社長室という部署が自分の勤めている会社にある人はそんなに多く無いかもしれません。

あったとしてもどのような仕事をしているか分かりづらいのでは無いでしょうか?

企業によっては社長室の業務を行うのは、は経営企画室であったり、秘書室であったり、色々な名前の組織によって運営される事が多いようです。

ただ特に変革期にある企業では、社長室を作り社長特命案件として、企業整備のミッションなどを担う事は多いようです。

社長室では企業が成長する中で法を遵守し、企業全体の成長がバランス良く進んでいるかなどの進捗を管理したりそれを実施してる部署がなければそうした部署を作くり上げ、機能するように運営していく仕事を担ったりする事もあります。

また社長の側近として、社長業を補佐するのが仕事の社長室もあります。

企業によって社長室の性質は様々ですが、社長室がある以上は何らかの業務を社長の補佐として実施しているというのが現状と言えるでしょう。

ここではそんな社長室の仕事や社長室の仕事をする為にはどうすれば良いのかを見て行きたいと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「社長室」の仕事例をチェック

社長室のおおまかな仕事内容

おおまかな仕事内容

社長室の業務というのは企業に依るところが多いのが現状です。

しかし社長室というだけあって基本的には社長の仕事をサポートするのが社長室になります。

社長が進めたいと思っている案件に集中的に関わるメンバーがいるかと思えば取締役会などで決議された事項に基づき会社として進めている業務を後押しする仕事をするケースもあります。

取締役会の業務をも補佐している場合も多くあります。

例えば上場を準備するに辺りコンプライアンス部門を強化する必用がある場合などには、コンプライアンス部門の人材の採用から部署の立ち上げ、社内への周知などを含めて業務として携わる事があります。

社長室の仕事については、こちらの記事を参考に!

社長室の仕事は会社でどういう役割を求められる?

社長室の仕事は企業ではどのような役割を求められるのでしょうか?

正直社長室の仕事の内容に関しては企業による所が大きいのが現状なので、企業によって様々に違ってくると言えるのでは無いでしょうか?

社長室業務に秘書業務などが含まれている場合は秘書業務も必要となってきますし、社長が影響力を強く持つ企業の場合には、巨大な社長室が必要になってくる時もあるでしょう。

ただ、社長の補佐を主に業務を行うのが社長室の仕事となりますので、経営に必要な情報などを社内外から収集する事を求められるなど、社内情報の把握や企業の資産の把握なども必要となってくると言えるでしょう。

現状の企業状況を把握し、それらを社長が必要とする時に提供出来る事が社長室に求められる一番の大きな役割かもしれません。

社長室の働き先の見つけ方にはどんな方法があるの?

貴方が社長室勤務に憧れ、社長室という部署でどうしても仕事をしたいと思う場合、その働き先の見つけ方にはどのような方法があるのでしょうか?

前段でも書いた通り社長室を持っている企業事体が全ての企業に存在する訳ではありません。

なので、偶然応募先の業務内容が自分のやってきた事、自分がやって行きたい事に合致しており、その結果の配属先が「社長室」であったというケースがほとんどになるのでは無いでしょうか?

例えば社長秘書の業務を長年やっており、社長秘書として仕事をする事になり、その所属先が「社長室」であったというケース。

長年財務分析などをしており、その財務分析能力を必要とする企業の募集に応募し採用され、配属された先が「社長室」だったというケース。

などがこれらに当たると思います。

しかし元々社長室を目指して求人に応募するというのはあまり無い事かもしれません。

転職サイトを利用する

社長室に転職するためにはやはりIT化の進む現代においては、転職サイトを利用するのが一番の方法と言えるのでは無いでしょうか?

転職サイトには公開されていない職務を募集している所も多くあります。

そうしたサイトに登録して、社長室の仕事に応募するという方法があります。

そうしたサイトは近年特化傾向が強くなっていますので、募集の年齢帯や職種などを良く見てサイトを探し、社長室業務に結びつくような転職サイトを見つけたらそのサイトの中で社長室の仕事を検索するのが得策だと言えるでしょう。

しかし、企業によって社長室業務が変わってくるという点と社長室という部署が全ての企業にある訳ではありませんので、何故貴方がそこまで「社長室」の業務にこだわるのかに関しての自分の中での納得いく理由を他者に理解されるように組み立てる必要が出てくると言えるでしょう。

社長室求人でよくある募集内容とは?

社長室の求人でよくある募集内容についてここでは考えてみたいと思います。

そもそも社長室の業務事体が企業によるところが大きくかつ社長室という部門が無い企業も多々あるというお話をさせていただきました。

社長室という部署に所属しやすい業務の中には「広報担当者」や「秘書業務」などがあります。

また社長室に経営企画部や経営戦略部などの機能をもたせる企業もあります。

そうした個別の業務をするセクションが集まってその集合体が社長室として機能しているケースが多く、募集内容もそのようなものが多くなっている傾向があります。

一番多いのは社長室内広報や秘書業務といったところになってくるようです。

給与相場

社長室の業務の給与の相場は非常に幅広いのが現状です。

これは前段でも書きましたが、社長の周囲に居るべき部門を集めて社長室として機能させている企業がある事が原因でもあるようです。

例えば社長室には社長室の室長から社長秘書のビギナーの人が居るケースなどがあるからです。

秘書業務などから社長のサポートを初めて、社長室のメンバーになっていくケースはやはり多いようです。

そうした人の月給は25万円前後から35万円前後となっています。

またマネージャークラスになると1400万円程度の年収などの求人もあるようです。

こうしたポジションの人に要求される業務としては社長秘書業務から、経営サポート、経営計画、事業戦略の立案、特命業務の対応(立ち上げ)などが入ってくるようで、必要スキルとしてはやはり1400万円の年収に相応な投資スキルや経営企画、事業企画、財務戦略、などのスキルの中で何らかの分野において高い専門性を持っている事を要求されるようです。

企業はそれらを活かし経営をサポートしていく人材を必要としているようです。

社長室直下で広報などを担当してくれるスタッフレベルですと、年収は360万から600万程度が想定されているようです。

こうした募集だとほとんどが、経験者であり、広報戦略の設計など大掛かりな仕事にも対応出来るだけの業務に対する理解を求められるケースがほとんどのようです。

勤務時間や休日、残業

社長室の勤務時間は企業の休日や残業時間などによるようです。

基本的には週休2日制、祝日、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇など、その企業が採用している営業日のカレンダーに合わせた休暇を付与されるのが基本となります。

しかしどうしても社長室は、社長をサポートする事がメインになる業務となりますので、社長が在社している間は側にいる事を要求されるケースが多いと言えるのでは無いでしょうか、特に秘書業務などの場合には、社長に合わせて動く事が中心となるようです。

また休日に何らかの社用イベントなどがある場合にも休日出勤を迫られる企業は多いようです。

そうした場合には代休などがありますので、そうしたものを利用して代休取得などをするようになっているとは思いますが、社長室の業務はとにかく社長を中心に動く事が多くありますので、社長が出社する日など人員が足りない場合にはなかなか代休や普通の休暇が取りづらいという事がある可能性があります。

福利厚生

福利厚生も基本的には企業の判断に依る所が大きいようです。

基本的な待遇としては昇給年2回、交通費支給(上限がある場合もある)各種社会保険や企業によっては財形貯蓄、持ち株会制度、慶弔見舞金などの他に、企業によって定められた福利厚生を利用出来るのは他社員と同様になります。

求められる人物像

社長室に求められる人物像として良く言われるのは経営者マインドを持ち、既成概念にとらわれずに、明瞭な意見・提案が出来る、いわゆるロジカルシンキングの出来る人、自頭の良い人などがキーワードとして見られるでしょうか、また自分自身の得意分野にとどまらず業務知識を求め広い分野に自ら関わって行く好奇心の強さを持っている人などが求められているようです。

そのほかにはやはり情報管理意識や、数値管理能力の高い事は社内で仕事をしていく上で必須とされています。

また、コミュニケーション能力や交渉能力が高く他部所や社外との交渉事などで良い関係を構築出来る人などが求められているようです。

また計画や立案のみにとどまらずそれらを制度化し、運用していける管理能力なども求められます。

そしてそれらを実行するにはやはり高いITスキルも必須とされており、経営に必要な数値や指標を元に分析や戦略などをわかりやすくまとめる能力も求められます。

その他には事務処理能力の高さは勿論ですが、学歴は大学卒業以上でかつ、グローバリゼイションの影響か英語力の高い人が求められている傾向が強いようです。

必要なスキルや資格、経験

必要なスキルや資格や経験に関しても企業によって社長室に求める仕組みが異なる事もあり、一定の条件などがあまり見えづらいというのがあります。

ただ、前段でお伝えした通り、財務知識、数値管理、事務処理能力、高いITスキル、企画を運用し制度化する管理能力、知識の吸収力や社内における情報管理能力やコミュニケーション能力など全体的に業務対応能力が180度全方向に向けて高い人が求められる傾向があるようです。

その中で自分が得意とするスキルの資格などを有している人は評価される傾向にあると言えるでしょう。

経営者の側近としての業務を任される訳ですからやはりMBAなどのホルターは優遇されると言えます。

また財務運用経験やM&Aを成功させた経験、並びにそうした資格(M&Aエキスパート認定制度など)を持っている事、中小企業診断士などのスキルを有する人も優遇される傾向にあるようです。

自分の強みを持ちつつ、企業の資金調達や成長に関わる結果を出した経験を有する人もしくは経営者視点に立つ事が可能で、そうした学びをしている人、加えて英語能力などを強く求められる傾向が社長室業務に携わる人にはあるといえるのでは無いでしょうか。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

社長室求人のおすすめ求人のポイント

社長室求人におすすめのポイントなどはあるのでしょうか?

実際社長室で募集されている業務や職務内容は企業によって様々です。

そうである以上おすすめポイントをお伝えする事体が難しいのが正直な所でもあります。

社長室に入って自分が一番欲しているものが何なのか?

何故自分は社長室に所属したいのか?

自分がその部署に何を求めているかによっておすすめの求人ポイントが変わってくると言えるのでは無いでしょうか?

しかしそうした中でも社長室の求人の中でこれはポイントが高いなと思える求人について見て行ければと思います。

経営者マインドを学べる

前段でお話した通り、社長室のおすすめの求人のポイントというものはあってなきが如しだと言えるのでは無いでしょうか?

どうしても企業の形態によって社長室の機能が様々に変化するので、そうしたセオリーは無いと言えるでしょう。

しかし、社長室に勤務する事で学べる事として一番の大きな収穫は経営者のマインドを学べるという事に尽きると言えます。

では実際には、経営者のマインドとはどのようなものを指すのでしょうか?

経営者のマインドとは、社員である事からは180度転換した視点、心持ちになります。

社員である時には今月は◯日公休日があるから、そこを利用して旅行に行こうなど、そうした事を実現するために貯金をしたりお金を使ったりしますが、経営者になると、今月は公休日があるから、実質の営業日数が減る事になり、企業としての可動日数も減る以上売上が落ちやすい傾向があるなぁと考えます。

また、社員の立場だと8月はお盆があるので、田舎に帰省して、親に会おうかなぁなどと思うものです。

それに合わせてお土産を買ったりしますが、8月や2月は人や景気が動き難いと昔から言われていますので、そうした月になると逆に経営者は頭を抱えて月間売上を落とさないように配慮したりします。

会社員と経営者の考え方や利害は実は相反しやすいのです。

経営者は雇用者を使い利益を最大限に拡大する事を目的としていますので、どうしても社員では分からない視点というものが生じてきます。

そうした事を経営に近い社長室部門で働く事によって理解していけると同時にそうした考え方や視点を持つ事により、企業全体の売上を上げて行く事が社員に還元出来る利益を大きくし、企業全体として幸せになる方法だという事を知る事が出来ます。

社長室求人についてよくある疑問

社長室について色々認識が異なるのは前段に書いたとおり、それぞれの会社により社長室に求められる業務内容に大きな違いがあるからです。

しかしそれでも社長室と付く仕事である以上他社でも似たような仕事をしている企業が多いのではと感じるのは当然の事と言えるでしょう。

実際に社長室の業務などはどうなっているのでしょうか?

社長室の業務の詳しい内容などを知らなければ募集があったとしてもそれに応募するのもはばかられるというのが実情では無いでしょうか、ここではそんな社長室を目指す方の疑問を少し紐解いてみたいと思います。

社長室の求人で具体的には就職したら何をするの?

社長室の求人について具体的には就職したらどのような事をするのか?という疑問を持つ方は多いと思います。

前段でも取り上げた通り、社長室の求人では企業によってその役割が違う事が多々あります。

経営企画室・広報部を合わせて社長室と呼び、秘書室もしくは秘書を個別に扱う場合もありますし、経営企画室に広報部を合わせそれに秘書業務を含む3つの部隊を含めて社長室と呼ぶ場合も有ります。

また広報室と秘書室を一つにして社長室と呼び経営企画室は別部署として独立している事もあります。

具体的に貴方が応募した企業がどのような仕組みで社長室を構成しているかによって業務範囲に幅が出てくるのは当然です。

広報業務に合わせて秘書業務を手伝うなど同じ部署内同士になれば相互協力などをする場合なども出て来ます。

また秘書業務では社長の出張から切符やホテルの手配なども行う事がありますので、広報として社長室に配属になってもそうした秘書業務を手伝うなどのケースもあります。

また経営企画室と広報室が一緒に社長室と呼ばれている場合なども次年度経営計画の作成や、中長期計画の作成などを手伝うなど、大きな業務とはなりますが、上場準備やM&Aなどの業務を主幹で経営企画室が実施する場合、広報部もまた一緒にそれらを手伝うなどのケースも出て来ます。

一概に社長室の仕事は就職したらこれだけをやっていれば良いという事は無いと言えるでしょう。

社長室の仕事をする上での心構えとは

社長室という部署の仕事をする上での心構えとして、最も重用なのは社長の補佐役であるという自分の立場を常にわきまえる事では無いでしょうか?

社長室の業務をする場合、やはり社長の業務の補佐である事を常に考え、身なりや振る舞いもそれに合った事をするのも重用になって来るでしょう。

特に役職の高い人のサポート役をしていると、どうしてもその人の威光を自分の本来のものと勘違いしてしまう事もありますが、社内での立ち居振る舞いには気をつけて、常に謙虚でかつ社長室は黒子であり、社長の意向を実現する為に存在している事を忘れないようにしたいものです。

社長室の仕事ではどんな成長が見込めるの?

社長室の仕事の特徴は、企業の行事全般に関わる仕事と言えば良いでしょうか?

社長主催の会議を開催する時の準備などでは実際に会議室のレイアウトなどの準備に駆り出されて机を動かす、パーテションを動かすなどの仕事をする事もあります。

かと思えば、経営管理全般の仕事に携わり、各部の部門長との打ち合わせに出たり、社内情報のヒアリングを実施したりする事もあります。

また企業の大規模パーティーなどへの出席や社長主催の社長賞などの表彰をしたりするなどの業務も担う事があります。

全社戦略を立案し実行し運営して行く為の管理能力やマネージメント能力、数値管理能力などを養いつつも、社内レイアウト変更や社長主催の社員の為のパーティーなどでは黒子的な役割を業務として行ったりもするまさに幅広い仕事をする事になります。

しかし、社長室の仕事はやはり全社に関わる事が多く、前段でお話させて頂いた通り多彩さや状況に適応し、社内にあるものを使い社長の要望に答えて行く事を求められます。

その一方で、専門性も必要とされる側面もあり、柔軟性のある人にむいた業務であると言えるでしょう。

とにかく企業の中で成長し、学んでいきたいという意欲がある事、またそうした能力を鍛えられて行く事は勿論ですが、社長の依頼案件をこなすために、遂行能力も試される場面も出て来るでしょう。

また失敗などをしてしまった際には直接社長からお叱りを受けるなどの場面もあり、メンタルのタフさも必要になるでしょう。

社長室で仕事をしていくとそうした部分が強く鍛えられて行きますので、会社人として成熟した考え方や企業における役割に対する責任感なども鍛えられる他、俯瞰的、経営視点で見た企業の立ち位置や今現状の問題点などにも早急に反応するアンテナも鍛えられると言えます。

そうした意味で社長室のスタッフとして従事する事で多彩に企業に必要な経験やスキルを伸ばして行ける仕事と言えるでしょう。

まとめ

ここまで社長室の仕事内容について見てきました。

大体の社長室の役割や概要をご理解いただけたでしょうか?

社長室と言っても業務内容がはっきりとしている訳ではありません。

また社長室という名前の経営企画室であるなど、どのような役割をもたせるかによって、業務内容も変化するのが、現状だと思います。

ただ「社長室」はその名の通り社長を補佐し、社長のミッションを第一に行う部署であり、かつ社長の思いを伝え、実現するための部署であるといえるでしょう。

そうした事を踏まえて自分が社長室でどのような仕事をして行きたいのか、社長室勤務に自分の素質が合っているのかなどを考え転職する事が重用だと言えるでしょう。

また社長室という実務が見えにくい部署で仕事をした場合には自分が実際にそこで何をしたのかの棚卸しを定期的に実施する事も重用になります。

そうした事をしていく事で、次の転職についての説得材料となる上に、自分自身でも何をそこで学びどんな経験が出来たのかを反芻する事が出来るのでは無いでしょうか?

社長室という特殊な部門に転職したいと考えている人、現在そうした部門で仕事をしている人皆様にとってこの文章が何かの役に立てれば幸いです。

皆様がぜひ自分自身の可能性を広めてよりよい仕事に就かれ、より自分の能力を発揮していかれる事をお祈りしております。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



社長室求人についてもっと深堀りした情報を見る

社長室とはどんな業務をするところ?仕事内容や会社においての役割、なり方など詳しく解説します!

社長室とはどんな仕事をしているところか具体的に言いあてられる人は居るでしょうか?何だか社長と付くくらいだからとても大切な仕事をしているように感じる人もいるかもしれません。また全く社長室と聞いてもその仕事内容にピンと来ない人もいるかもしれません。実際社長室の仕事というのは、その企業によって内容が異なるケースが多いです。そもそも社長室などが無い企業もあります。経営企画室や秘書室が社長室の代わりをしている企業もありますが、具体的には社長室と名前が付くだけあり、社長の業務の補佐をメインとして仕事をするチームの事を社長室と呼ぶ事が多いというのが現状だと思います。社長室の仕事とはどんな仕事?社長室の仕事が

社長室の仕事はどんなキャリアの人に向いている?得意な人の特徴が当てはまるかチェック!

「社長室」の業務と聞いてその業務内容をすぐに即答できる人は、元々社長室勤務であった人やそばで実際にその業務を見聞きしていた人ではないでしょうか。それくらい社長室の仕事とは見えにくいものです。特に社長室は機密を扱いますので、業務内容を社員にも公表できない場合も多く見えにくいのが特徴です。そんな見えにくい社長室の業務をここではじっくりと見て行きたいと思います。社長室の仕事はどんな仕事?実は社長室の業務と言っても、正直企業によって大きく異なるのが現状です。社長付きで社長の特命ミッションにかかりきりになっている社長室もありますし、経営企画室が社長室を兼任している企業もあります。また、大勢の秘書が常駐し