通して見なくなることがないのもデータ入力という仕事です。多くは会社での勤務ですが、在宅での求人も公開されていることから、自分のライフスタイルや状況によって働き方を選べるという点も大きな理由の1つです。日常的にパソコンの操作に慣れている人は、空いた時間に自分のスキルを活かせる仕事であり、未経験からでも始められるオフィスワークとして、また、短期やパートタイムでは家事との両立などにも向いているといえます。しかしながら、ひと言でデー

データ入力アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイト募集の情報誌やサイトに掲載されている“データ入力”の仕事を目にしたことはありませんか?データ入力の仕事とはどのような業務をしているのでしょうか。具体的にはわからないけれど、パソコンで文字を入力するだけの簡単な仕事だという印象があると思います。働く前の私も、誰でもすぐにできる簡単で楽な仕事だというイメージがありました。そこで、私が実際働いた経験を交えながら、データ入力の仕事内容をご紹介していきます。私はこんなところでデータ入力のアルバイトをやりましたまず、データ入力の仕事を探した理由は「電話対応をしたくない」という事からでした。独身時代はあまり電話対応のない仕事をしていましたが、結婚後

データ入力とはどんな仕事?具体的な仕事内容や良い面・悪い面についてご紹介します!

データ入力の仕事には、実は様々な種類があるのをご存知ですか?パソコンを使って何かのデータを入力するということは想像できると思いますが、どんなデータを入力するかは、企業によって違います。今回は案外奥が深くて、やりがいのある仕事、「データ入力」とはどんな仕事なのか、色々なデータを入力してきた筆者がまとめてみました!データ入力とはどんな仕事?データ入力は基本的にはパソコンやタブレットなどを用いて、企業に必要なデータを入力する仕事です。その種類も様々で、数字、文章、グラフィックなどジャンルも豊富です。日々のルーティンワークとして伝票を毎日入力することもありますし、社内報や資料、挨拶文やDMなどの文章入

データ入力の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ここではこれから、データ入力の正社員求人について、その気になる年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴等を色々と書いていきたいと思います。データ入力のお仕事はパートや派遣社員での募集も多く出されており、アルバイトなら一度は経験した事があるという方も多いのではないでしょうか。確かにこの仕事の雇用形態ではアルバイトやパートが多いという傾向がありますが、正社員でももちろん募集はあります。アルバイトと正社員では給料や待遇に大きな差が出ますが、その分会社から求められる要求もシビアになってくるのは当然の事です。それでは早速、データ入力のお仕事について説明していく事にしましょう。データ入力正社員の仕事内容とは?デ

データ入力派遣求人の時給や募集内容、働き先の見つけ方は?向き不向きややりがいなどを解説!

データ入力の派遣での求人募集って、職探しをしたことがある人なら頻繁に見かけたことがありますよね?「データ入力」一言で簡単な気もしますが、様々な職種で募集されています。実際、どのような入力作業なのか、今回はデータ入力の時給の相場などの派遣求人の詳細について詳しくお話します。また、データ入力のやりがいやメリット、デメリットなど、上手な求人の選び方まで徹底的に教えます!データ入力の派遣はどんな仕事?データ入力はたとえば申込書をそのままフォーマットに入力したり、エクセルシートに自らフォーマットを作成後、入力したりします。しかし一般的に多いのが企業が作成したフォーマットに入力するといったものが多いです。

データ入力の仕事内容7個の業務と向いている人・向いていない人の特徴

「データ入力」の仕事は、募集も多く人気のある職業です。業務のイメージは、PCに数字やテキストなどを入力するだけの仕事と思われがちですが、実は色々な種類があります。入力するデータの種類や使用するソフトなど、実際に業務を始めてみたら思っていたのと違った…とならないよう、データ入力の仕事内容について解説いたします。データ入力の仕事は大きく3つの役割に分けられますデータ入力の仕事の役割1:数字や文章など、テキストデータを入力する一般的にイメージされている形態で、数字やテキストデータをExcelやWord、企業が使用しているシステムなどに入力する業務です。データ入力の仕事の役割2:写真やイラストなど、画