社長室とはどんな仕事をしているところか具体的に言いあてられる人は居るでしょうか?

何だか社長と付くくらいだからとても大切な仕事をしているように感じる人もいるかもしれません。

また全く社長室と聞いてもその仕事内容にピンと来ない人もいるかもしれません。

実際社長室の仕事というのは、その企業によって内容が異なるケースが多いです。

そもそも社長室などが無い企業もあります。

経営企画室や秘書室が社長室の代わりをしている企業もありますが、具体的には社長室と名前が付くだけあり、社長の業務の補佐をメインとして仕事をするチームの事を社長室と呼ぶ事が多いというのが現状だと思います。

「社長室の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

社長室の仕事とはどんな仕事?

社長室の仕事がどんな仕事かという事はその企業が社長室に何を求めているかによって変化するとも言えるでしょう。

それくらい社長室の仕事というのは企業によってまちまちであるというのが現状です。

また企業によっては「社長特命室」など単なる社長室だけではなく、社長の特命を受けて作業する部署を持つ企業などもあるようです。

また時には社長のみならず取締役会などの補佐も社長室で実施する事もあります。

社長室の仕事は社長の特命から、企業全体に関わり企業の成長を促進するような業務である事が多いと言えるのでは無いでしょうか。

日常の業務の中で社長の求める事に答える仕事

社長が欲しいデータをエクセルやワードに落とし込んだり見やすく加工したり、社長がプレゼンで使いたいデータをどうにかして探してくるなど、社長室の仕事は基本社長の補佐をすることが多いです。

社長の作成したプレゼンテーションを装丁したり、印刷したり、アイデアを具体的なアクションに落とし込みするなどの作業も社長室の日々の仕事の一つと言えるでしょう。

また社長室が経営企画室などを兼務している企業もあります。

事業計画や予算の策定、数値分析、及びその結果に基づく戦略立案のサポートなど、社長室の仕事というよりは経営企画室の仕事を兼務で実施し、社長の経営判断の判断材料を社長に提供する事を社長室の仕事としている企業もあります。

取締役会や部長会などの運営並びにサポート

多くの企業では取締役会は基本的に総務がサポートしているケースがほとんどですが、時に経営企画室や社長室でそれらの開催や運営を行っている場合もあります。

勿論そうした場合には、取締役会の日程調整から、開催の運営、当日の議題の収集や整理その判断の為の資料作成や当日の議事録の作成管理などに至るまでを仕切る事になります。

取締役会とは、会社の業務を執行する意思決定機関でもあります。

2006年の改正会社法により会社は必ずしも取締役会を設置する義務をおわなくなりました。

しかし、上場企業の場合は設置が義務付けられている大変に重用な会になります。

社長の意思を社員に伝える

社長室の仕事の一つに社長がどちらを向いて仕事をして欲しいのかを社員に伝えるという事があります。

これは企業によっては総務部や経営企画室並びに企業内広報室などが担う事が多い仕事でもあります。

社長が今年度は何を注力して組織としてどうバランスを取りどういったものを達成したいと考えているのかを社員一同に伝えそれを実現して行けるような活動をしていく事も社長室の仕事の一つと言えるでしょう。

その為に新たにそうした業務を担当するセクションを立ち上げるなど。

その部署に新たな責任者を任命するなどの社内の動きを起こして行く事も社長室のミッションになります。

また社長と社員の接点を増やし、より社長と社員の間にある現場と経営から見る業務の溝を埋めるような役割を担う事もあります。

社長のスケジュール管理

社長は非情に忙しいといえます。

その社長のスケジュールを管理するのも社長室の仕事である場合があります。

秘書業務が社長室に委ねられている場合は特に社長のスケジュールや社長の出張などの段取りも社長室の仕事になります。

通常秘書室や秘書が行うような業務となりますが、企業によって社長室はあるが秘書室は無いなどの組織もありますので、そうした場合秘書室の仕事も社長室が実施する方向となる事が多いようです。

こうした場合には社長の外出から、来客へのおもてなしもまた社長室の仕事となるケースが多くあります。

社長のお客様は勿論企業にとっては最上級でおもてなしすべきお客様となりますので、その準備や手配なども非情に大掛かりになる事も多く、これも社長室の仕事となってくる事があります。

また秘書室などでも同じような事が多くおこりますが、社長の個人的なスケジュールや体調管理などもこの場合には社長室が担う事となります。

社長の体調というのは企業にとっては非情に重用なものでもありますので日々の活動で社長の体調などが悪くならないように気を使って行くのもまた社長室の心配りの一つとなるでしょう。

社長特命案件の実施

企業によっては社長特命案件というのが発生する事があります。

短期で社長が達成したいミッションがあったり、社長として今後の成長に向けて欲しい情報があったり、どうしても伸び悩んでいる部署の原因を探り出すなどその時々によってミッションは変化しますが、社長がどうしても心に病んでおり、そこの部分を企業として成長させたいと願う時に発生する業務などがあります。

そうした業務を担うのが「社長の特命ミッション」と言えるでしょう。

去年から今年にかけて採用者が企業に居着く時間が非情に少なくなってしまっている。

その為出来るだけ採用した人物を企業に留めるような施策を打ちたいなどの思いを社長が抱えている場合人事だけでなく社長室としてもそれをすみやかに遂行する為に追い風となるべく出来る事を行うのが、社長室の特命ミッションとなります。

「社長室の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

社長室の仕事に就くためにはどうしたらいい?

社長室の仕事は新卒で企業経験の無い人にとっては非情に高いハードルと言えると思います。

ただ、もし貴方が将来社長室などに配属になりたいと考えるなら、経理の資格などを取得するのは非情に有効な手と言えるでしょう。

また留学などをしてMBA(マスター・オブ・アドミニストレーション)を取得しておくなどは非情にパワフルな経歴として評価されるはずです。

これは日本で言うところの「経営学」の大学院の修士課程を修了した事を示す称号でビジネスエリートの登竜門とも言えるでしょう。

社長は経営者であり孤独な職業でもあります。

そんな社長の側に経営の勉強を専門的にやって来た知識がある人物がいるという事は社長にとっては非情に心強い戦力が側にいてくれるという意識になるでしょう。

そのほかに会計士や税理士そして行政書士や司法書士などの資格のある人が側にある事は社長にとってはとても心強いチームが自分をサポートしバックアップしてくれるという事になりますので、そうしたキャリアを経験する事により社長室や経営企画室への道が開けてくると言えるのでは無いでしょうか。

「社長室の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

社長室の仕事に就職するために

社長室に就職する為には自分がまず何故社長室という部署で仕事をしたいのか明確にする必用があると言えるでしょう。

その為にはやはり企業経験が役に立つと思います。

企業に勤めた事の無い人には企業文化というものは伝わり難いと思います。

企業に勤めて初めて企業の中を知り、業務がどのように動いているのかを知り、取締役会や自分たちの行っている作業がなぜ必要なのかを知ることで初めて経営の本質の端っこを理解できるといえるでしょう。

そうした経験があって、そのうえで自分が社長室で仕事をしたいという気持ちが初めて乗っかってくるものといえるのではないでしょうか。

そうした意味でも、まずは企業に入り企業活動を経験し、経験しながら自分が望むキャリアパスに向けた資格の取得などを目指して行った上でその先に初めて「社長室」という自分の望んだ資格があると言えるのでは無いでしょうか?

資格は必要?

前段でも書きましたが、会社を運営していくにはいくつかの知識が必用になります。

特に重用なのは「経営学」「会計学」「法知識」と言えるのでは無いでしょうか?

企業が何かを新しく始めるなど、新しく人を雇う時にこうした事は常について来ます。

法律で言えば労働法、ビジネスで言えば金融商品取引法、企業の利益への理解については会計学や税務、そして経営においてはガバナンス(企業統治)などに関する知識は必用になって来ます。

また英語など今後世の中がよりグローバリゼイションに動いて行く中で必用となってくるのが、国際的な感覚と言えるでしょう。

こうした事を理解している人が社長室に常にいて、分からない事や新たに始める施策に対して法的にはこうした順序を踏む必用があるなどの情報を社長に渡せる事は社長室として立派に機能している状態と言えるとおもいます。

ですのでそうした資格を取得する事は貴方が憧れとして感じている社長室への転職に有利に働く資格だと言えるでしょう。

必要な経験は?

社長室に必要な経験の筆頭に上がってくるのは企業における財務経験と言えるかもしれません。

小口会計などの処理をするのが経理であるのならばそれらをもっと大きな流れで捉えそれを増やし運用して行くのを迫られるのが財務と言えるでしょう。

財務経験は今後貴方がキャリアを積んだ後に社長室に転職する際に非情に高く評価されるのでは無いかと思います。

社長室の仕事の役割とは?

社長室の役割とは、仕事によって、ある企業であれば秘書室の仕事であり、他の企業であれば、経営企画室の仕事であり、ともすると広報の仕事でもあるかもしれません。

もっと広く言えば法務部、財務部、総務などのキャリアの長い経験者が社長室という社長の側に居る事で、社長が知りたい事を常にすぐに答えたり調べたりする事が可能で、それが迅速な経営判断に結びつくとも言えるかもしれません。

そうしたいわゆる経営に関する多岐に渡る知恵を提供しつつ社長をフォローアップして行くチームこそが、社長室のスタッフと言えると言えます。

社長室の仕事の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

社長の補佐

社長室の業務は常に社長の補佐業務を中心に回っていると言えます。

社長が何かをするために社長の行く道を整え行った後はその道を綺麗に片付けて回る。

それが社長室の仕事と言えるでしょう。

それが秘書的業務であったり、経営企画室寄りの業務であったりその他のサポート的な業務だったりするだけで基本的に社長室の仕事は社長が思い切り自分のやりたい事を企業で実現して行く為にあるチームです。

仕事の流れ

社長室の仕事の流れ

社長室には決まった仕事の流れのようなものはありません。

勿論秘書業務などを担っている場合には、毎日の社長の動きに合わせた業務が発生するのは当然です。

例えば毎朝出社時にお茶を飲むのが日課の社長であれば出社した時に秘書代わりにお茶を出すなどの仕事がルーティンワークになる事もあるでしょう。

月例や定期的に行われる取締役会などの作業もそうしたものになりますが、基本的には社長がその時、その時に欲しいものをこちらから提供していく事が社長室の仕事となりますので、特に決まった仕事の流れなどは無い事が多いと言えるのでは無いでしょうか。

「社長室の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

社長室の仕事ではどういう人と仕事で関わるの?

社長室の仕事では社長に関わる事は勿論ですが、社長に書かわる全ての人に関わる事になります。

特に経営層のトップの方々と関わる事になりますので、企業内でもトップクラスの決定権を有する方々と仕事をする事になります。

ですので、出来るだけ日々人に関わる時に失礼のないように日頃の挨拶などに気を配って行く事は勿論ですが、現場の状況などにも精通し、社内理解と社長や経営層の認識に解離が無い事もまた役に立ちますので、部署のキーマンや部署のムードメーカーといったメンバーとも普段から交流を持ち何かあった時にすぐにでも情報を引き出せるような関係作りを日頃から出来る人は社長室の仕事はやりやすいと言えるのでは無いでしょうか?

社長室の仕事の給料事情は?

社長室の仕事は高スペックを求められる仕事でもあります。

故に給料も高目に設定されやすいと言えるでしょう。

その分責任や重責でもありますので、心して業務に携わる必用がある仕事と言えると思います。

社長室の仕事でやりがいを感じること

社長室の仕事でやりがいを感じる時はやはり社長自らから「ご苦労様」と言われた時では無いでしょうか?

自分が中心になって進めていたプロジェクトが終了して、ご苦労さまと言って現場から社長を送り出す時に、社長にお疲れ様とか今回は良く出来ていたね。

などのねぎらいの言葉を掛けてもらった時、社長を補佐するのが仕事である社長室のメンバーとしてはまさに自分の顧客=社長の満足度を上げる仕事が出来たという事になるのでは無いでしょうか?

そういう意味では社長に満足してもらい、社長がのびのびと仕事の出来る環境を作り上げる事が社長室の仕事の本質と言えるのかもしれません。

「社長室の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

社長室の仕事に向いている人のタイプは?

社長室の仕事は黒子の仕事と言えると思います。

どこの企業でもそうですが、トップは社長です。

その意識が特に社長室では高いと言えると思います。

社長室ではやはり社長一人の為に部員が総出で頑張る体制が必用とされますので、人に感謝される事が好きで、他部書にも顔が利き、他の人に喜んでもらえる事が自分の喜びに繋がるようなタイプの人は社長室に向いていると言えるのでは無いでしょうか?

「社長室の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ここ迄社長室の仕事について見て来ました。

少しは社長室の仕事の内容などが理解いただけたでしょうか?

社長室の仕事は企業によっても内容が異なりますので、貴方の着任した企業での社長室の仕事はここに書かれたもの以上の多くのバリューを必要とするような仕事かもしれません。

それでもやはりトップの経営者の側でトップの声や考え方を常に聞きながら仕事に従事出来るという事はとてもやりがいのある事でもあるのです。

この文章を読んで貴方の仕事の選択の幅がより広がり、新たなステップへの参考となれば幸いです。

「社長室の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

社長室求人