「小さな親善大使」とツアーコンダクターを称する人もいる程、ツアーコンダクターの果たす役割を評価する方が多くいます。

実際、世界中の観光地を数え切れないほど旅して廻っているツアーコンダクターはそう称されても不思議ではないのでしょう。

今回はツアーコンダクターになるのに、どのような資格が必要で、何を勉強しておくべきか、また、就職・転職まで経験者が解説させていただきます。

ツアーコンダクターになるには?

ツアーコンダクターになるためには、ツアーコンダクターの専門学校に通ったり、旅行会社に就職したり、ツアーコンダクターの派遣会社に登録したりする方法があります。

お若い方でしたら、専門学校に入学して観光業やサービス業のイロハや語学などを体系的に学び、専門学校の斡旋で旅行会社に就職することをお勧めします。

すでに社会人経験のある方は、ツアーコンダクターの派遣会社に登録して旅程管理主任というツアーコンダクターになるための資格を取得して、ツアーコンダクターデビューを目指すことをお勧めします。

ツアーコンダクターになるために勉強しておくべきこと

ツアーコンダクターになるために勉強しておくべきこととしては、海外や国内の主な観光地のこと、飛行機や鉄道、バスなどの乗り物に関する基本的な知識、旅行業約款や旅行業法などの基礎の部分、あとは接客業ですから接遇マナーや敬語の使い方、サービスの基本など多岐に渡ります。

机上の勉強よりは、実践を通して学ぶことが数多くあるため、まずは1日でも早くツアーコンダクターとしてデビューすることを目指すべきです。

持っておくべき資格とは?

旅程管理主任者証というツアーコンダクターをやる為の資格があります。

この資格は、「国内」と「一般」と二通りあり、海外のツアーコンダクターを目指す方は、「一般」を取得してください。

数日間の研修を受けた後、試験を受けていただき合格点をクリアーすると主任者証が発行されます。

ツアーコンダクターの就職先は?

ツアーコンダクターの就職先についてご紹介します。

ツアーコンダクターの主な就職先

ツアーコンダクターの主な就職先を御紹介します。

JTBサポートインターナショナル

旅行業最大手であるJTBの関連会社です。

国内や海外の募集旅行はもちろん、手配旅行や教育旅行、視察旅行などありとあらゆる分野のツアーに精通しており、ご自身の能力に応じたツアーへのブッキングの選択肢が豊富です。

待遇面でも、他社より恵まれています。

ツーリストエキスパーツ

近畿日本ツーリストやクラブツーリズムへのツアーコンダクター派遣がメインです。

やはり、取り扱いツアーが多岐にわたるため幅広い分野での活動が可能です。

阪急トラベルサポート

現在、日の出の勢いの阪急トラピックスの関連会社です。

ものすごい勢いで業績が伸びているため、仕事量は豊富です。

旅行綜研

若者を中心に人気のある旅行会社HISへのツアーコンダクター派遣がメインの会社です。

ツアーコンダクター同行ツアーがHISで増えている関係で、仕事の受注も増えており、HISの仕事に興味のある方にはお勧めです。

ツアーコンダクターの転職事情

ツアーコンダクターの転職事情としては、圧倒的に多いのは旅行会社への就職ですが、ホテル、レストランといった他のサービス業への転職も多いです。

あとは独立して、ご自身で自営で旅行代理店を開いたり、海外へ移住して観光ガイドになったり、トラベルライターになったりなど様々な分野でツアーコンダクターOBの方が活躍されています。

ツアーコンダクターの平均給与はどれくらい?

ツアーコンダクターの平均給与についてご案内します。

他業種も同じかと思いますが、だいたい年間300万円前後です。

ツアーコンダクターの将来性

ツアーコンダクターの将来性についてですが、これはその人の能力や努力次第ですが、将来性はいくらでも開けてきます。

能力の高い人は旅行会社の専属ツアーコンダクターとなり、固定給を貰えたり、社会保障を付けてもらったりと安定した活動が保障されます。

ツアーコンダクターに向いている人

ツアーコンダクターに向いている人の特徴について触れていきます。

サービス精神旺盛の方

ツアーコンダクターは究極のサービス業といわれているくらい、様々なサービスの要素を求められます。

サービスという概念には枠組みがないので、自身で絶えずその枠組みを築くことが絶えず要求されます。

それをすんなりとそつなく出来る人はツアーコンダクターに向いています。

勉強熱心な方

ツアーコンダクターというのは、「始めること」よりも「続けること」のほうが難しくて大変な仕事です。

マニュアルだとかテキストみたいなものが一応ありますが、それを仮に完璧にマスターすれば完璧なツアーコンダクターになれるかというとなれる訳ではありません。

常日頃から、いろいろなことに興味を持ち、学んできたことがある日突然誰かの役に立つ、そんな仕事です。

ですから、勉強熱心な人はツアーコンダクターには向いています。

忘れっぽい方

ツアーコンダクターの仕事は、目まぐるしくいろいろなことが起こります。

済んだことをいつまでも気にしていれば、先に進んでいけません。

良い意味で忘れっぽい人でないと、どんどんストレスが溜まって悪循環に陥ってしまいます。

ですから、忘れっぽい方というのは意外とこの仕事に向いているのです。

経験者が語る!できるツアーコンダクターはこんな人

お客様は三者三様でいろいろな方がいます。

その方にあったサービスを提供することが最善のサービスです。

決して一種類だけではありません。

「これが絶対良いサービスなんだ」と一つのサービスだけをすべてのお客様に一方的に提供するのはツアーコンダクターのサービスとしては良くはありません。

「出来るツアーコンダクター」とは、参加者すべての方が満足できるよういくつかの選択肢を提供できる人だと思います。

まとめ

ツアーコンダクターになるのに必要な資格や勉強しておくべきこと、就職・転職までについて経験者として解説してきました。

ツアーコンダクターになることは、実はそれほど大変なことではないと思います。

それ以上に続けていくことのほうがはるかに大変なことなのです。

教科書に書いてあることよりも、実際に体験して得ることのほうが大事なのです。

ツアーコンダクターになりたい方はどうか一日でも早くデビューをして、少しでも多くのツアーをこなすことでたくさんのことを学んでください。

その学びの数々はあなたをいつの日か一流のツアーコンダクターへと成長させてくれるでしょう。



ツアーコンダクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法について今回、解説させて頂きます。ツアーコンダクターという仕事は新卒で始める方より、転職して始める方が圧倒的に多い職種です。ツアーコンダクターで転職する人は多い?ツアーコンダクターで転職する人は多いです。年々増加しています。年齢も以前は20代から30代の方の転職組が多かったですが、最近は40代から50代の方の転職組が増加しており、更には前職を定年退職後にツアーコンダクターデビューする60代の方もいます。非常に門戸が広く、やる気さえあればツアーコンダクターへの転職はいくつになっても可能なのです。ツアーコンダクターの転職

ツアーコンダクター給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

「語学を活かせる仕事がしたい」「世界を舞台に活躍したい」などの理由で、ツアーコンダクターになりたい方も多いのではないでしょうか。「やりたい仕事が出来るならお金は二の次」という方も多いでしょう。そうは言ってもやはりお金は大事です。若い時はいいかもしれませんが、将来、結婚して子供が出来ても続けていけるだけの給料や年収は得られるのか考えることは大事なことです。今回は、ツアーコンダクターの年収について触れていきます。ツアーコンダクターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒で入社した場合ですが、これは入社する会社によりけりですが、大卒で約20万円、短大・専門卒で約17万円というと

ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容とは?向き不向きややりがいなどを解説!

コンスタントに仕事は出来ないが、都合がつく時に仕事をしたいという方は多いのではないでしょうか。派遣社員であれば、ある程度の融通が効きます。今回は、ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容について触れていきたいと思います。ツアーコンダクター派遣はどんな仕事?ツアーコンダクター派遣は、旅行会社が企画して販売したツアーに一本毎に請け負うスタイルとなります。ですから、派遣される旅行会社は一社とは限らず、様々な旅行会社が対象となります。ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ですが、まず依頼のあった旅行会社の自分の該当するツアーの記載のあるパンフレットを手に入れ

ツアーコンダクターの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

今まで経験のない職業に転職する場合、人によって心配するポイントが異なってくると思います。「仕事の向き不向き」や「自分との相性」を心配する方も多くいらっしゃるでしょう。今回は、ツアーコンダクターの仕事がどんな仕事でどんな人が向いているかについてご案内します。ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターの仕事を一言で言うならば、「旅行の管理者」です。業務は多岐に渡りますが、最終的には全てそこに結びつきます。「旅行」という形のないものを、最終的に商品としてお客様に提供する大変重要な役割を担います。「管理者」と聞くと、何だか事務的な印象を受けますが、どこまでいっても人相手の仕事ですので、対応が事


ツアーコンダクター求人に関するコラム

ツアーコンダクターアルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ツアーコンダクターのアルバイトについて、旅行が好きなのでこれからやってみたい、旅行会社に就職するのでどのような仕事内容なのか事前に知っておきたいと考えている人向けに説明していきたいと思います。ツアーコンダクターとは国内や海外の団体旅行に同行して、旅行計画が円滑かつ安全に施工できるように交通機関や宿泊施設などの調整役をする仕事になります。これだけだと具体的にどのような仕事内容なのかイメージし辛いと思いますので、詳しく解説していきたいと思います。ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターになるには?ツアーコンダクターとして団体旅行の添乗業務を行うためには、就職または派遣会社に登録後に一定の

ツアーコンダクターのやりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ツアーコンダクターは仕事とはいえ大変なことが多いですが、何年も続けている人は多いです。口を開けば、仕事の愚痴ばかりが出てくる人も何故か辞めたいとは言わない不思議な魅力を持っているツアーコンダクターの仕事です。今回は、ツアーコンダクターのやりがいや、やってて良かったことやそこで身に付く力をご紹介します。私はこんなところにツアーコンダクターとして行きました今までツアーコンダクターとして添乗で行った国は100ヶ国を超えました。国内の添乗もかなりの数をこなしてきました。変わったところとしては、「南極」を挙げます。とにかく遠かったです。成田からロサンゼルスを経由し、アルゼンチンのブエノスアイレス、更に南

ツアーコンダクターが向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

修学旅行などの団体旅行や旅行会社が企画・販売しているパッケージ旅行などに同行し、旅行者の日程管理を行うツアーコンダクター(旅行添乗員)。近年では手軽に旅行に行けると人気のバスツアーなどでも、「ツアーコンダクター(旅行添乗員)付き」を売りにし販売している旅行商品を目にする機会が多くなりました。ガイドとは一体何が違うの?ツアーコンダクターの仕事内容は?ツアーコンダクターになるには?などなど、今回はツアーコンダクターになる為に必要なことをお教えします!ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターは、団体旅行や日帰りツアーなどに同行をし、旅行参加者の日程管理をする事が主な仕事内容となります。言わ

ツアーコンダクターとはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

「ツアーコンダクター」という仕事の名前を聞いたことがあったり、知っている人は多いと思いますが、「ツアーコンダクター」という仕事がどういう仕事かすぐに答えられる人は少ないと思います。今回は、経験者がツアーコンダクターとはどういう仕事かをご紹介し、良い面・悪い面やその後のキャリアなどについてもご紹介します。ツアーコンダクターとはどんな仕事?ツアーコンダクターは、「旅程管理主任者」といい、主催旅行や手配旅行が円滑に進行するように旅程を管理する仕事です。予め、決まっているツアースケジュールをこなしていく訳ですが、ただこなすだけではなく、事前に現地に確認して、確実にツアーが進行するように先回りしなければ