仕事とはいえ、いろいろな場所に行けるのが、ツアーコンダクターの仕事の魅力のひとつです。

ですが、ツアーコンダクターの仕事内容にどんなものがあるかは意外と知られていないものです。

今回はツアーコンダクターの仕事内容10個の業務について経験者が教えます。

海外と国内では仕事の性質が違ってくるため、今回は国内のツアーコンダクターの仕事内容に触れてまいります。

「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ツアーコンダクターの10個の業務とは?経験者がご紹介!

今回は国内の日帰り旅行でのツアーコンダクターの10個の業務をご紹介します。

朝の打合せ

観光バスの運転手さんと打合せをします。

旅行行程書、ETCカードなどをお渡しし、観光地の回る順番、お手洗い休憩などの打合せを行います。

また、バス座席表を出入り口前に掲示します。

受付業務

お客様との最初のご対面となります。

集合場所でお客様がわかりやすいように社旗を大きく掲げます。

来られたお客様から受付を行い、バッジを渡し、観光バスへ案内します。

必ずグループの人数を確認します。

日帰りツアーですと当日キャンセルされる方が結構いらっしゃいます。

ツアー出発後のツアーコンダクターの挨拶&行程説明

お客様の受付が終わりましたら、バスに戻り人数確認をし、全員揃ったら出発します。

人数確認は非常に大事です。

バス出発後、マイクを持ち、お客様にツアー参加のお礼のあいさつ後、バス車内での注意事項や本日の行程説明を行います。

また、最初のお手洗い休憩の場所や到着予定時間をお伝えします。

バスガイドさんが同乗される場合は、最初にツアコンが挨拶してからガイドさんにバトンタッチします。

車内販売&注文

国内のバスツアーでは、移動中のバス車内で、車内販売を行うことが多いです。

ツアーで行く観光地の名物のお菓子や観光地の入場オプション(団体だと割引になるため)、帰りの夕食用のお弁当などです。

オプションの売り上げはツアーの収益として旅行会社から期待されています。

オプション販売も立派な添乗業務です。

昼食場所&観光地への事前連絡

昼食場所や観光地に到着する前に事前連絡をします。

人数が変更になった場合は早めに人数変更の連絡を行います。

特に食事の個数は慎重に行います。

観光地には人数を伝えておくと、到着してすぐに配れるようにセットアップしてくれます。

また、食事会場もグループの人数毎に席割りをしてくれる場合があります。

当日キャンセルがあった場合はどこのグループが減ったかという伝達も必要です。

観光地&昼食場所での誘導業務&精算

到着前に必ず、出発時間などの重要事項をお伝えします。

観光地の場合は入口まで、昼食の場合は昼食会場までお客様を誘導します。

ご年配のお客様が多い場合はゆっくり歩くよう心掛けます。

バスガイドが同乗する場合はガイドにお客様の誘導をお願いして、ツアコンは入場精算の為に先回りします。

解散の時は、もう一度集合時間をお伝えします。

簡単な車窓説明

日帰りのバスツアーの場合は、バスガイドがいないことが殆どなので、簡単な車窓説明を行います。

wikipedia程度の簡単な説明を挟むだけでも、お客様の旅の印象は変わります。

アンケートの配布

ツアーの後半にツアーアンケートを配布します。

旅行会社はアンケートの回答を見て、ツアーの良し悪しを判断します。

アンケートの項目には、「旅行内容」「食事」「観光地」「添乗員」の項目があります。

旅行会社によっては、それぞれを数値化しているところもあります。

ツアーコンダクターの評価もアンケート評価が一番重要な指標となります。

ツアコンの添乗業務を客観的に見ているのはツアーのお客様ですので、旅行会社がツアーコンダクターを客観的に評価する材料となるのがアンケートなのです。

お別れのあいさつ

到着の直前に、ツアー参加のお礼を兼ねての「お別れのあいさつ」を行います。

1日、運転して頂いた運転手さんの労いも行います。

日報記入&精算まとめ

日報は次回のツアコンや旅行会社の貴重な資料となりますので、キチンと正確に記入します。

帰りのバスの中で仕上げるのがベストです。

コースタイムや重要連絡事項などは暗記に頼らずに必ずメモに残しておきます。

「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

バスガイドとの仕事内容の違い

バスガイドが同乗する場合は、車窓案内や観光地での下車観光は、バスガイドの業務となります。

お客様の人数確認はツアコンの仕事です。

ツアーコンダクターの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

全国の主な観光地

旅行パンフレットに掲載されている観光地が、どういうところでどこにあるか程度は覚えなければなりません。

お客様との会話などは他の観光地についてのことが大変多いので知っていないと会話になりませんし、次の旅行のアドバイスも聞かれます。

敬語

接客業として、正しくきれいな敬語を覚えなければなりません。

しかし、これはなかなか難しく、一朝一夕に身につくものではありません。

日頃から、意識して話すことが大事です。

尊敬語、謙譲語、丁寧語の違いなどは覚えておきましょう。

全国の主な名物

お客様の関心事の一つに「土地の名物に触れる」ことが挙げられます。

ツアーで行く先々の名物は必ず覚えましょう。

添乗員は何度も同じ場所に行く機会はあるでしょうが、お客様にとっては最初で最後かもしれません。

行く先々で適切なアドバイスができるようにしないといけません。

ツアーコンダクターの仕事の良いところ

1本のツアーで完結する

「一話完結ドラマ」のようなものですので、ゴールはすぐです。

自分と肌の合わないお客様がいらっしゃっても日帰りなら1日だけのお付き合いです。

お客様に感謝される

デスクワークですと、お客様の顔は見えないですが、ツアコンは顔がわかります。

不平や苦情を現場で受けるのはツアコンの役目であり辛いところではありますが、お礼や感謝をされるのもツアコンです。

これはツアーコンダクターの仕事の最大の良いところといえます。

色々な場所に行ける

当たり前のことですが、色々な場所へ行けます。

色々な名物を食べることができる

これも大きな役得です。

もちろん、各地の名物を食べて終わりではなく、次にご一緒するお客様に案内出来るようになることが大事なことです。

「ツアーコンダクター」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

みなさん、如何でしたでしょうか。

国内の日帰りのツアーでもこれだけの業務があるのです。

一日の中に起承転結があるので、慌ただしく一日が終わっていきます。

長期の海外のツアーが出来るようになれば、国内の日帰りなんてラクにこなせると思われるでしょうが、とんでもありません。

海外のツアーは期間が長いので前半の失敗の取り返しがつきますが、国内の日帰りは朝の失敗は最後まで響きますから取り返しがつかないのです。

ツアコンを目指す方はまずは国内の日帰りツアーをしっかり出来るようになって下さい。

全てはそこから始まります。



ツアーコンダクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法について今回、解説させて頂きます。ツアーコンダクターという仕事は新卒で始める方より、転職して始める方が圧倒的に多い職種です。ツアーコンダクターで転職する人は多い?ツアーコンダクターで転職する人は多いです。年々増加しています。年齢も以前は20代から30代の方の転職組が多かったですが、最近は40代から50代の方の転職組が増加しており、更には前職を定年退職後にツアーコンダクターデビューする60代の方もいます。非常に門戸が広く、やる気さえあればツアーコンダクターへの転職はいくつになっても可能なのです。ツアーコンダクターの転職

ツアーコンダクター給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

「語学を活かせる仕事がしたい」「世界を舞台に活躍したい」などの理由で、ツアーコンダクターになりたい方も多いのではないでしょうか。「やりたい仕事が出来るならお金は二の次」という方も多いでしょう。そうは言ってもやはりお金は大事です。若い時はいいかもしれませんが、将来、結婚して子供が出来ても続けていけるだけの給料や年収は得られるのか考えることは大事なことです。今回は、ツアーコンダクターの年収について触れていきます。ツアーコンダクターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒で入社した場合ですが、これは入社する会社によりけりですが、大卒で約20万円、短大・専門卒で約17万円というと

ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容とは?向き不向きややりがいなどを解説!

コンスタントに仕事は出来ないが、都合がつく時に仕事をしたいという方は多いのではないでしょうか。派遣社員であれば、ある程度の融通が効きます。今回は、ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容について触れていきたいと思います。ツアーコンダクター派遣はどんな仕事?ツアーコンダクター派遣は、旅行会社が企画して販売したツアーに一本毎に請け負うスタイルとなります。ですから、派遣される旅行会社は一社とは限らず、様々な旅行会社が対象となります。ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ですが、まず依頼のあった旅行会社の自分の該当するツアーの記載のあるパンフレットを手に入れ