ツアーコンダクターは仕事とはいえ大変なことが多いですが、何年も続けている人は多いです。

口を開けば、仕事の愚痴ばかりが出てくる人も何故か辞めたいとは言わない不思議な魅力を持っているツアーコンダクターの仕事です。

今回は、ツアーコンダクターのやりがいや、やってて良かったことやそこで身に付く力をご紹介します。

「ツアーコンダクターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

私はこんなところにツアーコンダクターとして行きました

今までツアーコンダクターとして添乗で行った国は100ヶ国を超えました。

国内の添乗もかなりの数をこなしてきました。

変わったところとしては、「南極」を挙げます。

とにかく遠かったです。

成田からロサンゼルスを経由し、アルゼンチンのブエノスアイレス、更に南米最南端の街ウシュアイアへ。

そのウシュアイアから南極までは船で丸2日移動です。

南極で、ペンギンと戯れたのは良い思い出ですが、それより果てしなく長い移動が何より心に残っています。

ツアーコンダクターのやりがいとは?

ツアーコンダクターのやりがいをいくつかご紹介します。

色々な国へ行ける

プライベートではとても行けないような国に行くことが出来るのが最大のやりがいと言えます。

その分、事前の下調べや勉強など大変なことも多いですが、やりがいがありますし、その積み重ねが自身の実力となるのです。

プロのツアーコンダクターとして道を極めてもいいですし、その経験を元に他の職業を選ぶことも出来ます。

世界各地の名物料理を味わえる

日本では食べることが出来ない世界各地の名物料理を味わうことが出来ます。

ご自身の良き思い出になるのはもちろんのこと、次回添乗した時に、そのツアーに参加されたお客様により具体的にその料理の特徴や美味しい食べ方をアドバイス出来ます。

舌が肥えて、料理の良し悪しの見極めは帰着後のツアー報告の際にツアー担当者から今後のツアー運営の大きな判断材料とされます。

お客様から感謝される

オフィスワークでは、お客様の顔を見る機会はありませんが、ツアーコンダクターの仕事は直接、お客様と接する仕事なので、お客様に尽くしたことに対して直接、自分自身に返ってきます。

目に見える反応があるとやる気が出ますよね。

体力維持

ツアーコンダクターの仕事は、知力よりも体力です。

朝から晩まで動き回っていますから、体力がつきます。

何かトラブルが発生した時に最後にモノを言うのは体力です。

日頃から体力維持や向上に努めましょう。

また、健康な体に産んでくれた両親に感謝することでしょう。

「ツアーコンダクターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ツアーコンダクターをやっててよかった3個のこと

ツアーコンダクターをやってよかった3個のことをご紹介します。

色々な出会い

ツアーに参加するお客様はもちろんのこと、現地ガイドや現地ドライバー、ホテルやレストランのスタッフなど色々な人との出会いがあります。

中には一生を通じてお付き合い出来る友人にも恵まれるかも知れません。

それらの出会いは必ずツアーコンダクターの仕事の糧となるでしょう。

お金が貯まる

ツアーに出ると食事が出ますので、食費が掛かりませんし、あまりお金を使う機会がありませんので、必然的にお金が貯まります。

貯金をしたい人にはよい仕事です。

両替する機会も多いですから、為替が安い時にドルやユーロを多目に交換したりする習慣をつけると為替の値動き敏感になり、外貨建て預金やFXを始めるきっかけにつながり、更に資産を増やせるかもしれません。

マイルが貯まる

飛行機に搭乗するとその区間の距離分のマイルがもらえますが、飛行機に乗る機会の多いツアーコンダクターはマイルをかなり貯めることが出来、上級会員に上がる機会にも恵まれます。

貯まったマイルで、長期休暇の際に、ご自身で旅行に出かけ更に見聞を広げていくとよいでしょう。

ツアーコンダクターが航空会社のマイルを貯めることに関しては賛否両論ありますが、そのマイルを自己投資に回せば実に有効な使い方だと思います。

ツアーコンダクターで身についたこんなスキル

ツアーコンダクターで身に付いたスキルをご紹介します。

実用的な英会話力

空港やホテル、レストラン、現地英語ガイドとの実践的な英語のやり取りはかなりの語学力向上に繋がります。

机上では決して学べない生きた英語が身に付くのです。

英語に限らず、訪れる国の言葉を少しずつでも覚えれば、いく先々で円滑なコミュニケーションが取れるでしょう。

世界中の観光地の知識

有名な観光地ばかりでなく、それ程有名でもない観光地を覚えることができます。

地名をたくさん覚えると新聞やテレビのニュースを見て入ってくる情報量も違ってきますし、知らず知らずのうちに更なる知識を体得し、添乗に出た時の糧になるのです。

英語ガイドの説明を通訳することが多々ありますが、日頃の情報集めがそういう機会に役立つことが多いのです。

コミュニケーション能力

色々なタイプのお客様と接しますから、ツアーを円滑に進める為にあらゆる角度からコミュニケーションを試みますから、必然的にコミュニケーション能力が向上し、仕事だけではなく、人生を通して大きな違いを作りだすでしょう。

ツアーコンダクターはこんな人におすすめです!

ツアーコンダクターはどんな人におすすめかを紹介します。

地道に努力出来る人

一見華やかそうに見えますが、地道な作業の連続です。

地味な作業を地道にコツコツとこなせる人が実は一番、この仕事に向いています。

出発前もそうですが、ツアー中も細かい確認作業の連続です。

ハッタリの効く人

不安がすぐ顔に出る人は、ツアーに参加されるお客様に不安を与えてしまいかねませんので、良い意味でハッタリが効くタイプの方はツアーコンダクターの仕事に大変向いています。

好奇心旺盛な人

色々な国に行けるのが、この仕事の良いことではあるのですが、何回か行っているとツアコンがその土地に新鮮さを感じなくなります。

良い意味での慣れは大事ですが、倦怠感を伴う慣れはツアーの雰囲気を壊しかねません。

何回、同じ場所に行っても毎回違う目的を持ってツアーに臨めるような好奇心旺盛な人はツアーコンダクターに向いています。

「ツアーコンダクターの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は、ツアーコンダクターのやりがいや身につくことなどを挙げてみましたが、忘れていけないことはこの仕事はあくまでお客様が主役であり、如何にお客様に楽しんでいただけるかを追求していく仕事なのです。

ですから、お客様のことを第一に考えて実践し、全てのお客様にそれが伝わり感謝されることこそが最もやりがいを感じる瞬間でもあり、次もまた頑張ろうという原動力になるのではないでしょうか。

これから、ツアーコンダクターを目指す方には「まずは全力でお客様に尽くす」ことから始めていただきたいです。



ツアーコンダクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法について今回、解説させて頂きます。ツアーコンダクターという仕事は新卒で始める方より、転職して始める方が圧倒的に多い職種です。ツアーコンダクターで転職する人は多い?ツアーコンダクターで転職する人は多いです。年々増加しています。年齢も以前は20代から30代の方の転職組が多かったですが、最近は40代から50代の方の転職組が増加しており、更には前職を定年退職後にツアーコンダクターデビューする60代の方もいます。非常に門戸が広く、やる気さえあればツアーコンダクターへの転職はいくつになっても可能なのです。ツアーコンダクターの転職

ツアーコンダクター給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

「語学を活かせる仕事がしたい」「世界を舞台に活躍したい」などの理由で、ツアーコンダクターになりたい方も多いのではないでしょうか。「やりたい仕事が出来るならお金は二の次」という方も多いでしょう。そうは言ってもやはりお金は大事です。若い時はいいかもしれませんが、将来、結婚して子供が出来ても続けていけるだけの給料や年収は得られるのか考えることは大事なことです。今回は、ツアーコンダクターの年収について触れていきます。ツアーコンダクターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒で入社した場合ですが、これは入社する会社によりけりですが、大卒で約20万円、短大・専門卒で約17万円というと

ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容とは?向き不向きややりがいなどを解説!

コンスタントに仕事は出来ないが、都合がつく時に仕事をしたいという方は多いのではないでしょうか。派遣社員であれば、ある程度の融通が効きます。今回は、ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容について触れていきたいと思います。ツアーコンダクター派遣はどんな仕事?ツアーコンダクター派遣は、旅行会社が企画して販売したツアーに一本毎に請け負うスタイルとなります。ですから、派遣される旅行会社は一社とは限らず、様々な旅行会社が対象となります。ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ですが、まず依頼のあった旅行会社の自分の該当するツアーの記載のあるパンフレットを手に入れ

ツアーコンダクターの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

今まで経験のない職業に転職する場合、人によって心配するポイントが異なってくると思います。「仕事の向き不向き」や「自分との相性」を心配する方も多くいらっしゃるでしょう。今回は、ツアーコンダクターの仕事がどんな仕事でどんな人が向いているかについてご案内します。ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターの仕事を一言で言うならば、「旅行の管理者」です。業務は多岐に渡りますが、最終的には全てそこに結びつきます。「旅行」という形のないものを、最終的に商品としてお客様に提供する大変重要な役割を担います。「管理者」と聞くと、何だか事務的な印象を受けますが、どこまでいっても人相手の仕事ですので、対応が事


ツアーコンダクター求人に関するコラム

ツアーコンダクターになるには?資格や勉強しておくべきこと、就職まで経験者が解説!

「小さな親善大使」とツアーコンダクターを称する人もいる程、ツアーコンダクターの果たす役割を評価する方が多くいます。実際、世界中の観光地を数え切れないほど旅して廻っているツアーコンダクターはそう称されても不思議ではないのでしょう。今回はツアーコンダクターになるのに、どのような資格が必要で、何を勉強しておくべきか、また、就職・転職まで経験者が解説させていただきます。ツアーコンダクターになるには?ツアーコンダクターになるためには、ツアーコンダクターの専門学校に通ったり、旅行会社に就職したり、ツアーコンダクターの派遣会社に登録したりする方法があります。お若い方でしたら、専門学校に入学して観光業やサービ

ツアーコンダクターアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ツアーコンダクターのアルバイトについて、旅行が好きなのでこれからやってみたい、旅行会社に就職するのでどのような仕事内容なのか事前に知っておきたいと考えている人向けに説明していきたいと思います。ツアーコンダクターとは国内や海外の団体旅行に同行して、旅行計画が円滑かつ安全に施工できるように交通機関や宿泊施設などの調整役をする仕事になります。これだけだと具体的にどのような仕事内容なのかイメージし辛いと思いますので、詳しく解説していきたいと思います。ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターになるには?ツアーコンダクターとして団体旅行の添乗業務を行うためには、就職または派遣会社に登録後に一定の

ツアーコンダクターが向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

修学旅行などの団体旅行や旅行会社が企画・販売しているパッケージ旅行などに同行し、旅行者の日程管理を行うツアーコンダクター(旅行添乗員)。近年では手軽に旅行に行けると人気のバスツアーなどでも、「ツアーコンダクター(旅行添乗員)付き」を売りにし販売している旅行商品を目にする機会が多くなりました。ガイドとは一体何が違うの?ツアーコンダクターの仕事内容は?ツアーコンダクターになるには?などなど、今回はツアーコンダクターになる為に必要なことをお教えします!ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターは、団体旅行や日帰りツアーなどに同行をし、旅行参加者の日程管理をする事が主な仕事内容となります。言わ

ツアーコンダクターとはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

「ツアーコンダクター」という仕事の名前を聞いたことがあったり、知っている人は多いと思いますが、「ツアーコンダクター」という仕事がどういう仕事かすぐに答えられる人は少ないと思います。今回は、経験者がツアーコンダクターとはどういう仕事かをご紹介し、良い面・悪い面やその後のキャリアなどについてもご紹介します。ツアーコンダクターとはどんな仕事?ツアーコンダクターは、「旅程管理主任者」といい、主催旅行や手配旅行が円滑に進行するように旅程を管理する仕事です。予め、決まっているツアースケジュールをこなしていく訳ですが、ただこなすだけではなく、事前に現地に確認して、確実にツアーが進行するように先回りしなければ