深夜のバイトって眠くてきつそうなイメージのある方が多いのではないでしょうか。

私は深夜でカラオケのアルバイトを2年ほど経験しました。

私の経験から、カラオケでの深夜バイトの実態をご紹介します。

勤務を考えている方はご参考にしてください。

私はこんなところでカラオケの深夜アルバイトをやりました

私は神奈川県の駅から徒歩1分のカラオケ店でアルバイトをしていました。

ある程度栄えている街の為、周りには競合店が7店舗あり競争が激しかったです。

しかしキャッチで出ているバイト同士の仲は良く、周りのカラオケバイトの人たちと交流することも良くありました。

カラオケの深夜アルバイトの時給は?

カラオケ店の時給は都内近郊だと1000円がおよその相場です。

深夜勤務はそこから手当てがつくので1250円が相場となります。

フルタイムで働くと週3日で月10万円は給料がもらえるので、生活を安定させるのは容易です。

カラオケの深夜アルバイトのメリットや良かったこと

夜勤には悪いイメージがつきがちですが、良い点もその分たくさん存在します。

こちらではカラオケならではの深夜のアルバイトのメリットをご紹介します。

お客さんが少ない

平日ですと、私が働いていた場所ではお客さんは平均して15~20組程度でした。

ドリンクバーのお客さんやヒトカラのお客さんも多いため、接客をする場面はほとんどフロントでの入店、退店時のみです。

スタッフ人数が限られているため仲良くなりやすい

私が働いていた店舗では夜勤スタッフは10名ほどで、平日は3人体制、金、土曜日は4人体制で店舗を運営しています。

その為同じバイトの人と頻繁にかぶり自然と仲良くなることが出来ます。

時給が良い

夜勤の魅力は何といっても時給の良さです。

同じ時間働いていても25%分給料が上乗せされるので、日中働いているスタッフよりも高い時給を維持することが出来ます。

カラオケ深夜アルバイトのデメリットや大変だったこと

上ではメリットをご紹介しましたが、やはり夜勤は良いことばかりではありません。

こちらでは実際に働いて感じたデメリットをご紹介します。

眠い

何といっても夜勤ですので、日中に用事があってそのまま出勤すると非常に眠くなります。

平日の暇な日ですとそのまま眠ってしまいそうになるので、むしろ忙しい店舗の方が眠気を忘れて働けるという意味ではおすすめです。

生活リズムが崩れる

睡眠時間が日中になりますので、慣れていない方は眠りが浅くなってしまい生活リズムが崩れがちになります。

過度な連勤は抑えて、無理のない範囲内で出勤することが大切です。

酔っ払いや暴れているお客さんの対応がある

深夜の営業となると、居酒屋などでお酒を飲んできた酔っ払いのお客さんも対応しなければなりません。

時には暴れるような方もいますので、落ち着いて対処する必要があります。

日中よりも部屋が散らかっている可能性が高い

深夜ではお酒を提供する機会が日中よりも多くなるので、清掃時の部屋が汚くなっていることが多々あります。

焦って清掃をしてきたない所をそのままにしておくとクレームにも繋がりますので、丁寧な清掃を心がける必要があります。

カラオケ深夜アルバイトのおすすめの選び方

次にカラオケで深夜アルバイトをする際にどういった店舗がおすすめなのかをご紹介します。

都内の繁華街のカラオケは時給が高いですが、その分業務が大変です。

どの店舗でも特徴が異なりますので、自分に合っていると感じるお店を選ぶことはとても重要です。

階数が少ないお店は移動が楽なのでおすすめ

都内のカラオケ店に多いのが2階から5階までをカラオケとして運営しているというような複数階にまたがった店舗です。

こういったお店ではドリンク、フードの提供などの際には階段を使って行き来しなければならないのでとても体力を使います。

その為、1フロアだけのカラオケ店を探すと比較的体力を消耗せずに働くことが出来ます。

繁華街では無いお店は酔ったお客さんが少ないのでおすすめ

車でしか来ることのできない国道沿いの店舗やあまり人通りのない店舗ではそもそも酔ったお客さんが来ることはあまりありません。

そういった方が苦手であれば、立地を考えてお店を探すと良いでしょう。

スタッフ人数が多いお店はシフトの融通が利くのでおすすめ

基本的にシフトを入れてしまったら、他のバイトの方の代わりが見つからなければよっぽどの理由がない限り休むことが出来ません。

その為、スタッフの人数が多くいざという時に休める体制のある店舗を選ぶと私生活との両立が図りやすいです。

カラオケの深夜アルバイトはこんな人におすすめです!

では、カラオケの深夜バイトはどのような人にお勧めなのでしょうか。

特別なスキルは何も必要ありませんが、働く理由が明確であると長続きしやすいです。

下でご紹介する要素を持っている方ならばカラオケの深夜バイトをしっかり続けられることが出来るでしょう。

良い時給で働きたい人

なるべく高い時給が欲しいという方は一番のおすすめです。

カラオケでは厨房とフロント、どちらもこなせるスタッフが好まれますので良い時給で高い給料を求めてたくさんシフトに入る方はたいへん重宝されます。

夜間に時間が取れる人

日中授業の多い学生や、副業としてカラオケでの深夜バイトはやはり限界があり、さほどシフトに入ることが出来ないでしょう。

そのため、取得単位に余裕のある大学生やフリーターの人の方が向いているといえるでしょう。

賑やかなのが好きな人

深夜のカラオケは他の時間帯と比べてとても賑やかになります。

一緒に歌ってほしいといわれることもあるでしょう。

そういった雰囲気の好きな方であれば、深夜のカラオケで楽しく働くことが出来ます。

体力に自信のある方

上で授業の多い学生は向いていないかもしれないと述べましたが、私は大学1年からずっとカラオケで深夜勤務を続けていました。

大学生など若いうちは体力がありますので、ある程度寝ないで活動することに自信のある方ならば勤務をすることは可能です。

まとめ

カラオケの深夜バイトのメリット、デメリットなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

一見きついイメージの深夜バイトですが、自分に合っているお店で働くととても良い環境で働くことが出来ますし、日中に用事があってもシフトを入れることが出来るというメリットは大きいです。

この記事を読んで興味を持たれた方はぜひカラオケでの深夜バイトを考えてみてください。


関連キーワード

カラオケバイト求人

カラオケバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る