ここではこれから、データ入力の正社員求人について、その気になる年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴等を色々と書いていきたいと思います。

データ入力のお仕事はパートや派遣社員での募集も多く出されており、アルバイトなら一度は経験した事があるという方も多いのではないでしょうか。

確かにこの仕事の雇用形態ではアルバイトやパートが多いという傾向がありますが、正社員でももちろん募集はあります。

アルバイトと正社員では給料や待遇に大きな差が出ますが、その分会社から求められる要求もシビアになってくるのは当然の事です。

それでは早速、データ入力のお仕事について説明していく事にしましょう。

データ入力の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力正社員の仕事内容とは?

データ入力とは、その名の通り、作業者がパソコン等にいろいろなデータ(情報)を入力していくというお仕事です。

オフィスの大きな一室にパソコンを幾つも並べて大量の派遣社員やアルバイトを使ってやっている事もよくありますが、アルバイト等に依頼するデータ入力業務の場合、基本的にはそれ程高度な技術を必要とせず、指示されたデータを淡々とただ打ち込んでいくだけといった単純作業に近いものがあります。

それに対して正社員ともなると、仕事は単なる数字や文字の打ち込みだけといった事はまずありえません。

単純作業をこなすバイトの人達に色々と仕事を教えたり、作業が効率良くはかどるように的確な指示を出したり見て回ったりするのは大抵そこで長年アルバイトとして勤めているようなバイトリーダーの役割ですが、そうしたリーダーに現場の状況を報告させたり様々な問題を改善させたりと、更に上からまとめたりするのがデータ入力の作業現場における正社員の役割だと言えるでしょう。

アルバイトのようにデータ入力だけをひたすらに行う正社員の求人というのはあまり見かけず、殆どの場合いろいろな会社の業務も併せて行う事になると思っていいと思います。

現場責任者

先に述べたように、データのみをひたすら入力し続けるような最も単純な作業というのは主に派遣やバイトの人達が行ないます。

そして、その人達に仕事を教えたり、データが正しく入力されているか等のチェック業務はバイトリーダー的な人がやる事が多いです。

作業する人数の多い大規模なデータ入力業務の場合にはリーダーも複数存在し、それら現場のリーダー達を最終的に束ねる事になるのが現場責任者です。

現場責任者は仕事の請負先や会社の上司等と密に連絡を取り合いながら上手く部下達を使い、自分が受け持つ現場を回していく事になります。

その為、現場責任者の役割は主にそこで作業している人達の管理を行う事になってくると言えます。

書類作成等

現場責任者とまでいかなくとも、社員であれば仕事の進捗状況やデータ管理、報告書等を作成してまとめたりする必要があります。

一日の平均的な作業量やミスはどれくらいかを具体的に把握し、最終的には納期迄にどういう予定で仕事を進めていくか等のプランを練る事も求められます。

事務作業

正社員の仕事はデータの入力業務に関することだけに留まりません。

会社に関するあらゆる事をやる必要がある場合もあります。

会社の規模や方針にもよりますが、データ入力の募集の筈がそれこそ事務に近い業務をやらされたり、会社にかかってくる電話等にも対応しなければならない場合もあったりするので、自分が何をやる事になるのか疑問があれば面接時に聞いておきましょう。

データ入力正社員はこんな人に向いている!

アルバイトとは違って正社員で働く事になってくれば色々な待遇が良くなり生活が安定するメリットが生じる反面、会社や仕事に対する責任も当然ながら重くなります。

その為、バイトで働いていた時と比べて気軽に自分の予定やプライベートを優先させたりするような事が難しくなるのは間違いないでしょう。

仕事が押しているような時には残業、休日出勤はしなければなりませんし、会社にもよりますが好きな時に気軽に休みを入れたりするのも場合によっては出来なかったりします。

正社員がバイトの時と決定的に違うのは、自分の会社の業績や利益になる事を常に意識しながら仕事に取り組む姿勢を持たねばならないという事です。

この辺りが言われた事をただその通りにこなすだけのアルバイト業務とは大きく異なります。

つまり、自分の頭で考えて判断しながら、周りと協力して会社の為に仕事をしなければなりません。

アルバイトであれば、出来ない事はしょうがないで済まされる場合もありますが、正社員として仕事に就く以上は常に何らかの結果を叩き出す必要があるのです。

のらりくらりと毎日ただ出社だけしているような社員だと、リストラのターゲットとして目を付けられてしまったとしても、これはしょうがありません。

社会保障が欲しいという場合

厚生年金や社会保険はバイトだとつけてくれないような会社も結構見受けられます。

厚生年金や社会保険に加入する為に一定の時間以上勤務するという条件を満たさせないような姑息な雇用形態でいつまでも人を雇い続けるような場合もあり、とかく会社というのはどこでもバイトに対しては余計な金は出来るだけかけずに使い倒すという感じなので、それならば正社員としての雇用を考えた方が良いでしょう。

安定した雇用を考えている人

多くの場合、データ入力の仕事は期間が決まっていて、アルバイトや派遣社員はそれが終了する迄の契約期間内で働く事もある為、仕事が片付くとバイトリーダー以外はそれでお終い、という事もよくあります。

やはり安定性を求める人にとって正社員は魅力です。

ボーナス

ずばり言って、正社員の醍醐味といえばボーナスでしょう。

ここしばらくは日本企業の業績も景気も良い時期に入っていると言えるので、仕事の頑張りによっては多少の期待も出来るのではないでしょうか。

データ入力の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力正社員でよくある募集内容とは?

これまで述べてきたように、データ入力作業そのものだけを単体で行うような正社員の求人というのはまず見つかりません。

パソコンの初歩的な使い方さえ知っていれば誰でも出来るような単純なデータ入力作業というのは、アルバイトや派遣社員等にやらせるというのが普通です。

ですから、会社や企業もデータ入力+その他の業務等という感じで募集をかけている事が多いと思いますが、その他の業務というのが何なのかについては応募の際によくよく確認しておくべきです。

年収相場

200~300万が相場だと思いますが、会社によっても様々で何とも言えません。

勤務時間や休日、残業

正社員ですから、こういう事もバイトと違って無下に断る訳にはいきません。

そこは正社員として仕事に対する責任感を持って大人の対応をしていかなければならないのです。

残業代がつかないようなサービス残業の場合も、あまりに酷いケースは別として、多少はやらざるを得ないというのが実情です。

福利厚生

法定的なものは言うに及ばすですので、後は法定外の部分がどれほど充実しているかという事になってくるのですが、これは会社によってかなり差があると言えます。

会社がデータ入力業務をしているから何が充実しているとかいうのはあまり関係が無く、その辺はあなたが属する会社がどれほど関心をもって力を入れているかに関わってくるでしょう。

福利厚生の充実度は働く人にとって会社を選ぶ際の重要な判断基準の一つとなりえますから、会社側も優秀な人材確保の為に無視する事が出来ない部分なのです。

勤務場所

本社がそれ程大きくないような場合、特に大勢のアルバイトや派遣社員を集めて作業するには狭すぎるという事で、会社がビルの1フロアを丸ごと借り切って大きなスペースを確保している事もよくあります。

そういう所は広いスペースでも賃料が安かったりするような湾岸沿いの物件等が利用される事も多いようで、そういう所は大抵交通の便が悪いです。

正社員として求められるものとは?

管理能力

何か一つの事だけやっていれば良いというのではなく、自分のやっている業務が今どういう状況なのか、仕事上の問題点や改善すべき点から従業員同士の人間関係まで、あらゆる細かい所まで気を配り、且つ仕事を全体的に捉え考えられるようになる事が正社員には求められます。

コミュニケーション能力

データ入力の仕事ではエンジニアのような職業の人達とはまた違って、そこまで専門的な知識や高度なスキル等は求められない一方、人とのコミュニケーション能力はそれなりに必要となってきます。

データ入力作業を行うバイトの人達は何も喋らずに毎日黙々と作業を続けていくだけですが、上に立つ社員となればそういう訳にはいきません。

部下や上司とのやり取りも当然ありますし、任せられた現場を上手く回していく為には周りとの円滑なコミュニケーションは不可欠で、いわゆるコミュ障ではどうにもなりません。

必要なスキルとは?

データ入力といっても実に様々な業務があるのでこれが出来ればどんな職場でも大丈夫といったスキルはなかなかありません。

ワードやエクセルの使用、ブラインドタッチが出来るといった人はそういう技術が活かせるデータ入力の場合は良いでしょう。

しかし、そうでない場合は一から覚えるしかありません。

特殊なデータ入力の場合、専用端末や会社独自のソフトを使用したりしている事もしばしばで、そうしたものには一般の人が接する機会が無いからです。

場合によっては高度なプログラミングを習得していなければ出来ない業務もあり、実際に仕事についてから必要に応じて勉強、習得していく事が求められます。

また、入力作業の正確さとスピードは大切で、とにかくこなさなければならない作業は大量にあるわけですからこの2つは欠かせない要素となる訳です。

データ入力の正社員のおすすめ求人の特徴とは?

ここでは、データ入力の正社員の求人を探す際に注目したいポイントを幾つか挙げてみましょう。

未経験者歓迎

あまりパソコンやオフィスソフトに詳しくない人も募集欄にこういう条件がついていれば安心でしょう。

入社後にはしっかりとした事前研修がある筈ですから、例え今は何も出来なくとも臆せずチャレンジする事が出来ます。

学歴不問

正社員の採用ではたまに学歴が問われる事もありますから、せっかくこの会社に入って仕事をしたいと思っていても必要な学歴が無いという理由だけで応募すら出来ない場合もあります。

学歴不問という条件であればそういう心配は不要ですから、胸を張って応募する事が出来ます。

「データ入力の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

データ入力正社員になるために他にも知っておきたいこと

社会人としての常識

長年プータローをやってきて、一度も正社員として仕事に就いた経験の無いような人はどこか社会人としての常識が欠けているものです。

アルバイトであればまあ、通用するかも知れないような自分の中にある常識が正社員となると一切通用しない場面も多く出てくる事でしょう。

そもそもそういう感覚の人というのは堅苦しい正社員になるような事は好まない筈ですからよいのですが、会社に勤める人達にとって社会人としての意識を持つというものは欠くべからざるべきものです。

ビジネスマナー

これもずっとプータローばかりやってきたような人にとってはとんと縁の無かったものでしょう。

学生時代に就職活動を経験した人であればセミナー等でビジネスマナーを覚える機会もあったでしょうが。

しかし、こういったものは会社では必ず必要となってくるので、不安がある人はビジネスセミナー等に通ったりして自分で積極的に身に付ける事をおススメします。

マナーや教養といったものは一度きちんと身に付ける事が出来ればあなたの一生の財産となりますから、なるべく早い内に学んでおくに越した事はないのです。

まとめ

今回はデータ入力の正社員の求人について色々と書いてみました。

こうして考えてみるとデータ入力の仕事をする正社員の募集というのはどこか漠然としていると言えなくもありません。

データ入力といっても何のデータを一体どう入力する仕事なのか、具体的にどういう仕事をする事になるのか応募する前にしっかりと自分で調べておく必要があります。

募集のカテゴリーではデータ入力に属していても、実際の仕事は電話のクレーム対応とか伝票整理、営業のサポートまで何でもこなさなればならないという場合もあるかもしれませんから、自分の本当にやりたい仕事のイメージは明確にしておく事が必要です。

そして、正社員としてデータ入力の仕事を探しているという方は、何故自分はその仕事を選ぶのかという動機や理由についてもちゃんと考えてみると良いでしょう。


関連キーワード

データ入力求人

データ入力求人についてもっと深堀りした情報を見る

データ入力派遣求人の時給や募集内容、働き先の見つけ方は?向き不向きややりがいなどを解説!

「データ入力」、一言で簡単な気もしますが様々な職種で募集されています。実際、どのような入力作業なのか、今回は「データ入力」の派遣求人についてお話します。データ入力の派遣はどんな仕事?データ入力はたとえば申込書をそのままフォーマットに入力したり、エクセルシートに自らフォーマットを作成後、入力したりします。しかし一般的に多いのが企業が作成したフォーマットに入力するといったものが多いです。データ入力の派遣の大まかな仕事内容職種ごとにデータ入力はあると思います。通信・金融関係・医療関係・弁護士事務所だったりと、今はデータ化されるものがほとんどなので、データ入力の仕事に事欠くことはないと思います。データ

データ入力の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きややりがいについて解説します

求人でよくみかける「データ入力」と書かれたお仕事。一見誰にでもできそうで、さあお仕事を始めるぞという方が、チャレンジしてみようというお仕事ではないでしょうか。ここでは実際にデータ入力のお仕事にチャレンジをしたいという方のため、一歩踏み込んでどんなお仕事内容なのか、このお仕事に向いている人は?向いていない人は?また、このお仕事をする上で最も大切なことは何なのかなどに触れながら解説していきます。データ入力ってどんな仕事?主に、パソコンを使って文字や数字を入力するお仕事です。入力するデータの種類は受けたお仕事によって、数字メインであったり、文字メインであったり、英文であったりとさまざまです。データ入