ツアーコンダクターのアルバイトについて、旅行が好きなのでこれからやってみたい、旅行会社に就職するのでどのような仕事内容なのか事前に知っておきたいと考えている人向けに説明していきたいと思います。

ツアーコンダクターとは国内や海外の団体旅行に同行して、旅行計画が円滑かつ安全に施工できるように交通機関や宿泊施設などの調整役をする仕事になります。

これだけだと具体的にどのような仕事内容なのかイメージし辛いと思いますので、詳しく解説していきたいと思います。

ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターになるには?

ツアーコンダクターとして団体旅行の添乗業務を行うためには、就職または派遣会社に登録後に一定の研修を受けて、「旅程管理主任者」の資格を取る必要があります。

資格がないと就職ができないというものではありませんが、ツアーコンダクターとして団体旅行に添乗するためには必須の資格になっています。

「旅程管理主任者」の資格には「国内旅程管理主任者」と「総合旅程管理主任者」の資格があります。

「国内旅程管理主任者」はその名の通り、パッケージツアーなどの添乗員として国内の旅行に同行するための資格です。

「総合旅程管理主任者」は取得すると海外旅行のツアーコンダクターとして同行できるようになります。

ツアーコンダクターアルバイトの大まかな仕事内容

旅行前の打ち合わせ

まず、最初に行うのがツアー前の打ち合わせ業務になります。

同行する旅行の日程や使用することになる交通機関や宿泊施設、旅行中の休憩施設などを確認して、旅行中に利用することになる宿泊施設や昼食で立ち寄ることになる施設に事前に連絡をする必要があります。

パッケージツアーの場合は、事前に宿泊する旅館やホテルの食事の時間や内容、客室内の設備、入浴時間などの情報を取得してお客様に案内できるように資料作りなどをする必要があります。

バスで移動する場合はお客様の名簿を確認し、事前に旅行中の座席表を作成することも必要です。

旅行中に昼食などで立ち寄る施設についても食事内容を確認する必要もありますし、施設側に到着時間や出発時間を事前に伝えておいてお客様がスムーズに食事にできるように準備することが必要です。

各観光地施設にも事前に連絡をしておいて料金の支払いや受付方法などの手続きを確認して、スムーズに観光ができるよう準備しておきましょう。

旅行によっては事前にお客様に連絡して、旅行前の注意事項や旅行当日の集合時間や集合場所を伝えておく必要があります。

旅行の同行業務

事前の打ち合わせが終了し旅行当日になったら実際の添乗業務になります。

時間前に集合場所に移動してお客様が集まるまで待機します。

お客様が集合時間になり集まってきたら名簿を確認して、受付業務を開始します。

お客様全員がバスに乗車できたら出発します。

お客様がバスに乗り忘れたまま出発してしまわないように、出発前は必ず名簿を確認して全員がバスに乗り込んでいることを確認してから出発します。

集合場所から出発したら、バス車内で最初に挨拶をします。

当日の旅程内容や旅行中の注意点を説明します。

挨拶や旅行についての説明が済んだら、当日利用することになる宿泊施設や観光地などに連絡します。

観光地や休憩場所に到着時に、出発時間を伝えるのもツアーコンダクターの大事な仕事になります。

お客様が時間に遅れないように出発時間はしっかりと伝えておきます。

各観光地を周り宿泊施設に到着する前に、再度挨拶と宿泊施設についての案内や翌日の集合時間をお客様に案内します。

基本的には上記の流れで添乗業務を進めていきます。

他の地方からお客様が飛行機などで旅行に来る場合は、ツアー中に帰りの飛行機について空港に連絡して、航空チケットの受付や座席を確認しておく必要があります。

旅行後の精算・報告業務

旅行が終了したら旅行中に支払った料金の精算や旅行についての報告業務があります。

旅行中に支払った料金や受け取った金額を領収書を元に計算して会社に報告する必要があります。

ツアー中にオプションのサービスの販売もツアーコンダクターが行うこともあり、お客様から料金の支払いがある場合もあるので、旅行中に金銭のやりとりをする場面は多く、精算業務は重要になっています。

仕事内容の中に、旅行中に立ち寄った観光地や宿泊施設についてのを情報をまとめて報告書を作成する必要もあります。

ツアーコンダクターの情報を元に新しいツアーの企画や旅程が組まれることがあります。

立ち寄った施設の情報をまとめる必要もありますし、何かトラブルが発生してしまった場合にはトラブルについての報告をする義務もあります。

ツアーコンダクターの給料はどのくらい?

ツアーコンダクターの給料については基本的に日給計算になることの方が多いです。

経験年数や企業によってかわりますが、1日の日給は8000円〜12000円くらいが相場になります。

海外旅行にも同行するベテランのツアーコンダクターや人気のあるツアーコンダクターは、これより日給が高くなる場合はあります。

ツアーコンダクターのアルバイトをやってて良かった3個のこと

ツアーコンダクターの仕事内容がわかってきたところで、今度はツアーコンダクターの仕事をやってて良かった所や、やりがいを感じたポイントを紹介していきたいと思います。

自分の成長や充実感を感じることができる

ツアーコンダクターの仕事は基本的に打ち合わせから旅行終了後の報告業務まで全て一人でする必要があります。

トラブルなどが発生した時には会社に相談・報告することはありますが、旅行が安全かつ円滑に終了するまで自分一人で旅程の管理をする必要があるので、責任がある分、業務終了後は他の仕事よりも自分の成長を実感することができます。

いろいろな場所に行けて、たくさんの人に会える

旅行が好きでツアーコンダクターになる場合は、仕事をしながらいろいろな観光地を回ることができます。

ツアー中はお客様第一とはいえ素晴らしい景色や建物を見ることができ、地元の美味しい食べ物を食べることもできます。

仕事柄たくさんのお客様や地元の方と触れ合える機会が多いので、ツアーコンダクターの仕事をしていて良かったと感じられることも多いです。

人の役に立てていると実感できることが多い

通常の接客業やサービス業と違い、ツアーコンダクターの仕事は安全かつ円滑に旅程を進めていくために、数日間お客様と一緒に行動することになります。

トラブルがあった時などはツアーコンダクターの判断力や力量が試され仕事が難しいと感じる場面もありますが、それを乗り越えてツアー終了した後にはお客様から直接感謝されることも多く、人の役に立てていると実感できることが多い仕事です。

ツアーコンダクタの仕事で身に付く力とは?

ツアーコンダクターの給料ややりがいなどがわかってきましたでしょうか。

今度はツアーコンダクターの仕事で身につけることのできる様々な能力について説明していきたいと思います。

ツアーコンダクターの仕事は、1人で打ち合わせから精算・報告業務まで行うことが多いため責任があります。

その分身につけられる能力も他の仕事よりも多く、仕事を通じて自身の成長させたいと考えている人はにとっては自分を鍛えられる事ができる仕事です。

コミュニケーション能力

近年、どの企業でどの職種でも必要される能力ですが、ツアーコンダクターの仕事は仕事中数多くの人と出会いコミュニケーション取ることが多いのでこういった能力を自然に身につけることができます。

ツアーコンダクターの仕事はいろいろな地方や観光地に行くことになるので、様々な年齢の人やいろいろな地方の人と話す機会が必然的に多くなります。

ツアー中に利用するバスの乗務員の人や宿泊施設の人と、円滑にコミュニケーションをとって仕事を進めなければいけないのでコミュニケーション能力を磨くことのできる仕事です。

体力・忍耐力

ツアーによっては1日何時間もバスでの移動をすることになり、思っている以上に体力を使う仕事です。

一度ツアーが始まってしまえば旅行中の数日間お客様とともに行動をすることになり、その間はお客様第一に行動をすることが求めらますので体力や精神力が要求されます。

また、忍耐力に関しては、旅行中にトラブルやお客様から要望やクレームを直接言われることもありますので、ツアーコンダクターの仕事に慣れていくとちょっとしたことでは動じない忍耐力を身につけることができます。

冷静な判断力・調整力

ツアー中はツアーコンダクターが責任者としての立場で旅程を進めていくことになります。

天候や交通状況を加味したうえで円滑に旅程を進められるように判断力が求められます。

人気のある観光地は繁忙期は多くの観光客で混みあうことが多く、交通渋滞に巻き込まれることもあります。

このような状況ではなかなか旅程が進まず予定が遅れてしまって焦る時もありますが、そういった状況でも冷静に判断して安全かつ円滑にツアーを終えることができるよう、各観光地のでの出発時間を調整したりと様々な判断が要求されます。

中には他のツアーとの兼ね合いで、宿泊施設や昼食や休憩で立ち寄る施設から到着時間を調整するように言わることもあるので、場面に応じた調整力も身につけられます。

ツアーコンダクターの求人でよくある募集内容とは?

ツアーコンダクターの仕事の募集内容はアルバイトや正社員の募集よりも旅行関連の仕事を専門に取り扱っている会社に契約社員として入社するか派遣会社に派遣登録して働き始めるの事の方がほとんどです。

募集内容は学歴不問や未経験での募集も多く、企業によっては営業経験などがあると採用されやすい傾向にあります。

入社後には座学での研修を受けて「旅程管理主任者」の資格を取得する必要がありますが、基本的には特別な経験は資格がなくても始められる仕事です。

海外旅行に同行するツアーコンダクターの募集内容にはツアーコンダクターとしての経験の他に、英語力が必要で、募集内容は経験者のみに限られてきます。

必要なスキルや資格、経験

先に説明したように入社後には座学での研修を受けて「旅程管理主任者」の資格を取得する必要はありますが、募集時点では資格や経験は特に必要されないことが多いです。

シフトの入れ具合

ツアーコンダクターのシフトについては仕事柄、土日祝日に休みがなく、平日が休みになることがほとんどです。

またツアーコンダクターの仕事の繁忙期は連休のあるGWや夏休み期間中で、北海道や東北地方などは冬は積雪によりパッケージツアーが少なくなるので冬の時期は閑散期になることが多いです。

パッケージツアーの場合は2泊3日の仕事が多いので、旅行前日の金曜日に旅行前の打ち合わせをして土日月曜に旅行の同行業務をして、火曜日に精算業務を行うと言った流れが多いです。

求められる人物像

面倒見が良く、サービス精神が旺盛な人

旅行関連の仕事はサービス業になるのでツアーコンダクターもサービス精神が高い人ほど向いている仕事になります。

挨拶時に冗談を言って場を和ませたり、お客様が困った時にはツアーコンダクターが手助けする必要があるので、面倒見がいい人の方が向いていると言えるでしょう。

体力、忍耐力のあるひと

仕事柄お客様と数日間行動を共にするためツアーに同行している間は1日の拘束時間が長くなり、その間はなかなか気が休まることが少なくなります。

体力も必要ですし、トラブルやお客様からクレームがあった時にも動じないように忍耐力のある人のほうが、ツアーコンダクターの仕事が長く続けられる傾向にあります。

ツアーコンダクターに向いている人は、こちらの記事を参考に!

自分にあったツアーコンダクターの求人の選び方や注意点

募集内容やツアーコンダクターに求められる人物像がわかってきたら今度は求人について説明したいと思います。

【選び方①】雇用形態から探す

ツアーコンダクターの仕事の雇用形態は、旅行関連の仕事を取り扱っている派遣会社にに登録をして派遣社員として働いていくことが多いです。

大手の旅行会社のツアープランナーというパッケージツアーを企画して作成する職種であれば正社員として働くこともありますが、現状ツアーコンダクターの仕事の雇用形態は派遣社員のみと考えた方がいいです。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

給与については時間給や日給で計算されることがほとんどです。

日給については企業や地方によって異なりますが、相場は日給計算で8000円〜12000円くらいが相場になっています。

給料についてはツアーコンダクターの経験年数や能力によって開きがあり、最初は最低賃金からスタートして実績を積み上げて難易度の高いツアーや旅行会社からの評価を高めることによって昇給していきます。

雇用条件についてもツアーコンダクターは派遣会社に登録して働くことになりますが条件は派遣会社と相談して決まる事が多いです。

毎週仕事をする人もいれば副業として何ヶ月かに1度だけ仕事するといった人も多くいます。

求人選びの注意点

現在は数多くのパッケージツアーがあり旅行会社同士の競争も激しく、ツアーコンダクターの求人を見かけることも多くなっています。

派遣会社に登録して派遣社員として働くことになりますが、中には業務委託のようなところもあり、拘束時間が長い割に日当が低く、時給で換算した場合に最低賃金を下回ってしまうという場合もありますので、応募前に登録することになる派遣会社の情報を調べて安全な所を選ぶようにしましょう。

まとめ

昔は旅行については富裕層が行くものといったイメージがありましたが、現在は数多くのパッケージツアーが旅行会社も競争をしていて安い料金のツアーが増えています。

そのためツアーコンダクターの雇用形態は派遣社員という形が多く、拘束時間の長さの割に稼ぎづらいといったイメージを持たれることもあります。

しかし仕事とはいえ国内のみならず海外の観光地に行くことができ、たくさんの人と出会い触れ合うことによって人間的に成長できる機会が多い仕事です。

雇用条件についても自分にあった働き方がしやすく、毎週ツアーコンダクターとして働いている人もいれば何ヶ月かに1度だけ旅行感覚で仕事する人もおり、上手くツアーコンダクターの仕事と付き合えって行けば人生をより豊かにすることもできるので、仕事を探す上で選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。



ツアーコンダクター求人についてもっと深堀りした情報を見る

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法を解説します

ツアーコンダクターの転職を成功させるためにやるべき6個のことと、上手な転職方法について今回、解説させて頂きます。ツアーコンダクターという仕事は新卒で始める方より、転職して始める方が圧倒的に多い職種です。ツアーコンダクターで転職する人は多い?ツアーコンダクターで転職する人は多いです。年々増加しています。年齢も以前は20代から30代の方の転職組が多かったですが、最近は40代から50代の方の転職組が増加しており、更には前職を定年退職後にツアーコンダクターデビューする60代の方もいます。非常に門戸が広く、やる気さえあればツアーコンダクターへの転職はいくつになっても可能なのです。ツアーコンダクターの転職

ツアーコンダクター給料や年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

「語学を活かせる仕事がしたい」「世界を舞台に活躍したい」などの理由で、ツアーコンダクターになりたい方も多いのではないでしょうか。「やりたい仕事が出来るならお金は二の次」という方も多いでしょう。そうは言ってもやはりお金は大事です。若い時はいいかもしれませんが、将来、結婚して子供が出来ても続けていけるだけの給料や年収は得られるのか考えることは大事なことです。今回は、ツアーコンダクターの年収について触れていきます。ツアーコンダクターの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合正社員で新卒で入社した場合ですが、これは入社する会社によりけりですが、大卒で約20万円、短大・専門卒で約17万円というと

ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容とは?向き不向きややりがいなどを解説!

コンスタントに仕事は出来ないが、都合がつく時に仕事をしたいという方は多いのではないでしょうか。派遣社員であれば、ある程度の融通が効きます。今回は、ツアーコンダクター派遣求人の時給や募集内容について触れていきたいと思います。ツアーコンダクター派遣はどんな仕事?ツアーコンダクター派遣は、旅行会社が企画して販売したツアーに一本毎に請け負うスタイルとなります。ですから、派遣される旅行会社は一社とは限らず、様々な旅行会社が対象となります。ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ツアーコンダクター派遣の大まかな仕事内容ですが、まず依頼のあった旅行会社の自分の該当するツアーの記載のあるパンフレットを手に入れ

ツアーコンダクターの仕事はどんな人に向いている?得意な人の5つの特徴やキャリアについて解説します

今まで経験のない職業に転職する場合、人によって心配するポイントが異なってくると思います。「仕事の向き不向き」や「自分との相性」を心配する方も多くいらっしゃるでしょう。今回は、ツアーコンダクターの仕事がどんな仕事でどんな人が向いているかについてご案内します。ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターの仕事を一言で言うならば、「旅行の管理者」です。業務は多岐に渡りますが、最終的には全てそこに結びつきます。「旅行」という形のないものを、最終的に商品としてお客様に提供する大変重要な役割を担います。「管理者」と聞くと、何だか事務的な印象を受けますが、どこまでいっても人相手の仕事ですので、対応が事


ツアーコンダクター求人に関するコラム

ツアーコンダクターになるには?資格や勉強しておくべきこと、就職まで経験者が解説!

「小さな親善大使」とツアーコンダクターを称する人もいる程、ツアーコンダクターの果たす役割を評価する方が多くいます。実際、世界中の観光地を数え切れないほど旅して廻っているツアーコンダクターはそう称されても不思議ではないのでしょう。今回はツアーコンダクターになるのに、どのような資格が必要で、何を勉強しておくべきか、また、就職・転職まで経験者が解説させていただきます。ツアーコンダクターになるには?ツアーコンダクターになるためには、ツアーコンダクターの専門学校に通ったり、旅行会社に就職したり、ツアーコンダクターの派遣会社に登録したりする方法があります。お若い方でしたら、専門学校に入学して観光業やサービ

ツアーコンダクターのやりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

ツアーコンダクターは仕事とはいえ大変なことが多いですが、何年も続けている人は多いです。口を開けば、仕事の愚痴ばかりが出てくる人も何故か辞めたいとは言わない不思議な魅力を持っているツアーコンダクターの仕事です。今回は、ツアーコンダクターのやりがいや、やってて良かったことやそこで身に付く力をご紹介します。私はこんなところにツアーコンダクターとして行きました今までツアーコンダクターとして添乗で行った国は100ヶ国を超えました。国内の添乗もかなりの数をこなしてきました。変わったところとしては、「南極」を挙げます。とにかく遠かったです。成田からロサンゼルスを経由し、アルゼンチンのブエノスアイレス、更に南

ツアーコンダクターが向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

修学旅行などの団体旅行や旅行会社が企画・販売しているパッケージ旅行などに同行し、旅行者の日程管理を行うツアーコンダクター(旅行添乗員)。近年では手軽に旅行に行けると人気のバスツアーなどでも、「ツアーコンダクター(旅行添乗員)付き」を売りにし販売している旅行商品を目にする機会が多くなりました。ガイドとは一体何が違うの?ツアーコンダクターの仕事内容は?ツアーコンダクターになるには?などなど、今回はツアーコンダクターになる為に必要なことをお教えします!ツアーコンダクターはどんな仕事?ツアーコンダクターは、団体旅行や日帰りツアーなどに同行をし、旅行参加者の日程管理をする事が主な仕事内容となります。言わ

ツアーコンダクターとはどういう仕事?良い面・悪い面やその後のキャリアなどについて経験者が紹介します

「ツアーコンダクター」という仕事の名前を聞いたことがあったり、知っている人は多いと思いますが、「ツアーコンダクター」という仕事がどういう仕事かすぐに答えられる人は少ないと思います。今回は、経験者がツアーコンダクターとはどういう仕事かをご紹介し、良い面・悪い面やその後のキャリアなどについてもご紹介します。ツアーコンダクターとはどんな仕事?ツアーコンダクターは、「旅程管理主任者」といい、主催旅行や手配旅行が円滑に進行するように旅程を管理する仕事です。予め、決まっているツアースケジュールをこなしていく訳ですが、ただこなすだけではなく、事前に現地に確認して、確実にツアーが進行するように先回りしなければ