「ツアーコンダクター」という仕事の名前を聞いたことがあったり、知っている人は多いと思いますが、「ツアーコンダクター」という仕事がどういう仕事かすぐに答えられる人は少ないと思います。

今回は、経験者がツアーコンダクターとはどういう仕事かをご紹介し、良い面・悪い面やその後のキャリアなどについてもご紹介します。

「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ツアーコンダクターとはどんな仕事?

ツアーコンダクターは、「旅程管理主任者」といい、主催旅行や手配旅行が円滑に進行するように旅程を管理する仕事です。

予め、決まっているツアースケジュールをこなしていく訳ですが、ただこなすだけではなく、事前に現地に確認して、確実にツアーが進行するように先回りしなければなりません。

また、トラブルが発生した時に本社と連絡を取り、ツアー責任者との連携のもと、スムーズにトラブル回避を行わなければなりません。

お客様からすれば、「何もなくて当たり前」な状況を細心の注意で実行しなければならないのです。

ツアーコンダクターの役割とは?

ツアーコンダクターの役割についてご紹介します。

旅行の総合プロデューサー

ツアーコンダクターの仕事は正に旅行の総合プロデューサーと言えるほど、旅行全般を統括管理する仕事です。

ツアー全体が予定通りスムーズに進行するように努めながらも、ツアーのお客様全員に細かく目配せをするなどの気配りも必要です。

「大胆かつ繊細さ」がツアーコンダクターには求められます。

旅行の演出家

ただ事務的に行程をこなすのではなく、ツアーに参加されているお客様が最大限に楽しんでいただけるようにツアーを盛り上げるための演出を手掛けなければいけません。

レストランでの食事もただ案内するだけではなく、どんな食事でどういう風に食べると美味しくなるかを説明することでその料理の美味しさを最大限に引き出します。

観光地でも、その観光地の魅力を事前にお伝えして、最大限にお客様の感動を引き出せるように演出します。

究極の何でも屋

旅先では、お客様はツアーコンダクターしか頼れる人がいません。

お客様の如何なる要望も懐深く受け止め、迅速に提供する姿勢が大事です。

例えその要望がツアーコンダクターの本来の業務外のことだとしても出来る限り頑張ってみましょう。

言うなれば、ツアーコンダクターは究極の何でも屋です。

旅先でお客様のスーツケースの鍵が壊れたら、何とかして開けなければいけませんし、体調を崩せばお医者様を探したり、その通訳もせねばなりません。

1人参加のお客様がいらした場合は食事の席になるべくご一緒して会話するように心掛けます。

「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ツアーコンダクターの具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

ツアーの打ち合わせ

ツアー出発の2〜3日前にツアーの打ち合わせを行います。

ツアー担当者との打ち合わせに先立ち、ツアーに関する書類全てに目を通します。

ツアーに関する書類は、「日程表」「英文日程表」「顧客名簿」「お客様用の日程表」などがあります。

全ての書類に目を通し、不明点をまとめてから、ツアー担当者との打ち合わせを行います。

また、ツアーで使用する仮払い金の受け取りがあります。

日本円と外貨の両方を受け取ります。

旅行会社によっては、全額日本円で受け取って、ツアーコンダクターが両替する場合があります。

一通り、打ち合わせが終わったら最後にツアーのお客様に挨拶電話をします。

この電話でお客様の旅行の疑問点や不安を取り除きます。

受付業務

お客様の集合時間よりも早目にツアーコンダクターは集合場所にスタンバイします。

集合場所に着いたら、ツアーコンダクターは速やかにお客様の受け付けの準備を行います。

予めセットしてあるお客様へお渡しするスーツケースの荷札や旅のしおりなどがまとまってあるクリアケースを名簿の順番通りに並べます。

受付の準備が出来ましたら、利用する航空会社のカウンターに行き、お客様より先に搭乗手続きを済ませます。

お客様の受付が全て終わった後、全員で集まり出発式を行います。

ツアー本番

ツアー中は「人数確認」が非常に重要です。

お客様の積み残しは、ツアーコンダクターの職を失いかねない程の重大な過失ですので、くれぐれも積み残しのないよう気をつけなければなりません。

乗り継ぎ空港や現地到着時、バス出発時や観光地、お手洗い休憩、あらゆるシチュエーションで人数を確認します。

ツアー中は細心の注意で旅程管理を行います。

お客様の日程表に記載のある観光地を全て回っているか、見学時間は足りているか、お手洗いのタイミングは適切かなど絶えず意識を張り巡らせなければなりません。

精算報告業務

ツアー帰着後、なるべく速やかに精算を行います。

仮払い金の精算書を仕上げます。

外貨と日本円をそれぞれ別々の書類にまとめます。

レシート類は使用した順番に並べ、交通費のようなレシートのない出費は専用のレシートに記入します。

日毎のツアーレポートを報告時に提出します。

レポートはなるべく帰着後にまとめてではなく、日毎に記入します。

時間はもちろんですが、現地情報が大事です。

次に行く人の参考になるように詳しく記入します。

担当者への報告は重要なことから報告します。

要点を簡潔にわかりやすく説明します。

ツアーの最後にお客様にご記入頂くアンケートは大変重要なものです。

報告時に担当者に提出します。

仕事の流れ

空港での業務

現地到着後や現地出発、乗り継ぎ空港でのアテンド業務はツアーコンダクターの重要な仕事です。

日本国内の空港は問題ありませんが、海外の空港ではお客様だけで手続きは難しいので、ツアーコンダクターが率先して手伝います。

カウンターに並んでいる間にお手元にパスポートやEチケット控え、マイレージカードなどを準備してもらい少しでも手続きが早く終わるよう促します。

ヨーロッパでは、免税手続きの案内もあります。

出国手続き、安全検査に同行します。

ホテルやレストランでの業務

ツアーコンダクターの重要な業務としては、ホテルやレストランでの業務があります。

お客様の大きな関心事のひとつですから、対応を誤ると大きなクレームに繋がりますので、慌てずに慎重に行ないましょう。

バスからレストランまでゆっくりと案内し、まずはテーブルに着席してもらいます。

ツアコンは速やかにメニューの確認、ドリンクメニューの確認をします。

お客様に改めて食事のメニュードリンクメニューを紹介します。

その後、ドリンクのオーダーを取り、レストランスタッフに伝えます。

ドリンクが滞りなくサーブされたか、料理が手早くサーブされているか様子を見ます。

ホテルチェックインの際は、お客様を椅子のある場所に案内します。

ポーターを手配し、鍵の受け取り、モーニングコールや朝食の確認、その他必要事項を確認し、お客様に鍵をお渡しし、必要事項をお伝えします。

お客様がホテル入室後、順番に部屋周りをし、シャワーのお湯が出るかどうか、エアコンの使い方などの確認をします。

部屋の不備があった場合は、その都度、ホテルに伝えます。

観光地での業務

日本語を話すガイドが同行する場合は、ツアーコンダクターは後方確認に徹しますが、英語ガイドであったり、ガイドが同行しない場合はツアーコンダクターはガイド業務を行います。

お客様はご年配の方が多いので、歩くスピードに気をつけなければいけません。

最近は、イヤフォンレシーバーを使って案内業務をするツアーが多く、イヤフォンレシーバーを使う場合は、その効果を最大限に発揮するよう上手に使いこなします。

観光の後、出来る限りフリータイムを取り、ツアコンは写真撮影の手伝いやお買い物の手伝いを行います。

ツアーコンダクターの仕事で良い面とは?

ツアーコンダクターの仕事で良い面をご紹介します。

色々な観光地に行ける

ツアーコンダクターの仕事はテレビ番組などで紹介されるメジャーな観光地はもちろんのこと、ほとんど誰も知らないような観光地まで色々な観光地に行くことができるのが良い点です。

その分、下調べであったり、事前準備が大変ですが、大変やり甲斐はあります。

そのプロセスの積み重ねがベテランツアーコンダクターへ成長する糧となるのです。

色々な食事を食べることができる

世界中の色々な食事を食べることができますので、グルメな人には大変良い仕事です。

もちろん、ただ食べるだけではなく、レポートに書いたり、写真を撮ったりして次回のツアーで活かさなければなりません。

また、自由食の際に適切なアドバイスができるわけです。

色々な人との出会い

普通の会社勤めではある程度、限られた人間関係の中で日常を過ごしていきますが、ツアーコンダクターの仕事は、お客様はもちろんのこと、仕事関係の人間関係も様々な人との出会いがあります。

色々な人との出会いがその後の仕事に役立つことが多々あります。

その出会いから、転職をする人もいます。

更には、結婚相手と出会うケースも少なくありません。

もちろん、あからさまに出会いだけを求めるのはいただけないですが、よい人間関係はツアーを円滑にしていきますので、コミュニケーションを大事にしましょう。

「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ツアーコンダクターの仕事で悪い面とは?

ツアーコンダクターの仕事の悪い面をご紹介します。

収入が不安定

一般的に旅行シーズンはとても忙しく、シーズンオフがとても暇なのが、この仕事の特徴です。

給与体系や雇用条件にもよりますが、この仕事は日給月給制や歩合給制が多いので、ピークシーズンとオフシーズンの給料の金額がかなり違います。

そういう事情があるので、ローンを組み辛い職業です。

年間のトータルを平準化してみれば決して悪い月給ではないのですが、安定を求める人には不安要素が強いです。

定休日がない

他の仕事のように「毎週土日休み」「毎週水木休み」というように決まった定休日がありません。

ツアーや打ち合わせ、精算が入ってない日が休みとなります。

習い事がある方や家族がいる方には難しい仕事です。

ほとんどの会社は、1ヶ月から2ヶ月前に休暇申請を出します。

当然のことながら、休暇希望が多いと、なかなかツアーが入らなくなり、収入減に繋がります。

ですから、休暇に生き甲斐を見い出している方には勤まらない仕事です。

体調管理

海外のツアーに出ますと、代わりのツアコンの手配はかなり困難な為、ツアーを途中で離断することが出来ません。

風邪や熱程度なら無理を押して仕事をしなければなりません。

ですから、日頃から体調管理に気をつけなければいけません。

ツアーコンダクターの仕事に就くためにはどうしたらいい?

ツアーコンダクターの仕事に就くためにはどうしたらいいかをご紹介します。

ツアーコンダクターの仕事に就職するために

少し前までは求人雑誌、特に女性向けの求人雑誌にツアーコンダクターの求人が出る機会が多かったですが、最近ではインターネットの求人サイトにツアーコンダクターの求人がよく出ています。

ツアーコンダクターの仕事に就職するためには、インターネットの求人サイトを調べて応募するのが良いでしょう。

学生の方で、ツアーコンダクターになりたい方はツアーコンダクターの専門学校に入学することをおすすめします。

専門学校では、観光業や旅行業の基本やサービスやビジネスマナー、英会話などの授業もあり、ツアコンになるための実戦的な指導もあります。

また、進路指導や就職斡旋もあります。

ツアーコンダクターのその後のキャリアは?

ツアーコンダクターのその後のキャリアですが、旅行会社の手配業務や営業、ツアー予約のコールセンター、カウンターなど、旅行関係の仕事に就くケースが多いです。

最近の傾向としては、外国人旅行者が急増しているので、通訳ガイドの求人が急増していることから、通訳ガイドに転職する方が増えています。

しかしながら、一番多いのは、ツアーコンダクターの仕事を辞めずにさらに経験を重ねて、熟練したツアーコンダクターになるケースです。

そのクラスになると会社の部課長クラスの年収になる場合もあります。

まとめ

ツアーコンダクターとはどういう仕事かについてご紹介しました。

また、ツアーコンダクターの良い面・悪い面やその後のキャリアなどについてもご紹介しました。

文章を読んで、「絶対にツアーコンダクタになろう」と決意した人もいれば、「ツアーコンダクターの仕事はとても自分には勤まらない」と断念した人もいるでしょう。

ツアーコンダクターを志した方は、最低でも3年は勤めてみて下さい。

3年勤めてみて、適正があれば是非そのまま続けてみて下さい。

適正がなければ、ツアーコンダクターの3年の経験を活かせる他の仕事に転職を考えるとよいでしょう。



ツアーコンダクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法について今回、解説させて頂きます。ツアーコンダクターという仕事は新卒で始める方より、転職して始める方が圧倒的に多い職種です。「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →ツアーコンダクターで転職する人は多い?ツアーコンダクターで転職する人は多いです。年々増加しています。年齢も以前は20代から30代の方の転職組が多かったですが、最近は40代から50代の方の転職組が増加しており、更には前職を定年退職後にツアーコンダクターデビューする60代の方もいます。非常に門戸が広く、やる気さえあればツアーコンダクター

ツアーコンダクター給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

「語学を活かせる仕事がしたい」「世界を舞台に活躍したい」などの理由で、ツアーコンダクターになりたい方も多いのではないでしょうか。「やりたい仕事が出来るならお金は二の次」という方も多いでしょう。そうは言ってもやはりお金は大事です。若い時はいいかもしれませんが、将来、結婚して子供が出来ても続けていけるだけの給料や年収は得られるのか考えることは大事なことです。今回は、ツアーコンダクターの年収について触れていきます。「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →ツアーコンダクターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒で入社した場合ですが、これは入社する会社によ

ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容とは?向き不向きややりがいなどを解説!

コンスタントに仕事は出来ないが、都合がつく時に仕事をしたいという方は多いのではないでしょうか。派遣社員であれば、ある程度の融通が効きます。今回は、ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容について触れていきたいと思います。ツアーコンダクター派遣はどんな仕事?ツアーコンダクター派遣は、旅行会社が企画して販売したツアーに一本毎に請け負うスタイルとなります。ですから、派遣される旅行会社は一社とは限らず、様々な旅行会社が対象となります。ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ですが、まず依頼のあった旅行会社の自分の該当するツアーの記載のあるパンフレットを手に入れ

ツアーコンダクターの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

今まで経験のない職業に転職する場合、人によって心配するポイントが異なってくると思います。「仕事の向き不向き」や「自分との相性」を心配する方も多くいらっしゃるでしょう。今回は、ツアーコンダクターの仕事がどんな仕事でどんな人が向いているかについてご案内します。「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターの仕事を一言で言うならば、「旅行の管理者」です。業務は多岐に渡りますが、最終的には全てそこに結びつきます。「旅行」という形のないものを、最終的に商品としてお客様に提供する大変重要な役割を担います。「管理者」と聞くと、何だか事務的な


ツアーコンダクター求人に関するコラム

ツアーコンダクターになるには?資格や勉強しておくべきこと、就職まで経験者が解説!

「小さな親善大使」とツアーコンダクターを称する人もいる程、ツアーコンダクターの果たす役割を評価する方が多くいます。実際、世界中の観光地を数え切れないほど旅して廻っているツアーコンダクターはそう称されても不思議ではないのでしょう。今回はツアーコンダクターになるのに、どのような資格が必要で、何を勉強しておくべきか、また、就職・転職まで経験者が解説させていただきます。ツアーコンダクターになるには?ツアーコンダクターになるためには、ツアーコンダクターの専門学校に通ったり、旅行会社に就職したり、ツアーコンダクターの派遣会社に登録したりする方法があります。お若い方でしたら、専門学校に入学して観光業やサービ

ツアーコンダクターアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ツアーコンダクターのアルバイトについて、旅行が好きなのでこれからやってみたい、旅行会社に就職するのでどのような仕事内容なのか事前に知っておきたいと考えている人向けに説明していきたいと思います。ツアーコンダクターとは国内や海外の団体旅行に同行して、旅行計画が円滑かつ安全に施工できるように交通機関や宿泊施設などの調整役をする仕事になります。これだけだと具体的にどのような仕事内容なのかイメージし辛いと思いますので、詳しく解説していきたいと思います。ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターになるには?ツアーコンダクターとして団体旅行の添乗業務を行うためには、就職または派遣会社に登録後に一定の

ツアーコンダクターのやりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ツアーコンダクターは仕事とはいえ大変なことが多いですが、何年も続けている人は多いです。口を開けば、仕事の愚痴ばかりが出てくる人も何故か辞めたいとは言わない不思議な魅力を持っているツアーコンダクターの仕事です。今回は、ツアーコンダクターのやりがいや、やってて良かったことやそこで身に付く力をご紹介します。私はこんなところにツアーコンダクターとして行きました今までツアーコンダクターとして添乗で行った国は100ヶ国を超えました。国内の添乗もかなりの数をこなしてきました。変わったところとしては、「南極」を挙げます。とにかく遠かったです。成田からロサンゼルスを経由し、アルゼンチンのブエノスアイレス、更に南

ツアーコンダクターが向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

修学旅行などの団体旅行や旅行会社が企画・販売しているパッケージ旅行などに同行し、旅行者の日程管理を行うツアーコンダクター(旅行添乗員)。近年では手軽に旅行に行けると人気のバスツアーなどでも、「ツアーコンダクター(旅行添乗員)付き」を売りにし販売している旅行商品を目にする機会が多くなりました。ガイドとは一体何が違うの?ツアーコンダクターの仕事内容は?ツアーコンダクターになるには?などなど、今回はツアーコンダクターになる為に必要なことをお教えします!ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターは、団体旅行や日帰りツアーなどに同行をし、旅行参加者の日程管理をする事が主な仕事内容となります。言わ