データ入力の仕事内容についての写真

「データ入力」の仕事は、募集も多く人気のある職業です。

業務のイメージは、PCに数字やテキストなどを入力するだけの仕事と思われがちですが、実は色々な種類があります。

入力するデータの種類や使用するソフトなど、実際に業務を始めてみたら思っていたのと違った…とならないよう、データ入力の仕事内容について解説いたします。

「データ入力の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力の仕事は大きく3つの役割に分けられます

データ入力の仕事の役割1:数字や文章など、テキストデータを入力する

一般的にイメージされている形態で、数字やテキストデータをExcelやWord、企業が使用しているシステムなどに入力する業務です。

データ入力の仕事の役割2:写真やイラストなど、画像データを伴う入力をする

名刺や広告など、写真やイラストを含むデータと一緒に、クライアントから提供されたテキストなどを入力する業務です。

データ入力の仕事の役割3:電話や録音など、音声データを扱う

テープ起こしやコールセンター、予約受付など、音声をテキストにデータ化して入力する業務です。

テキストデータ入力の4つの業務

テキストデータ入力業務1:一般事務

一般事務の仕事

求人も多く、人気のある職業です。

ExcelやWordの操作ができる人を対象に募集されていることが多く、特に数字データの場合は、関数やグラフ作成などの専門知識を求められることもあります。

また、企業が独自に採用しているシステムにデータを入力することもあります。

この場合はデータ入力をしながら独自システムに慣れる必要があります。

テキストデータ入力業務2:アンケート入力

在宅で簡単なアンケートに応える入力業務です。

クライアントから与えられる設問にチェックや文章を入力するのですが、設問数が多かったり、選択肢が多いなど複雑な案件もあります。

1問~10問以下のようなアンケートであればそれほど時間もかかりませんが、中にはアンケート終了まで20分以上かかるような案件もあり、意外に数をこなすことが大変なこともあります。

テキストデータ入力業務3:通販商品の詳細データ入力

近年増えてきた業務で、Amazonや楽天市場、フリマアプリなどへ商品を登録したり、商品の詳細を入力を行います。

例えばアパレルであれば、サイズやカラー、素材などを、雑貨であれば原産国やサイズ、重量、対象年齢などを入力します。

自分が知らないジャンルや、あまり知識のない商品だったりすると、細かな詳細を入力していくことがだんだんと苦痛になってしまうこともありますが、好きなブランドや商品、得意とするジャンルなら楽しく入力できると思います。

テキストデータ入力業務4:専門知識を要するデータ入力

経理や製薬会社など、中には専門的な知識を要するデータ入力もあります。

筆者は製薬会社のデータ入力を経験したことがありますが、扱うデータ量が非常に多く、専門的な用語も含まれるため入力に慎重を要する業務でした。

また、入力したデータの保管や書類の取り扱いなど、データ入力以外の業務もありました。

一度、入力したデータを誤って削除してしまい、現場の機械を止めてしまうという大きなミスをしたこともあります。

画像を伴うデータ入力の3つの業務

画像を伴うデータ入力業務1:DTPなど印刷関係のデータ入力

名刺やポスター、広告など、様々な印刷物を制作する際のデータを入力します。

デザイナーの補助として、指定された場所に文章やキャッチコピー、画像やイラストなどを入力しますが、専門性の高い業務で関連ソフトの知識や経験が必要になることもあります。

画像を伴うデータ入力業務2:Webサイト制作などのデータ入力

Webサイト制作に必要な文章や画像を入力する業務です。

こちらは関連ソフトの知識だけでなく、Webページの制作知識や著作権などの知識も必要で、主に経験者に向いています。

クライアントからいただく手書きのデータやテキストデータを元に、リライトしたり、ソースに落とし込むといった作業があります。

また直接クライアントからコメントをいただくこともあり、コミュニティ能力が必要なときもあります。

画像を伴うデータ入力業務3:Webライターのデータ入力

在宅業務でも募集の多い業務です。

決められたテーマやキーワードに沿ってオリジナルの文章を作成し、入力します。

中には画像を伴う入力や、インターネット上で行う知識が必要になる場合もあります。

最近はWordPressなどのCMSを使った入力も多く、Wordとどう違うの?と思われた方は、事前にWordPressの学習が必要です。

「データ入力の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力で注意した方が良いこと

データ入力で注意すること

データ入力で注意した方が良いこと1:データ入力でミスに注意する

この業務が肝となります。

最も多いミスは誤字脱字です。

スピードを意識するあまり、誤字脱字に気付かず入力してしまうことがありますので、読み直しなどのチェックは怠らないようにしましょう。

画像を伴うデータ入力では画像のサイズや容量など、クライアントの要望を事前に確認することも大切です。

データ入力で注意した方が良いこと2:データや書類の保管

入力時に使用した書類や、入力後のデータの保存、バックアップなど、保管にも気を配りましょう。

企業によっては、ファイル名の付け方や保存のルールが定められている場合もあります。

せっかく入力したデータの場所が分からなくなっては大変です。

しっかりと管理しましょう。

データ入力で注意した方が良いこと3:秘密保持

どの業務にも共通して言えることですが、業務で知り得た情報は外部に漏らさないよう注意しましょう。

データ入力の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

筆者が製薬会社でデータ入力をしていたときは、朝、机の上に山のように積まれた書類を1枚ずつ、必要事項を入力し、保存していました。

この書類は、停電などによる機械の運転停止時間やヒューマンエラーによる作業の遅延時間、固体の薬剤であれば、欠けや形成不良などの個数を、現場の作業員が手書きで記入して提出してくださるデータでした。

手書きデータなので、人によっては文字が崩れて判読不可能なものや、肝心な箇所に記入が無かったりと不備も多くありました。

それでも、現場で作業をしながらデータを手で記入してくださるお陰で、それが業務改善に繋がり、円滑な仕事ができるようになるのだと思いながら入力していました。

また、毎日同じようなデータを朝から晩まで入力するのですが、このデータが蓄積されてグラフ化されると視認性が高まり、改善策を講じる必要箇所が分かるので、苦労して入力した甲斐があったと、嬉しかったのを覚えています。

ルーティン業務は単調で、ずっと座ったままでデータ入力をしていると眠くなったり、足がむくんできたり、果ては「楽そうな仕事」に見られたりしますが、実際は肉体的にも精神的にもハードな業務です。

データ入力は、毎日の業務では気付きにくいのですが、蓄積されていくデータはとても重要で、その後の業務に大きく貢献する、自信と誇りを持てる職業なんです。

デスクワークであること

体を動かすのが苦手な人やデスクワークが好きな人に向いている仕事です。

会社でデータ入力をする場合は、空調やPCの環境など整っていますので、外で体を張って作業している人に比べると肉体的には楽だと思います。

達成感

毎日ルーティンで行うデータ入力の場合、朝はウンザリするほどの書類が待っていることもあります。

しかし1つずつ入力し終えて、早く片付いた時の達成感は心地よいものです。

紙コップのコーヒーでさえ、いつもより美味しく感じたりします。

スキルアップ

初めは慣れないデータ入力も、毎日こなしていくうちに自然とスピードアップしていきます。

知らないうちにブラインドタッチが習得できていたり、PCに詳しくなったりと、スキルアップできます。

面白いポイント

入力時のデータに不備が無いときは、入力業務もとてもスムーズに進みます。

面白いように書類の山が減っていく光景が見られるので、気分爽快です。

キーボード

業務で使うPCのキーボードが自分に合ったものだと、タイピングそのものが楽しく感じます。

キーを打っている指先の感覚が心地よく、ずっと打っていたいと感じる時もあります。

手書きの面白さ

手書きのデータを入力する場合、人は何て面白いミスをするのだろうと思う時があります。

書く人によって面白い文章になったり、文章では通じないと思ったのかイラストを添えてくれたり、ぶっきらぼうな書き方をしたりと千差万別です。

見ていて面白い

筆者はホテルや旅館のデータを移行する業務も体験したことがあります。

画像を伴うデータ入力で、ホテルや旅館の美しい画像を多く見ていました。

美味しそうな料理の写真もたくさんあり、お昼前にステーキ御膳などの画像がでてくると、たまらなくお腹が空いてきます。

また、温泉や大自然の写真や、豪華な客室などの写真は見ていて飽きません。

聞いて面白い

テープ起こしや動画を扱うデータ入力は、元の素材を聴くことができるので、面白い話が紛れていたりします。

最終的には自然な流れになるように、音声をテキストにしたり、動画にあったテキストを入力して、より動画を面白く魅力的にするのですが、元の素材はそのような体裁になっていないので、思わず笑ってしまうような会話や場面があって、こちらまで笑ってしまうことがあります。

データ入力の仕事はどんな人に向いている?

どんなお仕事にも向き不向きはあるものです。

データ入力のお仕事はどんな人に向いているのでしょうか。

黙々とお仕事をこなせる人

データ入力はどちらかというと単純作業の繰り返しのお仕事です。

単純作業は得てしてミスが起こりやすいです。

黙々と集中して作業できる人をクライアントは好む傾向にあります。

丁寧に作業できる人

データ入力はミスがあってはなりません。

入力の際にミスなく行うことも大変大事なことですが、人間ですのでミスはおこりえます。

そういう意味でも入力が終わった後に、しっかり見直しなどの作業を完璧に行う方に向いています。

逆にデータ入力の仕事に向いていない人の特徴は?

データ入力に向いていない人とはどのような人でしょう。

動きのあるお仕事をしたい人

データ入力はいざお仕事がはじまると、座りっぱなしで作業を行います。

長時間座っていることは苦手という人にとっては、大変苦痛な作業となりますので向いていないでしょう。

キーボードでのタイピングがあまり得意ではない人

「未経験OK」とか「資格不問」という求人であっても、キーボードをブラインドタッチくらいはできないと、お仕事がもらえても苦痛になってしまいます。

やはり、タイピングが得意ではないとか、パソコンに対して極度の苦手意識がある人にはなかなか難しいお仕事だといえます。

「データ入力の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力の仕事で活かせる経験

ここでは、データ入力のお仕事をするにあたってどのような経験が活かせるかについて触れていきたいと思います。

同業経験がある方

ありきたりですが、データ入力のお仕事経験者はもちろん活かすことができます。

前職がデータ入力でなくても、同じ職種の経験者であればこれもまた活かすことができると思います。

例えば、前職にて、貿易事務をしていたという方が貿易関係の会社でデータ入力を行う場合であれば、英文によく触れていたでしょうし、何よりお仕事の内容がわかることも多く、入力するデータも見慣れたものだと思われます。

そういう経験のつながりがあると大変お仕事が行いやすいです。

何らかの事務経験がある

「未経験者OK」の求人であっても、データ入力未経験であっても、事務の経験は必須という企業は多いです。

事務経験があれば、キーボード入力は大抵の方ができますし、エクセルやワード、パワーポイントなども使いこなせるとなれば、データ入力およびデータ分析など、+αの部分で役立てることができ、お給料アップにもつながるかもしれません。

パソコンセットアップ経験

これは、パソコンのことをよくわかっているという前提でもあると筆者はとらえています。

大きな企業ではまずないお話ですが、規模が比較的小さな企業だと、IT部門をもっていなかったり、SEを雇っていなかったりで、自分が使うパソコンの準備は自分で、という企業があることもしばしばです。

不具合が起こってしまった場合の対処法など知っているにこしたことはないです。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

データ入力のお仕事をしていく上で一番身につくのはタイピングスピードと正確性です。

この二つはどのような事務作業にも必要なスキルであり、重宝されます。

この二つにパソコンの基本作業であるエクセルやワードパワーポイントの操作も身につけることができれば、求人募集にある事務作業はほぼこなすことができる事務員になれます。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

データ入力を行い、身につけたパソコンスキルでデータ分析が行えるようになれば、営業事務で営業さんのサポートをこなすことができるようになります。

会議資料作成ができるようになる

正確な入力とデータ分析をもとに、パワーポイントも使いこなせれば、会議資料も作ることができるようになります。

データ入力あるある

データ入力を職業としている方に多い「あるある」をご紹介します。

引き出しにアメが入っている

事務職やデータ入力をしている人の引き出しには、アメやミント系のタブレットなどが入っていることが多いです。

ガムは噛んでいることが周囲に分かってしまいますが、アメやミントタブレット、チョコレートなどは口に含んでいても自然に溶けますし、周囲にもバレにくいので、息抜きのためにも大抵入っています。

付箋が用意してある

入力前のデータは不完全であることも多く、手書きの書類等は文字の判断が付かない、記載漏れがある、入力者では判断ができないといった箇所もあり、そういった書類は後回しにするしかないのですが、必ずと言っていいほど、付箋を貼ります。

以前は付箋の粘着力が弱く、いつの間にか剥がれてしまうこともありましたが、最近では超強力な付箋も登場し、色や材質も豊富で可愛らしいデザインもあることで付箋コレクション状態になる人もいます。

色付きボールペンとマーカー

こちらもデータ入力者には必需品です。

案件によって色を変えて、元データに書き込みます。

特に手書きデータを記入者に差し戻す場合は、赤やマーカーで目立つようにコメントを書き込みます。

クリアファイル

中身が見えるものと、表に柄が入っている中身が見えないものを使い分けます。

社外秘の書類は見えないファイル、未入力、修正が必要、完了など作業の流れにはクリアなファイルと、巧みに使い分けます。

机上にドリンク

企業によっては業務中に飲食禁止のところもありますが、水分補給のためにマイボトルを机の上に置いていたり、眠気覚ましのコーヒーを置いたり、疲れすぎた人は栄養ドリンクやエナジードリンクなど、何かしらの飲み物が机の上に置かれています。

まとめ

ただ単にデータを入力するだけでなく、画像や音声を伴う入力だったり、専門知識が必要だったりと、ジャンルによっても違うということがお分かりいただけたかと思います。

自分では気が付かないところでタイピングミスをしていることも、しばしばあります。

特に数字を多く扱うデータ入力は、687と678を見間違えたり、タイプミスしても、一見気付きにくいのです。

だからこそ、正確で迅速なデータ入力ができるようになると、自分に自信がもてるようになります。

また、タイピングには資格もあります。

パソコン検定やビジネス実務検定などでもタイピングはありますが、キータッチ2000などのようにブラインドタッチを主とした専門的な資格もあります。

如何にスピーディーで、且つ、正確な入力ができるかを証明する資格ですので、データ入力を仕事にしたい人におすすめの資格です。

興味がある方は是非、チャレンジしてみてください。

また、入力業務は日々の積み重ねで上達しますので、始めは難しくても「習うより慣れろ」で、知らないうちに気にならなくなります。

迷っている方は、空いた時間を利用して、入力項目の少ない案件や、在宅業務のデータ入力から始めてみるのもおすすめですよ。




データ入力求人についてもっと深堀りした情報を見る

データ入力の仕事についてご紹介!仕事の流れや大変なことやりがいなどすべて丸わかり!

一家に一台から、一人に一台と言われるほどパソコンが普及した現代、だれしも在宅の仕事を一度はインターネットなどで検索してみたことがあると思います。そして、求人サイトでも一年を通して見なくなることがないのもデータ入力という仕事です。多くは会社での勤務ですが、在宅での求人も公開されていることから、自分のライフスタイルや状況によって働き方を選べるという点も大きな理由の1つです。日常的にパソコンの操作に慣れている人は、空いた時間に自分のスキルを活かせる仕事であり、未経験からでも始められるオフィスワークとして、また、短期やパートタイムでは家事との両立などにも向いているといえます。しかしながら、ひと言でデー

データ入力アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイト募集の情報誌やサイトに掲載されている“データ入力”の仕事を目にしたことはありませんか?データ入力の仕事とはどのような業務をしているのでしょうか。具体的にはわからないけれど、パソコンで文字を入力するだけの簡単な仕事だという印象があると思います。働く前の私も、誰でもすぐにできる簡単で楽な仕事だというイメージがありました。そこで、私が実際働いた経験を交えながら、データ入力の仕事内容をご紹介していきます。私はこんなところでデータ入力のアルバイトをやりましたまず、データ入力の仕事を探した理由は「電話対応をしたくない」という事からでした。独身時代はあまり電話対応のない仕事をしていましたが、結婚後

データ入力とはどんな仕事?具体的な仕事内容や良い面・悪い面についてご紹介します!

データ入力の仕事には、実は様々な種類があるのをご存知ですか?パソコンを使って何かのデータを入力するということは想像できると思いますが、どんなデータを入力するかは、企業によって違います。今回は案外奥が深くて、やりがいのある仕事、「データ入力」とはどんな仕事なのか、色々なデータを入力してきた筆者がまとめてみました!データ入力とはどんな仕事?データ入力は基本的にはパソコンやタブレットなどを用いて、企業に必要なデータを入力する仕事です。その種類も様々で、数字、文章、グラフィックなどジャンルも豊富です。日々のルーティンワークとして伝票を毎日入力することもありますし、社内報や資料、挨拶文やDMなどの文章入

データ入力の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ここではこれから、データ入力の正社員求人について、その気になる年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴等を色々と書いていきたいと思います。データ入力のお仕事はパートや派遣社員での募集も多く出されており、アルバイトなら一度は経験した事があるという方も多いのではないでしょうか。確かにこの仕事の雇用形態ではアルバイトやパートが多いという傾向がありますが、正社員でももちろん募集はあります。アルバイトと正社員では給料や待遇に大きな差が出ますが、その分会社から求められる要求もシビアになってくるのは当然の事です。それでは早速、データ入力のお仕事について説明していく事にしましょう。データ入力正社員の仕事内容とは?デ

データ入力派遣求人の時給や募集内容、働き先の見つけ方は?向き不向きややりがいなどを解説!

データ入力の派遣での求人募集って、職探しをしたことがある人なら頻繁に見かけたことがありますよね?「データ入力」一言で簡単な気もしますが、様々な職種で募集されています。実際、どのような入力作業なのか、今回はデータ入力の時給の相場などの派遣求人の詳細について詳しくお話します。また、データ入力のやりがいやメリット、デメリットなど、上手な求人の選び方まで徹底的に教えます!データ入力の派遣はどんな仕事?データ入力はたとえば申込書をそのままフォーマットに入力したり、エクセルシートに自らフォーマットを作成後、入力したりします。しかし一般的に多いのが企業が作成したフォーマットに入力するといったものが多いです。