コンスタントに仕事は出来ないが、都合がつく時に仕事をしたいという方は多いのではないでしょうか。

派遣社員であれば、ある程度の融通が効きます。

今回は、ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容について触れていきたいと思います。

ツアーコンダクター派遣はどんな仕事?

ツアーコンダクター派遣は、旅行会社が企画して販売したツアーに一本毎に請け負うスタイルとなります。

ですから、派遣される旅行会社は一社とは限らず、様々な旅行会社が対象となります。

ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容

ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ですが、まず依頼のあった旅行会社の自分の該当するツアーの記載のあるパンフレットを手に入れ、ツアー内容に目を通します。

そして、ツアーの下調べをします。

これらは「事前準備」となり、この部分には報酬が発生しません。

次に「旅行会社での打合せ」ですが、これが非常に重要です。

打合せには報酬は発生します。

打合せでは、まずツアーの書類一式を渡されます。

ツアーの内容により書類の量が違ってきますが、必ずすべての書類に目を通します。

書類の内容は、旅行会社やツアーによりけりですが、共通しているのは「旅行指示書(行程書ともいう)」「参加者名簿」は必ずあります。

すべての書類に目を通し、疑問点などを箇条書きにしてから、次に「ツアー担当者との打合せ」になります。

顔合わせもそこそこに、ツアーの流れ、注意点などの引継ぎ事項を口頭で確認します。

疑問点はこの時にすべてクリアにします。

そして、「本番の添乗部分」「精算報告」となります。

ツアーコンダクター派遣の仕事を見つける3つのお勧め媒体は?

ツアーコンダクター派遣に興味を持ち、求人を見つけるためのアドバイスです。

「ツアーコンダクターの募集」は割りと、通年で募集があります。

ただ、各派遣会社では、ツアーコンダクターの研修時期がマチマチなので、タイミングが悪いと半年くらい待たされるケースもあります。

ツアーコンダクター派遣の求人を探す媒体を3つほどご紹介します。

求人雑誌

いつの時代でも「求人の王道」なのが、求人雑誌です。

女性が多い職業柄、女性向け求人雑誌での掲載が多いです。

ネット媒体

最近はすっかり、求人媒体の中心となったのがインターネット求人です。

ネット媒体でも定期的に募集があります。

ツアーコンダクター派遣会社のホームページ

添乗員派遣会社のホームページには必ずと言っていいほど、添乗員募集のページがあります。

ツアーコンダクター派遣はこんな人に向いている!

ツアーコンダクター派遣がどんな人に向いているかいくつか紹介していきます。

通年で仕事が出来ない方

1年を通してフルで仕事が出来ない方には、派遣での仕事は向いています。

私の知り合いでは、夏場にスイスで観光ガイドをしたり、冬場にスキーのインストラクターをしている人がいて、ツアーコンダクターの仕事はそれ以外のシーズンにやっているという人がいました。

主婦の方

家庭の事情、ご主人の扶養の範囲など様々な制約を持つ主婦の方も状況に応じて勤務が可能です。

平日出発の国内日帰りツアーは主婦層の参加が多く、世代の近い添乗員はお客様からも有り難がられると思います。

定年退職した方

意外かもしれませんが、「定年退職された方」の需要が最近増えています。

ツアー参加者の年齢層と同じくらいのツアーコンダクターは、限りなくお客様の視点に近いものを持っています。

ツアーコンダクター派遣は向いてないのはこんな人!

今度は逆にツアーコンダクター派遣に向いていない方をいくつか紹介します。

毎月、安定した収入が必要な方

既婚の男性でしかもお子さんがいらっしゃる場合に、イチから添乗のイロハを覚えて更に家族を養う為の生活費を毎月、捻出していくのは並大抵ではありません。

規則正しい生活を望む方

ツアーコンダクターは大変不規則な仕事です。

海外に出れば時差もありますし、留守がちになります。

持病をお持ちで定期的な通院が必要な方にはあまり向いてないです。

所帯を持っている世帯主の方

所帯を持っている世帯主の方、特にお子さんがいらっしゃる方が、ツアーコンダクター派遣の仕事をやるのはかなり厳しいです。

一から始めて、それなりの給料を得られるようになるまではかなりの時間が掛かります。

動物を飼っている方

犬や猫などを飼っている方は、家族や友人、ペットホテルなどにその都度預かってもらえれば問題ないのでしょうが、頻繁に続けていくのはご本人やペット、預かってもらえる相手それぞれがストレスを抱えるためあまりよいとはいえません。

ツアーコンダクター派遣のやりがいとは?

ツアーコンダクター派遣のやりがいについていくつか紹介します。

お客様とじかに触れ合える

旅行会社の中では、ツアーコンダクターだけの役得といってもいいでしょう。

お客様のツアーでの感動を共有することに何より生き甲斐を感じる方には最高の瞬間でしょう。

社会貢献

ツアーコンダクターは小さな親善大使とも言われる程、社会的に果たす役割は決して小さくはないと思います。

「旅行によって人生が変わった」という人も大勢いますので、そのお手伝いが出来るというのは、立派な社会貢献といえるのではないでしょうか。

色々なツアーに添乗できる

旅行会社の正社員や専属添乗員ですと、出来る仕事は限られますが、派遣添乗員ですと、一般募集ツアーや手配旅行、修学旅行などの教育旅行、外国人相手のインバウンドツアーなど、多種多様なツアーを添乗出来ます。

ツアーコンダクター派遣でよくある募集内容とは?

ツアーコンダクター派遣でよくある募集内容についていくつか紹介します。

時給相場

「日当制」のところもまだありますが、最近では、「時給制」が一般的になっています。

時給額は国内で750円から1250円、海外は1000円から1600円というところです。

時給額でみれば、あまり高額とはいえませんが、拘束時間が長いので、時間外割増が発生するので、ツアー単位でみればそれなりの額になります。

シフト提出

派遣会社によってよりけりですが、2ヶ月前から1ヶ月前というところでしょうか。

特に海外ツアーコンダクターの場合は早目にシフトを提出する必要があります。

長期休暇について

繁忙期は難しいですが、閑散期ですと数週間から1ヶ月程度の長期休暇を取ることも出来ます。

有給休暇のある会社ですと、閑散期にまとめて取得する人が多いです。

旅行に行ったり、短期語学留学だったり理由も人それぞれです。

必要なスキルや資格、経験

ツアーコンダクター派遣に必要なスキルや資格、経験について紹介します。

結論を言うと、「やる気」と「熱意」があれば、資格も経験も必要ないです。

資格は派遣会社に入社してから取得出来ますので、まずは入社してから、資格をとって経験を積んでいくという順番で問題ありません。

まとめ

今回は、ツアーコンダクター派遣についていろいろと触れてきました。

大事なこととしては、派遣といってもツアーコンダクターが担う部分は、旅行の一番重要な部分でかなりの責任を負います。

プロとしての責任感を持っていただきたいです。

派遣社員というのは後回しで、プロのツアーコンダクターという意識を持つことが何より大事なのです。

始めることよりも続けることのほうが難しい仕事なのです。

大変なことも多いですが、やり甲斐もあります。

是非、頑張ってプロのツアーコンダクターに成長して下さい。




ツアーコンダクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法について今回、解説させて頂きます。ツアーコンダクターという仕事は新卒で始める方より、転職して始める方が圧倒的に多い職種です。ツアーコンダクターで転職する人は多い?ツアーコンダクターで転職する人は多いです。年々増加しています。年齢も以前は20代から30代の方の転職組が多かったですが、最近は40代から50代の方の転職組が増加しており、更には前職を定年退職後にツアーコンダクターデビューする60代の方もいます。非常に門戸が広く、やる気さえあればツアーコンダクターへの転職はいくつになっても可能なのです。ツアーコンダクターの転職

ツアーコンダクターの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

今まで経験のない職業に転職する場合、人によって心配するポイントが異なってくると思います。「仕事の向き不向き」や「自分との相性」を心配する方も多くいらっしゃるでしょう。今回は、ツアーコンダクターの仕事がどんな仕事でどんな人が向いているかについてご案内します。ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターの仕事を一言で言うならば、「旅行の管理者」です。業務は多岐に渡りますが、最終的には全てそこに結びつきます。「旅行」という形のないものを、最終的に商品としてお客様に提供する大変重要な役割を担います。「管理者」と聞くと、何だか事務的な印象を受けますが、どこまでいっても人相手の仕事ですので、対応が事