「データ入力」、一言で簡単な気もしますが様々な職種で募集されています。

実際、どのような入力作業なのか、今回は「データ入力」の派遣求人についてお話します。

データ入力の派遣はどんな仕事?

データ入力はたとえば申込書をそのままフォーマットに入力したり、エクセルシートに自らフォーマットを作成後、入力したりします。

しかし一般的に多いのが企業が作成したフォーマットに入力するといったものが多いです。

データ入力の派遣の大まかな仕事内容

職種ごとにデータ入力はあると思います。

通信・金融関係・医療関係・弁護士事務所だったりと、今はデータ化されるものがほとんどなので、データ入力の仕事に事欠くことはないと思います。

データ入力派遣のおすすめ求人の特徴とは?

オフィス内で黙々とパソコンに向かいキーボードで入力する仕事です。

電話の煩わしさもなくストレスも少なく、女性に人気の仕事です。

男性も比較的多くいます。

データ入力をする際、これはできないといけない。

入力の速さがどのくらいか、そういったところのスキルが求められます。

ブラインドタッチや、タイピングスピードをテストすることもあります。

主だった入力する情報は、顧客の個人情報。

またアンケート調査やメモ書きしたものをデータベースに入力します。

また売り上げデータ、こちらはテンキーのみの数字入力がメインになります。

一日の売上金額や商品の数量や個数を入力します。

他には会議の議事録は専門職かもしれませんが、手書きのメモ書きを専用フォーマットに入力するなどもあります。

割と多いのが電化製品や何かの申し込みの際に代理店から入力センターや契約センターのような各企業のバックヤードのようなところに申込書を送り、それを専用フォーマットに入力するところが多いです。

決められた入力フォーマットは派遣先や業務において異なりますが、基本ベタ打ち、見たままを入力します。

企業ごとにルールなどもありますので熟知して望むべきかと思います。

またワード、エクセル、パワーポイント、アクセスといったソフトを使用するところもあります。

なので自分のあった入力方法でスキルに適しているところを選んでいただけたら即戦力になると思います。

職場環境や待遇面で選ぶ

業務内容や、勤務期間、残業はあるのか、休みや土日かシフトか、当たり前かもしれまんが待遇面がしっかりと書いてあるところは親切なところだと思います。

大量募集や時給アップなど(派遣の場合ですが)は入社してからふるいにかけられて、成績もつけられているので、それに見合っていない場合一ヵ月後には契約終了という現場も少なくはないです。

データ入力も一つではないので、データ入力を含めた事務。

電話とデータ入力半々といったところもあります。

自分にあった業務内容をしっかりと確認したほうがいいです。

電話業務なしと書いてある

データ入力だけの募集はあまり多くはないかもしれません。

またはっきりと「電話業務なし」と書いてあるのなら役割を把握しやすいと思いますが、データ入力で探して、ほかにもデータ入力メインの事務などは、電話は来客応対、資料作成、他の雑務なども関わってくるかもしれません。

派遣先の説明もざっくりとした内容しか言えないため、実際現場に入ってみてちょっと違っていたなんてこともわりと聞く話です。

そこで「会社見学あり」というのは現場を働く前に見れるので、そこで自分がどんな役割をするのか、しっかりと現場担当者に聞くことができるようなことが書いてある意味合いとしてとっていいので、確認したほうがいいです。

データ入力のみでの募集なのか、それともデータ入力プラスαがあるのか、それをしっかりと見極めることが重要です。

データ入力の派遣はこんな人に向いている!

それではデータ入力の仕事はどのような人に向いているのでしょうか。

以下に当てはまる人はこの仕事に向いているかもしれません。

タイピングが好きな人

普段からパソコンを使って検索や、いろいろ調べている人には向いているかと思います。

几帳面でプライベートでも資料を作成するような人や、もちろんブラインドタッチが得意な人には向いています。

必要以上に会話をするような話好きな人はちょっと耐えられないかもしれません。

現場はとても静かです。

それぞれが入力作業において寡黙にパソコン画面に向き合っているので、休憩以外に話すことはあまりないと思います。

コツコツした作業が苦ではない人

パソコンの画面をずっと見続け、ひたすら入力するというのがデータ入力の仕事です。

ただ入力するというのであれば誰でもできます。

専用のフォーマットや企業ごとのルールでワード、エクセルなど使用することもありますが、その際とても繊細に作業をこなす必要があります。

決められたところにしっかりと入力情報を入力することができるか、また間違った内容を入力していないか、そこには速さや正確性もでてきます。

間違ってしまったらそれは入力作業として不出来であるため、しっかりと入力後、再確認する必要もあります。

次から次へと画面が切り替わり、入力していくので一息つくというのができないような印象をもちます。

しかし、お昼休憩以外にも小休憩が決められた時間毎にあるのでそこで一息いれるといったオンオフの切り替えが必要です。

もしミスが発覚したときにはちょっと小言も言われるかもしれません。

大体のところはセカンドチェックがあります。

入力したものを別の人がチェックする。

そこで発覚するのでミスは表上では防げています。

ですがそれに甘えて数だけこなすというのも、よくないと思いますのでしっかりと正確にそして速さも意識して作業ができる、そんな人には向いているかと思います。

データ入力の派遣でよくある募集内容とは?

ブラインドタッチさえできれば問題はありません。

誰でもできる簡単な入力作業です。

心構えや環境、待遇面が書かれているかと思います。

ここからはデータ入力の募集内容の中身をご説明します。

時給相場

1,200円から高いところだと1,500円もあります。

能力に応じて時給アップというところは信用できないと思います。

数年勤めてやっと数十円アップとか、あとはリーダーに昇格したら100円、200円アップというのもあります。

そこまで大幅にアップするというのはないかと思います。

ですが一般的に派遣だと、ただ入力するだけなので難しいことはない。

といった理由で時給が高いところはあまりないかもしれません。

シフトの入れ具合

一人で作業をするわけではないので、大勢の方が現場にはいて、一週間フルで稼動しているところもあります。

その際、シフト制というのがあります。

休み希望も事前に言えば取りやすいと思います。

人が薄い日にちは調整を求められることもあるかと思います。

固定休をもともと決められるのであれば(月曜、木曜休み)その休みで取ることはできます。

ですがたまに入力する材料がないとき、やることがない。

人数が多すぎるといった理由で休み希望を求められたり、早退希望に応じる現場もあります(派遣やアルバイトの場合ですが)。

とりあえずは決めたシフトで出勤はできます。

契約面でもそういう話で働くことになっていると思います。

求められる人物像

職場で求められる人物像はこんな人です。

向上心がある人

データ入力は、ずっと同じことの繰り返し作業です。

ルールはあっても難しい内容ではないため、一週間もしたらルーティンで作業を覚えてこなすことができると思います。

しかし、人間は飽きてしまうものです。

なので、日頃の目標を自分自身に課せてやることをおすすめします。

たとえば、今日はミスがないように。

昨日は90件だったが、今日は100件やるぞ。

といった独自の目標を決めて作業に向き合うことが向上を高くもつことができると思います。

そうすることで社会人としての振る舞いや姿勢も変わってくるかと思います。

自己管理が出来る人

同じ現場では同じ仕事をしている人が大勢います。

自己管理ができずに体調を崩してその日は休んだり、無理して現場へ来て、風邪をひきながら作業をしてしまうと他の人にうつす可能性もあります。

そうなったら二次感染になり、大変なことになります。

普段から体調には気を使うべきです。

また前の日に夜遊びしてそのまま出社。

簡単な作業だから構わないと思っても、やる気がたとえあっても、絶対にミスしたりパソコンの前で居眠りしてしまったりと不快に思われることもあります。

成績だけよければいいと企業側は見ていません。

しっかりとその人を見ていると思います。

プライベートに口は出せないかもしれないからといって、そういった振る舞いがのちの契約に響くこともあります。

自分だけはいいという考えがそこにはあると思うので、しっかりと自己管理からご自身の仕事に関する見つめ方をすると良いかと思います。

必要なスキルや資格、経験

データ入力のみであれば比較的、資格は必要ないかと思います。

ただブラインドタッチ、正確に入力できるか、速さがどのくらいかのチェックはされるかもしれません。

そこに経験や以前の職歴においてどのくらいパソコンを使用して入力業務に携わっていたかというのはあるかと思います。

しかし、専用フォーマット以外の現場ではワード、エクセル等を使用する場合もあるので、「Microsoft Office Specialist」の資格を持っていると役に立ちます。

派遣やバイトは正社員とどう違う?

仕事内容や立場、待遇面についてご説明します。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

派遣やバイトだとデータ入力は決められた作業となっており、それだけをこなすことになります。

なので狭い範囲での役割ですが、ミスなく責任をもって作業をすることになります。

正社員はわからないことの質問対応や職務とはまた異なった、たとえばシフトのことや有給などを管理しています。

仕事内容は変わる?

基本的にデータ入力は決められた作業となるため、入力以外のことは変わることはないです。

扱い商材も同じです。

ただ入力項目が若干異なることがあるものもあります。

しかし基本情報の項目はほとんど変わらないので、ごく一部のみです。

ほかの仕事に変更するようなことは稀かと思います。

手すきになったときに何か別のことを頼まれることもあるかもしれません。

一概に言えませんが、柔軟に対応する必要があります。

それぞれ求められるスキルは?

ブラインドタッチとスピード力、正確性、根気、忍耐です。

収入面は?

派遣

時給1,200円くらいが相場なため、18万から20万円くらいかと思われます。

バイト

バイトは場合によっては安いかもしれません。

時給で1,000円、1,100円と派遣より安くなる傾向があります。

ただ交通費が出るところが多いので、実際は派遣の給与と変わらないです。

派遣は交通費はほとんど出ないのが普通です。

データ入力の派遣になるために他にも知っておきたいこと

データ入力をする際に、知識は必要か?

派遣でのデータ入力は見たままがほとんです。

なのでそこに何が書いてあるかまでは知識として必要ないです。

ですがわかっているとこの箇所の入力項目と別の箇所の入力項目の整合性がわかりミスになりにくくなります。

専門的な職場だとやはりそれなりに理解しておく必要があると思います。

自分にあったデータ入力派遣の求人の選び方や注意点

データ入力といっても様々な職種で募集しています。

自分に見合ったスキル、そして業界を選ぶポイントをご説明します。

【選び方①】雇用形態から探す

派遣か契約か正社員かで、実際データ入力業務だけですむのは派遣だけだと思います。

契約と正社員は別の要素も入ってくるかもしれません。(新人指導や育成、シフト組み、や休みの希望の調整など。電話の内線や外線もとることもあります)

【選び方②】職種から探す

一つにデータ入力といっても様々な分野があるので、一概に単純作業で選べるとは限りません。

職種ごとに企業の求めるスキルや人材に見合った方をほしがります。

職種内容をしっかりとチェックして望むべきです。

【選び方③】会社の業態から考える

自分のこれまでの経験から、その業態に近いものを選ぶと経験から応用が効くかもしれません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

高く望む給与や、派遣でもいずれは正社員登用などの条件があるところを選ぶのもいいかと思います。

実際にそういう方で正社員になった人もいるので頑張り次第です。

【選び方⑤】エリアから考える

近いところで通いやすいところを選ぶべきです。

仕事おわりに何か習い事やエステやフィットネスジムなど休みの日よりも仕事帰りのちょっとした時間を有効活用して過ごすために、エリアは選ぶべきです。

徒歩や電車、自転車、車とプライベートにも合わせて選ぶといいかと思います。

データ入力の派遣で働くメリット

パソコンを使う人なら誰でもできるのがデータ入力。

そのメリットがあるのかご説明します。

PCスキルが上がる

ブラインドタッチは比較的向上すると思います。

ですがそこまでのスキル向上はないかと思います。

専用のフォーマットに入力するので、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスといったシートを使うのであれば事務職にも活用できますので転職の際は武器になります。

ご自身で資格を取るための時間を取っていただいた方が望ましいです。

データ入力の派遣で働くデメリット

ずっとパソコンを見ているので目が悪くなったり、体調に変化があるかも、そんな人にはどんな改善があるかご説明します。

ずっと画面を見てるので肩がこる

一日8時間、休憩がそこそこあっても目や肩、ずっと座っての作業で腰まで痛くなります。

現場ではマッサージ椅子があったりとリフレッシュできる空間があります。

そこでしっかりと休息する必要があります。

ミスが許されないので気疲れする

個人の成績を取っているところがほとんどです。

その際にまとめてミスを指摘してきますので、そのときの上席の1対1での対話の際、ショックを受けないで前向きになれるように勤めてもらいたいです。

まとめ

データ入力は単純作業です。

なのでブラインドタッチができる、入力スピードがあることをを求めていますが、それだけではないというのが上記で記したことです。

雇用形態においても派遣ですと雇ってもらっているとまでは言いませんが、その姿勢は評価されていることを自覚して望んでいただければと思います。

これはデータ入力の業務だけではなく、一般的に仕事は社会人としての要素を含みます。

寡黙な職場のなので、メリハリをつけた職種といえます。

集中してミスのない入力を鍛えてもらえれば良いかと思います。



関連キーワード

データ入力求人

データ入力求人についてもっと深堀りした情報を見る

データ入力とはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

一家に一台から、一人に一台と言われるほどパソコンが普及した現代、だれしも在宅の仕事を一度はインターネットなどで検索してみたことがあると思います。そして、求人サイトでも一年を通して見なくなることがないのもデータ入力という仕事です。多くは会社での勤務ですが、在宅での求人も公開されていることから、自分のライフスタイルや状況によって働き方を選べるという点も大きな理由の1つです。日常的にパソコンの操作に慣れている人は、空いた時間に自分のスキルを活かせる仕事であり、未経験からでも始められるオフィスワークとして、また、短期やパートタイムでは家事との両立などにも向いているといえます。しかしながら、ひと言でデー

データ入力アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

アルバイト募集の情報誌やサイトに掲載されている“データ入力”の仕事を目にしたことはありませんか?データ入力の仕事とはどのような業務をしているのでしょうか。具体的にはわからないけれど、パソコンで文字を入力するだけの簡単な仕事だという印象があると思います。働く前の私も、誰でもすぐにできる簡単で楽な仕事だというイメージがありました。そこで、私が実際働いた経験を交えながら、データ入力の仕事内容をご紹介していきます。私はこんなところでデータ入力のアルバイトをやりましたまず、データ入力の仕事を探した理由は「電話対応をしたくない」という事からでした。独身時代はあまり電話対応のない仕事をしていましたが、結婚後

データ入力はどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

データ入力の仕事には、実は様々な種類があるのをご存知ですか?パソコンを使って何かのデータを入力するということは想像できると思いますが、どんなデータを入力するかは、企業によって違います。今回は案外奥が深くて、やりがいのある仕事、「データ入力」とはどんな仕事なのか、色々なデータを入力してきた筆者がまとめてみました!データ入力とはどんな仕事?データ入力は基本的にはパソコンやタブレットなどを用いて、企業に必要なデータを入力する仕事です。その種類も様々で、数字、文章、グラフィックなどジャンルも豊富です。日々のルーティンワークとして伝票を毎日入力することもありますし、社内報や資料、挨拶文やDMなどの文章入

データ入力の正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

ここではこれから、データ入力の正社員求人について、その気になる年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴等を色々と書いていきたいと思います。データ入力のお仕事はパートや派遣社員での募集も多く出されており、アルバイトなら一度は経験した事があるという方も多いのではないでしょうか。確かにこの仕事の雇用形態ではアルバイトやパートが多いという傾向がありますが、正社員でももちろん募集はあります。アルバイトと正社員では給料や待遇に大きな差が出ますが、その分会社から求められる要求もシビアになってくるのは当然の事です。それでは早速、データ入力のお仕事について説明していく事にしましょう。データ入力正社員の仕事内容とは?デ

データ入力の仕事内容7個の業務と向いている人・向いていない人の特徴

「データ入力」の仕事は、募集も多く人気のある職業です。業務のイメージは、PCに数字やテキストなどを入力するだけの仕事と思われがちですが、実は色々な種類があります。入力するデータの種類や使用するソフトなど、実際に業務を始めてみたら思っていたのと違った…とならないよう、データ入力の仕事内容について解説いたします。データ入力の仕事は大きく3つの役割に分けられますデータ入力の仕事の役割1:数字や文章など、テキストデータを入力する一般的にイメージされている形態で、数字やテキストデータをExcelやWord、企業が使用しているシステムなどに入力する業務です。データ入力の仕事の役割2:写真やイラストなど、画